新型iPhone SEについてはこちら

【2020年新型】iPhone 12の噂まとめ!発売日・デザイン・スペック・価格はどうなる?

2020年の新型iPhone 12シリーズは「iPhone 12」「iPhone 12 Max」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の4つのモデルが登場すると噂されています。

また、iPhone 12は近年のiPhoneの本命となると言われており、待望の5G対応、新たなデザインなど、iPhone 11以上に注目度が高いです。

この記事では2020年に登場が噂される『iPhone 12』の最新情報やスペック・発売日について紹介します。

新型iPhoneが気になる方はぜひ参考にしてください。情報が追加され次第随時更新中です。

また、今iPhoneを買うなら以下の記事がおすすめ。

【2020年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!性能・サイズ・価格を徹底比較

iPhone 12の発売が待てない人はこちら

iPhone 11の購入は辞めた方がいい?iPhone 12の発売を待つべき理由まとめ

iPhone 12 / 12 Proの最新情報と噂

2020年に登場するiPhone 12は一体どんな機能を搭載するのでしょうか。

iPhone 12・12 Maxのスペック

現時点で可能性の高いスペックのみ記載

  • アルミとガラスのデザインで小さなノッチ
  • 有機ELディスプレイ
  • Face ID
  • A14 Bionic,メモリ4GB
  • デュアルカメラ(超広角・広角)
  • 5G対応(Sub6のみ)
  • iPhone SEとほぼ同じサイズのiPhone 12 miniが登場
  • 小型モデルがiPhone 12、6.1インチモデルがiPhone 12 Maxとなる
  • 約70,000円から
  • 発売日は10月
  • 2種類の新色が登場
iPhone 12 Proのスペック

現時点で可能性の高いスペックのみ記載

  • 6.1インチおよび6.7インチ
  • Super Retina XDRディスプレイ(有機EL)
  • 120Hz表示に対応
  • 小さなノッチ
  • Face ID
  • A14 Bionic,メモリ6GB
  • LiDARスキャナー付きのトリプルカメラ
  • 5G対応(Sub6,ミリ波)
  • 約105,000円から
  • 発売日は10月
  • 1種類の新色が登場

2020年iPhone 12の最大のポイントはやはり5G対応です。

その他にもカメラ性能のさらなる強化久しぶりのデザイン変更が期待されます。

それぞれの特徴をまとめるとこんな感じ。

iPhone 12シリーズの特徴(噂)

モデル下位モデル上位モデル
名称(仮)iPhone 12 mini
iPhone 12
iPhone 12
iPhone 12 Max
iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
後継新規iPhone 11
6.1インチ
iPhone 11 Pro
5.8インチ
iPhone 11 Pro Max
6.5インチ
サイズ5.4インチ6.1インチ6.1インチ6.7インチ
ディスプレイ有機EL
60Hz
有機EL
60Hz
有機EL
120Hz?
有機EL
120Hz?
5G対応対応対応対応
カメラ2つ2つ3つ+LiDAR3つ+LiDAR
手ブレ補正光学式光学式光学式イメージセンサーシフト式
価格約7万円約8万円約10万5千円約12万円
ストレージ128GB
256GB
128GB
256GB
128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB

サイズを含めて選択肢が広がるのが良いですね!

iPhone 12の発売日は9月発表、10月発売の可能性が高いですが、1〜2ヶ月ほど遅れるとの噂もあります。

古いiPhoneを使っている方で、どうしても買い替えたい場合はiPhone SEやiPhone 11を検討するのも良いかもしれません。

iPhone 11はこちら

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

iPhone 12シリーズの名前を予想するとこんな感じ。

2020新型のiPhoneの名前
  • 5.4インチモデル:iPhone 12(iPhone 12 mini
  • 6.1インチモデル:iPhone 12(iPhone 12 Max)
  • 6.1インチモデル:iPhone 12 Pro
  • 6.5インチモデル:iPhone 12 Pro Max

おそらくProモデルの名前は今までと同じになると思いますが、iPhone 12 miniは「iPhone 12 Lite」「iPhone 12」とも言われています。

特に注目されているのが小型モデルなので、今回はスタンダートモデルの「iPhone 12」に注目したいですね。

また、小型のiPhoneがiPhone 12という名称になって、iPhone 11と同じ6.1インチモデルが「iPhone 12 Max」になるとの噂もあります。

最近では6.1インチモデルがiPhone 12 Maxになるとの見方が強いです。

まつりくん
名称に関しては5G対応ということで「11S」というマイナーアップデートではなく、「12」にすることでメジャーアップデートを意識しているのかもしれません。

動画で知りたい方はこちらをチェックしてください!時間がない方向けに3分でまとめています。


それではスペックや発売日について詳しく紹介していきます。

iPhone 12 / 12 Proの発売日

まず過去のiPhoneの発表日は以下の通りです。

歴代iPhone発表日
  • iPhone 6s/6s Plus
    ・・・2015年9月9日
  • iPhone SE
    ・・・2016年3月26日
  • iPhone 7/7 Plus
    ・・・2016年9月7日
  • iPhone 8/8 Plus/X
    ・・・2017年9月12日
  • iPhone XS/XS Max/XR
    ・・・2018年9月12日
  • iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max
    ・・・2019年9月10日

特別なモデルを除いては全て9月に発表・発売されています。この流れがあるので新型iPhoneの発表時期は定番化されています。

しかし、2020年の新型iPhone 12はこれよりも1ヶ月以上は遅れるとのこと。

Appleの最高財務責任者は7月30日の決算発表後の電話会見で、今年は数週間後に供給できると述べたと報じられています。

また有名なリーカーであるJon Prosser氏が以下のようにツイート。

9月の発表会では「Apple Watch Series 6」「Apple Watch SE」「iPad(第8世代)」「iPad Air(第4世代)」しか発表されませんでした。

今年のiPhoneは通常モデルが10月、Proモデルは11月になる可能性が高いです。

iPhone 12のスケジュール

iPhone 12・12 Maxのスケジュール

  • 2020年10月12日(月)の週に発表
    2020年10月13日(火)が発表日か!?
  • 2020年10月16日(金)予約開始?
  • 2020年10月19日(月)の週に発売
    2020年10月23日(金)発売?

iPhone 12 Pro・12 Pro Maxのスケジュール

  • 2020年10月12日(月)の週に発表
    2020年10月13日(火)が発表日か!?
  • 2020年11月 予約開始
  • 2020年11月 発売

情報をまとめると以上のスケジュールでエントリーモデルのiPhone 12シリーズが先に発売され、その後にProモデルが発売されるとのこと。

ちなみに昨年発売されたiPhone 11の発表日と発売日は以下の通り。

iPhone 11のスケジュール
  • 2019年9月10日(火)発表
  • 2019年9月13日(金)予約開始
  • 2019年9月20日(金)発売
まつりくん
今年のiPhoneはデザインが変わるということで特に期待度が高いですが、発売時期については今のところ不明です。

iOS 14の新機能

Appleは6月22日に開催されたWWDCで新型iPhoneに搭載される新OS「iOS 14」を発表しました。

iPhone 12はiOS 14を搭載した状態で発売されるのでiOS 14の新機能についてもチェックします。

iOS 14の新機能
  • アプリの整理が簡単になる
  • ホーム画面にウィジェットを追加できる
  • 動画を見ながら使えるピクチャ・イン・ピクチャ機能追加

特に注目の新機能を集めると以上です。

他にも車の鍵として使えるようになるなどの幾つかの新機能がありますが、ポイントはホーム画面のカスタマイズとマルチタスクですね!

ウィジェットを追加できるようになり、よく見る情報やアプリをホーム画面に追加できるようになりました。

今までできなかったホーム画面のカスタマイズが可能になったので、自分の使いやすいホーム画面を作ることができます。

さらに注目なのでピクチャ・イン・ピクチャです。

動画やビデオ通話をしながら「何かをしたい」ということは多いですが、ピクチャ・イン・ピクチャは別のアプリを使いながら、動画配信サービスのビデオを見たり、FaceTimeの通話を受けることが可能。

iPhoneでも念願のマルチタスクができるようになります!

まつりくん
iOS 14はiPhone 6s以降のiPhoneとiPod touch(第7世代)が対応しています。
iOS 14レビュー!iPhoneに新しく追加された新機能を解説

iPhone 12/12 Proのデザイン

続いてiPhone 12シリーズのデザインについて紹介。

iPhone 12 Proには新色の「ネイビーブルー」が追加されると言われています。

デザインに関する噂をまとめるとこんな感じ。

デザインのポイント
  • ネイビーブルーの新色追加
  • 通常モデルでも新色が登場
  • 画面サイズが変わる
  • ノッチ部分が小さくなる
  • iPhone 4やiPad Proような角ばったデザイン
Proモデル
  • ステンレスのフレーム
  • 新色のネイビーブルーが追加
スタンダートモデル
  • アルミのフレーム
  • 6色のカラーバリエーション

デザインに関して詳しく紹介していきいます。

iPhone 12の最新コンセプト画像

svetapple.skで公開された最新のコンセプト画像はこんな感じ。現在噂されている情報を忠実に再現されています。

出典:https://svetapple.sk

少し期待感を込めたデザインにはなっていますが、四角のデザインに新色ネイビーブルーが再現されています。

このデザインはiPhone 4や5を彷彿とさせかなりカッコイイですね。

出典:https://svetapple.sk

この後に紹介しますが、iPhone 12のノッチ部分は小さくなると言われおり、ノッチがこの大きさであればデザイン的にもスッキリします。

まつりくん
iPhone 12は近年のiPhoneの中でも特にデザインに期待できます!

完全ベゼルレスではなくノッチ部分が小さくなる

最初はノッチ部分が無い完全ベゼルレスになると言われていましたが、最新の情報ではノッチ部分が小さくなったデザインになるとのこと。

コンセプト画像ですが、現在有力なデザインがこちら

2020年3月に発売されたiPad Pro 11インチ(第2世代)の登場によって、カメラ部分はLiDARスキャナを搭載した外観となっています。

完全ベゼルレスデザインもカッコイイですが、ノッチ部分が小さくなったデザインが現実的な気がします。

ただし、iPhone 12全モデルのノッチが小型化されるかは不明とのことです。

もしかすると上位モデルだけ先進的なデザインになるかもしれません。

iPhone 4のようなデザインになる

もう一つ新型iPhone 12のデザインとして特徴的なのが、iPhone 4のような角ばったデザインになるということです。

現在のiPhoneはサイド部分が丸みを帯びたデザインとなっていますが、iPad Proのような「板」という感じのデザインになるとのこと。

iPad ProとiPhone 11 Pro

角ばったデザインの方がコスト削減にもなるということで、5G対応などコスト増の要素が多いiPhone 12に最適なデザインとも言えます。

個人的にはiPhone 5のデザインがかなり好きなので、角ばったデザインは大歓迎です。

また、現在のiPhoneのデザインはiPhone 11で3世代続いているので、2020年のiPhone 12はデザインが変わるのは頷けます。

iPhoneのデザインは毎年注目されるので、2020年のiPhoneがどのようなデザインになるかかなり楽しみです。

iPhone 12のカラーは何色がおすすめ?人気色・新色情報まとめ

iPhone 12/12 Proのサイズ

iPhone 12は4つのモデルが登場

iPhone 12シリーズ
2020年
iPhone 11シリーズ
2019年
iPhone 12 Pro
6.1インチ
iPhone 11 Pro
5.8インチ
iPhone 12
6.1インチ
iPhone 12 mini
5.4インチ
iPhone 11
6.1インチ
iPhone 12 Pro Max
6.7インチ
iPhone 11 Pro Max
6.5インチ

2020年のiPhone 12シリーズは4種類のラインナップになり、画面サイズが変わるとの噂があります。

実績のあるリーカーBen Geskin氏のツイートでは2020年モデルは新たに5.4インチと6.7インチが登場するとのこと。

5.4インチモデルだとかなり片手操作がしやすくなりそうですね。

新たに入手したとされるCADデータから作成したモデルはこんな感じです。

これが本当であればiPhone 12 mini(仮)の本体サイズはiPhone SEと変わらない大きさになりそうです。

iPhone SEより小型で画面サイズが大きくなるのはかなり魅力ですよね。

また、iPhone 11 Pro Maxの後継機は6.5インチから6.7インチにサイズアップ、iPhone 11 Proの後継機も5.8→6.1インチにサイズアップされるとのこと。

今さら画面サイズが変わるとは予想外ですが、現時点では噂の段階なので今後どうなるのかはわかりません。

個人的には今のサイズラインナップで満足しているので、あまり変更は必要ないのかなと思います。

特にiPhone 12 Proのサイズは大きくして欲しくない!

左から4.7、5.8、6.1、6.5インチ

サイズがどう変わるのも大きな注目ポイントですね。

CADデータからのサイズ予想

iPhone 12
5.4インチ
iPhone 12
6.1インチ
高さ138.4mm150.9mm
67.3mm75.7mm
厚さ7.3mm8.3mm
重量148g194g
iPhone 12 Pro
6.1インチ
iPhone 12 Pro Max
6.7
高さ150.9mm160.8mm
75.7mm78mm
厚さ8.3mm7.3mm
重量194g

iPhone 12/12 Proのディスプレイ

iPhone 12シリーズは全モデルで有機ELディスプレイを搭載するとの情報があります。

正直、液晶ディスプレイと有機ELディスプレイの画質的な違いは見た目ではわかりませんが、有機ELディスプレイだと、省エネ性能が高い為、長い電池持ちに期待ができます。

ディスプレイのポイント
  • 全モデル有機ELディスプレイを搭載
  • Proモデルは120Hzリフレッシュレートに対応

全モデルに有機ELディスプレイが搭載

iPhone 11はスタンダードモデルのiPhone 11は液晶ディスプレイ、iPhone 11 Proは有機ELディスプレイが搭載されています。

2020年新型のiPhone 12は全てのモデルで有機ELディスプレイが搭載する可能性があるようです。

Androidスマホは価格が抑えらえたスタンダードモデルでも有機ELディスプレイを搭載しているスマホが多いので、iPhoneでも可能性は十分ありますね。

有機ELディスプレイを搭載することによって以下のメリットがあります。

ポイント
  • ふちの黒い部分が小さくなる
  • メリハリのある高画質
  • バッテリー持ちが良くなる
  • ディスプレイが薄くなる

有機ELディスプレイの搭載によってiPhone 12の縁が小さくなりスタイリッシュになる可能性もあるので楽しみです。

Proモデルはリフレッシュレート120Hzに対応

iPhone 12シリーズのProモデルはリフレッシュレート120Hzに対応すると言われています。

最新の情報では今年秋リリースのiOS 14に60Hzに制限するオプションが発見されたとのこと。

有名なリーカーであるBen Geskin氏がツイートしているだけあって信頼性も高いです。

またライバル機種であるGalaxy S20などは既に対応していることからも可能性は高いですね。

リフレッシュレートが120Hzになると1秒間に表示される情報が多くなり、スクロールした時などにスムーズな移動が可能。

僕自身、Galaxy S20で体験しましたが、確かに画面の流れは速くなった気がしますが、そこまでの差はないので別に無くても良いかなと思います。

まつりくん
リフレッシュレートについては120Hzにならないとの情報もあり、最近になり搭載されるのか微妙になってきました。

iPhone 12のセキュリティ機能

iPhone 12シリーズは全てのモデルでFace IDが搭載されると思われますが、いくつかの進化点と画面内指紋認証の噂があります。

また1番期待できるのは電源ボタンに指紋認証機能を搭載すること。

当初は期待されていませんでしたが、iPad Airが電源ボタンに指紋認証(Touch ID)を搭載したことによって一気に現実的になってきました。

セキュリティ機能に関することを詳しく紹介します。

ディスプレイ内指紋認証搭載

ライバル機種のギャラクシー 20など、今では画面内指紋認証を採用しているスマホは少なくありません。

そしてiPhoneはFace IDの認証精度向上に力を入れていますが、Touch IDの方が良かったと言う人も多いです。

過去の傾向からAppleが従来使っていた機能を再び採用するとは考えにくいですが、Touch IDの新技術を次世代デバイスに搭載するとの噂もあります。

Face IDは机に置いた状態や横向きでロック解除ができない、マスクを付けた時に反応しないなど不満なポイントもあるので、指紋認証と顔認証の2つを使い分けることができればかなり便利。

また、Touch IDとFace IDの複合認証を行うとの噂もあります。

以前よりiPhoneを決済する機会も増えており、より安全で強固なセキュリティが求められるので『Touch ID』と『Face ID』による複合認証が採用されてもおかしくはありません。

2020年のiPhoneにディスプレイ内指紋認証機能が搭載されることに期待です!

まつりくん
Galaxy S20で画面内指紋認証を使いましたが、マスクなしで簡単にロック解除できるのはかなり便利でした。iPhoneも搭載して欲しいですね。

電源ボタンにTouch IDを搭載する

iPad AirのTouch ID

個人的には確定だと思っているのですが、iPhone 12は画面内指紋認証ではなく、電源ボタンにTouch IDを搭載するとの噂もあります。

これは流石に無いだろうと思っていましたが、先に発表されたiPad Air(第4世代)が電源ボタンにTouch IDを搭載。

iPhone 12のデザインが四角い角ばったデザインであることからも一気に可能性が高まりました。

物理ボタンに指紋認証が搭載されれば、画面内指紋認証より確実に認証精度が高いのでかなり期待できます。

iPhone 12シリーズの最大のサプライズになるかもしれません。

Face IDがより高性能になる

iPhone 12シリーズは次世代のFace IDを搭載する可能性があります。

現在のiPhoneは縦向きで同じ方向でしか顔認証をすることができませんが、iPad Proは横向きでも認証可能。

横向きでも解除されるiPad Pro

iPhone 12もiPad Pro同様に横向きに対応したFace IDを搭載することに期待です。

iPhone 12/12 ProのCPUスペック

続いてiPhone 12のCPUスペックに関する最新情報を紹介します。

CPUスペックの最新情報
  • 新型チップを搭載
  • メモリが6GBにアップ
  • 5Gに対応
  • ディスプレイ内指紋認証追加
  • 全モデルで有機ELディスプレイが搭載
  • Lightning端子が廃止される
  • 双方向ワイヤレス充電に対応

新型チップA14 Bionicを搭載

Appleは2020年9月の発表会でiPad Air(第4世代)を発表しましたが、iPad Air(第4世代)に搭載されていたのが「A14 Bionic」でした。

性能はA13 Bionicとほぼ変わらない内容でしたが、A12 Bionicより40%高速で30%速いグラフィックを実現。

2019年に登場したiPhone 11に搭載されている『A13 Bionic』は前世代の『A12 Bionic』より20%性能向上そして最大40%の省電力化を達成。

性能に関しては頭打ちになりつつも毎年確実に進化しています。

左:Galaxy S20、右:iPhone 11 Pro

iPhone 11シリーズに搭載されているA13 Bionicは5Gに対応した2020年モデルのGalaxy S20よりもスコアが上で、AppleのCPUチップはかなり優秀です。

iPhone 12シリーズはノートパソコンに匹敵するスピードがあります。

メモリは6GBにアップ

iPhone 11シリーズのメモリは全機種4GBでした。

最新Androidスマホのメモリは6GBが主流となっており、新型iPhoneのライバル機にあたるGalaxy S20は4G(LTE)モデルで8GB、5G対応モデルは12GBのメモリを搭載しています。

iPhone 12も5Gに対応することからメモリ容量のアップは確実です。

MEMO

予想されるメモリ容量

  • iPhone 12→4GB
  • iPhone 12 Pro→6GB
まつりくん
iPhoneはスペックは高いですがメモリは抑え目ですよね。

スマホのアプリを使う程度ならこれぐらいで十分なのかもしれませんね。

それよりも合理理的なAppleは省電力を重視しているのかもしれません。

次世代通信5Gに対応

iPhone 12の5G
  • 全モデル5Gに対応
  • 上位モデルはミリ波とSub6に対応
  • スタンダードはSub6のみに対応

大手キャリアでも2020年以降にサービスが開始でされていることからも、ほぼ確実に5Gに対応するでしょう。

Proモデルがミリ波とSub6に対応。スタンダードモデルがSub6のみに対応すると予想されています。

MEMO

5Gには種類があります!

  • ミリ派→高速通信が可能な28GHz帯
  • Sub6→6GHz帯でミリ波より速度は劣るが電波が遠くまで届く

iPhoneが5Gに対応することによって可能になるサービスはまだ発表されていませんが、iPhoneの優れたARを使ったサービスが多く展開されるかもしれません。

通信速度の向上はスマホでできることも飛躍するので期待したいですね。

5Gのポイント

  • 超高速通信(4Gの100倍)
  • 超低遅延(遅延がないということ)
  • 多数同時接続

5Gが本格的にスタートすると通信速度だけではなく、混雑時に回線が混み合って速度が遅くなることも無くなります。

ただし、日本のほぼ全域をカバーするのは2024年になると言われているので、今のところ急いで5G対応iPhoneを買う必要はありません。

5Gスマホはいつから使える?普及すると変わることをわかりやすく解説

iPhone 12/12 Proのカメラ性能

新型iPad Proのカメラ

年々進化しているiPhoneのカメラですが、2020年のiPhone 12はどんなカメラになるのかも注目ポイント。

iPhone 12のカメラに関する最新情報を紹介します。

カメラの最新情報
  • 全てのカメラ(超広角カメラ)でナイトモード搭載
  • 広角カメラが6400万画素にアップ
  • ToFカメラ搭載(Proモデルのみ)
  • センサーシフト式の手ブレ補正搭載

カメラも大きく進化しそうですね。それぞれについて詳しく紹介します。

全てのカメラでナイトモード搭載

左がナイトモード

iPhone 11で初搭載されたナイトモードは暗い場所でも明るく撮れるかなり便利な機能です。

しかし、超広角カメラでは使用することができません。

iPhone 12では搭載する全てのカメラでナイトモードが使えるとのこと。

また、最新のAndroidスマホはセンサーサイズを大きくすることによって夜景の画質を向上させているので、iPhone 12でもセンサーサイズアップによる画質アップが期待できます。

左:Galaxy S20+、右:iPhone 11 Pro

Galaxy S20+は超広角カメラでもナイトモードに対応。iPhone 11 Proの超広角カメラはナイトモードに対応していないので、その差は歴然です。

広角カメラが6400万画素にアップ

iPhoneのカメラは長年1200万画素ですが、遂に画素数がアップするとの噂があります。

噂ではマクロモードを搭載するとも言われているので、高画素画像を拡大することによってマクロ機能を使えるようにするのかもしれません。

iPhoneで6400万画素は凄いですよね。

既にAndroidスマホでは8K動画が撮れる機種もあるので、6400万画素にアップするのならiPhoneのProモデルも8K動画に対応する可能性はあります。

正直、画素数は1200万画素あれば十分なのですが、スペックは高いに越したことはありませんよね。

ちなみに最近よく使われる4Kモニターで再現できる画素数は829万画素までなので、今までと同じ1200万画素であったとしてもガッカリする必要はないです。

まつりくん
最近のスマホカメラの進化具合が本当に凄いです。

LiDARスキャナ搭載

iPhone 12 Proでは新たに深度測定に使用するLiDARスキャナを搭載するようです。

一足先に2020年3月に発売された新型iPad ProではLiDAR(Light Detection and Ranging:光検出と測距)スキャナを搭載。拡張現実の可能性が広がるとのことです。

LiDARスキャナを搭載したiPad Pro

iPhone 12 Proにも同様のセンサーが搭載され、ポートレートモードの精度向上が期待できます。

現在のポートレートモードはストローが不自然に消えてしまうなど、まだ精度的にイマイチな部分があります。

新たにToFカメラが搭載されれば、ストローが消えない高精度ポートレートモードや、距離を正確に測ることによってAF(ピントを合わせる)スピードが速くなりそうです。

現状はこのようにポートレートモードでストローが不自然にボケてしまう。

iPad Proのカメラを参考にしたコンセプト画像はこちら。

iPhone 12のカメラデザインはこんな感じになりそうですね。

センサーシフト式の手ブレ補正搭載

iPhone 12は新たな手ブレ補正機能搭載によって、手ブレ補正が強化されるとの情報もあります。

新たな手ブレ補正とはイメージセンサーシフト式の手ブレ補正機能でProシリーズに搭載されるとのこと。

カメラ機能をまとめるとこんな感じです。

iPhone 12
5.4インチ
iPhone 12
6.1インチ
iPhone 12 Pro
6.1インチ
iPhone 12 Pro Max
6.7インチ
超広角カメラ1200万画素1200万画素1200万画素1200万画素
広角カメラ6400万画素6400万画素6400万画素6400万画素
望遠カメラ1200万画素1200万画素
ToFカメラ
手ブレ補正光学式光学式イメージセンサーシフト式

iPhone 12/12 Proのバッテリー

iPhone 12はiPhone 11よりも大容量のバッテリーが搭載される可能性があるとのこと。

特にProモデルは画面サイズがのアップが噂されているので、大きくなったスペースの分だけバッテリー容量がアップすることは十分考えられます。

また、消費電力の大きい5Gやリフレッシュレートが120Hzに対応するということで、その消費電力をカバーする目的でバッテリー容量が増えるとの予想もあります。

まつりくん
個人的にはこれ以上iPhoneの重量を重くしないで欲しいので、出来ればバッテリー容量はそのままであって欲しいです。

しかし、iPhone 12シリーズ向けとされるバッテリーが認証期間を通過したとの情報がありますが、それらのバッテリー容量はiPhone 11シリーズよりも容量が少なくなっていました。

他の5G対応スマホはバッテリー容量を増加させている傾向がありますが、iPhoneは逆に減る可能性があるのは凄いですよね。

AppleのCPUチップは年々省エネ性能が上がっているので、CPUチップの低消費電力化が影響しているのかもしれません。

バッテリー容量
  • iPhone 12 5.4インチ→2,227mAh
  • iPhone 12 6.1インチ→2,775mAh
  • iPhone 12 Pro→2,775mAh
  • iPhone 12 Pro Max→3,687mAh

Lightning端子が廃止されUSB-Cになる

2018年・2019年のiPhoneにも噂されており、もはやiPhoneにApple Pencilが対応するという噂に匹敵するほど期待できないですが、

今度こそLightning端子が廃止され『USB-C』を搭載するかもしれません。

既にiPad ProはLightning端子が廃止され『USB-C』を搭載しておりAndroidスマホもUSB-Cが主流です。

最近はAndroid端末に遅れてiPhoneが取り入れるという傾向も強いのでそろそろUSB-C端子を搭載するかもしれません。

また他のApple製品だとMacノートブックに関してはUSB-C端子のみの搭載です。

iPhoneもUSB-C端子を搭載した方がユーザーも使いやすく、Lightning端子導入から7年も経過していることからも2019年iPhoneで変わるかもしれません。

まつりくん
USB-Cの可能性は捨てきれませんが、2020年6月現在の最新情報は引き続きLightning端子を搭載すると言われています。端子の変更は2021年モデルになる可能性が高いとのこと。

EUは2020年1月に「すべての携帯電話に共通する充電器を導入する」ための法案を審議中であると発表しました。

これによりiPhoneのLightning端子が廃止されUSB-Cを搭載する可能性があります。

また、iPhoneは完全にワイヤレス充電のみにするとの噂もあるので、iPhoneの端子についてはかなり注目したいポイントです。

Lightning端子廃止でワイヤレス充電のみ対応

にわかに信じられない情報ですが、Lightningを廃止し、ワイヤレス充電のみに対応するとの噂もあります。

流石にありえないと感じるかもしれませんが、Appleは過去にも大胆な機能削減をしている過去もあるので、Appleが不要と考えればすぐに廃止されます。

iPhone 12でも充電端子がどうなるのかは注目のポイントです。

双方向ワイヤレス充電に対応

現在のiPhoneもワイヤレス充電に対応していますが、新型のiPhoneにはAirPodsなど他のデバイスに給電できるワイヤレス充電が搭載されるとの噂があります。

これはiPhone 11でも噂されており、iPhone 11を分解した結果、双方向ワイヤレス充電を試みた痕跡があったことからも期待できる機能です。

双方向ワイヤレス充電に対応すればQi規格対応の製品にiPhoneから給電できるようになり、AirPodsの使用時間を伸ばすことができます。

双方向ワイヤレス充電に関してはGalaxy S10が既に採用されているのでiPhoneがどうするのか気になるところですね。

20Wの電源アダプタが同梱される

現在はiPhone 11 Proのみ高速充電に対応した18W USB-C電源アダプタが付属されています。

そして2020年新型のiPhone 12には最大20WのUSB-C電源アダプタが同梱される可能性があるとの情報があります。

Mr·white氏はiPhone 12用とされる20W電源アダプタの写真をTwitterに投稿しました。

現状の18Wで十分な気がするのでわざわざ2Wの出力アップをするのかは疑問に思いますが、Proモデル以外のiPhone 12にも高速充電に対応した電源アダプタが付属されるのかは要チェックですね。

また、イヤホンと充電器は同梱されない噂が登場しているので、同梱物が無い可能性も十分ありえます。

価格とストレージ

iPhone 12 / 12 Proの価格に関しては実際に発売されてみないとわからないですが、参考に現在発売されているiPhoneの価格を紹介します。

iPhone端末価格

モデル64GB128GB256GB512GB
11 Pro Max  119,800円135,800円 157,800円 
 11 Pro 106,800円122,800円 144,800円 
 1174,800円  79,800円 90,800円
XR64,800円69,800円
SE 244,800円49,800円60,800円

この価格から予想するとiPhone 12シリーズは以下の価格帯になると思います。

iPhone 12の価格
  • iPhone 12(5.4インチ)→約70,000円
  • iPhone 12(6.1インチ)→約80,000円
  • iPhone 12 Pro→約105,000円
  • iPhone 12 Pro Max→約120,000円

iPhone SE(第2世代)の発売も噂されているので上位版であるiPhone 12がどれくらいの価格になるのか注目ですね。

おそらく高くなりすぎることはないと思うので、だいたい予想通りの価格帯で発売されると思います。

Jon Prosser氏によると1番安いモデルが649ドルになるとのこと。日本円だと約7万円からです。

最低ストレージ容量が128GBにアップ

iPhone 12のストレージ
  • iPhone 12:128GB、256GB
  • iPhone 12 Pro:128GB、256GB、512GB

現在は全てのiPhoneが64GBストレージからのスタートです。

iPhone 12シリーズは全てのモデルが128GBからのスタートになるとのこと。

現在、128GBモデルがあるのはiPhone 11iPhone SEだけです。どちらも64GBとの差額は5,000円なので、128GBが最低容量となっても不思議ではありません。

128GBは写真も動画も十分入れられる丁度良い容量なので、Proモデルでも128GBを選択できるとかなり良いですよね。

個人的には絶対に採用して欲しい情報です。

iPhone 11とiPhone 12を比較

iPhone 11 / 11 Proと噂されているiPhone 12のスペックを比較してみます。

iPhone 12iPhone 12 ProiPhone 11iPhone 11 Pro
容量と価格約7万円〜約10万5千円〜64GB:74,800円
128GB:79,800円
256GB:90,800円
64GB:106,800円
256GB:122,800円
512GB:144,800円
ディスプレイ6.1インチ
or
5.4インチ
6.1インチ6.1インチ
Liquid Retina HD
1,792×828
5.8インチ
Super Retina XDR
2,436×1,125
CPUA14 BionicA14 BionicA13 BionicA13 Bionic
メモリ4GB6GB4GB4GB
通信回線5G5G4G4G
Wi-FiWi-Fi 6Wi-Fi 6Wi-Fi 6Wi-Fi 6
サイズ未定未定150.9
×75.7
×8.3mm
144.0
×71.4
×8.1mm
重量未定未定194g188g
カメラデュアル12MP
広角のみ64MP
超広角:f/2.4
広角:f/1.8
次世代スマートHDR
ポートレートモード
ナイトモード
トリプル12MP
広角のみ64MP
超広角:f/2.4
広角:f/1.8
望遠:f/2.0
次世代スマートHDR
ポートレートモード
ナイトモード
ToFカメラ
デュアル12MP
超広角:f/2.4
広角:f/1.8
次世代スマートHDR
ポートレートモード
ナイトモード
トリプル12MP
超広角:f/2.4
広角:f/1.8
望遠:f/2.0
次世代スマートHDR
ポートレートモード
ナイトモード
ズーム2倍光学ズームアウト
10倍デジタルズーム
2倍光学ズームイン
2倍光学ズームアウト
10倍デジタルズーム
2倍光学ズームアウト
10倍デジタルズーム
2倍光学ズームイン
2倍光学ズームアウト
10倍デジタルズーム
端子LightningLightningLightningLightning

まだ分からないことが多いですが、基本性能は若干アップにとどまると予想できます。

注目ポイントは以下の3つ。

注目POINT
  • 5Gに対応
  • 画面サイズがどう変わるか
  • カメラ性能

5Gの対応は間違いないですが、画面サイズとカメラについては特に気になりますね。

今後も新たな情報があれば更新していくのでぜひ参考にしてください。

2020年新型iPhone 12の噂まとめ

iPhone 12の最新情報・噂をまとめました。

iPhone 11でカメラ機能は大幅に進化したので、2020年の新型iPhoneで5Gに対応すればかなり魅力的なiPhoneになること間違いなしです。

特に2020年の新型iPhoneはiPhone 11が発表される前から期待する声が大きかったので、注目している人や、2020年のiPhoneを買う為にiPhone 11を買い控えたという方も多いです。

まつりくん
2020年iPhoneも楽しみですね!発表まで楽しみに待ちましょう!

以上。「2020年新型iPhone 12の最新情報まとめ!スペック・発売日・機能を紹介」でした。

発表で随時更新していくのでまたの閲覧よろしくお願いします!

また、iPhoneの予約はオンラインショップがおすすめです。

オンラインショップであれば発売日に自宅で受け取ることができ、スマホがあれば予約することが可能。

iPhoneの予約日は混雑するので待ち時間も長くなります。オンラインショップであれば待ち時間がなく、どこでも予約することが可能。

キャリアによっては手数料が必要ないので金額的にもお得です。

ぜひ今年のiPhoneはオンラインショップ を利用してみてください!

公式サイトはこちら

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

iPhone 12 miniの最新情報はこちら

新型iPad miniの最新情報はこちら

新型iPad Airの最新情報はこちら

今すぐ買い替えるべきパターン

新型iPhone発売まで待てない!今すぐ乗り換えるべき5つのパターン

iPhoneのおすすめと比較はこちら

【2020年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!性能・サイズ・価格を徹底比較

2020年新型Apple Watch 6の最新情報はこちら

【2020年新型】Apple Watch 6の新機能・スペック・発売日まとめ!

iPhone 11 Proのレビュー記事はこちら

iPhone 11 Pro レビュー!高級感あるデザインとカメラが最高。実際に使った評価を紹介

iPhone 11のレビュー記事はこちら

【iPhone 11レビュー】安くて高性能なコスパ最強iPhoneを使ってみた評価・口コミを紹介

iPhone 11 Proとミラーレス一眼の比較はこちら

【カメラ】iPhone 11 Proとミラーレス一眼を比較!実際に撮った写真の差は?

iPhone 11とiPhone 11 Proの比較記事

どっちを選ぶ?iPhone 11とiPhone 11 Proの違いを比較。おすすめポイントを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。