iPhone 13発売日・スペックまとめ 

iPhone 13 Proのカメラの実力は?夜に撮り歩いた写真を紹介

2021年9月に発売されたiPhone 13 Proはカメラの光学性能も大幅に向上。

これまではナイトモードなどソフトウェアを中心とした進化でしたが、iPhone 13 Proでは広角カメラのセンサーサイズが大きくなるなど、実際のカメラ性能も大きくアップしています。

僕はカメラが好きで、その中でもいつでも持ち歩いているiPhoneのカメラ性能には大きく期待しています。

ここ最近は毎年一眼カメラとiPhoneで撮った写真を比較していましたが、今回はiPhone 13 Proは純粋に満足できる画質なのかを撮り歩いてみましたので、この記事で紹介します。

iPhone 13 Proで撮れる写真はどんな感じなのか、気になっている方の参考になればと思います。

宜しければチェックしてみてください。

iPhone 13 Proのカメラ性能と機能

まずはiPhone 13 Proのカメラ性能と機能について紹介します。

iPhone 13 mini / 13iPhone 13 Pro / 13 Pro Max
カメラデュアルカメラトリプルカメラ
超広角レンズ
・F値
・画素数
F2.4
1200万画素
F1.8
1200万画素
広角レンズ
・F値
・画素数

F1.6
1200万画素
F1.5
1200万画素
望遠レンズ
・F値
・画素数

F2.8
1200万画素
LiDARスキャナ搭載
光学ズーム2倍ズームアウト望遠:3倍
6倍のズームレンジ
デジタルズーム5倍15倍
手ブレ補正センサーシフト光学式(広角)センサーシフト光学式(広角)
デュアル光学式(広角・望遠)
機能スマートHDR 4
ポートレートモード
スマートHDR 4
ナイトポートレート
ポートレートモード
マクロ撮影
Apple ProRAW
動画4K
シネマテックモード
Dolby Vision対応
HDRビデオ撮影
(最大60fps)
4K
シネマテックモード
Dolby Vision対応
HDRビデオ撮影
(最大60fps)

カメラ性能と機能を表にまとめるとこんな感じ。

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxはカメラ性能が異なっていましたが、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxは同じカメラ性能です。

主なポイントをより詳しく紹介していきます。

3つの画角を使い分けることができる

iPhone 13 Proは従来のProモデルと同様に超広角、広角、望遠の3つのカメラが搭載されており、3つの画角を使い分けることができます。

そして、これまでと違うのは望遠カメラが光学3倍となっており、これまでよりも遠くの被写体を撮ることが可能になっています。

ただし、光学3倍は近距離では扱いにくく、ポートレートモードなどで不便になった部分もあります。

超広角カメラが進化しマクロ撮影が可能に

iPhone 13 Proは望遠カメラだけでなく、超広角カメラも進化しており歴代のiPhoneで初めてマクロ撮影に対応しました。

iPhone 13 Proのマクロ写真は一眼カメラのマクロレンズで撮った写真と比べると大きな差があるので、

どちらかというと記録写真的な画質ですが、遂に超広角カメラも進化したというのが大きなポイントです。

その他超広角レンズはF2.4→F1.8とこれまでより明るくなっており、暗い場所ではすぐにノイズが出ていた超広角カメラも光学性能がアップしています。

広角カメラが大幅に性能アップ

iPhoneで一眼カメラのように綺麗な写真を撮りたい場合は、やはり広角カメラ一択です!

どうしても画質を重視する場合は、超広角カメラや望遠カメラは無いよりはマシというレベルの画質になります。

iPhone 13 Proの広角カメラは従来より明るいレンズになり、センサーサイズもアップし一眼カメラの代わりとして使っても良いと思える画質の写真が撮れるようになりました。

MEMO

iPhone 13 Proの広角カメラ(標準カメラ)

  • レンズ:f/1.5
  • センサー:1.9μm

最初は超広角カメラや望遠カメラも嬉しくて使いますが、次第に広角カメラしか使わなくなります。

それぐらいに超広角や望遠カメラと、広角カメラの画質差は大きいです。

この記事では広角カメラで撮った写真を紹介していきます。

iPhoneを予約する

オンラインは手数料が無料

5G WELCOME割で最大22,000円割引

オンラインは待ち時間なし

おトク割で最大22,000円割引

オンラインなら手数料が無料

web割で最大22,000円割引

楽天モバイルはこちら

キャリアで1番安く買えます

iPhone 13 Proで夜に撮り歩いた写真

それではiPhone 13 Proを使って撮り歩いた写真を紹介していきます。

人によって撮りたい写真は違うと思うので、一応僕が撮りたい写真やカメラに求めることをまとめると以下の通り。

  • 都会的な夜景を綺麗に撮りたい
  • 白トビが少ない写真を撮りたい
  • 軽快に動けてストレスなく撮りたい

どちらかというと風景的な写真が好きなので、あまりボケ感のある写真には興味がないです。

ボケ感のある写真を撮りたい場合は流石に一眼カメラには敵わないですが、風景であればiPhone 13 proで十分満足できる写真が撮れると撮り歩いてみて確信しました。

編集なしの写真を紹介

まずは編集をしていない写真を紹介していきます。

1枚目は比較的明るい場所の写真ですが、明暗差があるのでカメラによって白トビする可能性があるシーンです。

iPhone 13 Proは白トビなく綺麗に写せていますし、暗くなっている部分のノイズも少ないです。

2枚目は更に白トビしそうな場所で撮ってみましたが、看板一つ一つをしっかりと読み取ることができます。

一眼カメラでも編集なしでは白トビしてしまうシーンだと思うので、やはりiPhoneのスマートHDR機能は凄いです。

ただシャッターボタンを押すだけで一瞬で仕上がった写真になるのはiPhoneの大きな強みだと思います。

3枚目は旅行に行くと必ず撮りたくなるようなシンボル的建造物ですが、いかがでしょう。

ポケットに収まるサイズで、カメラ以外の用途がメインであるiPhoneでここまで綺麗な写真が撮れればもう十分ではないでしょうか。

昼間はそもそも一眼カメラもiPhoneも風景写真は大きな差がないので、背景をボカしたいなどのシネマティックな写真を望まない場合はiPhone 13 Proだけで旅行の思い出は大丈夫と言えます。

編集した写真を紹介

iPhoneの場合は瞬時にソフトが綺麗に見えるように編集してくれるので、編集しなくても見たままに近い写真を残すことができますが、

やはり目を引くような派手な写真にする為には編集は必須です。

iPhone 13 Proだと「Apple ProRAW」に対応しているので、カラーやホワイトバランスをより細かく調整することができます。

続いて編集を行なった写真を紹介していきます。

まずはこちらから!

この写真が撮れたのでiPhone 13 Proのカメラで十分だと思えるようになりました。

少し編集を加えるだけで夜の写真だとは思えないぐらい解像度が良くなります。

iPhone 13 Proはより明るくなったレンズと、大きくなったセンサーで光を取り込める量がアップしているので、従来よりも暗い場所で必要なナイトモードの時間が減っています。

サッと撮れてノイズが少ない綺麗な写真を撮ることができ、さらにサッと編集するだけでここまで満足できる写真が撮れるとなると、本当に重たい一眼カメラを持っていく必要がありません。

続いてはこちら。

こちらも比較的周りにライトが多いので普通の夜景写真と比べると明るいですが、それでもiPhone 13 Proの写真はよく撮れています。

続いてこちらの写真はより幻想的にする為に敢えて明暗差をつけました。

iPhoneはスマートHDRによって明暗差がない写真を撮れるのが魅力ですが、被写体によっては少し単調な写真になってしまいます。

どれを撮っても同じような写真になるのでiPhoneのカメラは楽しくないと感じる方もいるかもしれませんが、

編集することでその時に自分が感じたイメージに近づけることが可能です。

以前はiPhoneで撮った写真をわざわざ編集するのは面倒だと思っていましたが、iPhone 13 Proで撮った写真は一眼カメラで撮った写真同様に後から編集するのも楽しめます。

iPhone 13 Proのカメラに弱点はある?

一眼カメラユーザーから見てiPhone 13 Proのカメラはどんな弱点があるのかも紹介します。

弱点
  • 満足できる画質が撮れるのは広角カメラのみ
  • レンズ交換はできない
  • 背景をボカすのは少し不満足

iPhone 13 Proのカメラの弱点をまとめました。

一眼カメラとiPhoneはどっちが良いというのではなく、使い分けることでよりカメラ生活を楽しめます。

iPhone 13 Proの画質は大きく向上しており、暗い場所でもナイトモードなどを使えるので、場所によっては一眼カメラより夜の写真に強いです。

ただし、iPhone 13 Proはレンズ交換をすることができず、超広角カメラや望遠カメラでは本当に満足できる画質は得られません。

その為どうしても同じ画角の単調な写真ばかりになってしまいます。

この写真も本当はもう少し広く撮りたい。

また、ポートレートモードがありますが本物のボケには敵わないので、一眼カメラにはiPhoneの広角カメラで補えない画角や、明るさのレンズを付けるのが良いかなと思います。

一眼レフカメラの携帯性の悪さをiPhoneで補いiPhoneでは撮れない画角やボケの写真が撮りたい時は一眼カメラを持ち出すというのが現時点の最適解だと思いました。

まとめ

左:iPhone 12 Pro Max、右:iPhone 13 Pro

この記事ではiPhone 13 Proのカメラで撮った写真等について紹介しました。

iPhone 13 Proのカメラは前モデルと比べると驚くほど大きくなっているのがわかります。

やはりカメラはセンサーサイズが大きいのがダイレクトに画質の良さに繋がります!

センサーサイズが大きくなったiPhone 13 Proは気持ち的にも使っていて嬉しいですし、今後もさらにセンサーサイズが大きいiPhoneが登場することに期待したいです。

僕自身、外出先での動画はほぼiPhoneで撮るようになりましたし、写真もiPhoneで撮影することが増えました。

もちろん一眼カメラの方が素晴らしいところも多いですが、iPhoneも一つのカメラとして活躍しています。

iPhone 13 Proを普通のカメラとして使えるのかどうか気になっている方はぜひ参考にしてください。

iPhoneを予約する

オンラインは手数料が無料

5G WELCOME割で最大22,000円割引

オンラインは待ち時間なし

おトク割で最大22,000円割引

オンラインなら手数料が無料

web割で最大22,000円割引

楽天モバイルはこちら

キャリアで1番安く買えます

以上。「iPhone 13 Proのカメラの実力は?夜に撮り歩いた写真を紹介」でした。

どっちが綺麗に撮れる?iPhone 12 Proとミラーレス一眼カメラを比較してみた 【カメラ】iPhone 11 Proとミラーレス一眼を比較!実際に撮った写真の差は? 一眼レフカメラに勝てる!?iPhone XS/XS Maxカメラ性能比較 iPhoneに望遠カメラは必要か?Proモデルを長年使った感想を紹介 iPhone 13、13Pro 、12、SEのカメラ性能を比較!カメラと価格で選ぶなら13がおすすめ iPhone 13 Proレビュー!カメラが大きく進化したProモデルの評価と口コミまとめ 【2022年最新】iPhoneを買うならどの機種がおすすめ?性能・サイズ・価格を徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。