【2024年最新】コスパで選ぶおすすめのiPhone!コスパ最強はどの機種?

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

iPhoneは種類が多く自分にあったモデル・機種を選べるのがメリットです。

iPhoneには価格の高い最新ハイスペックモデルや、価格の安い低価格モデルなどがありますが、一般的に一番おすすめなのがコスパの良いモデルです。

この記事ではコスパで選ぶおすすめのiPhoneを紹介します!

コスパ最強のiPhoneはどれなのかや、選び方、買い方について紹介します。

快適に使えるiPhoneをなるべく安く購入したい方はぜひ参考にしてください。


公式サイトをチェック

iPhone 15は9/15予約開始!予約は便利でお得なオンラインがおすすめです

お得情報
楽天リーベイツを経由することでApple公式ストアの対象商品が1%ポイントバックされます!
Apple Store(オンライン)で購入する場合は絶対にお得なのでぜひチェックしてみてください。
Rakuten Rebatesをチェックする

コスパの良いiPhoneの選び方

まずはコスパの良いiPhoneの選び方から紹介します。

iPhoneを分類すると以下のように分けることができ、主にコスパが良いのは低価格モデルとスタンダードモデルです。

分類特徴主な機種
高価格ハイスペックiPhone 15 Pro
iPhone 15 Pro Max
スタンダード性能と価格のバランスが良い
スマホ全体の中ではハイスペック
iPhone 15
iPhone 14
iPhone 13
低価格ミドルクラスと呼ばれるiPhone SE(第3世代)

iPhoneは現行モデルであればどのモデルでも処理性能が良いので、使っていて動作の遅さが原因でストレスを感じることはありません。

価格による違いは、本体の大きさ、デザイン、機能、カメラに大きく差が出ます。

iPhoneでゲームや動画などのエンタメコンテンツを楽しむことがなく、主に連絡手段として使えれば良いという方は低価格モデルを選ぶのがおすすめ。

iPhoneを使う時間がそれなりにあるので、性能や使いやすさもある程度は欲しいという方は、スタンダードモデルがおすすめです。

まつりくん
まつりくん

自分の使い方に応じて、低価格モデルかスタンダードモデルを選ぶのがiPhoneのコスパの良い選び方です。

コスパで選ぶおすすめのiPhone

コスパで選ぶおすすめのiPhoneを紹介します。

コスパで選ぶおすすめのiPhoneは、キャリアの販売価格によって大きく変化します!

基本的にApple Storeは新型iPhoneが発表されたタイミングのみでしか価格の改定がありません。

App Storeでは安くなった型落ちモデルでも、最新モデルとの価格差があまり大きくなりので、型落ちモデルのコスパがイマイチです。

一方でキャリアはタイミングによっては一つ前のモデルが大幅に安く使えるようになり、一つ前のモデルのコスパがかなり良くなることがあります。

コスパの良いiPhoneは大手キャリアで購入するのがおすすめです。

今買うならiPhone 14がおすすめ

今から買うなら大幅に安くなっているiPhone 14がおすすめです。

Apple StoreだとiPhone 15との価格差が少なく、あまりコスパが良いとは思わないですが、キャリアで購入サポートを利用すると大幅に安く使えるようになります。

キャリアの購入サポートを利用してiPhone 14を使う場合はかなりコスパが良いです!

参考に記事更新時点のドコモオンラインショップの価格を比較すると以下の通り。

機種iPhone 15 128GBiPhone 14 128GB
価格149,490円124,465円
負担額75,570円
(3,285円×23回)
22,033円
(957円×23回)
機種変更の場合の価格を比較
負担額は23ヶ月目に機種を返却した場合

23ヶ月使用した場合の価格差が53,537円もiPhone 14の方が安いです!

iPhone 15とiPhone 14の違いで、この価格差であればiPhone 14はかなりコスパが良いです。

まつりくん
まつりくん

iPhone 14も十分高性能なのでこの価格ならコスパ最強と言えます!

参考にiPhone 15とiPhone 14の大きく変わる違いだけを表にまとめると以下の通り。

iPhone 15iPhone 14
2023年発売2022年発売
Dynamic Island搭載
なし
A16 BionicA15 Bionic
4800万画素広角カメラ1200万画素
0.5倍・1倍・2倍ズーム0.5倍・1倍ズーム
USB-CコネクタLightningコネクタ
ピーク輝度2,000ニト
明るいディスプレイ
ピーク輝度1,200ニト
ビデオ再生最大20時間最大20時間
124,800円〜
※iPhone 15発売時の
Apple Storeの価格
112,800円〜
※iPhone 15発売時の
Apple Storeの価格
iPhone 15と14の大きく違いところだけをまとめた比較表

iPhone 14のコスパがかなり良くなっているのでぜひチェックしてください。

iPhone 14はどこが安い?価格の比較と安く買う方法を紹介 iPhone 15とiPhone 14の違いを比較!どっちがおすすめなのかを解説

iPhoneは2年に1回一つ前のモデルを買うのがおすすめ

コスパの良いiPhoneはiPhone 14以外にもiPhone 13やiPhone SE(第3世代)があります。

しかし、2年に1回一つ前のモデルを買うのが一番コスパが良いので、その方法と比べるとどうしてもコスパが悪く感じてしまいます。

例えば、価格の安いiPhone SE(第3世代)を4年使うと考えた場合で比較すると以下の通り。

機種iPhone 14
128GB
iPhone SE(第3世代)
64GB
一括価格124,465円62,800円
負担額22,033円
(957円×23回)
4年使うとして
約1,308円×48回
iPhone 14の負担額は23ヶ月目に機種を返却した場合

節約重視で価格の安いiPhone SE(第4世代)を4年使うより、iPhone 14をキャリアで購入サポートを利用して使用する方が安く使えます。

不確定ですが、iPhone 14を返却する2年後も一つ前のモデルを買うと、同じぐらいの負担感で使用できると思います。

iPhone SEとiPhone 14だとカメラ性能など大きく変わるので、絶対にiPhone 14をキャリアで購入サポートを利用して使う方がコスパが良いです。

まつりくん
まつりくん

安い機種を長く使うより、優秀な型落ちを2年使う方が月々の負担を安くすることができます。

iPhone 14とiPhone SE 3の違いを比較!選ぶならどちらがおすすめ?

iPhoneのコスパは買い方で決まる

この記事ではコスパの良いiPhoneについて紹介しました。

2024年2月時点のコスパの良いiPhoneをまとめると以下の通りです。

コスパの良いiPhone
  • iPhone 14
  • iPhone 13
  • iPhone SE(第3世代)

しかし、iPhoneは購入方法によって実際に必要な金額が大きく変わります。

Apple StoreやAmazonで一括購入する場合は定価と性能だけを気にすると良いですが、キャリアだと推されている機種が極端に安く使えます。

今だとiPhone 14が1番コスパが良く、一番価格が安いはずのiPhone SE(第3世代)とほぼ同じ費用で使えるという逆転現象に近い状態です。

安い機種を使うよりも、購入サポートを使って返却しながら使う方が結果的にコスパ良く使えるので、よろしければ購入方法をよく検討してください。

まつりくん
まつりくん

iPhoneのコスパは買い方で決まります!

今はキャリアでiPhone 14を購入サポートを使って利用するのが一番コスパが良いです!

よろしければ参考にしてください。

iPhone 14はどこが安い?価格の比較と安く買う方法を紹介

以上。「コスパで選ぶおすすめのiPhone!コスパ最強はどの機種?」でした。

【2024年最新】iPhoneを買うならどれ?おすすめ機種の選び方と違いを比較 【2024年最新】iPhoneはどこで買うのが安い?お得に買える購入方法まとめ iPhoneの買い替えはいつがお得?ベストなタイミングと寿命まとめ 【2024年最新】iPhoneの一番安い機種はどれ?安く買うなら型落ちモデル断然お得 安いiPhoneと高いiPhoneの違いは何?変わることを解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です