【節約】おすすめの格安SIMはこちら

iPhoneを安く使う方法!知らないと損する購入するお店の選び方と使い方

2019年に入りAppleが大幅な業績下方修正をするなどiPhoneの売れ行きが芳しくありません。

世間的にも『iPhone』は高いとの見方が強まっており、ファーウェイなど安くて高性能なスマホも登場しているので、iPhoneの魅力も薄れつつあります。

しかし私自身もそうですが、それでもiPhoneを使いたいと言う方が多く、これからはいかにiPhoneを安く使うかがポイントとなってきます。

この記事ではできるだけ安くiPhoneを使う方法と、キャリアで契約する場合はどこで購入するのがお得なのかを紹介します。

ライター
「iPhoneを使いたいけどできるだけ費用は下げたい」と思ったらぜひ参考にして見てください。

iPhoneを安く使う方法

iPhoneを使う為の方法は主に3つあります。

iPhoneを使う方法
  • ドコモなどのキャリアと契約
  • 格安SIMで使用する
  • Wi-Fi環境で使用する

この3つのうち携帯電話として使用できるのは『キャリアと契約』、『格安SIMを使う』の2つです。

結論から言うとiPhoneを安く使いたいのであれば『格安SIM』を使用するのが最も安いです。

ライター
Apple Storeで簡単にSIMフリーが買えるiPhoneは格安SIMと相性が良いです。

iPhoneを安く使うには格安SIMがおすすめ

今回は例として『iPhone 11 Pro』を『docomo』で契約した場合と人気格安SIM『LINEモバイル』で使った場合の料金を比較したいと思います。

どちらも新規契約で使用する場合で比較します!

ドコモで契約した場合

契約条件

  • 新規契約
  • iPhone 11 Pro 64GBを選択
  • ギガライト 30GB(電話掛け放題なし)

使い勝手を考えつつできる限り安く済まそうと思った場合のプランにしました。

iPhone 11 Pro (64GB)3,520円/月(全36回)
ギガライト4,378円/月
合計7,898円/月

結果は機種代金(iPhone XS 64GB)を含めて月額7,898円となりました。(2019/10現在)

端末を返却する「スマホおかえしプログラム」を利用した場合は25ヶ月目以降は4,378円となります。

ただ返却すると新たなスマホが必要になるので結局料金が上乗せされます。
LINEモバイルで使用する場合

契約条件

  • SIMフリー iPhone 11 Pro 64GB 117,480円
  • コミュニケーションフリープラン 3GB

コミュニケーションフリープランはLINE、Twitter、Facebook、Instagramがデータ消費ゼロで使い放題というプランです。

これらのアプリで使用したデータ量はプランの3GBに含まれません!

月額料金は3GB、音声通話SIMで1,690円です。

出典:https://mobile.line.me/plan/communication-free/

このサービスがあるので動画を見なければ3GBを超えることはまずありません。

iPhone 11 Pro (64GB)3,263円/月(全36回)
シコミュニケーションフリープラン 3GB1,690円/月
合計4,953円/月

LINEモバイルでiPhone 11 Proを使うにはAppleストアでSIMフリーのiPhoneを購入することになります。

その為毎月の携帯料金に含まれるわけではなく、別途自分で一括で購入する必要があります。

今回は比較の為ドコモと同じ36ヶ月で分割した場合の仮定として計算。

機種代金(iPhone 11 Pro 64GB)を含めて月額4,953円となりました。(2019/10現在)

機種代金の支払いがが終了する36ヶ月目以降は1,690円となります。

比較結果

ドコモで契約した場合7,898円/月
LINEモバイルで契約した場合4,953円/月
差額2,945円/月
ドコモで契約した場合
(端末代支払い後)

4,378円/月
LINEモバイルで契約した場合
(端末代支払い後)
1,690円/月
差額2,688円/月

差額はこんなにもあるのです!

どちらも同じ条件でこれだけの差がでるのならすぐにでも格安SIMに乗り換えるべきですね。

しかもLINEモバイルの場合はSNSの通信量を節約することができるので、同じ3GBのプランでも使えるデータ量は遥かに多くなります。

またLINEモバイルの場合は契約した3GBを超えてしまうと最大200kbpsの通信速度制限になってしまいますが、

ドコモのギガライトの場合はうっかり多く使ってしまうと一定のラインで制限がかかることなく、最終的に上限の7GB、5,980円まで料金が上がる可能性があります。

ライター
知らないうちに料金が上がるのは怖いですよね。

LINEモバイルの場合は通信制限後も対象のSNSは高速通信が可能で、データ量の追加購入を行うこともできます。

LINEモバイルの方が安心して利用することが可能です!

ライター
毎月使用するデータ量が少ない方は特に格安SIMがおすすめです!

オンラインで簡単契約

すぐに利用できます

また、僕が一番おすすめする格安SIM会社は『UQ mobileです。

UQ mobile』はauのサブブランドで格安SIMの中でも特に通信速度が速いのが特徴です。

格安SIMのデメリットで多くの人が失敗したと感じるのは通信速度が遅い為。

確かに格安SIMは大手キャリアと比べると通信速度が遅く、混雑する時間帯や場所では繋がりにくくなります。

しかし、『UQ mobile』は大手キャリアに匹敵する通信速度で実質格安SIM特有のデメリットがありません。

初めて格安SIMを使う方で失敗したくない方は『UQ mobile』がおすすめです!

CHECK NOW

最大6,000円キャッシュバック

ライター
価格も安く、通信品質も良いのでコスパ抜群ですよ!

UQモバイルの口コミ・評判をレビュー

UQモバイルは繋がりやすくて速い?実際に使った速度・評価・評判を紹介【レビュー】

iPhoneにおすすめの格安SIM会社はこちらの記事でまとめています。

格安SIMに興味を持った方はこちらをご覧ください。

【2020年最新】iPhoneにおすすめ格安SIMを紹介!価格・プランで比較

iPhoneで格安SIMを使う為にはどうすれば良いの?

iPhoneで格安SIMを使う方法は2つあります。

iPhoneで格安SIMを使う方法
  • 格安SIM会社でiPhoneを契約
  • SIMフリーiPhoneに格安SIMを差し込む

以上の2つです。

格安SIM会社でもiPhoneを取り扱っており格安SIMとセットで購入することができます。

ただし取り扱っているiPhoneを格安SIM会社によって異なりますが『型落ちのiPhone』です。

最新のiPhoneを使いたい人は自分でSIMフリーのiPhoneを購入して、格安SIM会社でSIMのみの契約をする必要があります。

ポイント
  • 型落ちiPhoneなら格安SIM会社で契約が可能
  • 最新のiPhoneはAppleストア等でSIMフリーのiPhoneを購入し、格安SIM会社でSIMのみを契約する

格安SIM全体を知りたい方はこちら
【2020年最新】iPhoneにおすすめ格安SIMを紹介!価格・プランで比較 おすすめのiPhoneはこちら
【2020年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!性能・サイズ・価格を徹底比較 僕が使っている1番おすすめの格安SIM
UQモバイルは繋がりやすくて速い?実際に使った速度・評価・評判を紹介【レビュー】

旧モデルのiPhoneを選ぶのもおすすめ

iPhoneに限ったことではありませんが、スマホの性能は成熟期に入っています。

毎年目新しく機能追加されるわけではありませんし、最新モデルでなくても十分な性能であることがほとんどです。

性能は十分なのに値下げ幅は大きく、安くiPhoneを利用したい方は旧モデルを選択するのもおすすめです。

ライター
特にiPhoneは新型が発売されると旧モデルが大幅に価格が下がります。

2019年12月現在のiPhoneの価格はこのようになっています。
iPhoneの価格

モデル64GB128GB256GB512GB
11 Pro Max  119,800円135,800円 157,800円 
 11 Pro 106,800円122,800円 144,800円 
 1174,800円  79,800円 90,800円
XR64,800円69,800円
852,800円57,800円
8 Plus62,800円67,800円

このように新モデルが発売されれば旧モデルはかなりお得に購入することができ、1世代前ぐらいだと性能面でストレスを感じることもないので、安く買いたい方にはおすすめです。

最新モデルのこだわりがない人は旧モデルのiPhoneを検討してみてください。確実に安くiPhoneを使うことができます。

iPhoneのおすすめと比較はこちら

【2020年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!性能・サイズ・価格を徹底比較

iPhoneをキャリアで使う場合に安くする方法

安く使うには格安SIMを使うのがおすすめであると紹介しましたが、やはり通信速度や通信の安定性、家族間の通話無料などキャリアが良いと感じる方も多いと思います。

次はキャリアと契約する場合にiPhoneをできるだけ安く使う方法を紹介します。

不要なオプションは絶対に入らない

キャリアでの契約だとオプションがいくつかあり、オプションを付けた為に料金が高くなるということもあります。

こんな言葉に要注意
  • 最初の1ヶ月は無料なので付けておきますね。
  • 1ヶ月以内にお客様で解除をお願いします。

料金を抑える為には不要なオプションは絶対に契約しないようにしましょう。

またオプションである保証についても本当に必要なのか慎重に検討することをおすすめします。

ライター
実際に僕の知り合いの料金プランを見直すと不要なオプションがいくつも付いていたことがありました。

iPhoneを安く使うにはお店選びが大切

iPhoneをキャリアで安く使う為には購入するときのお店選びがポイントです。

実は購入する場所によって費用が異なるのです。

キャリアで契約する場合にiPhoneを購入できる主なお店は以下の通りです。

iPhoneを買えるお店
  • キャリア直営店
  • キャリア公式オンラインショップ
  • 代理店ショップ
  • 家電量販店
  • Apple Store

一見どこで購入しても大差ないと思われがちですが、それぞれしっかりと特徴があるので損しない為にも購入するお店は選ぶ必要があります。

購入するお店を変えるだけで2万円程お得にすることが可能です。

一番安く購入できるのは次に紹介する各キャリア公式のオンラインショップです。

公式オンラインショップで購入する

購入方法で最もおすすめなのが『各キャリアの公式オンラインショップ』での契約です。

ショップのデメリットが払拭されており待ち時間もなく、1番安く購入することができます。

オンラインショップの特徴
  • 事務手数料が掛からない(ドコモ)
  • 頭金が不要
  • 在庫チェックが簡単
  • ショップに並ぶ必要がない
  • 24時間申し込みが可能
  • オンライン限定のキャンペーンが開催されていることがある

このようにオンラインショップはメリットが盛りだくさんです。

まず金額的なメリットは事務手数料と頭金が不要と言うだけで最大13,000円程がお得になります。

さらにショップに訪れたのに在庫がないと言うことを避けることができます。

また、土日にショップに行くとかなり混雑していますよね。数時間単位で待たされることも珍しくありません。

オンラインショップなら並ぶ必要がありませんし、営業時間を気にせず24時間注文が可能です。

忙しい人にもかなりメリットがあるのがオンラインショップの魅力です。

デメリット
  • 店員さんに相談できない
  • 実機を触れない

オンラインショップのデメリットは以上のことが挙げられますが、特に気にする必要はありません。

困ったことがあればオンラインショップ公式の『チャットサービス』や『電話で問い合わせ』することができますし、オンラインの申し込みの流れに沿って必要事項を記入して行くと困ることはありません。

最後に毎月の料金もしっかりと表示されるので、料金がわからないということもないです。

そして、iPhoneを実機で触りたいということであれば、最寄りのショップや家電量販店に行けばどこでも触れます。

触ってからオンラインでショップ申し込めば良いだけなので実質デメリットはないと言えます。

オンラインショップ独自のお得なキャンペーンが不定期開催されることもあるので、iPhoneをキャリアで契約するなら公式オンラインショップが最もお得です!

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

iPhoneを安く使う方法まとめ

iPhoneをできるだけ安く使う方法をまとめます。

ライター
最後にまとめとしてぜひ参考にしてください。

最新モデルのiPhoneを使う場合

最新モデルのiPhoneを使いたい場合のおすすめは2つです。

おすすめ

キャリアで契約したい→公式オンラインショップで購入

格安SIMで契約→Apple StoreでSIMフリー端末購入後格安SIMを契約

やはりおすすめはSIMフリー端末をApple Storeで購入後、格安SIMで使用する方法です。

しかし、どうしてもキャリアで契約したいという方はオンラインショップで契約することでできる限り費用を安くすることが可能です。

iPhoneにおすすめの格安SIMはこちら

【2020年最新】iPhoneにおすすめ格安SIMを紹介!価格・プランで比較

旧モデルのiPhoneを使う場合

旧モデルのiPhoneを使いたい場合におすすめの方法はこちら。

おすすめ

キャリアで契約したい→公式オンラインショップで購入

格安SIMで契約→格安SIM会社でセットで購入

格安SIMで契約→Apple StoreでSIMフリー端末購入後格安SIMを契約

旧モデルのiPhoneは性能的には十分ですが価格が下がっているのでコスパがかなり良いです。

また、iPhone 7であれば格安SIM会社でも購入できる場合が多いので、自分で購入するのが面倒という方におすすめ。

ぜひ参考にしてください。

iPhoneの一番安い機種はこちら

【2020年最新】iPhoneの一番安い機種はどれ?安く買うなら型落ちモデル断然お得

以上。iPhoneを安く使う方法!知らないと損する購入するお店の選び方と使い方でした。

とにかくキャリアの契約・機種変更はオンラインショップがお得なので是非オンラインショップを使ってみてください。

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です