【2024年最新】iPhoneはどこで買うのが安い?お得に買える購入方法まとめ

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

初めてiPhoneを買う時や、iPhoneを機種変更する時はどこで購入していますか?

iPhoneはキャリアでもApple Storeでも家電量販店でも購入することができ、他のスマートフォンより購入できる場所が多いのが特徴です。

そこで気になるのが、iPhoneはどこで購入するのが1番お得なのかということではないでしょうか。

iPhoneは購入する場所によって価格が違うので、少しでも安くお得に買える場所で購入するのがおすすめです!

この記事ではiPhoneはどこで買うのが安いのかを紹介します。

この記事でわかること
  • iPhoneはどこで買うのが安いのか?
  • iPhoneを買うならどこ?
  • iPhoneのお得な購入方法について
  • iPhoneが買える場所の特徴
  • iPhoneを安く買う方法
まつりくん
まつりくん

iPhoneの購入を考えている方はぜひ参考にしてください

【関連】iPhoneを買うならどれ?買うべきおすすめ機種を徹底比較

予約は待ち時間がないオンラインショップがおすすめです。


公式サイトをチェック

オンラインは手数料が無料

5G WELCOME割で最大22,000円割引

オンラインは待ち時間なし

おトク割で最大22,000円割引

オンラインは便利

自宅受け取りだと手数料無料

楽天モバイルはこちら

キャリアで1番安く買えます


auオンラインキャンペーン実施中

公式サイトをチェック

※開催中のキャンペーンがわかります

 

iPhoneを買うならどこ?

それではまずiPhoneを安く買えるおすすめの購入方法を紹介します!

安く買えるおすすめの購入方法まとめ

  • キャリアで購入するなら公式のオンラインショップがおすすめ
  • 端末を一括で安く購入するならAmazonが安い
  • 2年で次の機種に機種変更するなら大手キャリアが安い
  • 新機種の一括購入はApple Storeが安い
  • 発売から時間が経過するとキャリアオンラインショップが安い
  • 乗り換えるならキャリアオンラインショップが安い
  • 型落ち機種は家電量販店が安い(特別価格であれば)
  • セールを狙うなら家電量販店が安い

安く買えるおすすめの購入方法をまとめると以上になります。

場所だけでなく、その人の使い方によってもお得な購入場所が変わるのがポイントです。

それぞれについて詳しく紹介します。

キャリアで購入するならオンラインショップがお得

まずキャリアで購入する場合は各キャリアの公式オンラインショップが便利でお得です。

オンラインショップは自宅で受け取ることができるので、一切外に出なくても機種変更が完了します。

さらにドコモ全ての手続きで事務手数料が無料で金額的にもお得です。

これからはiPhoneもオンラインで購入する時代なので、Amazonなどでネットショッピングをしたことがあれば、オンラインでも簡単に購入可能。

キャリアでiPhoneを購入する場合はオンラインショップがお得でおすすめです。

 実店舗オンラインショップ
料金プラン同じ
機種代金基本的には同じ
手数料(税込)2,200円〜3,300円無料
キャンペーン時期や店舗によって異なる限定特典あり
営業時間10:00〜21:00
(店舗によって異なる)
24時間
※メンテナンス時を除く
待ち時間あり無し
※メンテナンス時を除く
サポート対面電話orチャット

上の表は実店舗とオンラインショップで比較しています。

オンラインショップは料金的にも時間的にもお得で、サポートに関しても電話やチャットサービスがあるので充実しています。

申し込みは簡単に行えてオンラインショップ限定のキャンペーンが開催されていることもあるのでぜひチェックしてみてください。

公式サイトをチェック


ドコモはこちら

公式サイトへ

auはこちら

公式サイトへ

SoftBankはこちら

公式サイトへ

新型iPhone SE販売

低容量プランがおすすめ

新型iPhone SE取扱

低容量プランがおすすめ

iPhone SE取扱

公式サイトへ


発売直後に安く買いたい場合はApple Storeがおすすめ

発売直後のiPhoneを購入する場合は、Apple StoreでSIMフリーのiPhoneを購入するのがおすすめです。

発売して時間が経っていない最新iPhoneの購入はApple Storeで購入するのが1番安いです。

最新のiPhone 15の価格を比較してみるとこんな感じ。

iPhone 15の価格128GB256GB512GB
Apple Store124,800円139,800円169,800円
ドコモ149,490円172,040円212,300円
au145,640円166,780円206,930円
SoftBank145,440円166,320円206,640円
楽天モバイル140,800円161,800円199,800円

一括購入の場合はApple Storeがかなり安いことがわかりますよね。

キャリアはMNP(のりかえ)を利用したり、2年後の端末を返却すればお得に使える購入サポートがありますが、

端末を残したい方や長く使いたい方はApple Storeで購入してSIMを自分で差し替えるのがおすすめです。

ドコモオンラインショップはSIMカードのみ契約することもできます。

出典:ドコモオンラインショップ

本体価格の安いiPhoneをApple Storeで購入して、SIMカードのみをドコモオンラインショップで契約することで、安く使うことが可能です。

ぜひ参考にしてください。

また、毎年新年に開催されるApple Storeの初売りでは対象のiPhoneをお得に買うこともできます。

まつりくん
まつりくん

機種変更した後も端末を残したい方におすすめです。

最近ではAmazonでもApple Storeと同じ価格でiPhoneを購入することができます。

Amazonだと1%のポイントが付くのでApple Storeで購入するよりもお得です。

Amazonに在庫がある場合はApple Storeより安いAmazonで購入するのがおすすめです。

Apple Storeで買う場合など、Apple製品を安く買う方法はこちらの記事でまとめています。

【2024年最新】Apple製品を安く買う方法!お得なおすすめの購入方法を解説 iPhone 15はどこで買うのが安い?価格の比較と安く買う方法を解説

2年で機種変更して楽に快適に使うならキャリアが安い

iPhoneは3〜4年であれば快適に使うことができますが、やはり2年毎に買い換えると新機能を使えるなどのメリットも多いです。

その場合は安く楽に安心して買えるキャリアの購入サポートがおすすめ。

大手キャリアだとiPhoneを返却することで実質負担金を少なくすることができるプログラムが利用できます。

購入サポートは乗り換えた後のiPhoneを自分で売る必要もないので、安心してお得に買える方法です。

また、2年毎に買い替える場合は価格もお得的にもおすすめです。

まつりくん
まつりくん

iPhoneを2年に1回買い替えたいと言う方は、各社の購入サポートを受けるのが楽でお得です。

例えばauのiPhone 15を例に比較すると以下の通り。

auのiPhone 15
※機種変更の場合
プログラム利用プログラム利用なし
毎月の端末代金3,100円×22回
初回のみ3,120円
約6,093円×23回
総額71,320円140,140円
記事更新時点の価格です。

スマホトクするプログラムを利用して、25ヶ月目までに返却すると、残りの68,820円の支払いが不要になります。

つまりほぼ2年間使ったiPhone 15を68,820円で買取してくれると言うことです。

まつりくん
買取額としては高いので自分で売るよりもお得です

各社ともに購入サポートを利用すると、かなり実質負担金を下げることが可能。

以前ほど条件が複雑化されていないので、購入サポートを利用することで、比較的簡単に最安値を実現することができます。

最新の価格は各キャリアでチェックしてください。

iPhone 15をキャリアで買うメリットとデメリットまとめ

型落ち機種は家電量販店や実店舗もチェック

2021年末頃からiPhone 12が実質1円で購入できるなど、実店舗がキャンペーンに力を入れています。

期間限定で実施しているケースがほとんどで、店舗によっても大きく異なるので、通ってチェックする以外には運の要素が必要になりますが、

そういうキャンペーンを実施しているところに居合わせるとかなり安く購入することができます。

安くなるのは型落ち機種や人気の薄い機種ですが、iPhone 13であれば今から買うのも全然ありなので、

本当に安く買いたい方は大型の家電量販店に一度足を運んでみるのがおすすめです。

ポイント
  • セールは土日の数日などの期間限定であることが多い
  • 返却必要なしで数十円でiPhoneが買えることもある(今はほとんどない)
  • 返却ありで実質毎月1円で使えるのが今の主流キャンペーン
  • セール対象機種にはiPhone SEやiPhone 14もある
  • 大型家電量販店で開催していることが多い(都心分にある家電量販店が有利)

まつりくん
条件を気にしない場合に今一番安く買えるのが家電量販店や実店舗です

iPhoneはどこで買うのが1番安い?

iPhone 15を利用する場合どこで購入するのが1番安いのかを比較してみました。

結論から紹介すると、2024年2月現在にiPhone 15を買う場合はApple Storeが1番安く購入可能です。

ただしMNP(のりかえ)とスマホおかえしプログラムを利用する場合はauが1番安いという結果になりました。

iPhone 15シリーズはどこが安いのかをまとめた記事はこちら

iPhone 15はどこで買うのが安い?価格の比較と安く買う方法を解説

iPhone 14シリーズはどこが安いのかをまとめた記事はこちら

iPhone 14はどこが安い?価格の比較と安く買う方法を紹介

契約方法別にどこが安いかを紹介していきます。

新規契約の場合

新規契約の場合、最もお得に購入できるのはApple Storeです。

さらにApple Store(実店舗のみが対象)でドコモなどのキャリアと契約するとさらに割引があるので、安く買う場合はApple Store(キャリア契約プラン)で予約してキャリアと契約するのが安いです。

Apple Storeが近くにないといけませんがApple Storeの実店舗でキャリア契約が1番お得です。

割引はありませんが近くにApple Storeが無い場合はオンラインストアでも定価は安いのでお得。

iPhone 15の定価を比較した表は以下の通り。

iPhone 15の価格128GB256GB512GB
Apple Store124,800円139,800円169,800円
ドコモ149,490円172,040円212,300円
au145,640円166,780円206,930円
SoftBank145,440円166,320円206,640円
楽天モバイル140,800円161,800円199,800円

Apple Storeが安いことがわかります。

MNP乗り換えの場合

MNP乗換をする場合は割引額が重要です!

各社のiPhone 15シリーズの割引額をまとめると以下の通り。

のりかえ時のiPhone 15シリーズの割引
  • au:22,000円
  • SoftBank:21,984円
  • ドコモ:iPhone 15 128GBが44,000円、それ以外が22,000円
  • 楽天モバイル:割引なし

機種によっても異なりますが、MNP割引があるとApple Storeで購入するよりも安くなります。


公式サイトをチェック

オンラインは手数料が無料

5G WELCOME割で最大22,000円割引

オンラインは待ち時間なし

おトク割で最大22,000円割引

オンラインは便利

自宅受け取りだと手数料無料

楽天モバイルはこちら

キャリアで1番安く買えます


機種変更の場合

機種変更の場合も最もお得なのはApple Storeです。

機種変更の場合は各社ともに割引はほとんどありません。

キャリアの場合は発売後半年ぐらい経過してから割引が始まりお得になりますが、発売から日にちが経過していない場合はApple Storeがお得になります。

自分で購入したSIMフリーのiPhoneをキャリアで使用することもできるので、キャリアの割引が開始されるまではApple Storeで購入するのおすすめです。

また、Apple Storeで購入後は各キャリアのオンライン専用プランが簡単で通信速度も早く安いのでおすすめです。


公式サイトをチェック

ahamoはこちら

機種変更もできます

povoはこちら

簡単に付け加えるオプションが魅力

LINEMOはこちら

3GBのミニプランあり


オンライン専用プランはどこがおすすめ?ahamoとLINEMOとpovoを比較

購入サポートも要チェック

iPhoneはApple Storeでも購入できますが、キャリアで購入すると購入サポートがあるのがポイントです。

購入サポートとは簡単に言うと2年後に端末を返却する代わりに安く使えるサポートで各社以下のサポートがあります。

それぞれ微妙に内容が異なりますが、大まかには同じです。

購入サポートを利用すると月々の支払いを抑えることができるので、2年毎に買い替える場合は安く買えます。

iPhone 15シリーズをMNPのりかえで端末を返却した場合の実質負担額は以下の通りとなります。

購入場所1515 Plus15 Pro15 Pro Max
ドコモ31,570
64,240
84,700
85,580
96,360
116,050
97,020
110,550
128,370
146,630

119,460
137,720
154,110
au54,820
65,630
85,985
63,790
74,830
95,415
77,705
90,930
109,560
128,420

95,300
114,045
132,790
SoftBank12
22,836
33,636
67,056
73,376
98,856
79,176
92,256
112,680
128,376

102,456
123,456
140,496
楽天モバイル70,392
80,880
99,888
78,384
89,400
109,440
89,880
102,888
120,432
138,384

112,392
130,392
144,484
※記事更新時点の価格です
※端末の返却が必要です。
上から128GB、256GB、512GB、1TBの順です。

ソフトバンクのiPhone 15(128GB)と断然価格が安いですが、12ヶ月で返却した場合の価格なので他より使用できる期間が短いです。

それ以外だと、今はドコモのiPhone 15(128GB)が44,000円の大幅割引があるので他より安く使えます。

のりかえの場合だ全体的にはauが安いです。

iPhoneを2年に1回買い替えたいと言う方は、各社の購入サポートを受けるのが楽でお得なので、Apple Storeとの違いを迷っている方はぜひ参考にしてください。

iPhoneを安く買うために知っておきたい最新情報

iPhoneを安く買うために必要な情報はその時々によって異なります。

最新情報を知らないと損することにもなるので、次はiPhoneを安く買うために知っておきたい最新情報をまとめます。

iPhoneは円安によって値上がり傾向

iPhoneはアメリカの会社であるAppleのスマートフォンなので、為替による影響も大きいです。

Appleは為替の変動に合わせて定期的に価格の改定を行なっています。

今のiPhoneは円安が進んだ時の為替が反映されているので、少し円高方向になっている今では割高な傾向です。

実店舗の割引が大きい

電気通信事業法の改正によって、端末の大幅な割引ができなくなりました。

その結果、一時期は割引が少ない状態が続いていましたが、2021年頃からは家電量販店を中心に大幅な割引が行われていることがあります。

「大幅な割引はできないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、

改正されたルールは回線契約とセット販売する時の割引上限額を定めたものなので、回線契約を条件にしない端末の購入はいくらでも値引きができます。

ポイント
  • 回線契約なしの割引(上限なし)
  • 回線契約ありが条件の割引(税込22,000円まで)
  • 店舗独自の割引(上限なし)+回線契約ありの割引(22,000円まで)=実質1円などの大幅割引販売

ポイントをまとめるとこんな感じです。

ただし、最近はその動きも下火になりつつあり、めちゃくちゃな割引が開催されることは少なくなっています。

店舗巡りが面倒という場合はオンラインショップで注文して問題ありません!

まつりくん
現在の割引動向はこんな感じです!

ソフトバンクはオンラインでも最新のiPhone 15が毎月1円で使えます!

iPhone 15がソフトバンクで毎月1円で使える!値引きの仕組みを解説

2年毎に一つ前の機種を買うのが一番がコスパが良い

iPhoneは完成度が高いので、一つ前の世代でも性能は良く最新モデル比べても大きく変わりません。

しかし、人気のある機種なので一つ前のモデルになると、最新モデルと比べてかなりお得に購入することが可能!

今は2年ごとに一つ前の機種をキャリア買うのが一番コスパの良い買い方になっています。

例えば、今であれば最新のiPhone 15の一つ前のモデルであるiPhone 14のコスパが良いです。

iPhone 14はどこが安い?価格の比較と安く買う方法を紹介 iPhone 15とiPhone 14の違いを比較!どっちがおすすめなのかを解説

実質毎月1円で使えるキャンペーンが主流

現在のキャンペーンの主流は、通常割引、店舗独自の割引、端末返却が必要な購入プログラムを合わせて、実質毎月1円で使えるキャンペーンが主流です。

対象の機種はiPhone SE(第3世代)とiPhone 13が多いですが、ソフトバンクはiPhone 15 128GBも対象です。

#iPhone14pro
2年返却でコレは個人的は結構惹かれる pic.twitter.com/fgASpU9pkV

— GGG (@kals1st) January 20, 2023


以上の仕組みをまとめるとこんな感じ。

ポイント

店頭価格189,530円から80,747円が割引かれて108,783円
MNP乗り換えだと更に税込22,000円の割引で86,783円
いつでもカエドキプログラムの利用で24ヶ月目に返却すると86,760円が免除されるので、実質毎月1円で使える

このようなキャンペーンは不定期開催なので、必ず毎回安い訳ではありませんが、安く使いたい場合はとりあえず最寄りの大型店舗に足を運ぶのが良さそうです。

iPhone販売店のメリット・デメリット


続いてiPhoneの購入方法について紹介します。

購入する場所によってメリットとデメリットがあるのでぜひ参考にしてください!

大手キャリアで購入する

まず一番一般的なのが大手キャリアで購入する方法です。

iPhoneは格安SIMを使うこともできますが、やはり大手キャリアだと通信速度も速く、家族割があるなど安心ですよね。

大手キャリアだと分割支払いも簡単で、2年後に端末を返却することで安く使える購入サポートもあります。

身近に実店舗も多くあり、オンラインでも簡単にiPhoneを契約することができるので、難しいことはしたくないという方におすすめです。

キャリアで購入するメリットとデメリットはこちら

メリット
  • 身近にあるので購入が簡単
  • オンラインショップがある
  • 分割払いが簡単
  • 購入サポートがあるので負担が少ない
デメリット
  • Apple Storeより価格が高い
  • 実店舗だと待ち時間が長い
  • SIMロックが掛かっている

SIMロックが掛かっているデメリットはありますが、条件を満たせば解除することができるので、安心感を求める方は大手キャリアで購入するのがおすすめです。

また、先ほど紹介したように大手キャリアで購入する場合は購入するキャリアの公式オンラインショップが料金的にも時間的にもお得なのでオンラインショップでの購入も検討してみてください。

まつりくん
まつりくん

キャリアで購入するなら絶対にオンラインショップがお得でおすすめです!


公式サイトをチェック

オンラインは手数料が無料

5G WELCOME割で最大22,000円割引

オンラインは待ち時間なし

おトク割で最大22,000円割引

オンラインは便利

自宅受け取りだと手数料無料

楽天モバイルはこちら

キャリアで1番安く買えます


iPhone 15をキャリアで買うメリットとデメリットまとめ

Apple Storeで購入する

僕がiPhoneを購入する時は毎回Apple Storeを利用しています。

Apple Storeは実店舗とオンラインストアがありますが僕はオンラインショップを使っています。

Apple Storeは在庫量が多く大手キャリアよりも一括購入時の本体価格が安いのが特徴。

また、在庫量が多く最新モデルを発売日に入手しやすいのも大きなメリットです。

自分で通信回線を自由に選んでいる人はApple Storeで購入するのがおすすめです!

Apple Storeで購入するメリットとデメリットはこちら

メリット
  • 在庫量が多い
  • 発売直後の人気モデルを入手しやすい
  • 本体価格が安い
  • オンラインと実店舗が選べる
デメリット
  • 自分で通信キャリアと契約する必要がある
  • 分割払いは手間が掛かる

僕はオンライン手続きのみのahamoをメインの通信回線として使っているので、最新のiPhoneを買う時も簡単に現金で本体のみを一括購入できるApple Storeの方が手軽です。

iPhoneの本体のみを購入したい方や、格安SIMを使っている方はApple Storeでの購入も検討してみてください。

最近ではAmazonでもApple Storeと同じ価格でiPhoneを購入することが可能でAmazonで購入する方がポイントが付くのでお得です。

ポイント還元分お得!

保証も同じ

iPhoneをApple Storeで購入するメリットとデメリットまとめ! iPhoneをAmazonで購入するのはお得?メリットとデメリットを解説

家電量販店で購入する

家電量販店でもiPhoneを購入することができます。

家電量販店で購入することのメリットはポイントが付くことと大きなセールですが、頭金が必要な場合が多くトータルで考えると料金が高くなることが多いです。

家電量販店は近くにあることが多く、手軽に対面で契約できるメリットはありますが、金額面では高くなる場合があるので安く買いたい方にはおすすめできません。

頭金は総額の一部ではなく、手数料なので注意が必要。

各キャリアの公式オンラインショップと比較すると3,000円ほど高くなっていることが多いです。

まつりくん
まつりくん

最近は頭金の存在は少ないですが一応注意してください。

基本的にお得にiPhoneを購入したい方はオンラインショップを利用するようにしましょう。

ただし、人気が薄くなった機種を格安で販売することがあるなど、旧モデルのキャンペーンは家電量販店が凄いです。

家電量販店で購入するメリットとデメリットはこちら

メリット
  • ポイントが貯まる
  • 身近にある
  • スタッフが多いので気軽に相談できる
  • キャンペーンを開催していると1番安く買える
デメリット
  • 価格が高い
  • ポイント還元は高くない
  • 営業トークが長い

その他だと家電量販店の売り場は他のショップより営業トークが熱いです。

その為あまり知識がないと乗せられて余計なサービスに登録してしまう可能性もあります。

また、アンケートや自宅のネット回線は何を使っているか、家族はどこの携帯を使っているかなどの情報を根掘り葉掘り聞かれた経験もあります。

余計に時間が掛かる場合があるので、やはりiPhoneの購入は各キャリアの公式オンラインショップか、Apple Storeがおすすめです。

iPhoneはどこで買うのが安いかのよくある質問

iPhoneはどこで買うのが安い?についてのよくある質問をまとめます。

分割払いで購入したい場合は?

iPhoneは価格が高いので一括で購入するには厳しいという場合も多いと思います。

分割払いで購入する場合はキャリアでの購入がおすすめです!

iPhoneは毎日使う物なので比較的買い替えサイクルも早いです。

キャリアだと購入サポートを使って月々の料金を抑えることが出来るため、分割払いを考えている方は通信料金とセットで支払いができるキャリアでの購入が胃すすめです。

iPhoneはいつ購入するのがお得?

iPhoneの最新モデルは9月に発売されることが多いです。

その為、旧モデルは9月前後に値下げされることが多いので旧モデルを狙っている方は9月がおすすめ。

またApple製品は基本的に割引がない為、新モデルが発売されたタイミングで購入するのがお得です。

キャリアで購入する場合は3月など新年度前も活発にキャンペーンが開催されるので狙い目です。

iPhoneの買い替えはいつがお得?ベストなタイミングと寿命まとめ

iPhoneを安く買う為のポイントは?

iPhoneはたくさんの種類があります。

例えばiPhone 15シリーズだけでも4つの機種があり、搭載されているストレージ容量にも大きな違いがあります。

安くする為に大事なのは自分の使い方に合った機種を選ぶことです。

必要な機能やストレージ容量のモデルを買っても勿体無いだけなので、本当に必要なモデルを購入して価格を抑えましょう。

 iPhone 15iPhone 15 PlusiPhone 15 ProiPhone 15 Pro Max
128GB124,800円139,800円159,800円
256GB139,800円154,800円174,800円189,800円
512GB169,800円184,800円204,800円219,800円
1TB234,800円249,800円

iPhone 15シリーズだけでも1番安いモデルと一番高いモデルの差額は約12万円もあります。

iPhoneの選び方やおすすめ機種はこちらの記事で詳しくまとめています。

【2024年最新】iPhoneを買うならどれ?おすすめ機種の選び方と違いを比較

iPhoneをお得に購入する方法まとめ

この記事ではiPhoneをお得に購入する方法について紹介しました。

どこで買ってもあまり変わらないと思っていましたが意外と金額や内容が変わります。

特に最近はオンラインショップへの注目が高まっています!

僕自身もほとんどネットで申し込みをすることが多く、一度ネットの便利さを知ってしまうと実店舗での待ち時間がかなり苦痛に感じます。

最近はネットでもほぼ全ての手続きができ、サイトもわかりやすく、チャットサポートなどもあるので困ることがありません。

料金的にも時間的にもお得なのでぜひiPhoneの新規契約・機種変更・MNP乗り換えはオンラインショップを利用してみてください。

以上。「【2024年最新】iPhoneはどこで買うのが安い?お得に買える購入方法まとめ」でした。

公式サイトをチェック


ドコモはこちら

公式サイトへ

auはこちら

公式サイトへ

SoftBankはこちら

公式サイトへ

新型iPhone SE販売

低容量プランがおすすめ

新型iPhone SE取扱

低容量プランがおすすめ

iPhone SE取扱

公式サイトへ


【2024年最新】iPhoneを買うならどれ?おすすめ機種の選び方と違いを比較 【2024年最新】iPhoneの一番安い機種はどれ?安く買うなら型落ちモデル断然お得 iPhoneの買い替えはいつがお得?ベストなタイミングと寿命まとめ iPhoneの本体だけをお得に買う方法と本体だけを買うメリットを解説

関連記事

ドコモオンラインショップと店頭はどっちがお得で安い?

各社の5Gプランをわかりやすく比較

Androidおすすめランキング

iPhoneおすすめランキング

2 COMMENTS

匿名

乗り換えで検討なので、とても参考になりました
ところでiPhoneをドコモオンライショップ購入すると出荷時の電話確認があるって言うのは 全員なのでしょうか??

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です