どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

HomePod miniは必要か?できることと買うべきかを徹底検討

2020年にiPhone 12シリーズと同時に発表されたAppleの小型スピーカー「HomePod mini」ですが、必要なのかや買うべきなのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

僕自身も発表された時は気になったものの、あまり興味がなく購入しないまま6ヶ月が過ぎました。

しかし、Apple Musicに加入してから急に気になり始めて購入するべきかを迷っている段階です。

この記事ではApple好きブロガーの僕がHomePod miniで出来ることと買うべきかを紹介します。

よろしければ参考にしてください。

HomePod miniが気になり始めた理由

まず、あまり興味がなかった僕がHomePod miniが気になり始めた理由について紹介します。

気になった理由
  • Apple Musicに加入した
  • スマートホームを使うようになった
  • ブロガーとして記事を書いてみたい

気になった理由のほぼ大半がApple Musicに加入したからです。

僕はそこまで音楽を聞くこともないですし、毎月料金の掛かるサブスクサービスは厳選して使うべきと考えているので、Apple Musicは高いと感じていました。

しかし、Apple Musicにはファミリープランがあるので、例えば6人で利用すれば約247円で利用することができます。

MEMO
  • 個人:月額980円、年額9,800円
  • 学割:月額480円
  • ファミリー:月額1,480円(6人まで)

身近な親戚も含めて使うことでかなりコスパの良いサービスとなるので、音楽にそこまで興味がなくても生活の質が向上するサービスです。

という訳で自宅の音楽環境が大幅に向上するHomePod miniが気になりはじめました。

HomePod miniでできること

HomePod miniは初見だと音楽が聴けるぐらいしか思いつきませんが、購入することでどんなことができるようになるかをまとめたいと思います。

音質が良い音楽を聴ける

iPhoneやイヤホンから流れてくる音も十分音質が良いと感じますが、スピーカーによってかなり音質が違うのは音楽に興味がない僕でもよくわかります。

やはり内蔵スピーカーではなく、別置きのスピーカーをわざわざ買う価値はあるぐらいに音が良いので、HomePod miniを買うことで高音質の音楽を聴けるようになります。

まつりくん
Apple Storeで実際に音楽を聴いた時はこんなに違うんだと驚きました。

Apple製品と簡単に連携できる

Appleの製品は製品その物の品質が良いのはもちろんですが、最大のメリットはApple製品同士の連携の良さです。

家にあるあらゆるApple製品のスピーカーとして利用できるので、接続の煩わしさがないのがメリット。

接続が面倒で使わなくなったというのを回避できます。

Siriに色々とお願いができる

HomePod miniのコントロールは基本的にSiriで行います。

MEMO
  • 音楽を掛けて
  • iPhoneを探して
  • 〇〇に電話を掛けて
  • 買い物リストに追加して

外出先だと少し恥ずかしいSiriを使ったお願いも自宅であれば堂々とできます。

まぁiPhoneでも同じことはできますが、 iPhoneを常に近くに置いておく必要がないので便利です。

Apple Musicを最大限に活かせる

せっかくApple Musicに加入したのであれば最大に利用したいものです。

iPhoneでも代用はできますが、iPhoneの内蔵スピーカーでは部屋に置いて音楽を聞くという用途はちょっと厳しいです。

HomePod miniは一つで部屋全体に広がる音を鳴らすことができるので、音楽鑑賞に最適。

小さい子がいる場合は身近に音楽があることで耳を鍛えることもできるようなので、子供の為にApple Musicを活用する場合にも良いですね。

MEMO

Siriを使ったApple Musicの活用

  • 「Hey Siri 90年代の音楽を再生して」
  • 「Hey Siri 今人気の音楽を再生して」
  • 「Hey Siri この曲は誰が歌っているの?」

などなどApple Musicを最大限に活用できるようになります

スマートホームをコントロールできるようになる

あまり積極的ではなかったのですが、我が家の家電もスマートホーム化しつつあります。

特に照明はわざわざリモコン操作をしなくても簡単にオンオフできるのでかなり便利です。

そして、HomePod miniがあればSiriを使って更にスマートホームを簡単に操作できるようになるので、便利になること間違いなし。

MEMO

HomePod miniは周囲が騒がしい状況でも4つのマイクが連携してノイズを遮断し、自分の声を聞き取ってくれるようです。

iPhoneのように近づいて話しかける必要がないのもポイントです。

iPhoneだと上手く「Hey Siri」を聞き取ってくれなくて、結局自分でリモコンを操作した方が早いということになりがちなので、この辺りもHomePod miniだと期待できる部分ですね。

スイッチボットレビュー!未来の生活をiPhoneで簡単体験【スマートホーム】

複数あれば出来ることが広がる

HomePod miniは複数購入することで出来ることが広がります。

複数あることでできること
  • 2台使ってステレオ再生
  • インターコム機能を使う

2台使ってステレオ再生にするとより臨場感のある音楽を楽しめることができ、インターコム機能は別の部屋に置いたHomePod miniに音声メッセージを送信することができます。

まつりくん
HomePod miniからiPhone宛に送信することも可能です

まぁわざわざ使うこともないのかなとは思いますが、各部屋に置いたり、2台使ってステレオ再生にできればより贅沢な環境にすることはできます。

HomePod miniはApple製品としては比較的手頃な税込11,880円なので気に入れば複数台買うというのも現実的だと思います。

HomePod miniは買うべきか

ここまでHomePod miniでできることについて紹介してきました。

続いて僕自身もかなり迷ったのですが、HomePod miniは必要なのか、買うべきなのかを検討した結果を紹介します。

検討した結果、僕は買うべきという結論に至りました。

買うべきに至った理由
  • 買うと生活が充実するのは間違いない
  • iPhoneとのシームレスな接続ができる
  • Hey Siriで慣れている
  • 抜群のデザイン性の高さ

買うべきという結論に至った理由は以上です。

スマートスピーカーは買うべき

まず、HomePod miniでなくてもスマートスピーカーは買うべきだと強く感じます。

音楽が身近にあると生活の質が向上することは間違いありません。

それに加えて音声コントロールであらゆる手助けをしてもらえるのも便利です。

例えばリビングにいながら、キッチンの照明を声だけで消してもらったり、料理をしているときに時間を測ってもらったり、分量を計算してもらえると良いですよね。

こんな感じで今やコスパの良い便利家電という側面もあるので、スマートスピーカーは買うべきだと思いました。

HomePod mini以外の選択もありだとは思う

スマートスピーカーにはAppleのHomePod mini以外にもAmazon Echoシリーズなど選択肢は多いです。

なので価格を重視する場合やApple Music以外のサービスを使いたい場合はAmazon Echoシリーズを購入するのも良いと思います。

しかし、僕はApple製品を使うことが多く「Siri」で慣れているので今更Alexaに乗り換えるのはイマイチなのと、

Apple製品同士のシームレスな接続はApple純正製品ならではの特徴なので、せっかく買うならHomePod miniが良いと感じました。

まとめ

この記事ではHomePod miniを買うべきかどうかについて紹介しました。

HomePod miniは部屋で使うAirPodsのような役割があるので、音楽だけでなく動画を見るときにも活躍できると思います。

また、iPhoneでSiriを使う場合、リビングのような広い空間だと中々声を認識してくれなかったので、Siriがしっかり聞き取ってくれるようになるのは良いですね。

Apple製品の中では比較的手頃な価格なので、試しに使ってみたいという場合にも良いと思います。

という訳で僕は買う決断ができたので、迷っている方の参考になると幸いです。

以上。「HomePod miniは必要か?できることと買うべきかを徹底検討」でした。

スイッチボットレビュー!未来の生活をiPhoneで簡単体験【スマートホーム】 Apple Watchは必要か?ケチな僕が購入をおすすめする理由 【2021最新】iPhoneをパワーアップ!おすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ どっちが良い?AirPodsとAirPods Proを5ヶ月使った感想と違いを比較【レビュー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。