欲しい物が安く買えるお得な情報まとめ

2020年新型iPhone 12 / 12 Proの最新情報まとめ!スペック・発売日・機能を紹介

早くも2020年に発売が予定されている『iPhone 12』の情報がリークしています。

iPhone 11は期待以上のスペックにまとまった感じで、超広角カメラを搭載するなど完成されたiPhoneとの呼び声が高いです。

しかし、iPhone 12は近年のiPhoneの本命となると言われており、待望の5G対応など、iPhone 11以上に注目度が高いです。

この記事では2020年に登場が噂される『新型iPhone 12』の最新情報やスペック・発売日について紹介します。

新型iPhoneが気になる方はぜひ参考にしてください。随時更新中です。

今までのiPhoneを比較した記事はこちら!

iPhoneの比較とおすすめ

 iPhone 11の購入を待つべき理由はこちら

iPhone 12の注目ポイント
  • 5Gに対応
  • 画面サイズがどう変わるか
  • Lightning端子が廃止されるかどうか
  • デザインが一新される

2020年3月に発表されると言われているiPhone 9についてはこちら

新型iPhone SE2(iPhone 9)の最新情報!発売日・価格・サイズを徹底紹介

iPhone 12 / 12 Proの最新情報と噂

2020年に登場するiPhone 12は一体どんな機能を搭載するのでしょうか。

スペックやデザインに関して現在噂されている最新情報を紹介します。

最新の情報をまとめるとこのような感じ。

iPhone 12の噂
  • ネーミングはiPhone 12→可能性大
  • 新型CPUチップ搭載→可能性大
  • 次世代通信5Gに対応→可能性大
  • ディスプレイサイズは3種類→可能性大
  • 新色ネイビーブルーが登場
  • 完全ベゼルレスデザインになる
  • ノッチ部分が小さくなる
  • 角ばったデザインでiPhone 4のようになる
  • 全モデルで有機ELディスプレイを搭載
  • ディスプレイ内指紋認証
  • メモリが6GBにアップ
  • リフレッシュレートが120Hzに対応
  • Lightningが廃止されUSB-Cになる
  • 双方向ワイヤレス充電に対応
  • AirPodsが同梱される?
  • 全てのカメラでナイトモード対応
  • 広角カメラが6400万画素にアップ
  • ToFカメラ搭載→可能性大
  • センサーシフト式手ブレ補正搭載

2020年iPhone 12の最大のポイントはやはり5G対応です。

その他にもカメラ性能のさらなる強化や久しぶりのデザイン変更が期待されます。

iPhone 11が発売される前より、5G対応のiPhoneは2020年に登場すると言われており、「iPhone 11を買うのは微妙ではないか」と感じる方が多かったです。

そんな待望の5Gは間違いなく搭載されると思うのでかなり期待できます!

それぞれについて詳しく紹介していきます。

iPhone 11はこちら

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

2020新型iPhoneの名称はiPhone 12

昨年のiPhoneはiPhone XS→iPhone 11と数字のナンバリングに回帰しました。

従来の流れでいくと2020年のiPhoneは『iPhone 11S』となりそうですが『iPhone 12』になるとの見方が強いです。

ラインナップごとの名称は以下の通り。

2020新型のiPhoneの名前
  • 5.8インチモデル:iPhone 12 Pro
  • 5.4インチモデル:iPhone 12
  • 6.1インチモデル:iPhone 12
  • 6.5インチモデル:iPhone 12 Pro Max

以上になる可能性が高いです。

ライター
5G対応ということで「11S」というマイナーアップデートではなく、「12」にすることでメジャーアップデートを意識しているのかもしれません。

iPhone 12 / 12 Proのデザイン

やはり新型iPhoneのデザインは気になりますよね。

iPhone 12には新色の「ネイビーブルー」が追加されると言われています。

デザインに関する噂はこんな感じ。

デザインのポイント
  • ネイビーブルーの新色追加
  • 画面サイズが変わる
  • ノッチ部分が小さくなる
  • iPhone 4のようなデザインになる

それぞれ詳しく紹介します。

iPhone 12は全4種類で画面サイズが変わる

2020年のiPhone 12は4種類のラインナップになり、画面サイズが変わるとの噂があります。

実績のあるリーカーBen Geskin氏のツイートでは2020年モデルは5.4インチと6.7インチが登場するとのこと。

まとめるとこんな感じ。

2020年 iPhone 12シリーズ2019年 iPhone 11シリーズ
iPhone 12 Pro 6.1インチiPhone 11 Pro 5.8インチ
iPhone 12
6.1インチ
5.4インチ
iPhone 11 6.1インチ
iPhone 12 Pro Max 6.7インチiPhone 11 Pro Max 6.5インチ

スタンダードモデルのiPhone 12に新たに5.4インチモデルが登場する噂があります。

左から4.7、5.8、6.1、6.5インチ

5.4インチモデルだとかなり片手操作がしやすくなりそうですね。

本体サイズ的にはiPhone 8と変わらない大きさになりそうです。

ちなみに5.4インチモデルはiPhone SEの後継機の可能性もあります。

また、iPhone 11 Pro Maxの後継機は6.5インチから6.7インチにサイズアップすると言われています。

今さら画面サイズが変わるとは予想外ですが、現時点では噂の段階なので今後どうなるのかはわかりません。

個人的には今のサイズラインナップで満足しているので、あまり変更は必要ないのかなと思います。

完全ベゼルレスデザインになる


2020年のiPhoneはついに完全ベゼルレスデザインになるとの情報もあります。

ベゼルレスデザインと言えば画面上のノッチ部分が特徴的でした。

しかし、最近のスマホはノッチ部分の切り欠きがないスマホもあり、ノッチ部分に関してはiPhoneは一歩遅れている印象。

iPhone 12で完全ベゼルレスデザインになるとかなり嬉しいですね!

また、デザインがiPhone 4のような角ばったデザインになるとも言われています。

このデザイン懐かしいですよね。個人的にはiPhone 4やiPhone 5のデザインが一番好きでした。

またこのようなデザインになると嬉しいです!

ベゼルレスデザインになるとカメラの配置はこんな感じになりそうです。

最新のコンセプト画像はこのようになるではないかと言われています。

コンセプト動画はこんな感じ。


ライター
めちゃくちゃカッコイイです。

現時点では予想で実際はどうなるかはわかりませんが、iPhone 4のような角ばったデザインならカッコイイこと間違い無しです。

現在のiPhoneのデザインはiPhone 11で3世代続いているので、2020年のiPhone 12はデザインが変わることも期待できます。

どちらせよかなり楽しみです。

ノッチ部分が小さくなるとの噂もあり

先ほどは完全ベゼルレスの噂でしたが、ノッチ部分が小さくなったコンセプト画像もあります。

完全ベゼルレスデザインの方がかっこいいですが、こちらの方が現実味があります。

ギャラクシーなども完全ベゼルレスとはなっておらず、カメラ部分は穴が空いているようなデザインです。

ベンゼルレスによって無理にカメラを小さくするのであれば、画質の為にもノッチ部分があるほうが良いのではないでしょうか。

iPhone 12 / 12 Proのスペック

続いてiPhone 12はどのように進化するのかスペックに関する最新情報を紹介します。

スペックの最新情報
  • 新型チップを搭載
  • メモリが6GBにアップ
  • 5Gに対応
  • ディスプレイ内指紋認証追加
  • 全モデルで有機ELディスプレイが搭載
  • Lightning端子が廃止される
  • 双方向ワイヤレス充電に対応

新型チップA14 Bionicを搭載

過去の傾向からもほぼ確実に新型のチップを搭載するでしょう!

名前は順当に行けば『A14 Bionic』となります。

2019年に登場したiPhone 11に搭載されている『A13 Bionic』は前世代の『A12 Bionic』より20%性能向上そして最大40%の省電力化を達成。

性能に関しては頭打ちになりつつも毎年確実に進化しています。

そして注目すべきなのは省電力化で、次世代の『A14 Bionic』もA13と比べて更に省電力化が期待できます。

ライター
性能に関しては今でも十分すぎるので省電力化に注目です。

メモリは6GBにアップ

iPhone 11シリーズのメモリは全機種4GBでした。

最新Androidスマホのメモリは6GBが主流となっており、新型iPhoneのライバル機にあたる2020 何2月に発表されたGalaxy Sは4G(LTE)モデルで8GB、5G対応モデルは12GBのメモリを搭載しています。

iPhone 12も5Gに対応することから、メモリ容量のアップはほぼ確実だと思われます。

次世代通信5Gに対応

既にHUAWEIは5Gスマホを発表していますが、iPhoneは2020年モデルで5Gに対応すると思われます。

この噂はiPhone 11が発表される前より言われており、大手キャリアでも2020年以降にサービス開始であることからも、ほぼ確実に対応するでしょう。

5Gのポイント

  • 超高速通信(4Gの100倍)
  • 超低遅延(遅延がないということ)
  • 多数同時接続

5Gが本格的にスタートすると通信速度だけではなく、混雑時に回線が混み合って速度が遅くなることも無くなります。

いつでもどこでも高画質の動画が見れるようになるかもしれないですね。

5Gスマホはいつから使える?普及すると変わることをわかりやすく解説
ライター
5Gは2020年の新型iPhoneの目玉機能!かなり楽しみです。

ディスプレイ内指紋認証搭載

『OPPO R17 Neo』や『Galaxy S10』は既にディスプレイ内指紋認証機能を搭載しています。

iPhoneはFace IDの認証精度向上に力を入れていますがTouch IDの方が良かったと言う人も少なくありません。

過去の傾向からAppleが従来使っていた機能を再び採用するとは考えにくいですが、Touch IDの新技術を次世代デバイスに搭載するとの噂もあります。

Face IDは机に置いた状態や横向きでロック解除ができない、マスクを付けた時に反応しないなど不満なポイントもあるので、指紋認証と顔認証の2つを使い分けることができればかなり便利です。

また、Touch IDとFace IDの複合認証を行うとの噂もあります。

以前よりiPhoneを決済する機会も増えており、より安全で強固なセキュリティが求められるので『Touch ID』と『Face ID』による複合認証が採用されてもおかしくはありません。

2020年のiPhoneにディスプレイ内指紋認証機能が搭載されることに期待です!

全モデルに有機ELディスプレイが搭載

iPhone 11はスタンダードモデルのiPhone 11は液晶ディスプレイ、iPhone 11 Proは有機ELディスプレイが搭載されています。

2020年新型のiPhone 12は全てのモデルで有機ELディスプレイが搭載する可能性があるようです。

Androidスマホは価格が抑えらえたスタンダードモデルでも有機ELディスプレイを搭載しているスマホが多いので、iPhoneでも可能性は十分ありますね。

有機ELディスプレイを搭載することによって以下のメリットがあります。

ポイント
  • ふちの黒い部分が小さくなる
  • メリハリのある高画質
  • バッテリー持ちが良い
  • ディスプレイが薄くなる

iPhone 12がどうなるか楽しみですね。

Lightning端子が廃止されUSB-Cになる

2018年・2019年のiPhoneにも噂されており、もはやiPhoneにApple Pencilが対応するという噂に匹敵するほど期待できないですが、

今度こそLightning端子が廃止され『USB-C』を搭載するかもしれません。

既にiPad ProはLightning端子が廃止され『USB-C』を搭載しておりAndroidスマホもUSB-Cが主流です。

最近はAndroid端末に遅れてiPhoneが取り入れるという傾向も強いのでそろそろUSB-C端子を搭載するかもしれません。

また他のApple製品だとMacノートブックに関してはUSB-C端子のみの搭載です。

iPhoneもUSB-C端子を搭載した方がユーザーも使いやすく、Lightning端子導入から7年も経過していることからも2019年iPhoneで変わるかもしれません。

ライター
USB-Cの可能性は捨てきれませんが、2019年12月現在の最新情報は引き続きLightning端子を搭載すると言われています。

EUは2020年1月に「すべての携帯電話に共通する充電器を導入する」ための法案を審議中であると発表しました。

これによりiPhoneのLightning端子が廃止されUSB-Cを搭載する可能性があります。

また、iPhoneは完全にワイヤレス充電のみにするとの噂もあるので、iPhoneの端子についてはかなり注目したいポイントです。

Lightning端子廃止でワイヤレス充電のみ対応

にわかに信じられない情報ですが、Lightningを廃止し、ワイヤレス充電のみに対応するとの噂もあります。

流石にありえないと感じるかもしれませんが、Appleは過去にも大胆な機能削減をしている過去もあるので、Appleが不要と考えればすぐに廃止されます。

iPhone 12でも充電端子がどうなるのかは注目のポイントです。

双方向ワイヤレス充電に対応

現在のiPhoneもワイヤレス充電に対応していますが、新型のiPhoneにはAirPodsなど他のデバイスに給電できるワイヤレス充電が搭載されるとの噂があります。

これはiPhone 11でも噂されており、iPhone 11を分解した結果、双方向ワイヤレス充電を試みた痕跡があったことからも期待できる機能です。

双方向ワイヤレス充電に対応すればQi規格対応の製品にiPhoneから給電できるようになり、AirPodsの使用時間を伸ばすことができます。

双方向ワイヤレス充電に関してはGalaxy S10が既に採用されているのでiPhoneがどうするのか気になるところですね。

AirPodsが同梱される

iPhoneにはイヤホンが付属していますが、最新の噂では通常のイヤホンとAirPodsが選べるようになると言われています。

AirPodsは完成度の高い完全ワイヤレスイヤホンでAirPodsとiPhoneの組み合わせは生活を変えるほど便利です。

そんなAirPodsが最初から同梱されると凄いですね。

しかし、AirPodsを既に所有しているユーザーも多いので、「有り」か「無し」を選択でき、有りを選択した場合は通常よりお得な金額でAirPodsが買えるという可能性が高いとのこと。

iPhone 12 / 12 Proのカメラ性能

新型iPad Proのカメラ

年々進化しているiPhoneのカメラですが、2020年のiPhone 12はどんなカメラになるのか楽しみですよね。

iPhone 12のカメラに関する最新情報を紹介します。

カメラの最新情報
  • 全てのカメラでナイトモード搭載
  • 広角カメラが6400万画素にアップ
  • ToFカメラ搭載
  • センサーシフト式の手ブレ補正搭載

カメラも大きく進化しそうですね。それぞれについて詳しく紹介します。

全てのカメラでナイトモード搭載

左がナイトモード

iPhone 11で初搭載されたナイトモードは暗い場所でも明るく撮れるかなり便利な機能です。

しかし、超広角カメラでは使用することができません。

iPhone 12では搭載する全てのカメラでナイトモードが使えるとのこと。

また、最新のAndroidスマホはセンサーサイズを大きくすることによって夜景の画質を向上させているので、iPhone 12でもセンサーサイズアップによる画質アップが期待できます。

広角カメラが6400万画素にアップ

iPhoneのカメラは長年1200万画素ですが、遂に画素数がアップするとの噂があります。

噂ではマクロモードを搭載するとも言われているので、高画素画像を拡大することによってマクロ機能を使えるようにするのかもしれません。

新型iPhone 12は全体的な画質のアップが期待できます。

ライター
最近のカメラの進化具合が本当に凄いです。

ToFカメラ搭載

iPhone 12 Proでは新たに深度測定に使用するToFカメラを搭載すると言われています。

一足先に2020年3月に発売された新型iPad ProではLiDAR(Light Detection and Ranging:光検出と測距)スキャナを搭載。拡張現実の可能性が広がるとのことです。

LiDARスキャナを搭載したiPad Pro

iPhone 12 Proにも同様のセンサーが搭載され、ポートレートモードの精度向上が期待できます。

現在のポートレートモードはストローが不自然に消えてしまうなど、まだ精度的にイマイチな部分があります。

新たにToFカメラが搭載されれば、ストローが消えない高精度ポートレートモードや、距離を正確に測ることによってAF(ピントを合わせる)スピードが速くなりそうです。

現状はこのようにポートレートモードでストローが不自然にボケてしまう。

iPad Proのカメラを参考にしたコンセプト画像はこちら。

iPhone 12のカメラデザインはこんな感じになりそうですね。

センサーシフト式の手ブレ補正搭載

iPhone 12は新たな手ブレ補正機能搭載によって、手ブレ補正が強化されるとの情報もあります。

新たな手ブレ補正とはイメージセンサーシフト式の手ブレ補正機能でProシリーズに搭載されるとのこと。

カメラ機能をまとめるとこんな感じです。

iPhone 12
5.4インチ
iPhone 12
6.1インチ
iPhone 12 Pro
6.1インチ
iPhone 12 Pro Max
6.7インチ
超広角カメラ1200万画素1200万画素1200万画素1200万画素
広角カメラ1200万画素1200万画素6400万画素6400万画素
望遠カメラ1200万画素1200万画素
ToFカメラ
手ブレ補正光学式光学式イメージセンサーシフト式

iPhone 12 / 12 Proの発売日

次に歴代のiPhoneの発表日から2020年新型iPhoneの発売日を予想します。

過去のiPhoneの発表日は以下の通りです。

歴代iPhone発表日
  • iPhone 6s/6s Plus・・・2015年9月9日
  • iPhone SE・・・2016年3月26日
  • iPhone 7/7 Plus・・・2016年9月7日
  • iPhone 8/8 Plus/X・・・2017年9月12日
  • iPhone XS/XS Max/XR・・・2018年9月12日
  • iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max・・・2019年9月10日

特別なモデルを除いては全て9月に発売されていますね。この流れがあるので新型iPhoneの発表時期は定番化されています。

2020年の新型iPhoneも9月発表・発売で間違いないでしょう。

2020年新型iPhone 12の発表日・発売日は?

2019年のiPhone 11の発表日と発売日から2020年のiPhoneの発売日を予想してみます。

iPhone 11のスケジュール

2019年に発売されたiPhone 11のスケジュールはこんな感じ。

  • 2019年9月10日(火)発表
  • 2019年9月13日(金)予約開始
  • 2019年9月20日(金)発売

歴代のiPhoneも時期的に同じで、発表から3日後に予約開始、予約開始から7日後に発売という流れになっています。

以上から予測すると2020年の新型iPhone 12はこんな感じ。

最新の情報で例年より少し遅れる可能性があるとも言われています。

例年通りであれば発売日は以下のスケジュールの可能性が高いです。

iPhone 12のスケジュール
  • 2020年9月8日(火)発表
  • 2020年9月11日(金)予約開始
  • 2020年9月18日(金)発売

毎年ですが本当に楽しみです!

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

iPhone 12 / 12 Proの価格

iPhone 12 / 12 Proの価格に関しては実際に発売されてみないとわからないですが、参考に現在発売されているiPhoneの価格を紹介します。

iPhone端末価格

モデル64GB128GB256GB512GB
11 Pro Max  119,800円135,800円 157,800円 
 11 Pro 106,800円122,800円 144,800円 
 1174,800円  79,800円 90,800円
XR64,800円69,800円
852,800円57,800円
8 Plus62,800円67,800円

この価格から予想するとiPhone 12シリーズは以下の価格帯になると思います。

iPhone 12の価格
  • iPhone 12(5.4インチ)→約70,000円
  • iPhone 12(6.1インチ)→約80,000円
  • iPhone 12 Pro→約105,000円
  • iPhone 12 Pro Max→約120,000円

iPhone 9の発売も噂されているので上位版であるiPhone 12がどれくらいの価格になるのか注目ですね。

おそらく高くなりすぎることはないと思うので、だいたい予想通りの価格帯で発売されると思います。

期待できないが搭載して欲しい機能

続いて期待はできないが噂されている機能について紹介します。

Apple Pencilに対応

新型iPhoneの噂に毎回追加されているものの、今でも採用されていないのが『Apple Pencilへの対応』です。

ライター
もはや噂されて対応しないという流れが定番化されています。

特にiPhone 11の発表前は発表直前に再びApple Pencil対応の情報が再燃して対応が確実視されていました。

Apple Pencilを収納できるケース

発表前にこのようなケースを収納できるケースの画像が出るなど大きな話題となりました。

他のスマホだと、Galaxy NoteはSペンを本体内に搭載しており、Bluetoothを搭載しているのでApple Pencilと同様の使い方が可能です。

さらに遠隔でシャッターを切るリモコンとしても使用することができます。

2020年のiPhone 12もApple Pencilの対応は期待できませんが、一度は使ってみたい機能なのであまり期待せずに待ちたいと思います。

iPhone 11とiPhone 12を比較

iPhone 11 / 11 Proと噂されているiPhone 12のスペックを比較してみます。

iPhone 12iPhone 12 ProiPhone 11iPhone 11 Pro
容量と価格未定未定64GB:74,800円
128GB:79,800円
256GB:90,800円
64GB:106,800円
256GB:122,800円
512GB:144,800円
ディスプレイ6.1インチ
or
5.4インチ
6.1インチ6.1インチ
Liquid Retina HD
1,792×828
5.8インチ
Super Retina XDR
2,436×1,125
CPUA14 BionicA14 BionicA13 BionicA13 Bionic
通信回線5G5G4G4G
Wi-FiWi-Fi 6Wi-Fi 6Wi-Fi 6Wi-Fi 6
サイズ未定未定150.9
×75.7
×8.3mm
144.0
×71.4
×8.1mm
重量未定未定194g188g
カメラデュアル12MP
超広角:f/2.4
広角:f/1.8
次世代スマートHDR
ポートレートモード
ナイトモード
トリプル12MP
超広角:f/2.4
広角:f/1.8
望遠:f/2.0
次世代スマートHDR
ポートレートモード
ナイトモード
ToFカメラ
デュアル12MP
超広角:f/2.4
広角:f/1.8
次世代スマートHDR
ポートレートモード
ナイトモード
トリプル12MP
超広角:f/2.4
広角:f/1.8
望遠:f/2.0
次世代スマートHDR
ポートレートモード
ナイトモード
ズーム2倍光学ズームアウト
10倍デジタルズーム
2倍光学ズームイン
2倍光学ズームアウト
10倍デジタルズーム
2倍光学ズームアウト
10倍デジタルズーム
2倍光学ズームイン
2倍光学ズームアウト
10倍デジタルズーム
端子USB-C ?USB-C ?LightningLightning

まだ分からないことが多いですが、基本性能は若干アップにとどまると予想できます。

注目POINT
  • 5Gに対応
  • 画面サイズがどう変わるか
  • Lightning端子が廃止されるかどうか

注目するべきポイントをまとめると以上の3つです。

5Gの対応は間違いないですが、画面サイズと端子については気になりますね。

今後も新たな情報があれば更新していくのでぜひ参考にしてください。

2020年新型iPhone 12まとめ

iPhone 12の最新情報・噂をまとめました。

iPhone 12の噂
  • ネーミングはiPhone 12→可能性大
  • 新型CPUチップ搭載→可能性大
  • 次世代通信5Gに対応→可能性大
  • ディスプレイサイズは3種類→可能性大
  • 新色ネイビーブルーが登場
  • 完全ベゼルレスデザインになる
  • ノッチ部分が小さくなる
  • 角ばったデザインでiPhone 4のようになる
  • 全モデルで有機ELディスプレイを搭載
  • ディスプレイ内指紋認証
  • メモリが6GBにアップ
  • リフレッシュレートが120Hzに対応
  • Lightningが廃止されUSB-Cになる
  • 双方向ワイヤレス充電に対応
  • AirPodsが同梱される?
  • 全てのカメラでナイトモード対応
  • 広角カメラが6400万画素にアップ
  • ToFカメラ搭載→可能性大
  • センサーシフト式手ブレ補正搭載

iPhone 11でカメラ機能は大幅に進化したので、2020年の新型iPhoneで5Gに対応すればかなり魅力的なiPhoneになること間違いなしです。

特に2020年の新型iPhoneはiPhone 11が発表される前から期待する声が大きかったので、注目している人や、2020年のiPhoneを買う為にiPhone 11を買い控えたという方も多いです。

ライター
2020年iPhoneも楽しみですね!発表まで楽しみに待ちましょう!

以上。「2020年新型iPhone 12の最新情報まとめ!スペック・発売日・機能を紹介」でした。

発表で随時更新していくのでまたの閲覧よろしくお願いします!

iPhone 11はこちら

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

2020年3月に発表されると言われているiPhone 9についてはこちら

新型iPhone SE2(iPhone 9)の最新情報!発売日・価格・サイズを徹底紹介

最新・旧モデルiPhoneのおすすめと比較はこちら

【2020年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!性能・サイズ・価格を徹底比較

2020年新型Apple Watch 6の最新情報はこちら

【2020年新型】Apple Watch 6の新機能・スペック・最新情報まとめ!最新モデルはどうなる?

iPhone 11 Proのレビュー記事はこちら

iPhone 11 Proレビュー!iPhone XSとの違いを比較・実際に使った評価・口コミを紹介

iPhone 11のレビュー記事はこちら

【iPhone 11レビュー】安くて高性能なコスパ最強iPhoneを使ってみた評価・口コミを紹介

iPhone 11 Proとミラーレス一眼の比較はこちら

【カメラ】iPhone 11 Proとミラーレス一眼を比較!実際に撮った写真の差は?

iPhone 11とiPhone 11 Proの比較記事

iPhone 11 ProとiPhone 11を徹底比較どっちがおすすめ?違いを比べてみた

iPhone 11とiPhone 8の比較記事

iPhone 11とiPhone 8の違いを比較!カメラ好きは即買い替えるべき理由を紹介

iPhone 11とiPhone XRの比較記事

どっちが良い?iPhone11とiPhoneXRを徹底比較!価格・スペックの違いを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です