新型iPhone SEについてはこちら

【2020年最新】iPhoneはどこで買うのが安い?お得に買える購入方法まとめ

初めてiPhoneを買う時や、iPhoneへ機種変更する時はどこで購入していますか?

iPhoneはキャリアでもApple Storeでも家電量販店でも購入することができますが、どこで購入するのが1番お得なのか分からないですよね。

この記事ではiPhoneはどこで買うのが安いのかを紹介します。

この記事でわかること
  • iPhoneはどこで買うのが安い?
  • iPhoneが買える場所の特徴を紹介
まつりくん
iPhoneの購入を考えている方はぜひ参考にしてください!

iPhoneのおすすめ機種と比較はこちら

iPhoneのお得な購入方法

それではまずiPhoneを安く買えるおすすめの購入方法を紹介します!

MEMO

安く買えるおすすめの購入方法

  • キャリアで購入するならオンラインショップ
  • 端末を安く購入するならApple Store
  • 新機種登場時はApple Storeが安い
  • 発売から時間が経過するとキャリアオンラインショップが安い

それぞれについて詳しく紹介します。

キャリアで購入するならオンラインショップがお得

キャリアで購入する場合は各キャリアの公式オンラインショップが便利でお得です。

オンラインショップは自宅で受け取ることができるので、一切外に出なくても機種変更が完了します。

さらにドコモの場合だと手数料が無料で、分割支払い時の頭金が必要ありません。

これからはiPhoneもオンラインで購入する時代なので、キャリアでiPhoneを購入する場合はオンラインショップがお得でおすすめです。

実店舗オンラインショップ
料金プラン同じ
機種代金基本的には同じ
頭金店舗によっては必要無料
手数料2,000円〜3,000円無料
キャンペーン時期や店舗によって異なる限定特典あり
営業時間10:00〜21:00
(店舗によって異なる)
24時間
待ち時間あり無し
サポート対面電話orチャット

上の表は実店舗とオンラインショップで比較しています。オンラインショップは料金的にも時間的にもお得で、サポートに関しても電話やチャットサービスがあるので充実しています。

申し込みは簡単に行えてオンラインショップ限定のキャンペーンが開催されていることもあるのでぜひチェックしてみてください。

とにかく安く購入する場合はApple Storeがおすすめ

少し手間は掛かりますがiPhoneをとにかく安く購入したい場合は、Apple StoreでSIMフリーのiPhoneを購入するのがおすすめです。

発売して時間が経っていないiPhoneの購入はApple Storeで購入するのが1番安いです。

最新のiPhone SE(第2世代)で比較してみるとこんな感じ。

64GB128GB256GB
Apple Store49,280円54,780円66,880円
ドコモ57,042円62,568円75,240円
au55,270円61,250円75,215円
ソフトバンク57,600円64,080円78,480円

Apple Storeがかなり安いことがわかりますよね。

キャリアはMNPを利用したり、2年後の端末を返却すればお得に使える購入サポートがありますが、そうでない場合はApple Storeで購入してSIMを自分で差し替えるのがおすすめです。

ドコモオンラインショップはSIMカードのみ契約することもできます。

出典:ドコモオンラインショップ

本体価格の安いiPhoneをApple Storeで購入して、SIMカードのみをドコモオンラインショップで契約することで、安く使うことが可能です。

ぜひ参考にしてください。

まつりくん
機種変更した後も端末を残したい方におすすめです。

iPhoneはどこで買うのが1番安い?

iPhone 11 Pro 64GBをドコモで利用する場合どこで購入するのが1番安いのかを比較してみました。

発売後すぐはApple Storeが1番安いですが、発売から時間が経つにつれてキャリアはポイント還元などの割引が始まります。

2020年6月現在にiPhone 11 Proを買う場合はドコモオンラインショップが1番安く購入可能です。

新規契約の場合

新規契約の場合、最もお得に購入できるのはドコモオンラインショップです。

定価を比較した表は以下の通り。

購入場所金額
Apple Store117,480円
ドコモオンラインショップ126,720円
家電量販店A129,816円
au127,440円
ソフトバンク127,200円

定価はApple Storeが1番安くなっていますが、Apple Storeは割引が一切ありません。

それに対して2020年6月にドコモオンラインショップを確認したところ15,000ポイントのdポイントプレゼントがあるようです。

ポイントを含めるとドコモオンラインショップがかなりお得で、本体もSIMカードも一括で手続きが可能なので申し込みも楽です。待ち時間が必要なく24時間申し込みができるのでぜひチェックしてみてください。

ドコモでiPhone 11 Proを見てみる

MNP乗り換えの場合

MNP乗換をする場合はドコモオンラインショップが最もお得です。

購入場所金額
Apple Store117,480円
ドコモオンラインショップ126,720円

MNP乗り換えの場合は20,000ポイントのdポイント還元があります。

ポイント還元を含めると106,720円となり安く買えるApple Storeより10,760円も安くなります。

オンラインショップなら手数料も無料なのでおすすめです!

機種変更の場合

機種変更の場合も最もお得なのはドコモオンラインショップです。

購入場所金額
Apple Store117,480円
ドコモオンラインショップ115,720円
家電量販店A129,816円

ドコモオンラインショップの場合「端末購入割引」で11,000円の割引がされています。

こちらも安く買えるApple Storeと比較して約2,000円も安くなっていることがわかります。

オンランショップであれば機種変更時の手数料が不要なので、機種変更もドコモオンラインショップがおすすめです!

購入サポートも要チェック

iPhoneはApple Storeでも購入できますが、キャリアで購入すると購入サポートがあるのもポイントです。

購入サポートとは簡単に言うと2年後に端末を返却する代わりに安く使えるサポートで各社以下のサポートがあります。

各キャリアのプログラム
  • ドコモ→スマホおかえしプログラム
  • au→かえトクプログラム
  • トクするサポート+
ドコモauSoftBank
分割回数36回24回+残り48回
支払い不要最大12回残り最大24回
返却期間2~25カ月目13~25カ月目25~48カ月目
条件1
返却
必要必要必要
条件2
買い替え
不要必要必要

表にまとめただけではわかりにくいので、それぞれのプログラムの特徴を紹介します。

ドコモ
  • スマホおかえしプログラム
  • 返却後に他のスマホに買い替える必要がない
au
  • かえトクプログラム
  • 料金が一番安い
SoftBank
  • トクするサポート+
  • 不要になる支払額が24回分と割引額が一番多い

iPhoneを2年に1回買い替えたいと言う方は、各社の購入サポートを受けるのが楽でお得なので、Apple Storeとの違いを迷っている方はぜひ参考にしてください。

iPhone販売店のメリット・デメリット


続いてiPhoneの購入方法について紹介します。

購入する場所によってメリットとデメリットがあるのでぜひ参考にしてください!

大手キャリアで購入する

まず一番一般的なのが大手キャリアで購入する方法です。

iPhoneは格安SIMを使うこともできますが、やはり大手キャリアだと通信速度も速く、家族割があるなど安心ですよね。

大手キャリアだと分割支払いも簡単で、2年後に端末を返却することで安く使える購入サポートもあります。

身近に実店舗も多くあり、オンラインでも簡単にiPhoneを契約することができるので、難しいことはしたくないという方におすすめです。

キャリアで購入するメリットとデメリットはこちら

メリット
  • 身近にあるので購入が簡単
  • オンラインショップがある
  • 分割払いが簡単
  • 購入サポートがあるので負担が少ない
デメリット
  • Apple Storeより価格が高い
  • 実店舗だと待ち時間が長い
  • SIMロックが掛かっている

SIMロックが掛かっているデメリットはありますが、条件を満たせば解除することができるので、安心感を求める方は大手キャリアで購入するのがおすすめです。

また、先ほど紹介したように大手キャリアで購入する場合は購入するキャリアの公式オンラインショップが料金的にも時間的にもお得なのでオンラインショップでの購入も検討してみてください。

まつりくん
キャリアのショップは頭金という名の手数料が掛かる場合があるので、キャリアで購入するなら絶対にオンラインショップがお得でおすすめです!

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

Apple Storeで購入する

僕がiPhoneを購入する時は毎回Apple Storeを利用しています。

Apple Storeは実店舗とオンラインストアがありますが僕はオンラインショップを使っています。

Apple Storeは在庫量が多く大手キャリアよりも本体価格が安いのが特徴。また、キャリアとは違ってSIMフリー版を購入することができるのも大きなメリットです。

自分で通信回線を自由に選んでいる人はApple Storeで購入するのがおすすめです!

Apple Storeで購入するメリットとデメリットはこちら

メリット
  • 在庫量が多い
  • 本体価格が安い
  • オンラインと実店舗が選べる
デメリット
  • 自分で通信キャリアと契約する必要がある

僕はUQ mobileをメインの通信回線として使っているので最新のiPhoneを買う時もSIMフリーの方が使い勝手が良く、簡単に現金で本体のみを一括購入できるApple Storeの方が手軽です。

iPhoneの本体のみを購入したい方や、格安SIMを使っている方はApple Storeでの購入も検討してみてください。

家電量販店で購入する

家電量販店でもiPhoneを購入することができます。

家電量販店で購入することのメリットはポイントが付くことですが、頭金が必要な場合が多くトータルで考えると料金が高くなることが多いです。

家電量販店は近くにあることが多く、手軽に対面で契約できるメリットはありますが、金額面では高くなるので安く買いたい方にはおすすめできません。

頭金は総額の一部ではなく、手数料なので注意が必要。

各キャリアの公式オンラインショップと比較すると3,000円ほど高くなっていることが多いです。

これは街中にあるキャリアのショップも同じである場合が多いので、お得にiPhoneを購入したい方はオンラインショップを利用するようにしましょう。

家電量販店で購入するメリットとデメリットはこちら

メリット
  • ポイントが貯まる
  • 身近にある
  • スタッフが多いので気軽に相談できる
デメリット
  • 価格が高い
  • ポイント還元は高くない
  • 営業トークが長い

その他だと家電量販店の売り場は他のショップより営業トークが熱いです。その為あまり知識がないと乗せられて余計なサービスに登録してしまう可能性もあります。

また、アンケートや自宅のネット回線は何を使っているか、家族はどこの携帯を使っているかなどの情報を根掘り葉掘り聞かれた経験もあります。

余計に時間が掛かる場合があるので、やはりiPhoneの購入は各キャリアの公式オンラインショップか、Apple Storeがおすすめです。

iPhoneをお得に購入する方法まとめ

この記事ではiPhoneをお得に購入する方法について紹介しました。

どこで買ってもあまり変わらないと思っていましたが意外と金額や内容が変わります。

特に最近は外出自粛の影響もありオンラインショップへの注目が高まっています!

僕自身もほとんどネットで申し込みをすることが多く、一度ネットの便利さを知ってしまうと実店舗での待ち時間がかなり苦痛に感じます。

最近はネットでもほぼ全ての手続きができ、サイトもわかりやすく、チャットサポートなどもあるので困ることがありません。

料金的にも時間的にもお得なのでぜひiPhoneの新規契約・機種変更・MNP乗り換えはオンラインショップを利用してみてください。

以上。「【2020年最新】iPhoneはどこで買うのが安い?お得に買える購入方法まとめ」でした。

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

関連記事

ドコモオンラインショップと店頭はどっちがお得で安い?

各社の5Gプランをわかりやすく比較

Androidおすすめランキング

iPhoneおすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。