新型iPhoneの情報 

iOS 15.4でマスクをしていてもiPhoneのFace IDが使える!設定方法を解説

リリース時期は未定ですがiOS 15.4ではマスクをしていてもFace IDが使える新機能が追加される可能性があります。

これによって、Apple Watchがなくてもマスクを付けた状態でFace IDを使うことが可能に!

更に現在はApple Watchを付けていてもiPhoneのロック解除にしか使えず、iCloudキーチェーンを使うときはパスコードの入力が必要でしたが、

新たにリリースされるFace IDではマスクを付けた状態でも全てのFace ID機能が使えます。

この記事ではiOS 15.4で実装される可能性がある新機能と設定方法について紹介します。

よろしければ参考にしてください。

マスクをしていても使えるFace IDの詳細

まずはこの期待できる新機能の詳細について紹介します。

iOS 15.4のベータ版はマスクを付けたまま使えるFace IDが実装されており、キーチェーンやApple Payなど様々な認証時にマスクを付けた状態でFace IDが使えるようになっています。

新しくなるFace IDでは目元周りの特徴を読み取ることで実現したとのこと。

気になるリリース日は現在のところ未定ですが、もうすぐマスクを付けた状態でもFace IDが使えるようになりそうです。

ポイント
  • Apple Watchは不要
  • マスクを付けた状態で全てのFace ID機能が使える
  • リリース日は未定
  • 対応機種はiPhone 12以降
  • メガネ着用時の設定もあり

現在は開発者向けのベータ版となっているので一般ユーザーが使用することはできませんが、完成度が高いとのことなので近日中に正式にリリースされると思われます。

今まではマスクを付けた状態でFace IDを使用するにはApple Watchが必要で、しかもApple Watchがあっても制約が多かったので、ようやくFace IDの不便さが解消されるということになりそうです。

また、Face IDが不便なので新型のiPhoneにはTouch IDの搭載する声が大きかったですが、この機能があればTouch IDも不要になりそうです。

iPhone 14はいつ発売?新機能・スペック・デザインなど最新情報まとめ

マスクを付けた状態でFace IDを使う設定方法

設定方法については正式版がリリースされ次第追記します。

おそらく設定アプリからFace IDとパスコードの項目へアクセスし設定をすると使えるようになると思います。

まとめ

この記事ではマスクを付けた状態でもFace IDが使える新機能について解説しました。

常にマスクを付けている状態だとFace IDは本当に不便で、これまでにも何度か改善されてきましたが、遂に完全解決となる機能になりそうです。

マスクをつけたままApple WatchでiPhoneのロックを解除する方法!できない時の対処法も解説

まだ実際に使用できていないのでどれぐらいの精度なのかや、本当にメガネを付けていてもしっかりと認証できるかなど気になる点はありますが楽しみに待ちたいと思います。

また詳細が分かり次第この記事を更新しますので、とりあえず楽しみに待ちましょう!

以上。「iOS 15.4でマスクをしていてもiPhoneのFace IDが使える!設定方法を解説」でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。