iPhone 13発売日・スペックまとめ 

どっちが良い?AirPodsとAirPods Proを5ヶ月使った感想と違いを比較【レビュー】

コードが必要なく手軽で便利な完全ワイヤレスイヤホン。

iPhoneを使っているのならAirPodsが気になりますよね。

しかし、AirPodsには通常モデルの「AirPods」とプロモデルの「AirPods Pro」があります。

どっちが良いのか迷う方もいるのではないでしょうか。

この記事では両方を5ヶ月以上使ってわかった違いを比較してどっちが良いのかを紹介します。

迷っている方はぜひ参考にしてください。

AirPodsとAirPods Proはどっちが良い?

左:AirPods、右:AirPods Pro

まずは結論から紹介します。

両方使った結果、AirPods(第2世代)がおすすめです。

AirPods ProとAirPods(第2世代)を比較するとこんな感じ。

AirPods ProAirPods(第2世代)
バッテリー(ケース)24時間24時間
バッテリー(単体)4.5時間5時間
装着部分3種類から選べるワンサイズのみ
アクティブノイズキャンセリング✔️
外部音取り込みモード✔️
空間オーディオ✔️
耐汗耐水性能✔️
ケースのワイヤレス充電✔️
イヤホン重量5.4g4g
価格30,580 (税込)16,800円税込)

また2021年10月19日に発表されたAirPods(第3世代)と比較するとこのようになります。

AirPods ProAirPods(第3世代)
バッテリー(ケース)24時間30時間
バッテリー(単体)4.5時間6時間
装着部分3種類から選べるワンサイズのみ
アクティブノイズキャンセリング✔️
外部音取り込みモード✔️
空間オーディオ✔️✔️
耐汗耐水性能✔️✔️
ケースのワイヤレス充電✔️✔️
イヤホン重量5.4g4g
価格30,580 (税込)23,800円税込)

AirPods(第3世代)は発売後にレビューします。

両方使った結果、AirPods ProではなくAirPodsが良いと思った理由はこちら

AirPodsが良いと感じた理由
  • 価格が安い(約1.4万円の差は大きい)
  • 周りの音が聞こえるのが安心
  • AirPods Proの密着感が苦手

機能面ではAirPods Proが間違いなく優れていて、1万円の差でノイズキャンセリングやワイヤレス充電などの機能が追加されるのはコスパが良いです。

しかし、ワイヤレスイヤホンで約3万円はやはり高く、気軽に使うなら1万円も安いAirPodsが良いです。

また、AirPods Proは耳栓をしているかのように耳にフィットします。

付けている間、耳に水が詰まったような感覚になるのが苦手でした。

結果的に自然とAirPodsを使う機会が多くなったので、私にはAirPodsがあっていました。

AirPodsとAirPods Proの違いを比較

左:AirPods、右:AirPods Pro

個人的にはAirPodsがおすすめですが、使い方や重視することによってどちらが良いかは変わってきます。

次は比較のポイントについて紹介します。

比較ポイント
  • ノイズキャンセリング
  • イヤーチップ
  • 操作方法
  • 音質
  • 価格

それぞれについて詳しく紹介します。

ノイズキャンセリング

AirPodsとAirPods Proの1番大きな違いはノイズキャンセリングです。

AirPods Proのアクティブノイズキャンセリングはソニーのノイズキャンセリングより周囲の音をカットできるとの評判です。

実際に数ヶ月間使いましたが控え目に言ってもマジで凄いです!

ノイズキャンセリング機能をONにするとまるで防音室に入ったかのように周囲のノイズがカット

カフェで作業することが多い方はAirPods Proが最強です。

周囲のザワザワした音も一瞬で静かになり、まるで図書館にいるかのような静けさの中作業することができます。

まつりくん
正直ここまで凄いとは思いませんでした。

ノイズコントロールは iPhoneの「設定」→「Bluetooth」→「AirPods Pro」で変更可能。

「ノイズキャンセリング」「オフ」「外部音取り込み」の3つのモードを選べます。

周囲の音の聞こえ方
外部音取込モード
(5.0)
オフ
(3.0)
ノイズキャンセリング
(1.0)
MEMO
  • 外部音取り込みモードは周囲の音がクリアに聞こえます。
  • どちらもオフの時は少しフィット感の高い耳栓をした状態。
  • ノイズキャンセリングがONの時はかなりしっかりした防音室に入ったような感覚。周囲のノイズは全く聞こえません。

iPhone以外にもAirPods Pro本体の軸部分を長押しすることで「ノイズキャンセリング」と「外部音取り込みモード」にすぐに切り替えることができます。

電車や飛行機の中でノイズキャンセリングをONにして、音楽を流さないとかなり高品質な耳栓となります。

ノイズキャンセリング機能が欲しいと言う方はAirPods Proがおすすめ。

ただし、耳に水が詰まったような感覚が苦手な方はAirPodsがおすすめです。

イヤーチップ

左:AirPods、右:AirPods Pro

AirPodsは全ての人にピッタリとフィットする形状ではありませんでしたが、AirPods Proはイヤーチップを搭載しているので、自分のサイズに合うチップを選ぶことができます。

左からS,M,L

シリコン製なので多少大きくてもフィットします。

使っているイヤーチップが適切なサイズかどうかはiPhoneで確認することもできます。

イヤーチップ装着状態テスト

また、 iPhone「設定」→「Bluetooth」→「AirPods Pro」→「イヤーチップ装着状態テスト」からイヤーチップの装着状態テストを行うことができます。

イヤーチップが耳のサイズに合っていないと左の画面。

結果が良好であれば右の状態が表示されます。

ポイント
  • しっかりフィットしたい
  • AirPodsは形状的に耳に合わない

以上にあてはまる方はAirPods Proがおすすめです。

操作方法の違い

AirPodsとAirPods Proは操作方法にも違いがあります。

基本的に音楽の再生に関する操作はiPhoneやApple Watchで行いますが、AirPods単体でも簡単な操作を行うことが可能。

AirPodsはイヤホン本体をタップ2回で「再生の再生/停止」や「曲のスキップ」を選ぶことができていましたが、AirPods Proはコントロール機能がさらに進化。

軸部分を押すことで4つの操作ができます。

AirPods Proコントロール
  • 1回押して再生、一時停止、電話に応答
  • 2回押して次の曲にスキップ
  • 3回押して前の曲にスキップ
  • 長押しでアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替え

以上の操作が可能。

これまでのAirPodsはタップ方式だったので反応がうまくいかないこともありましたが、AirPods Proは軸部分を押すコントロールとなり、確実に操作ができ、軸部分をクリックする感じなので操作が楽です。

軸部分の平たくなっている部分を押すことでコントロール可能

コントロールに関してはAirPods Proはよく考えられています。

しかし、軸部分が小さく指が大きい人は操作がやりづらいので、AirPodsのタップの方が良いと感じる人もいます。

まつりくん
コントロールに関しても好みが分かれるところです。

音質の違い

私自身、音楽に大きなこだわりがある訳ではなく、年1回ライブにいくかどうかという感じです。

なのでイヤホンの音の違いについて敏感なタイプではありません。

AirPodsとAirPods Proどっちも長期間使用しましたが、使った感じ音質の違いは感じませんでした。

耳の良い人は違いを感じるのかもしれませんが、私の感想としては「どっちも高音質」です

音質の違いで迷う必要はないです!

価格の違い

現在販売されているAirPodsシリーズの価格をまとめます。

AirPods(第3世代)AirPods ProAirPods(第2世代)
23,800円(税込)30,580円(税込)16,800円(税込)
ワイヤレス充電対応非対応

価格帯が3つに別れたので選びやすくなっています。

とりあえずワイヤレスイヤホンが欲しい場合はAirPods(第2世代)が価格も安いのでおすすめ。

新しいデザインが良い場合はAirPods(第3世代)も良いと思いますが、機能を考えると少し高いような気もします。

まつりくん
機能を考えるとAirPods Proは決して高くはないと思いますが、AirPodsも高性能でコスパが良いので、AirPods Proは高く感じてしまいますね。

AirPods Proを買うべき人

AirPods Proはこんな人におすすめです!

AirPods Proがおすすめ
  • ノイズキャンセリングが必要
  • 耳のしっかりフィットさせたい
  • AirPodsはサイズ的に合わない
  • 飛行機や電車をよく利用する
  • 周囲の音が聞こえない方が良い
  • カフェで作業することがある
  • 価格が高くても良い

以上の方はAirPods Proがおすすめです。

AirPods Proはなんと言ってもノイズキャンセリングが凄いです。

うるさい場所でも防音室に入ったような感覚で音楽を聞くこともできますし、超高性能耳栓としても使用可能。

外部の音を取り込みたい時はが外部音取り込みモードを使えば、周囲の音もしっかりと聞こえるようになります。

使い分けができ、うるさい場所でもノイズキャンセリングを使うことで音量を下げてもしっかりと聞こえるので耳にも優しいです。

価格は高いですがそれ以上の価値があるので、以上にあてはまる方にはかなりおすすめです!

AirPods Proのレビューはこちら

AirPodsを買うべき人

AirPodsはこんな人におすすめです!

AirPodsがおすすめ
  • 気楽に使いたい
  • 周囲の音が聞こえないのは不安
  • 耳栓をしている感覚が苦手
  • ワイヤレス充電が必要ない

以上の方はAirPodsがおすすめです。

AirPods Proはイヤーチップによって、耳栓をしている感覚と同じなので耳が詰まったような感じます。

一方でAirPodsは付け心地が自然で密着されていないので周囲の音も聞こえます。

作り出した静けさより、自然の音の方が違和感がなく安心できるというのがAirPodsの良さです。

価格が約3万円と2万円というのも印象が大きく変わりますよね。

AirPodsでも完全ワイヤレスイヤホンと手軽さを十分に楽しむことができるので、上記にあてはまる方はAirPodsがおすすめです!

AirPods(第1世代)のレビューはこちら

現在発売されているAirPodsは第2世代です。

AirPods 第1世代と第2世代の違いはこちら

新型AirPods 2登場!違いはほとんどなし。発売日・スペック紹介!

AirPodsとAirPods Proどっちが良いかまとめ

この記事ではAirPodsとAirPods Proどっちが良いかについて紹介しました。

機能的に見ると絶対にAirPods Proなのですが、実際に使用してみるとAirPodsで良いかなと思いました。

もちろん自分の使い方にあった物を選ぶのが1番なので、この記事が参考になると幸いです。

AirPodsもAirPods ProもiPhoneとの連携は完璧で、駅など混雑する場所でもタイムラグや音が途切れることはほぼ無いです。

音に関する性能は違いがわからないレベルなので、機能と価格で自分に合う方を選ぶのがベスト。

AirPods ProAirPods(第2世代)
バッテリー(ケース)24時間24時間
バッテリー(単体)4.5時間5時間
装着部分3種類から選べるワンサイズのみ
アクティブノイズキャンセリング✔️
耐汗耐水性能✔️
ケースのワイヤレス充電✔️
イヤホン重量5.4g4g
価格¥27,800 (税別)¥17,800 (税別)

私はAirPodsが使いやすかったです。

AirPodsが良いと感じた理由
  • 価格が安い(1万円の差は大きい)
  • 周りの音が聞こえるのが安心
  • AirPods Proの密着感が苦手

ぜひ参考にしてください!

以上。「どっちが良い?AirPodsとAirPods Proを5ヶ月使った感想と違いを比較」でした。

【レビュー】AirPodsは超便利!使ってわかったポイントまとめて紹介 新型AirPods 2登場!違いはほとんどなし。発売日・スペック紹介! AirPods Proレビュー!Proの名にふさわしい最強完全ワイヤレスイヤホン。AirPodsとの比較あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。