新型iPhone SEについてはこちら

Galaxy S20の比較レビューと評価!S10との違いと口コミ・評判を解説

2020年のGalaxyは5Gに対応。

5Gの対応エリアはまだ少ないですが、今後どんどん広がっていくのでそろそろスマホを買い替えようと思っている方は、5Gに対応したスマホが気になると思います。

Galaxy S20はAndroidスマホの中でも性能が高く代表的な1台ですが、

どんな機能がある?

使いやすい?

前モデルとの違いは?

など実際に購入するとなると気になることも多いですよね。

この記事ではスマホ大好きな僕がGalaxy S20についてレビュー・評価。S10との違いや口コミ・評判を解説します。

ぜひ参考にしてください。

お得に買えるキャンペーン

公式サイトをチェック

※オンラインショップへのリンクです

Galaxy S20の評価

まずは結論から紹介します。時間が無い人はここをチェックしてください。

良かった点
  • スリムなボディ
  • 光学3倍、最大30倍のズーム
  • 8K動画から写真の切り出し可能
  • 5G対応
  • 画面内指紋認証が便利(マスクをしていても使える)
  • ハイスペックスマホの中で価格が安い

次はイマイチなポイント。

気になった点
  • カラーバリエーションがイマイチ

スペックに関しては最新スマホの中でも高く、価格も他のハイスペックスマホと比べると1万円以上も安いです。

スペック・大きさ・機能・カメラのどれを比較しても2020年モデルの中でトップクラスの性能なので、少しでも安くハイスペックなスマホが欲しい方におすすめ。

ただ気になった点は、カラーがテカテカしていて他のスマホと比べてダサいです。

これは個人的な感想もあるので一概には言えませんが奇抜な色が多いですよね。

ドコモで購入できるカラーバリエーションは以下の3色です。

ドコモでチェック

評価をまとめるとこんな感じ。

Galaxy S20の評価
価格
(4.5)
カメラ性能
(5.0)
デザイン
(3.0)
持ちやすさ
(4.0)
CPUスペック
(5.0)
バッテリー
(4.5)
総合評価
(4.5)

機種変更・新規契約・購入は各キャリア公式オンラインショップがおすすめです。

手数料が必要ないなど料金的にもお得で、長い待ち時間が必要なく、24時間いつでもどこでも契約ができます。

わかりやすいページでプランをじっくり選べるのもポイント。

オンライン限定のキャンペーンを開催していることもあるので是非チェックしてみてください!

まつりくん
ドコモでは5G WELCOME割を開催。のりかえ/新規契約なら22,000円割引。機種変更なら5,500円の割引があります。

お得に買えるキャンペーン

公式サイトをチェック

※オンラインショップへのリンクです

【2020】どれがおすすめ?ドコモの5G対応スマホをわかりやすく比較

Galaxy S20とS10のスペックの違いを比較レビュー

まずは前のモデルからどれだけ進化したかや、Galaxy S20のスペックについて紹介します。

Galaxy S20とGalaxy S10を比較した時のポイントはこんな感じ。

違いのポイント
  • 画面サイズが僅かにアップ(6.1→6.2)
  • 縦幅が大きくなり横幅が小さく
  • 画面がサクサク動く120Hz駆動に対応
  • イヤホンジャックが廃止に
  • 望遠カメラが明るくなり高画素化
  • 広角カメラのセンサーサイズがアップ
  • 8K動画撮影対応
  • CPUスペックが20%向上
  • 5Gに対応
まつりくん
カメラ機能を中心に大きく進化しています!横幅が僅かですが小さくなっているので持ちやすいとも感じました。

表にまとめるとこんな感じ。

Galaxy S20Galaxy S10
画面サイズ6.26.1
種類有機EL有機EL
ディスプレイQHD+563ppiQHD+550ppi
フレームレート120Hz
151.7mm150mm
69.1mm70mm
厚さ7.9mm7.8mm
重量163g158g
カメラトリプルレンズトリプルレンズ
超広角レンズ
・F値
・画素数
F2.2
1200万画素
F2.2
1600万画素
広角レンズ
・F値
・画素数

F1.8
1200万画素
センサーサイズアップ
F1.5/2.4自動切替
1200万画素
望遠レンズ
・F値
・画素数

F2.0
6400万画素
F2.4
1200万画素
ズーム光学3倍
デジタル30倍
光学2倍
デジタル10倍
手ブレ補正光学式光学式
フロントカメラ1000万画素1000万画素
CPUチップSnapdragon 865Snapdragon 855
メモリ12GB(5Gモデル)8GB
5G対応×
Wi-Fi 6対応×
防水IP68IP68
バッテリー4000mAh3300mAh
ワイヤレス充電対応対応
USB PD対応対応
Bluetooth5.05.0
おサイフケータイ対応対応
カラーコスミックグレー
クラウドブルー
クラウドホワイト
プリズムブラック
プリズムブルー
プリズムホワイト

5G対応やWi-Fi 6対応など通信関係も全体的に進化。

価格は約10万円ですがこの価格でこれだけの機能があればかなりコスパが良いです。

公式サイトをチェック

※オンラインショップへのリンクです

Galaxy S20の外観レビュー

早速外観からレビューしていきます!

Galaxyと言えばノッチのないディスプレイが特徴です。

前面はインカメラ部分のみが切り抜かれたデザインとなっています。

少し縦に長いですが幅が小さく、サイドは僅かにカーブが掛かったデザインになっているので持ちやすいです。

左からXperia 1 Ⅱ・Galaxy S20・iPhone 11 Pro

他のスマホと比較するとこんな感じ。

ハイスペックモデルを並べていますがGalaxy S20はかなりスリムであることがわかります。

横幅がスリムだと想像以上に持ちやすいので、スリムでコンパクトなスマホが欲しいという方におすすめです。

外観のポイント
  • スリムで持ちやすい
  • 他のスマホと比較して横幅が小さい
  • 重量が163gと軽い(iPhone 11 Proは188g)

デザインとボタンの配置

横側は音量ボタンと電源ボタンを搭載。反対側には何もありません。

下側はマイクとスピーカー、USB-Cポートを搭載。

上側にmicroSDとnano SIMスロットを搭載しています。

カメラの外観はこんな感じ。

やはりカメラは左上の位置がしっくりきますね。

縦に長すぎない長方形の方はかなり良いと思います。

iPhone 11 Proと比較

普段から使用しているiPhone 11 Proと外観・持ちやすさを比較してみました。

横に並べるとこんな感じ。Galaxy S20の方が僅かに縦に長いです。

Galaxy S20iPhone 11 Pro
151.7mm144.0mm
69.1mm71.4mm
厚み7.9mm8.1mm
重量163g188g

厚みに関しては僅かにGalaxy S20の方が薄いですが、持った感じはあまり差は感じないです。

最近のスマホは厚みがありますが、持ちやすさの面では特に持ちにくい感じはなかったですね。

小型なスマホが欲しい方にも最適なサイズ感です!

公式サイトをチェック

※オンラインショップへのリンクです

Galaxy S20のスペック・機能をレビュー

それではGalaxy S20のスペック・機能で特に優れているところをレビューします。

ポイント
  • 画面がサクサク動く120Hz駆動に対応
  • ディスプレイ指紋認証
  • イヤホンジャックが廃止に
  • CPUスペックが20%向上
  • 5Gに対応

画面がサクサク動く120Hz駆動

Galaxy S20は6.2インチの有機ELディスプレイを搭載。

そして注目ポイントとしてリフレッシュレート120Hzに対応!

普段よく目にするディスプレイは1秒間に30回ほど画面が切り替わっているのですが、リフレッシュレート120Hzだと1秒間に120回画面が切り替わります。

まつりくん
画面のスワイプがこれまで以上に速くなるよ

Galaxy S20は60Hzと120Hzで切り替えが可能。

120Hzだと解像度は若干落ちるようですが見た目で違いはわかりません。

まつりくん
実際に使った感想は、目で見てもちょっと速くなったかなという感じ。最新のスマホと比べると大きな差は感じませんでした。

リフレッシュレート120Hzはスピードが求められるゲームをプレイする人に良い機能なので、スマホでゲームをしない僕にはあまり関係ない機能でした。

ディスプレイ指紋認証に対応

これは以前のモデルも対応していますが、認証速度が上がっているとのこと。

顔認証も便利ですがマスクを付けていたら使えないので不便です。

Galaxy S20の認証方法は「顔認証」「指紋」「パスコード」から選べるので選択肢が多く便利。

画面内指紋認証は精度が悪いと言われていましたが全然そんなことなかったです。

まつりくん
マスク使っているとiPhoneは顔認証できないので、ディスプレイ認証最高です!

動画で指紋認証されるところを紹介しているのでチェックしてみてください。


イヤホンジャックが廃止に

Galaxy S20はイヤホンジャックが廃止。

付属のイヤホンもUSB-Cとなっています。

イヤホンジャックは他のスマホでも廃止の流れなので仕方ないですね。

ソニーの2020年モデル「Xperia 1 Ⅱ」は逆にイヤホンジャックが復活しています。

CPU性能が向上

Galaxy S20はSnapdragon 865を搭載。メモリも12GBに増量されています。

Galaxy S20Galaxy S10
CPUチップSnapdragon 865Snapdragon 855
メモリ12GB8GB
ストレージ128GB128GB
5G対応×
Wi-Fi 6対応×

CPUスペックは20%程の向上です。

現在のスマホのCPUスペックは既にかなり高いのでスペックの限界までの負荷を掛けることはあまりありません。

その為、進化具合はあまり感じられないかなと思います。

Geekbench 5.1.0で測定してみた結果はこのようになりました。

左がGalaxy S20で右がiPhone 11 Proです。

iPhone 11 Proの方が数値は高かったのは驚きましたが、このレベルになると差は感じないですね。

5Gに対応

Galaxy S20は通信性能が大幅に進化。次世代通信の5G(ファイブジー)に対応しています。

Galaxy S20は5Gの中でもミリ波と呼ばれる高周波数には対応していませんが、当面の間はSub6と言われる低い周波数帯の5Gが主流となるのでしっかりと5Gに対応していると言えます。

さらにWi-FiもWi-Fi 6にアップしています。

Wi-Fi 6は多数接続による安定性が向上されており、通信速度は従来のWi-Fi規格より2倍程速くなります。

  • Wi-Fi 6 理論理論最大速度9.6Gbps
  • Wi-Fi 5 理論理論最大速度6.9Gbps

5Gについて詳しく知りたい方はこちら

Galaxy S20のカメラをレビュー

最近はどのモデルもカメラ性能が大きく進化しています。

Galaxy Sシリーズは毎回最先端のカメラ機能を搭載。2020年モデルのGalaxy S20もカメラが大きく進化しています。

カメラのポイント
  • 望遠カメラが明るくなり高画素化
  • 広角カメラのセンサーサイズがアップ
  • 8K動画撮影対応
  • ベストショットが撮れるシングルテイク
  • スーパー手ブレ補正

実際に撮った写真を中心にカメラをレビューしていきます。

Galaxy S20 左:超広角カメラ、右:広角カメラ

望遠カメラが大幅に進化!最大30倍ズームが可能に

Galaxy S20は6400万画素の望遠カメラを搭載。

光学ズームは3倍相当でデジタルズームは30倍まで可能です。

スマホカメラの弱点はズームできないことでしたが、Galaxy S20は望遠カメラが大きく進化しています。

さらにS10と比べるとF値が2.4から2.0とかなり明るくなっています。

Galaxy S20Galaxy S10
カメラトリプルレンズトリプルレンズ
超広角レンズ
・F値
・画素数
F2.2
1200万画素
F2.2
1600万画素
広角レンズ
・F値
・画素数

F1.8
1200万画素
センサーサイズアップ
F1.5/2.4自動切替
1200万画素
望遠レンズ
・F値
・画素数

F2.0
6400万画素
F2.4
1200万画素
ズーム光学3倍
デジタル30倍
光学2倍
デジタル10倍

広角カメラはセンサーサイズがアップし、夜などの暗い場所の画質が向上。

デジタルズームはズームするほど画質が悪くなっていきますが、10倍程度であればかんり実用的です。

スマホでももう少し遠くの写真を撮りたいと思っていた方には、かなり魅力的な進化となっています。

Galaxy S20で30倍ズームした写真です。

流石に解像度は悪いですが記録写真としては十分です。

こちらの写真は3倍ズームで撮影

こちらが10倍です。

10倍であれば画質の劣化も少ない常用で使えるレベルです。

ズーム時にはこのような画面になり左上の画面で、どの部分を写しているのかがわかるようになっています。

こちらは30倍なのですが左上の画面を見るとかなり拡大して写しているのがわかりますよね。

30倍ズームは流石に画質が悪くなりますが、スマホでこれだけのズームができるのは本当に凄いです!

広角の画角で6400万画素の写真を撮影可能

Galaxy S20は望遠カメラの6400万画素カメラを使って、広角画角でも6400万画素の写真を撮ることができます。

ポイント
  • 6400万画素の望遠カメラを使用
  • 画角は広角
  • アップしても高解像度の写真が撮れる
  • データサイズはかなり大きい

 

6400万画素モードはカメラアプリ内で簡単に切り替えが可能。

縦横比は3:4です。

左が通常の広角カメラ(1200万画素)
右が6400万画素モード

普通に撮った写真では違いが分かりませんが、拡大してみると6400万画素の凄さが分かります。

左が6400万画素モード
右が通常の広角カメラ(1200万画素)

かなり大きく拡大しましたが、1200万画素の写真は解像度が悪くなっていますが、6400万画素は解像度の劣化なく拡大できています。

集合写真など通常の広角カメラで写真を撮るときに6400万画素モードを使うと顔もハッキリと写せます。

6400万画素モードで撮影した写真はデータサイズが大きくなるで注意が必要です。

上の写真は6400万画素モードが17.8MB、広角カメラで撮った1200万画素の写真は4.1MBでした。

約4倍サイズ量が大きくなるのでストレージを節約したい方は使い分けるようにしましょう。

8K動画撮影に対応

そして動画は8K動画に対応しています。

正直、8Kの動画が取れても8K映像を見れるディスプレイがあまりないですし、容量をめちゃくちゃ取られるのであまり実用的ではありません。

しかし、8K動画から鮮明な写真を切り出すこともできるので、シッターチャンスが限られる子供を撮るのには活躍しそうです。

テーマパークのキャラクターグリーティングなど撮影枚数が1組1枚と決められている場合にも便利ですね。

ベストショットが撮れるシングルテイク

Galaxy S20で追加された「シングルテイク」機能を使って数秒から最大10秒の動画を撮ると、その中からベストな写真やショートムービーを自動で作成してくれます。

動画を撮るだけでベストショットが加工されて出てくれるのでかなり便利。

ライター
動画も写真も撮れて、写真は本当にベストショットだったで驚きました。

動画は1秒早送り動画や、リピート動画などTikTokのような面白い動画が撮れます。

写真を1枚だけ撮ると目をつぶってしまう可能性もありますが、動画なら連続的に撮れます。

さらに動画だと、無駄なシーンも多いですが自動でベストショットをチョイスしてくれるので本当に便利です。

この機能はGalaxy S20で新たに追加された機能なので、編集をするのが面倒という方はめちゃくちゃ楽しめますよ!

今まで色な機能を試しましたがこの機能はマジで凄かったです。

ライター
写真を選別するのが面倒という方にも最適!Twitterでもシングルテイクが気になるとの人が多かったです。

ナイトモードは超高画質

Galaxyのナイトモードはより明るく撮れると評判でしたがGalaxy S20でも長時間露光したような写真が撮れます。

左:ナイトモード なし、右:ナイトモード あり

細部まで明るくなっており三脚を使って長時間露光したような仕上がりとなっています。

スマホでここまで高画質な夜の写真が撮れるのは本当凄いです。

左:ナイトモード なし、右:ナイトモード あり

実際はもっと暗いのですが土の部分まで明るくなっていてビックリしました。

ナイトモードなしでも実際より十分明るいですが、ナイトモードありだと照明が当たったレベルで明るくなっています。

撮りたいイメージによって使い分けるのも良いですね。

左:超広角、右:3倍ズーム

Galaxy S20は広角カメラだけでなく、超広角カメラ、望遠カメラでもナイトモードが利用可能です。

どちらも画質は良いので実用的な使い方可能。

画質は悪くなりますが最大10倍ズームまでナイトモードが利用できます。

ナイトモードの10倍ズームはさすがに画質が悪いです。

iPhone 11 Proと撮った写真を比較

iPhone 11 Proとの画質の差を比較してみました。

Galaxy S20で撮影

iPhone 11 Proで撮影

Galaxy S20の方が暗い部分が明るくHDRが効いている感じです。

2枚を並べるとこんな感じ。

左:Galaxy S20、右:iPhone 11 Pro

色味やHDRに関しては好みの問題もありますが、どちらも明暗差がある部分も綺麗に写せています。

画質に大きな差はないです。

左:Galaxy S20、右:iPhone 11 Pro

続いて望遠の比較をします。

iPhone 11 Pro 10倍ズーム

iPhone 11 Proの最大ズームは10倍。

こちらの写真は10倍ズームで撮った写真です。

Galaxy S20 10倍ズーム

こちらの写真はGalaxy S20で10倍ズームで撮影した写真です。

Galaxy S20は最大30倍までズームできるだけあって、iPhone 11 Proの10倍ズームと比べるとかなり解像度が高く高画質です。

望遠カメラに関してはGalaxy S20が上です!

ライター
スマホでここまでズームできる時代が来るとは…スマホの進化は凄いですね!

左:Galaxy S20、右:iPhone 11 Pro

夜の明暗差の処理はこんな感じ。

iPhoneの方が暗部を明るく処理していますが、Galaxy S20の方が自然な仕上がりです。

左:Galaxy S20、右:iPhone 11 Pro

ナイトモードを比較するとこんな感じ。

大きな差はありませんがGalaxy S20の方が解像度が高いです。

ナイトモードの処理性能が良いので上手く手ブレを押さえているのだと思います。

Galaxy S20の口コミ・評判

他の人の意見も気になると思うので、 Galaxy S20の口コミ・評判をまとめます。

良い口コミ・評判

良い口コミと評判をまとめるとこんな感じ。

良い評判
  • シングルテイクが便利
  • 縦配列よりボックスデザインのカメラが良い
  • アクションカメラ並みの手ブレ補正が凄い

ライター
「カメラが凄い」「持ちやすい」との意見が多かったです。

悪い口コミ・評判

悪い口コミと評判をまとめるとこんな感じ。

気になった点
  • 5Gの恩恵はまだ受けられない

ライター
Galaxy S20の問題ではありませんが、まだ5G対応エリアが少ないので必要なの?と疑問に感じる方は多いようでした。

Galaxy S20レビューまとめ

この記事ではGalaxy S20について紹介しました。

現時点で使った感じをまとめるとこんな感じ。

良かった点
  • スリムなボディ
  • 光学3倍、最大30倍のズーム
  • 8K動画から写真の切り出し可能
  • 5G対応
  • 画面内指紋認証が便利(マスクをしていても使える)
  • ハイスペックスマホの中で価格が安い

次はイマイチなポイント。

気になった点
  • カラーバリエーションがイマイチ
  • ディスプレイ内指紋認証の精度がもう一歩

Galaxy S20は5Gスマホの中でも価格・機能・スペックがかなり優れています。

価格が安いハイスペックスマホが欲しい方はぜひチェックしてみてください。

さらにドコモでは5Gに関する割引を実施中です。

実施中の割引

・5Gギガホ割
5Gギガホを契約すると最大6ヶ月間、月額1,000円引き

・5Gギガホ音声割
5Gギガホの契約で音声オプションが月額700円割引されます。

・5G WELCOM割
対象機種へ契約変更なら最大5,500円、新規/MNPなら最大22,000円割引

また、ドコモスマホの予約・購入は公式オンラインショップがお得なのでおすすめです。

ドコモのオンラインショップは料金的にも時間的にもお得。さらに手数量も無料。

手数料店舗オンライン
新規・MNPのりかえ3,240円0円
機種変更2,160円0円
契約変更3,240円0円

このように手数料にこれだけの差があります。

オンラインは難しいのでは?と感じるかもしれませんが、画面の指示に従って必要な項目を埋めていくだけなので難しいことはありません。

スマホは自宅に届けてくれるので、休日に混雑するショップに出向くことなく、平日夜に注文して休日に受け取るということもできます。

オンラインショップ限定の割引が開催されていることもあるので、お得に契約する為にも公式オンラインショップを利用しましょう!

公式サイトをチェック

※オンラインショップへのリンクです

スマホがネットでカエル!ドコモオンラインがお得な7つの理由を徹底紹介

キャンペーン情報はこちら
ドコモオンラインショップのキャンペーンまとめ

オンラインショップのメリット・デメリットについてはこちら

ドコモの機種変更はオンラインショップがおすすめ!メリット・デメリットを徹底解説

クーポンについて知りたい方はこちら

ドコモオンラインで使えるお得な機種変更クーポンまとめ!入手方法や使い方を紹介

以上。「 Galaxy S20の比較レビューと評価!S10との違いと口コミ・評判を解説」でした。

Androidスマホおすすめ機種はこちら

【2020年最新】Androidスマホおすすめランキング!性能と価格をわかりやすく比較

ドコモのおすすめスマホはこちら

【2020年最新】ドコモおすすめスマホランキング!今買うべきスマホを性能・価格で徹底比較

auのおすすめスマホはこちら

【2020年最新】auの機種変更おすすめスマホランキング!性能・価格を徹底比較

iPhoneのおすすめ機種はこちら

【2020年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!性能・サイズ・価格を徹底比較

AndroidとiPhoneの違いについて

どっちが良い?AndroidスマホよりiPhoneをおすすめする理由と比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。