iPhoneの買い替えはいつがお得?ベストなタイミングと寿命まとめ

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

格安SIMの登場でスマホの『2年周期で買い替える』という常識が薄れつつある今。

一体いつが買い替え時なのか気になりますよね。

今回はiPhoneを買い替えるのに適したタイミングと寿命をまとめます。興味のある方はぜひご覧ください!

iPhoneの寿命いつなのか

f:id:maturikun:20180321114825j:plain

買い替えるにあたって今使っているiPhoneの寿命を知ることは大切です。

実は寿命についてApple公式に発表してくれています。これをまとめると以下のように書かれています。

  • 1人目の所有者を基準にした使用年数は、iOSまたはwatchOSを搭載したデバイスは3年
  • ほとんどのApple製品は耐用年数が3年よりも大幅に長い
  • 定期的なソフトウェアアップデートによって常に最新の状態に保たれる

このように書かれています。つまりApple公式のiPhoneの寿命は3年だけど、ほとんどが3年よりも長く使えるということです。

詳しくはApple公式ページに記載されています。

www.apple.com

寿命とは?

一体何を持って寿命というのでしょうか。これが定まらないと寿命がわからないですよね。

使えなくなるというのを寿命と捉えるなら6年以上前に購入したiPhone 4はまだ動かすことはできます。しかし、日常生活にで使うには動作速度などの問題でほぼ使うことはできません。

このようにiPhoneにとって寿命が何なのかをまとめます。

  • 最新のOSにアップデートできない
  • ストレスを感じるほど動作が遅い
  • バッテリーの不調で起動してもすぐ切れる
  • 使っているアプリが使えなくなる

このような状態となれば動かすことができても寿命と判断して良いのではないでしょうか。

一番わかりやすい目安としては最新のOSにアップデートできないというです。こうなると完全にAppleからも見放されたと捉えるべきで、買い替えを強くおすすめします。

また、生活必需品として一面もあるiPhoneでストレスを感じるほど動作が遅いのであれば、潔く買い替えるのをおすすめします。

バッテリーはバッテリーのみを買い替えることもできますが、使っているiPhoneが古いのであれば先のことを考えて買い替えるのが良いでしょう。

実際の寿命はどれくらい?

公式の寿命は3年となっていますが、実際はそれ以上使えることがほとんどです。ではどれくらいストレスなく使えるのでしょうか。

まず最新のOSである『iOS 11』をインストールすることができあるiPhoneで最も古いのが『iPhone 5S』です。

iPhone 5Sは2013年9月に発売されており、iOS 11が登場したのが2017年9月なので4年前の機種までがサポートされていることになります。

最新のOSがインストールできないのを寿命と考えるなら、おそらくiPhone 5Sは次のOSアップデートで最新版がインストールできなくなると思われるので、実質5年間使えたということになります。

次にストレスなく使えるというのを寿命だと考えると、iPhoneの寿命は4年だと私は思います。

今使っているiPhone 6 Plusが現在4年目ですが、流石にアプリの起動時間などで、もたつきを感じることが多くなりました。バッテリー面に関しても明らかに持ちが悪くなっており、次の新iPhone発売に合わせて買い替えないとストレス面でかなりきついです。

ストレスなく使えるというのは、個人によって見方がかなり変わると思いますが、毎日使うモノなのでそこまでケチケチして使いたくないと考えるのであれば、4年というのが寿命の目安となるかと思います。

以上を踏まえてiPhoneの寿命は4年と考えます!

なかには5年以上使っている強者もいますが、iPhoneを毎日使っている方やゲームをする方などは4年が寿命と考えるのが良いかと思います。

iPhone買い替えのベストな時期

f:id:maturikun:20180129211303j:plain

「買い替える時期はいつがお得?」ということですがiPhoneのベストの買い方には2通りのパターンがあります。

それは『最新機種が良い人向け』と『旧モデルでも良い人向け』です。それぞれのパターンを紹介します。

最新機種を選びたい人

毎年新しいiPhoneが発売される時期はほぼ決まっており『9月』です。

Apple製品全てに共通することなのですが、Apple製品は発売から数ヶ月後に買っても、発売された直後に買っても値段の変動がほぼありません。

なので新製品を購入する場合は発売直後に買うのが一番長く使えて一番お得なのです!もちろん正規販売ルートに限ります。

旧モデルでも良い人

値下げがないのが特徴的なApple製品ですが、新製品が発売された直後に旧モデルの値下げが行われます。

iPhone 8が発売された時にiPhone 7は一律11,000円の値下げが行われました。価格表は以下の通りです。

モデル

旧価格

新価格

iPhone 7(32GB)

7万2800円

6万1800円

iPhone 7(128GB)

8万3800円

7万2800円

iPhone 7(256GB)

9万4800円

iPhone 7 Plus(32GB)

8万5800円

7万4800円

iPhone 7 Plus(128GB)

9万6800円

8万5800円

このようにかなり新モデルが発売されれば旧モデルはかなりお得に購入することができ、1世代前ぐらいだと性能面でストレスを感じることもないので、安く買いたい方にはおすすめです。

どちらにせよベストな買い替え時期は新しいiPhoneが発売された直後ということです。

iPhone買い替えはいつがお得?

f:id:maturikun:20180109200747j:plain

次に「買い替えはいつがお得?」ということですが、大手キャリアで契約している方は2年サイクルで買い替えている人が多いのではないでしょうか。

少し前までキャリア契約の場合は2年サイクルで買い替えるのが、割引や今まで使っていたiPhoneの下取り割引で、お得に買い替えることができていたのですが、今はそうではありません。

現在は2年で買い替えても大幅な割引やキャッシュバックがありませんので2年サイクルで買い替えというのは得策ではありません。

機種代0円の時代はもう終わったのです!!

たしかに割引サポートは2年であることが多いので、割引面で考えると2年で買い替えるのが良いのかもしれません。

しかし昔のように割引だけで端末代金が0円になることはないので、買い替えるほど割引で賄えなかった端末代を払う必要があります。

まぁ、ここは少し難しい部分で、最新機種を使っていればその分下取り価格は高いし、最新機種が使えるということでお得と考える意見もあります。

結局は自分の考え方によって『何がお得か?』という部分が変わってくるのですが、単純に安く済ませたいと思うのであれば『長く大事に使う』につきます。

本当に安く使うのであれば格安SIMで『3年以上(できれば4年)』使うのが最もお得に快適に使うことができます!

ただし電話をかけることが多い人はキャリア契約の方がお得な場合があります。

なぜ格安シムがおすすめなのか?

格安SIMをおすすめする理由は料金体系が非常にシンプルで安いからです。

キャリアの料金体系は複雑でかなりわかりにくく。かといってお得かと言えばそうではありません。更新期間以外は解約ができず、それ以外の期間に解約すると多額の違約金が発生します。

格安SIMは単純に通信料をだけを払うというイメージでどこで買っても価格が変わらないiPhoneに適しています。違約金も最低使用期間のみ使用すればいつ辞めても違約金が発生しません。※念のため契約内容をよく確認してください

使い方も簡単で格安SIMを使う場合はAppleストアでSIMフリーのiPhoneを購入して契約した格安シム会社のSIMカードを挿すだけで使えるようになります。

また通信回線は大手キャリアの通信回線を使うので通信も安定していますし、圏外になる場所も大手キャリアと同じです。

スマホはパソコンと同じと考える

iPhoneの買い替えについておすすめの考え方なのですが、スマホをパソコンと思えば格安SIMの魅力や買い替え時期が見えてきます。

例えば、パソコンは頻繁に買い替えるものではないですよね?スマホはパソコンと同じぐらいの価格がしますし、使い方も大きく変わりません。

パソコンでネットをするのにネット回線の契約が必要ですが、ネット会社にパソコンの端末代を払うことはないですよね。

格安SIMも同じ感覚で、AppleストアでiPhoneを買って、通信会社(格安SIM会社)を決めるだけです。

端末代の支払いがあるからこそ料金体系は面倒になるので、格安SIMだと損得の計算がしやすく、スマホはパソコンを買う感覚と割り切ってしまえば『数年で1回の買い替えで良い』というのもわかるかなと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

  • 寿命の目安は4年(Apple公式は3年)
  • 買い替え時期は新iPhone発売がベスト
  • お得な使い方は格安SIMで3年以上

今回の記事の内容をまとめるとこのような感じになります。

あまり意識しないかもしれませんがiPhoneは高い買い物で、パソコンのような高価なモノです。

それを踏まえた上で買い替え時期や使い方を考えると自然と自分にあったお得な使い方が見えてきます。

以上。この記事が参考になれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です