【通信料節約】iPhoneで使える格安SIMはこちら

新型AirPods Pro登場!どう進化した?AirPodsとの違いを比較・新機能まとめ

待望のAirPodsの最新モデル「AirPods 2」が2019年3月26日に発売されましたが、思った以上に変化がなくガッカリした人も多いのではないでしょうか。

初代AirPodsが他の完全ワイヤレスイヤホンと比べて、安定感や完成された感が強かっただけに、AirPods2の期待が大き過ぎたのがガッカリした原因かもしれません。

しかし、その期待に応えるAirPods Pro2019年10月に遂に登場しました!

AirPods Proの特徴
  • 27,800円(税別)
  • アクティブノイズキャセリング搭載
  • 外部音取込モード搭載
  • IPX4の耐汗耐水性能
  • サイズ調整が可能な3種類のイヤーチップ

AirPods Proはアクティブノイズキャンセリングを搭載し、IPX4の耐汗耐水性能に対応。

この記事ではAirPods Pro進化したポイントやAirPodsとの違いを比較します。

AirPodsに興味のある方は是非ご覧ください。

AirPods 2の記事はこちら

新型AirPods 2登場!違いはほとんどなし。発売日・スペック紹介!

AirPods Proのレビュー記事はこちら

AirPods Pro比較レビュー!AirPodsとのデザイン・機能・音質の違いと口コミ・評判まとめ

AirPods(第1世代)

AirPods(第2世代)

AirPods Pro

新型AirPods Proの発売日

AirPods Proの発売日は2019年10月30日です!

歴代AirPods発売日
  • 第1世代・・・2016年12月13日
  • 第2世代・・・2019年3月26日
  • AirPods Pro・・・2019年10月30日

AirPods第2世代が発売して7ヶ月程と思ったより早く発売されました。

新型AirPods Proの新機能

AirPods Proの目玉機能はなんと言っても『アクティブノイズキャンセリング』と『IPX4の耐汗耐水性能』です。

AirPods Proの新機能
  • 耳にフィットしやすいカナル型デザインに!
  • ノイズキャンセリング機能搭載
  • 耐汗耐水性能
  • シリコーン製イヤーチップ(3サイズ)付属
  • タップでできるコントロール機能が増加

主な新機能は以上です。

名前がAirPods Proに!

2019年にiPhone 11 Proが発売されるなど、最近のAppleは『Pro』の名前を積極的に使います。

AirPods Proはノイズキャンセリングを搭載するなど『Pro』の名に相応しいスペックで、完成されたAirPodsと区別させる為にもAirPods Proという名前はしっくりきます。

デザインが変わりカナル型に!

AirPods Proは今までのAirPodsとは違い、耳にフィットするカナル型デザインになっています。

カナル型になり密閉されることにより、ノイズキャセリングの機能を十分に発揮され、音質の向上にも繋がっています。

また、今までのAirPodsは耳にフィットしないという方でも、3サイズのイヤーチップが付属しているので安心して使えるのも特徴。

個人的にもこのデザインはかなり嬉しいです。

3種類から選べるイヤーチップ

AirPods Proのイヤーチップは内側に向けて細くなっており、通気孔が圧力を均一にすることにより、何もつけていないように感じるとのこと。

しかし、実際に使用してみると、やはり耳栓を付けているような感じにはなります。

耳の大きさに合わせて選べるイヤーチップが3種類あるのはかなり良かったです。

AirPods Proはノイズキャセリング搭載

ノイズキャセリングの噂は以前から根強くあったので、待ちに待った待望の機能です。

ノイズキャセリング機能は外部の音を打ち消すことによって、外の音が聞こえないようにする機能で、雑音がある場所でも音楽や通話に集中することができます。

ライター
外の音が聞こえないのは不安という方もAirPods Proには外部音取り込みモードがあるので安心です。

外部取り込みモードへは軸部分を長押しするだけで切り替え可能。

場所によって使い分けることができるのでかなり便利です!

AirPods Proは防水機能を搭載

IPX4の耐汗耐水性能に対応

IPX4は水の飛まつに対して保護が可能というレベルなので、水に付けることはできませんが少しの雨なら耐えられます。

iPhoneのような防止性能ではありませんが、日常使いには安心できるレベルです。

タップでできることが増加

AirPods Pro
  • 1回押して再生、一時停止、電話に応答
  • 2回押して次の曲にスキップ
  • 3回押して前の曲にスキップ
  • 長押しでアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替え
  • Hey Siriで曲の再生、電話の発信など
AirPods
(第2世代)
  • ダブルタップで再生、次の曲にスキップ、電話に応答
  • Hey Siriで曲の再生、電話の発信など

AirPods Proはイヤホンで直接コントロールできることが多くなっています。

このコントロールは実際に使ってみると想像以上に便利なので、AirPods Proはかなり良い進化を遂げてくれました。

AirPodsとAirPods Proの違いを比較

AirPods ProとAirPodsを比較するとこんな感じ。

AirPods ProAirPods
バッテリー(ケース)24時間24時間
バッテリー(単体)4.5時間5時間
装着部分3種類から選べるワンサイズのみ
アクティブノイズキャンセリング✔️
耐汗耐水性能✔️
ケースのワイヤレス充電✔️✔️
イヤホン重量5.4g4g
価格¥27,800 (税別)¥22,800 (税別)

価格差のわりにAirPods Proは機能が充実しています。

これから購入するならAirPods Proがおすすめ!

大きさを比較

AirPods Proはカナル型になり、現在販売されている主流の完全ワイヤレスイヤホンに似たデザインとなりました。

AirPodsと比べると厚みが増し、長さがコンパクトになり、重量は1.4g重くなっています。

付け心地を比較

AirPods Proを耳に装着

今までよりフィット感がよく、少し衝撃が加わっても落ちない

AirPodsを耳に装着

耳に載せる感覚に近い為、装着のしやすさはAirPodsが上。

フィット感はAirPods Proが上です!

見た目つけ心地ともにAirPods Proの方が良く、重量はAirPods Proの方が僅かに重くなっていますが、差は感じません。

左:AirPods Pro、右:AirPods

デザイン・装着感で選ぶならAirPods Proがおすすめ!

音質の違いはわからず

AirPodsとAirPods Proで何度も音楽を聴き比べてみましたが、音質の違いはわかりませんでした。

もっと耳の良い人は違いがわかるのかもしれませんが、私の感想は「どっちも高音質」です。

もっと良い音質のイヤホンがあるのかもしれませんが、AirPods程の音質があれば十分だと感じます。

ライター
音質の違いはわかりませんでしたが、不満は一切ありません!

アクティブノイズキャンセリングがポイント

AirPods Proは待望のノイズキャンセリング機能を搭載。

AirPodsとの大きな違いになるのですが、この機能が控え目に言ってもマジで凄いです!

ノイズキャンセリング機能をONにするとまるで防音室に入ったかのように周囲のノイズがカット

ライター
正直ここまで凄いとは思いませんでした。

ノイズコントロールは iPhoneの「設定」→「Bluetooth」→「AirPods Pro」で変更可能。

「ノイズキャンセリング」「オフ」「外部音取り込み」の3つのモードを選べます。

周囲の音の聞こえ方
外部音取込モード
(5.0)
オフ
(3.0)
ノイズキャンセリング
(1.0)
MEMO
  • 外部音取り込みモードは周囲の音がクリアに聞こえます。
  • どちらもオフの時は少しフィット感の高い耳栓をした状態。
  • ノイズキャンセリングがONの時はかなりしっかりした防音室に入ったような感覚。周囲のノイズは全く聞こえません。

iPhone意外にもAirPods Pro本体の軸部分を長押しすることで「ノイズキャンセリング」と「外部音取り込みモード」にすぐに切り替えることができます。

ライター
5,000円の差なので、第1世代を使っていた方や、これから購入する方はAirPods Proが間違いなく買いです。

AirPods Pro

AirPods Proまとめ

この記事ではAirPods Proについて進化点などのを紹介しました。

事前の噂では複数のカラーが追加されるのではないかと言われていましたが、カラーは「ホワイト」のみとなっています。

10月末になって8色のカラーが登場するとの噂も登場しましたが、カラーは結局1色のみ。

ブラックカラーがあると良かったですね。

また、心拍センサーについても搭載されていません。

しかし、AppleはApple Watchでも大幅に健康機能を向上させており、Appleは健康分野にかなり力を入れているので今後AirPodsに心拍センサーを搭載するという話も十分可能性があると思います。

Appleは生体センサーをイヤホンに埋め込む特許を取得しているという情報もあるので今後に期待です。

心拍数がわかるワイヤレスイヤホン

スポーツモデルはPowerbeats Proがおすすめ

Powerbeats Pro

Powerbeats ProはBeatsの完全ワイヤレスイヤホンですが、Apple H1ヘッドフォンチップを搭載し「Hey Siri」も使えて充電ケーブルはLightningなのでAirPodsのスポーツモデルと言っても過言ではありません。

AirPods Proも耳にフィットしやすい形状になっていますが、しっかりとしたスポートモデルが欲しい方は『Powerbeats Pro』を購入するのも良いですね。

Powerbeats Pro ポイント
  • 完全ワイヤレスの高性能イヤホン
  • イヤホン単独最長9時間
  • 充電ケース使用で24時間
  • Apple H1ヘッドフォンチップ搭載
  • Hey Siri利用可能
  • 通話の性能が向上し片方のイヤーバッドから電話対応可能
  • 耐汗・防沫性を強化したデザイン

AirPods Pro同様にApple H1ヘッドフォンチップ搭載により接続速度が向上しているので、 iPhoneとの相性は抜群です。

気になる方はこちらもチェックしてみてください。

以上。新型AirPods Pro登場!どう進化した?最新情報・発売日と新機能まとめでした。

AirPods Pro

AirPods Proのレビュー記事はこちら

AirPods Pro比較レビュー!AirPodsとのデザイン・機能・音質の違いと口コミ・評判まとめ

AirPods(第1世代)

AirPods(第2世代)

AirPods関連記事はこちら

【2019】AirPodおすすめケースまとめ!オシャレで便利な物が勢揃い AirPodsはケースが必要!?理由とおすすめケースまとめ! 【レビュー】AirPodsは超便利!使ってわかったポイントまとめて紹介 おすすめApple関連記事はこちら
【最新】iPhoneにおすすめ格安SIMを紹介!価格・プランで比較【11 Pro/11/XR/8】 一眼レフカメラに勝てる!?iPhone XS/XS Maxカメラ性能比較 【2019年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!スペックの比較と選び方【11 Pro/11/XS/XR/X/8/7】 【2019最新】iPhoneをパワーアップ!おすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です