格安SIMでスマホ料金を抑える方法【クリックして読む】

5Gスマホはいつから使える?普及すると変わることをわかりやすく解説

最近ちらほら聞こてきたのが次世代無線通信システムの『5G』です。

5Gは「5th Generation」の略で「ゴ、ジー」もしくは「ファイブジー」と呼ばれています。

この記事では気になる5Gについて、いつから始まるのかや、普及すると変わることをできる限りわかりやすく解説します。

興味のある方はぜひご覧ください。

5Gとは

5Gとは、2020年の実用化に向けて開発されている次世代無線通信システムです。

現在主流の4Gと比べると速度は100倍ととんでもない性能を誇っています。

あとで詳しく説明していますが、5Gが普及することであらゆるモノがインターネットに繋がるようになり、車の自動運転やIoTが更に進化すると言われています。

通信速度が高速なので4Kや8Kがどこでも見られるようになるかもしれません。

5Gポイント
  • 5Gピーク速度・・・20Gbps
  • ユーザー体感速度・・・100Mbps
  • 接続数・・・100万台/km
  • 無線区間遅延・・・1ms

5Gのスペックは以上のようになっています。光回線要らずの高速通信・多数同時接続・低遅延が実現されます。

ちなみにWi-Fi接続の5倍程速いダウンロード速度が実験で証明されています。

5Gはいつから始まるのか

ドコモでは2020年のサービス提供開始をめざして研究開発に取り組んでいます。

2020年の東京オリンピック開始までに5Gを提供したいという考えがあるようです。もちろん提供開始は都市部からのスタートになると思われるので、日本全国をカバーするのはまだ先となります。

プレサービスは2019年9月に開催されるラグビーワールドカップ会場で提供する見込み。

プレサービスの成果を確認しつつ、東京オリンピックを控えている2020年春に商用開始する予定となっています。

現在の4Gのように広く普及するのはいつかはわかりませんが、ラグビーワールドカップでは5Gの魅力やメリットについても、かなり具体的に分かります。

そして首都圏の人は2020年には実際に体験できるようになりそうです。

5Gがもたらす魅力が楽しみですね!

1G〜4Gまでのモバイル通信の歴史

モバイル通信についてはあまり意識したことがないという人も多いと思います。

「昔は確か3Gだったのにいつのまにか4Gになっていた」という方や、「4Gになってスピードって変わった?」とあまり速度の違いを感じていない方も多いです。

せっかく5Gがはじまるので今までのモバイル通信の歴史についても簡単に紹介します。

1G:アナログ携帯電話

1Gはなんとバブル時代まで遡ります。

お笑い芸人の平野ノラさんが逆で肩から提げていた「ショルダーフォン」が1G世代です。

ショルダーフォンの重さは約3kgと今から考えると携帯電話ですらありませんよね。そしてネットを閲覧することもできず、通話のみに使えました。

通信量が高いということもあり個人向けではなく、ビジネス向けだったようです。

2G:デジタル

ここから飛躍的にモバイル通信は進化していきます。

2Gは1993年に登場しネット通信とメールの送受信が可能となりました。通話のみしかできなかった1Gより遥かに進化しています。

そして通信料も大幅に下がり一般家庭にも普及しました。

最先端技術は一般家庭に普及するまでが大変なので一般家庭への大幅な普及こそがモバイル技術を瞬く間に進歩させて要因でもあると思います。

2G通信速度

2.4kbps~28.8kbps

3G:高速データ通信

私が初めて手にした携帯電話は3G世代です。

その当時はモバイルサイトが当たり前となっており、デコレーションメールなど画像を使った容量の大きいメールのやりとりも簡単に行えました。

動画に関してはストレスなくダウンロードできるのは30秒程という感覚です。PCサイトについては流石に重たいので進んで利用しようとは思わなかった印象です。

そして2Gは地域で規格がバラバラだったのに対して3Gは国際規格です。

3G通信速度

384kbps~14Mbps

4G:3Gの発展型

これまでの進化と比べて少し地味ですが4Gは3Gより更に大容量・高速化通信が可能となりました。

以前はモバイルサイトがなくなるとは思っていませんでしたが、今はガラケーでネットを見ることなんかありませんよね。

これもスマホと4Gの登場で大容量・高速化通信が可能となった為です。

モバイル通信でもWi-Fiと同じように動画やパソコン用のサイト閲覧が可能となりました。YouTubeやTik Tokなどの動画サービスがここまで普及したのもこの4Gとおかげです。

気にしていないと知ることはないですが、モバイル通信の進化は私たちの生活を大きく変えるのです。

LTEとは

LTE通信と4G通信は何が違うの?と思いますよね。

確かに少し前まではスマホの電波表示部分に『LTE』と表示されていましたが現在は『4G』と表示されています。

そもそも4Gは、複数の通信規格を総称した呼び名で、LTEはそのうちの一種です。現在はLTEを4Gと称する通信事業者が増えてきたため、最近では4Gの一種ととらえる方が一般的です。

4G通信速度

50Mbps~1Gbps

5Gが普及すると何が変わる?

5Gのポイントは以下の通りです。

5Gのポイント
  • 超高速
  • 超低遅延(遅延がないということ)
  • 多数同時接続

5Gの主なポイントはこのようになっています。

最高10Gbpsの「超高速」、1ミリ秒程度の「超低遅延」、1平方kmあたり100万台の「多数同時接続」が可能であり、今の4Gでも十分と感じますがこのスペックはそれを遥かに超えるスペックとなっています。

このスペックでどうなるかというのを紹介します。

車の自動運転が進化する

5Gの超低遅延(遅延がない)ことによって車の自動運転が更に現実的なものになります。

例えば数台先を走る自動車が急ブレーキをしても、そのブレーキ作動情報が遅延なく伝わることで自動運転時でも玉突き事故を防止することができます。

遅延なく情報が伝わるということは通信の信頼性が更に高まります。

自動運転も一気に広がるかもしれません。

遠隔手術が可能になり地方と都市部の格差がなくなる

基本的に優れた医療を受けるには設備が整った都市部が良いとされています。

また、過疎化している地域では高齢化が進み大病院がない地域もあります。

5Gが普及すれば医師がネットワーク接続された医療機器を利用して診察や手術を行うことができるようになります。

このように高解像度の映像が遅延なくやりとりできることにより、医療にも進化をもたらすのです。

働き方改革が加速する

今でも通信会議は当たり前のように行われていますが、映画の世界のようにはいきません。

若干のタイムラグはストレスになりますし、ビジネスに時間のロスは無視できない問題です。

しかし、5Gが普及することによりスムーズなデータ通信が可能になればリモートワークも加速します。在宅ワークが可能になるだけでなく、地方に住みながら都心の企業で働くことも可能になります。

そして、5Gは4K/8Kサイズの高精細なものを扱うことができるので、まるで対面で話しているかのようなやり取りも可能になります。

こうなってしまえば、取引先の関係で都心で会社を置く必要もありませんし、出張する機会も大幅に削減することができます。

移動時間は大きな時間のロスなのでそれを無くすことでも更に働き方改革が加速するのです。

多数同時接続でIoTが進化

現在はWi-Fiに家電を接続するという使い方が一般的です。

5Gで1平方kmあたり100万台ものデバイスを同時にモバイル接続することができるようになれば、各デバイスを直接モバイル通信に接続することが可能となります。

スマホ一つで家の空調や鍵、洗濯機など様々な家電を操作できる日がすぐに来るかもしれません。

多数同時接続で通信制限がなくなる

私たちが今最も魅力に思うのが『通信制限』がなくなることだではないでしょうか。

1平方キロメートルあたり100万台以上のデバイスの同時接続が可能となる5Gの導入後はイベント会場など多くの人が集まる場所でも遅延がなくなり、更に通信容量制限もなくなると言われています。

現在はプランによって大容量の通信はできませんが、この通信制限が無くなればWi-Fiなしでも動画が見放題という時代が来るのです。

多数同時接続によるメリットはかなり大きいですね。

『超低遅延』と『多数同時接続』が5Gならではの魅力とも言えます。

5Gの普及はまだ時間が掛かるので、一先ず外出先で通信量を気にせずにネットを楽しみたい方はポケットWi-Fiがおすすめです。

気になる価格も格安SIMと組み合わせることで、大手キャリア並みの金額で利用できるので安く快適に利用できます。

関連格安SIMと併用!おすすめポケットWi-Fi・モバイルルーターを厳選紹介【通信量節約】

格安SIMと併用!おすすめポケットWi-Fi・モバイルルーターを厳選紹介【通信量節約】

まとめ

5Gが普及することによってこれまで以上に生活が便利になります。

最近は動画をアップするのも簡単に行なっていますが、動画の時間に制限があったり、Wi-Fiの環境下以外で動画を閲覧するとすぐに通信制限に達してしまいます。

5Gが普及するとこのような心配がなくなり、更に動画分野が進化するとも言われています。

もしかすると、写真より動画の方が一般的になるかもしれません。

5GによるIoTや自動運転なども非常に楽しみな技術です。これからどんどん情報が出てくるので興味のある方は最新情報にアンテナを張りましょう!

iPhoneの5G対応はいつから?

5G対応のiPhoneについては2020年に登場すると言われています。

ただしLTEに対応したのはサービス開始から1年後だったという実績があるので、5Gについてもすぐには対応しないかもしれません。

最新技術は最初のうちは不具合も多いので、現在のアップルの考え方だと少し遅れての登場も十分あり得ます。

実際に私たちが5Gの魅力を最大限に感じることができるのは5年以上先となりそうですね。

ライター
通信技術とAI技術の発達により人間が仕事をしなくて良くなる世界がくるかもしれません。

在宅ワークや仕事をしなくて良い世界も体験してみたいものです。

以上。5Gスマホはいつから使える?普及すると変わることをわかりやすく解説でした。

最新技術はワクワクがいっぱいです!

最新iPhoneはカメラが凄い
一眼レフカメラに勝てる!?iPhone XS/XS Maxカメラ性能比較 最新iPhoneも含めたおすすめはこちら
【2019年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!スペックの比較と選び方【XS/XR/X/8/7/6s】 人気スマホのカメラ性能を比較!おすすめランキングと選び方 最新スマホはこちらから

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

スマホの購入は安くて早いオンラインショップがおすすめです。

スマホの契約・乗換・機種変はオンラインショップがおすすめ!その理由を徹底解説

格安SIMとポケットWi-Fiの併用はかなりオススメなので、是非一度ご覧ください。

関連格安SIMと併用!おすすめポケットWi-Fi・モバイルルーターを厳選紹介【通信量節約】

格安SIMと併用!おすすめポケットWi-Fi・モバイルルーターを厳選紹介【通信量節約】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です