AirPodsはケースが必要!?理由とおすすめケースまとめ!

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

便利でコンパクトで性能が良い完全ワイヤレスイヤホン『AirPods』

発売から数年が経ちましたが未だに大人気でこれを超える完全ワイヤレスイヤホンは中々登場しません。

AirPodsには充電ケースがあるのでケースなんか必要ないと思われますが、数多くのケースが販売されています。

私自身もAirPodsを使用してケースが必要と感じます。今回はAirPodsにケースが必要な理由とおすすめケースを紹介します。

気になる方はぜひチェックしてみてください!

ケースが必要だと思う理由

ケースがあるのでなんでケースが必要?と思いますよね。

この記事にお越しいただいた皆さんは既にわかっていると思いますが、一応紹介します。

とにかく埃がつく

Appleらしいとにかくシンプルで美しい AirPodsの充電ケースですが、とにかく汚れます。

材質的に美しいのですが、触っただけで指紋がつき、細かい埃がめちぇくちゃ付着します。

傷がつきやすい

AirPodsの充電ケースはAirPodsを充電する為にも必要ですが、完全ワイヤレスイヤホンである AirPodsを無くさずにしまっておく為にも必要です。

なので充電ケースは常に持ち歩く必要があり、ポケットやカバンに乱雑にしまいたいですよね。

しかしAirPodsの充電ケースはプラスチック製の為細かい擦り傷がたくさんつきます。

iPhoneをケーズも保護フィルムも貼らずに使っている私からするとこの点は気になりませんが、傷をつけたくないと思う方はケースが必須です。

磁石が強力で砂鉄がつく

ポケットに入れて使用する方も多いと思うのですが、ポケットの中は知らないうちに色んな汚れや細かいゴミが入り込んでしまうのです。

AirPodsの充電ケースはイヤホンが落ちないように磁石で止まるようになっていまが、イヤホンは落ちないし、収納するときは簡単ですごく便利なのですが、細かい砂鉄が磁力に引っ張られてケースに溜まってしまうのです。

充電ケースの構造上一度付着してしまった砂鉄を綺麗にするのは難しいです。

砂鉄なんか縁がないと思ってしまいがちですが、普通に生活するだけでも付着してしまうのです。

そしてもう一つの不安は充電ケースの蓋はワンタッチで簡単に開いてしまうことです。

これもかなり便利でカチカチと開けるのが楽しくなる程スムーズに開けることができるのですが、カバンに入れているときやポケットから取り出すときに勝手に開いてしまう可能性があります。

もし気づかないうちに蓋が開いてしまっていると、磁力に吸い寄せられたゴミがどんどん中に溜まってしまいます。

ケースをつけても気休め程度にしかならないとも思えますが、少しは改善されると思います。

ケースを落としやすい

シンプルでツルッとした感じが綺麗なのですが、AirPodsの充電ケースはコンパクトで、丸みがあり、表面がツルツルしているのでかなり滑ります。

うっかり手元からコンクリートの地面に落としてしまうと、ほぼ確実に割れるでしょう!

もし落としてしまうと高価なモノであるので、かなりショックを受けることになります。この落下帽子がケースを使うことの最大のメリットだと言えるでしょう!

安い

スマホのケースなどは3,000円以上するモノが多いですが、AirPods用のケースは2,000円以下で買えるモノばかりなので安いです。

これ以上高いと買わない気がしますがこの価格なら買ってもいいかなと思える絶妙な価格帯だと思います。

これで多少なりとも不安が解消できるのなら良いですよね。

おすすめのAirPodsケース

それではオススメのケースを紹介します!

ぜひ参考にしてください。

ATiC Apple AirPods レザーケース

POINT
  • 7種類のバリエーション
  • 耐久性に優れたレザー素材を採用
  • ケースに装着したままでも充電可能
  • ケースの蓋の部分にマグネットがあり開閉が簡単
  • ストラップ付属

デザインも豊富でシンプルな単色モデルもあります。

レザーケースは高い印象がありますがこちらの商品は1,000円前後で購入することができ、レザーケースが良いという方におすすめです。

ケースをつけたまま充電することも可能なので、実用性が高いのも特徴でストラップ付きなのでカバンやベルトに取り付けて持ち運ぶことも可能です。

持ち運びが多い AirPodsには最適なケースです!

AirPods用AhaStyleシリコンケース

POINT
  • AirPods用の専用設計
  • ベストセラー1位獲得
  • 耐久性のあるシリコンゴム製
  • ストラップ付属
  • ケースをつけたまま充電可能

シリコン製なので滑りにくく充電ケースを落とす心配も格段に無くなります。

またコンパクトはそのままなのでデザインも損なわれることがありません。充電の差込口も塞ぐことができ、そのまま充電をすることも可能なので実用性も高いです。

原形のデザインを損ないたくない方におすすめです。

temdan AirPods ケース

POINT
  • IP67防水規格 水没しても完全に防水出来る仕様
  • 柔らかなシリコン素材を採用
  • ケースに入れたまま充電可能
  • ケース両側は滑り止め加工
  • フック付き

シリコン製の完全防水ケースです。

AirPods自体が防水ではないので、水回りに持っていくことはないと思いますが、急な雨にも対処できます。

シリコン製で衝撃にも強いので普段使いにピッタリのケースです。

PodPocket AirPods シリコンケース

POINT
  • シンプルなシリコンケース
  • フック付き
  • ケースに入れたまま充電可能
  • デザイン性が高いPodPocketsブランド
  • ケースの上から入れるだけの簡単収納設計

このケースは全体を覆う形ではなく、すっぽりと入れるだけの簡単設計です。

蓋が勝手に開いてしまうなので対策にはなりませんが、単純に傷を防ぎたいという方におすすめです。

シンプルなのでデザイン性が高くケースの中でもかなりおしゃれです。カラーは3色から選ぶことが可能です。

StilGut AirPods レザーケース

POINT
  • ハンドメイドの本革製AirPodsケースカバー
  • ケースをつけたまま充電可能
  • カバーはボタン式
  • シンプルでおしゃれ

シンプルなレザーケースで充電ケースによく馴染みます。

特別な機能はありませんがとりあえずケースに入れておきたいという方におすすめです。

ケースをつけたまま充電することもでき、セットアップボタンもケースをつけたまま押すことができます。

MeanLove AirPods シリコンケース

POINT
  • AirPods用に特別に設計
  • 高品質のシリコン素材
  • 滑り止め防止加工
  • マグネットイヤホンストラップ付属
  • 30日間返金保証&12ヶ月の交換保証付き
  • ケースをつけたまま充電・ボタン操作可能
  • 落下防止カラビナ付き

耐衝撃性の高いシリコンケースです。イヤホン用のネックストラップも一緒に収納することが可能で、紛失から守ることができます。

AirPods用のイヤホンストラップは両側にマグネットが付いているのでケースに巻きつけるときや、イヤホンの自己吸着ができるので便利です。

ケース全体が滑りにくいデザインとなっているのも魅力的でカラビナ付きで、バックなどに取り付けることも可能です。

 AirPodsを紛失または壊してしまったら

オススメのケースを紹介しましたが、もし AirPodsを紛失したり壊してしまった場合の対処法も紹介します。

iPhoneを探すを使う

AirPods がなくしてしまったときは、「iPhone を探す」を使いましょう。これを使うことで AirPodsがどこにあるのかを地図上で確認することができます。

  • STEP.1
    事前に設定が必要
    この機能を利用するには事前に設定が必要です。

    1. まず、ホーム画面を表示します。
    2. 「設定」→「[ユーザ名]」→「iCloud」の順にタップします。iOS 10.2 以前の場合は、「設定」→「iCloud」の順に選択します。
    3. 下の方にある「iPhone を探す」をタップします。
    4. 「iPhone を探す」と「最後の位置情報を送信」をスライドさせてオンにします

    事前の設定は以上です。 AirPodsがペアリングされている場合には AirPodsにも設定が適用されます。

    AirPods がどのデバイスの通信範囲にも入っていない場合や充電が必要な場合、充電ケースに入っている場合でも、「iPhone を探す」を使えば、最後に接続が確認された時刻と場所までは調べることができます。

  • STEP.2
    「iPhoneを探す」APPを開く

    事前に準備ができている状態だとこのアプリを使用することで『AirPods』を探すことができます。

    「iPhoneを探す」APPは最初からiPhoneに入っています。

  • STEP.3
    Apple ID とパスワードでサインイン

    Apple IDとパスワードを入力してサインインします。

  • STEP.4
    AirPods をタップ

    AirPodsをタップすると地図上に AirPodsの位置が表示され、最後に接続が確認された時間を知ることができます。

    これを使えば誰かに拾われていない限り見つけることが可能です。

    もしもの時の為に一度使っておくとスムーズな対応が可能です。

 AirPodsを交換する

探しても見つからなかった場合や物理的に壊れている場合は交換が必要です。

修理は『Apple 正規サービスプロバイダ』または『 Apple Store 直営店』で受けることが可能です。

AirPods修理価格
  • バッテリー交換・・・5,800円(片方)
  • 保証対象外修理サービス料金・・・7,800円(片方)
  • 紛失・・・7,800円(片方)
充電ケース修理価格
  • バッテリー交換・・・5,800円
  • 保証対象外修理サービス料金・・・7,800円
  • 紛失・・・7,800円

詳しくはこちらをご覧ください

参考 AirPods の修理サービスApple公式サイト

 まとめ

AirPodsのケースに関することを紹介しました!

AirPodsは本当に便利なのでこれからもガシガシ使っていきたいと思います。ケースを使えば安心感も得ることができるのでとてもおすすめです。

また、無くした場合や壊れてしまった時にどれくらいの金額がかかるかわかれば、もしもの時の役に立ちます。

修理代金は思ったほど高くはないので、ケースをつけずに気にせず使うというのも良いかもしれませんね。

ぜひこの記事がお役に立てれば嬉しいです。

以上。最後までお読みいただきありがとうございました!

快適なAirPods生活を送りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です