新型iPhone SEについてはこちら

【2020年最新】ドコモおすすめスマホランキング!今買うべきスマホを性能・価格で徹底比較

ドコモで機種変更する時にどんなスマホがあるのか?

おすすめはどれか?

価格と性能の違いは?など、どのスマホを選ぶか迷いますよね。

この記事ではドコモのおすすめ最新スマホをランキングで紹介します。

ドコモ公式オンラインショップの売り上げランキングを参考に、スマホブロガーである僕がコスパや性能を加味してランキング形式で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

公式サイト
ドコモオンラインショップ(https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp

ドコモ2020年春夏モデルのおすすめスマホはこちら

まずは今もっともおすすめできるベストスマホから紹介します!

今月最もおすすめのスマホ(9万円以上):Galaxy S20

様々な面を考慮して1番おすすめできるのはGalaxy S20です。性能で選ぶなら断然ギャラクシーです。

iPhone 11 Proよりも綺麗な写真を撮ることができ、画面内指紋認証や他の機器へのワイヤレス充電など先進的な機能が全て備わっています。

おすすめポイント
  • ハイスペックモデルの中で1番コスパが良い(安い)
  • サイズが小さく持ちやすい
  • 全スマホトップレベルの画質の良さ
  • 画面内指紋認証等の先進機能

スペックが高いのはもちろんですが、カメラが本当に綺麗です。

夜の手持ち撮影でここまで綺麗に撮れるスマホは他にないです。

ハイスペックモデルの中では価格が2万円近くも安く、正直Androidスマホであればこれを選んでおけば間違いありません。

価格・使いやすさ・スペック・カメラ全ての面でトップの実力があるスマホなので最もおすすめするスマホに選びました。

キャリアではドコモとauで発売されているのでぜひチェックしてみてください。

まつりくん
おすすめランキングではXperia 1 Ⅱを押していますが真のNo.1はGalaxy S20です。

Galaxy S20のレビューはこちら

Galaxy S20+のレビューはこちら

今月最もおすすめのスマホ(8万円以下):iPhone 11

9万円未満のスマホはミドルスペックスマホと呼ばれる価格帯で、性能と価格のバランスが取れたコスパが良いモデルが多いです。

全てのスマホの中でも特に人気があるのがこの価格帯ですが、この価格帯で今もっともおすすめなのがiPhone 11です。

おすすめポイント
  • 全スマホの中でもトップクラスのコスパ
  • 高画質な写真が撮れる超広角と広角のデュアルカメラ
  • 高性能iPhoneが8万円以下で購入可能(ドコモオンラインショップ

iPhone 11はハイスペックモデルであるiPhone 11 Proと同じCPUを搭載しているので、サクサク動くだけでなく、超広角カメラにも対応しているので、迫力のある風景写真を撮ることが可能。

広角カメラにはナイトモードが搭載されているので、夜景の写真も綺麗に撮れます。

この価格帯でこれだけのクオリティのスマホはiPhone 11だけと言っても過言ではないぐらい、完成度が高く、Apple製品の連携の良さなどiPhoneにしかない魅力が多いです。

価格を抑えたいけど、快適に使えるスマホで、カメラが良いモデルが良いという方はiPhone 11がおすすめです!

iPhone 11のレビュー・口コミはこちら

今月最もおすすめのスマホ(6万円以下):iPhone SE

低価格帯スマホの中で今もっともおすすめなのがiPhone SE(第2世代)です。

iPhone SE(第2世代)は2020年4月に発表されたばかりの最新のスマホで、ドコモオンラインショップであれば、スマホおかえしプログラムを利用すると38,016円で使えます。

おすすめポイント
  • 低価格スマホながらiPhone 11 Proと同じCPUを搭載
  • 次世代スマートHDRで高画質な写真が撮れる
  • 片手で使えるコンパクトサイズ
  • 月々1,584円で使える安さ

低価格でありながらiPhone 11 Pro・iPhone 11と同じCPUチップを搭載。

負荷の高いゲームも快適にプレイすることができます。

カメラはシングルカメラで広角のみしか撮ることができませんが、次世代スマートHDRを搭載しているので画質が良いです。

左:iPhone SE、右:iPhone 11 Pro

こんな感じで昼の写真であればiPhone 11 Proとほぼ同じレベルの写真を撮ることが可能。

左:iPhone SE
右:iPhone 11 Pro ナイトモード 

iPhone SE(第2世代)にはナイトモードが搭載されていませんが、夜の写真も十分綺麗な写真を撮ることができます。

低価格帯のスマホでこれだけの性能があるスマホは他にないので、この価格帯であれば間違いなくiPhone SEが1番です。

iPhone SEのレビューはこちら

iPhone 11との違いについてはこちら

ドコモおすすめスマホランキング

出典:docomo Online Shop

それではドコモのおすすめスマホを紹介します。まずランキング毎に並べてみるとこんな感じ。

機種価格順位
iPhone 11 64GB87,120円1位
iPhone SE 64GB58,520円2位
Xperia 1 Ⅱ123,552円3位
Galaxy S20102,960円4位
iPhone 11 Pro 64GB126,720円5位
Xperia 10 Ⅱ41,976円6位
Galaxy A4137,224円7位
AQUOS sense331,680円8位
Galaxy S1090,288円9位
Xperia 587,912円10位

ランキング選定の基準は以下の通りです。

ランキング選定基準
  • コスパ
  • 処理性能
  • カメラ性能
  • 電池持ち
  • 総合評価

それぞれ5段階で評価しています。

1位 iPhone 11

機種名iPhone 11
本体サイズ約150.9×75.7×8.3(mm)
画面サイズ6.1インチ
重量約194g
CPUA13 Bionic
メモリ/ストレージ4GB / 64GB・128GB・256GB
メインカメラ1200万画素:広角
1200万画素:超広角
インカメラ1200万画素
バッテリー未公表
ビデオ再生17時間
防水 / Suica対応/対応

iPhone 11のポイント

  • 超広角カメラ搭載
  • iPhone 11 Proと同じCPU
  • 最新のカメラ機能が全て使えて高画質
  • 価格が安くコスパ抜群
  • 画面サイズが少し大きいのがデメリット

最もおすすめのiPhoneは2019年に発売した最新モデル「iPhone 11」です。

iPhone 11は価格が抑えられたモデルですが、上位モデルのiPhone 11 Proと同じCPUチップを搭載しています。

その為、動作もサクサク快適に動き、最先端のカメラ機能が使えるので高画質の写真を撮ることも可能。

動画編集や写真の編集もストレスなく行えます。

コスパと性能を兼ね備えた最もおすすめのスマホです。

iPhone 11の評価
コスパ
(5.0)
処理性能
(5.0)
カメラ性能
(4.5)
電池持ち
(4.0)
総合評価
(5.0)

iPhone 11とiPhone XRの違い・比較はこちら

どっちが良い?iPhone11とiPhoneXRを徹底比較!価格・スペックの違いを紹介

iPhone 11のレビュー・口コミはこちら

【iPhone 11レビュー】安くて高性能なコスパ最強iPhoneを使ってみた評価・口コミを紹介

2位 iPhone SE

機種名iPhone SE(第2世代)
本体サイズ約138.4×67.3×7.3(mm)
画面サイズ4.7インチ
重量約148g
CPUA13 Bionic
メモリ/ストレージ– / 64GB
メインカメラ1200万画素:広角
インカメラ700万画素
バッテリー未公表
ビデオ再生13時間
防水 / Suica対応/対応

iPhone SEのポイント

  • 安いiPhoneが欲しい方におすすめ
  • コンパクトで薄いので持ちやすい
  • 防水・Suicaに対応
  • スマホとして十分なCPUスペック
  • iPhone 11と同じCPU搭載

とにかく安くiPhoneを購入したい方は『iPhone SE』がおすすめです。

iPhone SEはiPhone 11シリーズと同じCPUを搭載しているので性能も良く「防水機能」「Suicaが使える」「高速充電」「ワイヤレス充電」といった主要機能を全て揃えています。

次世代スマートHDRという簡単に高画質な写真が撮れる機能も搭載されているので、シングルカメラですが綺麗な写真を撮ることが可能。

また、現在Apple公式サイトで取り扱っているiPhoneの中で最安というのもポイントです!

iPhoneが続けてランクインしましたがやはりiPhoneは使いやすくおすすめです。

AirPodsApple Watchなど他のスマホでは使えないデバイスがあり、iPadなどの他のApple製品との連携も良いです。

AirDropなど日本人のほとんどがiPhoneを使っている為、さらに利便性が良いというのもあります。

OSのアップデート対象期間も長く長く使えるメリットもあるので、初めてスマホを買う人や、機種変更を頻繁にしない方にもおすすめ。

また、使っている人が多いので設定や操作に困ったことがある場合の解決も速いです。

スマホが苦手な方にもiPhoneがおすすめです。

iPhone SEの評価
コスパ
(5.0)
処理性能
(5.0)
カメラ性能
(4.0)
電池持ち
(3.0)
総合評価
(4.5)

iPhone SE(第2世代)のレビューはこちら

iPhone SE(第2世代)レビュー!自腹購入でわかった評価・デメリット・口コミを解説

iPhone SEとiPhone 11の違いはこちら

どっちがおすすめ?新型iPhone SEとiPhone 11の違いを価格・スペック・サイズで比較

3位 Xperia 1 Ⅱ

出典:ドコモオンラインショップ

機種名Xperia 1 II
本体サイズ約166x72x7.9(mm)
画面サイズ6.5インチ
重量約181g
CPUSnapdragon 865 5G
メモリ/ストレージ8GB/128GB
メインカメラ1220万画素:超広角
1220万画素:広角
1220万画素:望遠
ToFカメラ
インカメラ800万画素
バッテリー4000mAh
防水 / Suica対応/対応

Xperia 1 IIのポイント

  • 5G対応
  • ソニー製のスマホ
  • 高性能センサーを使ったトリプルカメラ搭載
  • 被写体の瞳に正確にピントを合わせる瞳AF搭載
  • 21:9シネマワイドディスプレイ

ドコモの2020年春夏モデルの5G対応スマホです。

少し出遅れた感のあった日本製スマホですが、Xperiaは格段に進化しています。

ソニーはミラーレス一眼カメラでかなりの高性能を誇っていますが、そこで培った技術をスマホに投入。

カメラ好きが魅力に感じる機能が詰め込まれています。

また、21:9のシネマワイドディスプレイで映画などのエンタメコンテンツを楽しむことが可能。

縦長の画面を活かして動画アプリを開いてSNSや調べごとができるのも便利です。

スマホに楽しさを求める方におすすめのスマホです。

Xperia 1 IIの評価
コスパ
(3.5)
処理性能
(5.0)
カメラ性能
(5.0)
電池持ち
(4.0)
総合評価
(4.5)

Xperia 1 Ⅱのレビューはこちら

Xperia 1 Ⅱ レビュー!ソニーが本気で作るスマホ。カメラの代わりになるのか考えてみた どっちを買う?Xperia 1 IIとGalaxy S20の違いをわかりやすく比較 Xperia 1 Ⅱの各社予約日・発売日はいつ?価格・スペック・新機能・割引情報まとめ

4位 Galaxy S20


出典:ドコモオンラインショップ

機種名Galaxy S20
本体サイズ約151.7×69.1×7.9(mm)
画面サイズ6.2インチ
重量約163g
CPUSnapdragon 865
メモリ/ストレージ12GB/128GB
メインカメラ1200万画素:超広角
1200万画素:広角
6400万画素:望遠
インカメラ1000万画素
バッテリー4000mAh
防水 / Suica対応/対応

Galaxy S20のポイント

  • 5G対応
  • 光学3倍ズームの約6400万画素カメラ
  • トリプルカメラ搭載
  • 優れた手ブレ補正機能
  • 指紋認証と顔認証の両方を搭載

ドコモの2020年春夏モデルの5G対応スマホです。

Galaxy S10の後継モデルにあたるスマホで、5Gに対応したのが大きな特徴。

画面内に指紋認証を搭載しているのでマスクを良く使う方にも便利。顔認証も搭載しているので使い分けることができます。

最大30倍の超解像ズームや8K動画など、スマホの最先端機能が詰まっています。

ハイスペックのスマホの中では価格も安く、とにかくスペックが高いスマホが欲しい方におすすめです。

Galaxy S20の評価
コスパ
(4.5)
処理性能
(5.0)
カメラ性能
(5.0)
電池持ち
(4.0)
総合評価
(4.5)
どっちを買う?Xperia 1 IIとGalaxy S20の違いをわかりやすく比較

レビュー記事はこちら

Galaxy S20の比較レビューと評価!S10との違いと口コミ・評判を解説

大画面モデルのGalaxy S20+のレビューはこちら

5位 iPhone 11 Pro

機種名iPhone 11 Pro
本体サイズ約144.0×71.4×8.1(mm)
画面サイズ5.8インチ
重量約188g
CPUA13 Bionic
メモリ/ストレージ4GB / 64GB・256GB・512GB
メインカメラ1200万画素:広角
1200万画素:超広角
1200万画素:望遠
インカメラ1200万画素
バッテリー未公表
ビデオ再生18時間
防水 / Suica対応/対応

iPhone 11 Proのポイント

  • トリプルカメラ搭載
  • 指紋が付かないテクスチャードマットガラス搭載
  • 丁度良いサイズ感の5.8インチ
  • 価格が高いのがデメリット

カメラに最もこだわりがある方は『iPhone 11 Pro』がおすすめです。

iPhone 11 ProはiPhone史上初のトリプルカメラを搭載「望遠」「広角」「超広角」と、趣向を凝らした様々な写真を撮ることが可能。

やはり最新iPhoneの最上位モデルは満足感の高い仕上がりです。

それぞれの画角を並べるとこんな感じ。

超広角、広角、望遠の順です!

同じ場所から撮影した場合これくらいの画角の違いで撮影することができます。

例えば何かの動画を撮る時など、これ以上近づけない時があったりしますが、そんな時にレンズを切り替えることができるので今まで取れなかった映像を撮ることが可能です。

また、動画撮影時はそれぞれのカメラが連携することにより、ビデオ撮影中に他の画角のカメラに切り替えても自然にズームしたような仕上がりになります。

ポートレートモードと次世代のスマートHDR、ナイトモードが凄すぎて『ガチで一眼レフに匹敵』する画質の写真が撮ることが可能。

そして外観に関してもステンレスとテクスチャードマットガラスの高級感ある質感や、画面サイズの丁度良さなど全てのiPhoneの中で最高です。

ライター
価格が高いのが難点ですが、最高スペックのiPhoneが欲しい方はiPhone 11 Proがおすすめです!
iPhone 11 Proの評価
コスパ
(4.5)
処理性能
(5.0)
カメラ性能
(5.0)
電池持ち
(4.5)
総合評価
(5.0)

iPhone 11 ProとiPhone 11の違いと比較はこちら

どっちを選ぶ?iPhone 11とiPhone 11 Proの違いを比較。おすすめポイントを紹介

iPhone 11 Proのレビュー記事はこちら

iPhone 11 Pro レビュー!高級感あるデザインとカメラが最高。実際に使った評価を紹介

6位 Xperia 10 Ⅱ


出典:ドコモオンラインショップ

機種名Xperia 10 Ⅱ
本体サイズ約157x69x8.2(mm)
画面サイズ6.0インチ
重量約151g
CPUSnapdragon 665
メモリ/ストレージ4GB/64GB
メインカメラ800万画素:超広角
1200万画素:広角
800万画素:望遠
インカメラ800万画素
バッテリー3600mAh
防水 / Suica対応/対応

Xperia 10 Ⅱのポイント

  • 低価格ながら3つのカメラを搭載
  • 使いやすいサイドの電源ボタンに指紋認証搭載
  • 21:9の縦長ボディで持ちやすい
  • 縦長ディスプレイでマルチウィンドウが使いやすい

価格が安いAndroidスマホが欲しい方におすすめなのがXperia 10 Ⅱです。

4万円台でありながら3つの画角のカメラを搭載。

画質は上位モデルと比べると良くはありませんが、こだわらないのであれば十分です。

21:9の縦長サイズとなっているので、横幅が短く片手でも操作しやすいのも特徴。安くて十分使えるスマホが欲しい方におすすめです!

縦長なので2つのアプリを同時に使えるマルチウィンドウも快適です!

同じ価格帯のiPhone SEと比べるとCPUスペックは劣りますが、ネットやYouTube、SNS以外には使わないという方は十分です。

Xperia 10 Ⅱの評価
コスパ
(4.0)
処理性能
(3.5)
カメラ性能
(4.0)
電池持ち
(4.0)
総合評価
(4.0)

Xperia 10 Ⅱのレビューはこちら

Xperia 10 Ⅱ レビュー!カメラは微妙だがスリムボディと高い基本性能が最高

Xperia 10 Ⅱの1年前に発売されたXperia Aceと比較するとこんな感じです。

Xperia 10 ⅡXperia Ace
価格41,976円49,896円
CPUSnapdragon 665Snapdragon 630
画面サイズ6インチ5インチ
サイズ157×69×8.2mm140×67×9.3mm
重量151g154g
生体認証指紋指紋
防水対応対応

Xperia AceはXperia 10 Ⅱよりコンパクトで、スマホの中では珍しい超広角カメラを搭載したインカメが特徴です。

コンパクトで自撮りをすることが多い方はXperia Aceもチェックしてみてください。

ドコモでXperia Aceをチェックする

7位 Galaxy A41

出典:ドコモオンラインショップ

機種名Galaxy A41
本体サイズ約153x70x8.1(mm)
画面サイズ6.1インチ
重量約160g
CPUMediaTek MT6768
メモリ/ストレージ4GB / 64GB
メインカメラ800万画素:超広角
4800万画素:広角
500万画素:深度測位
インカメラ2500万画素
バッテリー3500mAh
防水 / Suica対応/対応

Galaxy A41のポイント

  • 深度カメラを搭載しているので実質デュアルカメラ
  • 価格が3万円台と安い
  • 6.1インチの有機ELディスプレイを搭載
  • Suicaや防水など基本性能を網羅

Galaxy A41の最大な特徴は3万円台の価格の安さですが、有機ELディスプレイを搭載し、FeliCaにも対応しているのでSuicaを使うこともできます。

深度測位カメラという背景をボカした写真を撮ることができるカメラも搭載。

撮影する前と撮った後から写真のボケ具合を調整することができます。

防水にも対応しているので基本機能は全て搭載。

6.1インチと比較的大きな画面サイズを採用していますが、重量は軽いのでスマホをあまり使わないという方にもおすすめです。

Galaxy A41の評価
コスパ
(4.5)
処理性能
(3.5)
カメラ性能
(4.0)
電池持ち
(4.0)
総合評価
(4.0)

Galaxy A41のレビューはこちら

8位 AQUOS sense3

出典:ドコモオンラインショップ

機種名AQUOS sense3 SH-02M
本体サイズ約147x70x8.9(mm)
画面サイズ5.5インチ
重量約167g
CPUSnapdragon 630
メモリ/ストレージ4GB / 64GB
メインカメラ1200万画素:広角
1200万画素:標準
インカメラ800万画素
バッテリー4,000mAh
連続待受770時間
防水 / Suica対応/対応

AQUOS sense3のポイント

  • 安くて必要十分なAndroidスマホ
  • バッテリー持ちがとにかく良い
  • デュアルカメラで画質も良い
  • 指紋認証と顔認証の両方を搭載

AQUOS sense3はデュアルカメラとスマホ最高レベルのバッテリー持ちの良さを実現しながら価格は約3万円とかなりコスパが良いスマホです。

最近のスマホはとにかくスペックが良いモデルが多く、パソコンに匹敵するスペックがあります。

正直普通に使っていてそこまでのスペックを必要とすることはほとんどありません。

スマホとしてYouTubeやネットを楽しんだり、LINEなどの連絡ツールとして使う分にはそれほど高スペックなスマホは必要ないです。

AQUOS sense3は普通以上のスペックにスマホ最高レベルのバッテリー持ちを兼ね備えているので、普通に快適に使えて安いスマホが良いという方におすすめです。

AQUOS sense3の評価
コスパ
(4.5)
処理性能
(3.0)
カメラ性能
(3.0)
電池持ち
(5.0)
総合評価
(4.0)

9位 Galaxy S10

出典:ドコモオンラインショップ

機種名Galaxy S10
本体サイズ約150x70x7.8(mm)
画面サイズ6.1インチ
重量約158g
CPUSnapdragon 855
メモリ/ストレージ8GB / 128GB
メインカメラ1200万画素:超広角
1200万画素:広角
1200万画素:望遠
インカメラ1000万画素
バッテリー3,300mAh
防水 / Suica対応/対応

Galaxy S10のポイント

  • 各性能がトップクラスのハイスペックスマホ
  • トリプルカメラ搭載
  • 優れた手ブレ補正機能
  • 指紋認証と顔認証の両方を搭載
  • iPhone 11 Proと比べて価格が安い

Androidでハイスペックスマホが欲しい方におすすめのスマホです。

iPhone 11 Proのライバル機種と言われていますが、スペックはiPhone 11 Proより上です。

ギャラクシー史上初めてのトリプルカメラを搭載しており、暗い場所はF値1.5、明るい場所はF値2.4に自動で切り替わる機能があるなど、画質もかなり綺麗。

Androidでハイスペックのスマホが欲しい方におすすめです。

ランキング5位の理由はハイスペックはiPhoneがおすすめなのと、次世代機種(S20)が発表されているからです。ドコモからの発売は2020年5月頃(予想)

Galaxy S10の評価
コスパ
(4.5)
処理性能
(5.0)
カメラ性能
(5.0)
電池持ち
(4.0)
総合評価
(4.0)

10位 Xperia 5

出典:ドコモオンラインショップ

機種名Xperia 5
本体サイズ約158x68x8.2(mm)
画面サイズ5.6インチ
重量約164g
CPUSnapdragon 855
メモリ/ストレージ6GB / 64GB
メインカメラ1220万画素:超広角
1220万画素:広角
1220万画素:望遠
インカメラ800万画素
バッテリー3,000mAh
防水 / Suica対応/対応

Xperia 5のポイント

  • ソニー製のスマホ
  • 高性能センサーを使ったトリプルカメラ搭載
  • 被写体の瞳に正確にピントを合わせる瞳AF搭載
  • 21:9シネマワイドディスプレイ

やはり日本人にとってソニーが作るXperiaは特別な存在です。

Xperia 5は21:9の縦長デザインが特徴的で、Xperia 1よりサイズが少し小さくなり、スペックはほとんど変わらないハイスペックモデルです。

ソニーはミラーレス一眼カメラでも性能の良いセンサーを活かした高性能カメラを多く製造しています。

その技術がスマホのカメラにも活かされており、スマホでも瞳AFが可能など本格的なカメラ機能が特徴。

日本のスマホが使いたい!スマホで映画を快適に見たい!ソニーのカメラが使いたい!という方におすすめです。

Xperia 5の評価
コスパ
(3.5)
処理性能
(5.0)
カメラ性能
(4.5)
電池持ち
(3.0)
総合評価
(3.5)

用途別ドコモおすすめスマホランキング

ここまでおすすめドコモスマホランキングを紹介しましたが、やはり自分の使い方に合うスマホが1番おすすめです。

次は用途別のドコモおすすめスマホをランキング形式で紹介します!

コスパで選ぶおすすめランキング

機種順位
iPhone 111位
iPhone SE2位
Xperia 53位

コスパで選ぶランキングは以上です。機種名を押すと詳細な情報が確認できます。

最近のスマホはコスパが重視される傾向にあり、コスパランキングが売り上げランキングに直結すると言っても過言でありません。

価格帯は5万円〜8万円ほどで上記機種と変わらない高性能となっているので、価格を抑えつつ快適にゲームも写真も楽しみたいという方におすすめです。

カメラで選ぶおすすめランキング

機種順位
Galaxy S201位
iPhone 11 Pro2位
Xperia 1 Ⅱ 3位

スマホをのカメラ性能で選ぶ場合のおすすめランキングはこちらです。

どのスマホも超広角・広角・望遠のトリプルカメラを搭載しており、デジカメにも負けない高画質な写真を撮ることが可能。

価格は高くなりますが、デジカメを買うつもりでチェックしてみてください。

カメラで選ぶおすすめランキングはこちら

コンパクトさで選ぶおすすめランキング

機種順位
iPhone SE1位
iPhone 11 Pro2位
Xperia 10 Ⅱ3位

スマホを選ぶ際はサイズ感も大切ですよね。

コンパクトさで選ぶおすすめランキングは以上です。コンパクトなスマホで選ぶのであればiPhone SEが断然おすすめ。

iPhone SEは価格が安いですが、性能はiPhone 11と同等なのでコスパもかなり良いです。

小さいスマホを選びたい方はぜひチェックしてみてください。

小さいスマホおすすめランキングはこちら

ドコモおすすめスマホの性能を比較

ドコモおすすめスマホの性能を比較します。

わかりやすく表にまとめたので是非参考にしてください。

機種iPhone 11iPhone 11 ProiPhone SEXperia 1 ⅡGalaxy S20Xperia 10 ⅡGalaxy A41AQUOS sense3Galaxy S10Xperia 5
本体サイズ約150.9×75.7×8.3(mm)約144.0×71.4×8.1(mm)約138.4×67.3×7.3(mm)約166x72x7.9(mm)約151.7×69.1×7.9(mm)約157x69x8.2(mm)約153x70x8.1(mm)約147x70x8.9(mm)約150x70x7.8(mm)約158x68x8.2(mm)
画面サイズ6.1インチ5.8インチ4.7インチ6.5インチ6.2インチ6.0インチ6.1インチ5.5インチ6.1インチ5.6インチ
重量約194g約188g約148g約181g約163g約151g約160g約167g約158g約164g
CPUA13 BionicA13 BionicA13 BionicSnapdragon 865 5GSnapdragon 865Snapdragon 665MediaTek MT6768Snapdragon 630Snapdragon 855Snapdragon 855
メモリ/ストレージ4GB / 64GB・128GB・256GB4GB / 64GB・256GB・512GB? / 64GB8GB/128GB12GB/128GB4GB/64GB4GB / 64GB4GB / 64GB8GB / 128GB6GB / 64GB
メインカメラ1200万画素:広角
1200万画素:超広角
1200万画素:広角
1200万画素:超広角
1200万画素:望遠
1200万画素:広角1220万画素:超広角
1220万画素:広角
1220万画素:望遠
ToFカメラ
1200万画素:超広角
1200万画素:広角
6400万画素:望遠
800万画素:超広角
1200万画素:広角
800万画素:望遠
800万画素:超広角
4800万画素:広角
500万画素:深度測位
1200万画素:広角
1200万画素:標準
1200万画素:超広角
1200万画素:広角
1200万画素:望遠
1220万画素:超広角
1220万画素:広角
1220万画素:望遠
インカメラ1200万画素1200万画素700万画素800万画素1000万画素800万画素2500万画素800万画素1000万画素800万画素
バッテリー未公表
ビデオ再生17時間
未公表
ビデオ再生18時間
未公表
ビデオ再生13時間
4000mAh4000mAh3600mAh3500mAh4,000mAh
連続待受770時間
3,300mAh3,000mAh
防水/Suica対応/対応対応/対応対応/対応対応/対応対応/対応対応/対応対応/対応対応/対応対応/対応対応/対応

まずスペックをまとめるとこんな感じです。

次はそれぞれの主要項目について比較します。

処理性能を比較

スマホの処理性能を決めるのはCPUチップやメモリです。

iPhoneはAppleが開発しているCPUチップを搭載しており、Androidスマホの多くはSnapdragon(スナップドラゴン)のCPUチップを搭載しています。

今回紹介したスマホを処理性能順に並べると以下の通りです。

処理性能
  1. iPhone 11 Pro・・・A13 Bionic
  2. iPhone 11 / SE・・・A13 Bionic
  3. Galaxy S20・・・Snapdragon 865
    Xperia 1 Ⅱ・・・Snapdragon 865
  4. Galaxy S10・・・Snapdragon 855
  5. Xperia 5・・・Snapdragon 855
  6. Xperia 10 Ⅱ・・・Snapdragon 665
    Galaxy A41・・・MediaTek MT6768
  7. AQUOS sense3・・・Snapdragon 630

普通に使う分にはAQUOS sense3でも全く問題ありませんが、ゲームや動画編集をしたいという方はXperia 5より上のスマホを選ぶと安心です。

左:Galaxy S20、右:iPhone 11 Pro

数値が高い方がスペックが上です。

このレベルになるとほとんど変わりありませんが、iPhoneの方がスコアが高いのは意外でした。

ぜひ参考にしてください。

カメラ性能を比較

スマホで一番大切な機能となりつつあるカメラ性能はやはり気になりますよね。

カメラは性能も大切ですが、スマホのカメラはソフト面が大切です。

というのもスマホのカメラは年々向上していますが、サイズが小さいのでカメラ本体で高画質な写真を撮れるようにするには限界があります。

そこで各社が力を入れているのが高性能CPUを使った編集です。

最近のスマホカメラはソフトウェア面で人が綺麗だと感じる高画質な写真を作り出しているのです。

カメラ好きの僕が個人的に主観でカメラ性能(高画質に撮れるスマホ)を比較して並べるとこんな感じ。

カメラ性能
  1. Galaxy S20
  2. iPhone 11 Pro
  3. Xperia 1 Ⅱ
  4. iPhone 11
  5. Galaxy S10
  6. iPhone SE
  7. Xperia 5
  8. Galaxy A41
  9. Xperia 10 Ⅱ
  10. AQUOS sense3

カメラで選びたい方は是非参考にしてください!

関連人気スマホのカメラ性能を比較!おすすめランキングと選び方

ドコモおすすめスマホの価格を比較

スマホは性能も大切ですが価格も大切ですよね。

ドコモのおすすめスマホの価格を比較します。

機種価格おかえしプログラム
iPhone 11 64GB87,120円対象
iPhone 11 Pro 64GB126,720円対象
iPhone SE 64GB57,024円対象
Xperia 1 Ⅱ123,552円対象
Galaxy S20102,960円対象
Xperia 10 Ⅱ47,976円 – 
Galaxy A4137,224円– 
AQUOS sense331,680円
Galaxy S1090,288円対象
Xperia 587,912円対象
MEMO

スマホおかえしプログラムとは

36回分割払いで購入し24ヶ月目に購入したスマホをドコモに返却することで、残りの支払いが免除となります。

2年毎に機種変更したい方におすすめ。

以前のように端末割引が大きくないので、スマホの月額料金を抑えるにはどのスマホを選ぶかが大事になってきます。

ハイスペックなればなるほど価格は高くなり、普通のゲームや動画を楽しみたいということであれば、ハイスペックのスマホは必要ありません。

続いてスペック別のおすすめスマホを紹介します。

ハイスペックのおすすめスマホ

ハイスペックスマホ

iPhoneを使っている方はこれまで通りiPhoneを使うのがおすすめです。

iPhone→Androidは慣れるまで時間が掛かかり、iPhoneであれば低価格帯からハイスペックな高価格帯まで揃っているので、今後安いスマホが欲しいと思った時にも最適です。

また、既にAndroidを使っている方で、次もAndroidが欲しい方はGalaxy S20かXperia 1 Ⅱがおすすめです。

メモリ8GBにSnapdragon 865を搭載と、かなり高スペックで負荷の掛かるゲームも問題ありません。

特にカメラにこだわりたいのであればGalaxy S20がおすすめ。

超広角カメラでナイトモードが使えたり、アクションカメラ並みの手ブレ補正で動画を撮れるなどカメラ性能が頭一つ抜けて優れているのでおすすめです。

ミドルスペックのおすすめスマホ

ミドルスペックスマホ
  • 今までiPhoneを使っている→iPhone 11
  • 今までAndroidを使っている→Xperia 5

ミドルスペックは料金を抑えたいけど、最新で高性能なスマホが欲しい方におすすめ。

この価格帯のスマホはコスパが良く、買って満足できる機種が多いです。

特にiPhone 11はiPhone 11 Proと大きな違いがなく、価格は4万円近くも安いのでかなりおすすめです。

iPhone 11 ProとiPhone 11の違いと比較はこちら

どっちを選ぶ?iPhone 11とiPhone 11 Proの違いを比較。おすすめポイントを紹介

Xperia 10 ⅡとXperia 5の違いと比較はこちら

どっちが良い?Xperia 5とXperia 10 IIの違いをわかりやすく比較

価格を抑えたモデルのおすすめスマホ

価格を抑えたスマホ

必要最低限で良いから安いスマホが欲しいという方におすすめなのが、価格を抑えたスマホです。

もっと安いスマホもありますが、ここで紹介しているのは快適に使えるというのを重視しています。

というのも、せっかく買ったスマホが想像以上に低スペックだと毎日使っているとかなりストレスを感じます。

例えばLINEを開くのがもたつくなど、日常使いに不便だと意味がないですよね。

ここで紹介しているスマホは価格が安い低価格モデルですが、今でも十分に使える性能でゲームなども普通にできます。

価格を抑えたい方におすすめです。

ドコモの料金を安くする方法

最後にドコモの料金を安くする方法を紹介します!

知っていると知らないとでは料金が変わってくるのでスマホを購入する前に是非チェクしてみてください。

おすすめの料金プランは自分にあうプラン

料金プランは無駄なく使うのが料金を安くする為に重要です。

例えば、毎月5GBしか使わないのに30GB使えるギガホを契約するのは無駄ですよね。

また、毎月7GBの制限が掛かっているのならギガホを契約する方が快適に使えて割安です。

ポイントはギガあたりの料金をチェックすること!

ドコモの料金プランは2つしかないので、自分の毎月のデータ使用量をチェックして、最適なプランを選ぶようにしましょう。

ドコモおすすめ料金プランはこちら

家族割をチェック

料金を下げる為に割引は欠かせません。

特に大手キャリアの魅力は家族割があることです。

家族が使っているキャリアに合わせることで料金を下げることができるので、家族割が適用されているかチェックしましょう。

また、1人で使っている方は家族割引がないと割高になってしまうので、格安SIMを使うと節約効果が高いです。

自宅のネット回線をチェック

多くの割引は数ヶ月間限定なので、継続的な料金下げには不向きです。

割引があればラッキーというぐらいに考えておいた方が良いですが、先ほどの「家族割」と「光セット割」は別物。

併用して割引が適用され、割引額が大きく、永久的に割引されるので効果が非常に大きいです。

家族全員に適用され、家族の誰か1世帯がドコモ光を使っていると良いので、自宅のネット回線をチェックしましょう。

今ならキャッシュバックなどのキャンペーンも開催されているので、ネットを契約しようとしている方や、変更を検討している方はぜひチェックしてみてください。

新規契約・MNPのりかえ・機種変更はオンラインがお得

最後にドコモの新規契約・MNPのりかえ・機種変更は公式オンラインショップがお得です。

ドコモのオンラインショップは料金的にも時間的にもお得です。

手数料店舗オンライン
新規・MNPのりかえ3,240円0円
機種変更2,160円0円
契約変更3,240円0円

このように手数料にこれだけの差があります。

さらに3,000円〜10,000円ほど掛かることもある頭金が不要です。

オンラインは難しいのでは?と感じるかもしれませんが、画面の指示に従って必要な項目を埋めていくだけなので難しいことはありません。

スマホは自宅に届けてくれるので、休日に混雑するショップに出向くことなく、平日夜に注文して休日に受け取るということもできます。

まつりくん
外出しづらい状況なので申し込みからスマホ到着まで全て自宅で完結できるオンラインはかなりおすすめです!

オンラインショップ限定の割引が開催されていることもあるので、お得に契約する為にも公式オンラインショップを利用しましょう!

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

スマホがネットでカエル!ドコモオンラインがお得な7つの理由を徹底紹介

キャンペーン情報はこちら
ドコモオンラインショップのキャンペーンまとめ

オンラインショップのメリット・デメリットについてはこちら

ドコモの機種変更はオンラインショップがおすすめ!メリット・デメリットを徹底解説

クーポンについて知りたい方はこちら

ドコモオンラインで使えるお得な機種変更クーポンまとめ!入手方法や使い方を紹介

以上。「ドコモの機種変更におすすめスマホを紹介!性能・価格を徹底比較」でした。

是非参考にしてください!

Androidおすすめランキングはこちら

iPhoneおすすめランキングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。