どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

安く持つ方法!中学生・高校生におすすめのiPhoneを徹底解説

スマホはiPhoneじゃないと嫌!

カメラが綺麗で、ゲームやアプリがサクサク動かないとダメ!

その気持ちよくわかります。

しかし、親の立場からするとiPhoneは高いイメージがあるし、高いスマホは持たせられないという気持ちもよくわかります。

この記事ではiPhoneブロガーの僕が安く使えるおすすめのiPhoneを紹介します。

学生の方でiPhoneを持ちたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

iPhoneが高かったのは昔の話

iPhoneと言っても様々な種類があり、全てのiPhoneが高いという訳ではありません。

また最近はAppleの方針によって、低価格ながら性能が優れているiPhoneが多く登場。

昔は高いイメージのあったiPhoneですが、今はコスパが良いスマホはiPhoneと言える時代になっています。

もちろん価格の高い高級志向のiPhoneがあるのは事実ですが、価格が安くても写真が綺麗に撮れて、快適に使えるiPhoneもあります。

ポイント
  • 今のiPhoneは高くない
  • 料金を抑えたい学生にもiPhoneはおすすめ
  • iPhoneは安く使える方法が多い
まつりくん
中高生にもiPhoneはおすすめできます

中学生・高校生におすすめのiPhone

それでは早速、中学生と高校生におすすめのiPhoneを紹介します。

おすすめの機種はズバリ2機種です。

とにかく安く持つならiPhone SE

とにかく安いiPhoneが欲しいという方は「iPhone SE(第2世代)」がおすすめです。

価格は44,800円とAndroidスマホと比較しても安い部類に入るスマホで、安いにも関わらず価格が高いスマホと同じ性能があります。

カメラはシングルカメラですが高画質な写真を撮ることができるので、写真もゲームも満足に楽しみたい学生にもおすすめ。

親目線でも本体価格が安いので、毎月の支払い料金がかなり安く済みます。

iPhone SEのポイント

  • 安いiPhoneが欲しい方におすすめ
  • コンパクトで薄いので持ちやすい
  • 防水・Suicaに対応
  • スマホとして十分なCPUスペック
  • iPhone 11と同じCPU搭載

もっと安いスマホはありますが性能が悪くて後でぐちぐち言われるよりも、iPhone SEを買った方が間違いなくコスパがよく、長く使うことができます。

iPhoneであればセキュリティもしっかりしており、もし親がiPhoneを使っているのであればデータ転送などの連携機能も便利です。

子供がiPhoneが欲しいと言っているのであれば、間違いなくiPhone SEがおすすめです。

少し良いスマホを持つならiPhone 11がおすすめ

いやいや、流石にもっと良いiPhoneが欲しい!と思う場合もありますよね。

学生が最もスマホを使う時間が長いと言っても過言ではなく、遊び目的だけでなく勉強に使えるのもiPhoneの魅力だったりします。

ということで、もう少し良いiPhoneが欲しいという方や、少し予算に余裕がある方はiPhone 11がおすすめ。

先ほどのiPhone SEと比較すると価格が約3万円高くなりますが、画面サイズが大きく顔認証に対応。カメラも超広角カメラが加わります。

iPhone 11のポイント

  • 超広角カメラ搭載
  • iPhone 11 Proと同じCPU
  • 最新のカメラ機能が全て使えて高画質
  • 価格が安くコスパ抜群
  • 画面サイズが少し大きいのがデメリット

iPhone 11は価格と性能を両立したiPhoneでカラーの選択肢も多く、画面サイズが大きいベゼルレスデザインが特徴。

iPhone SEは2020年4月に発売されたばかりですが、旧型感があるのでデザインに敏感な学生だと少し嫌だと感じるかもしれません。

そういう場合にもiPhone 11を選ぶのが良いですね。ちなみにiPhone 11はスマホの中では中間位置ぐらいの価格です。

MEMO

iPhoneの機種について詳しく知りたい方はこちら!

iPhoneのおすすめ機種を紹介!性能・サイズ・価格を徹底比較

学生必見!iPhoneを安く持つ方法

ここまで中学生・高校生におすすめのiPhone機種について紹介しましたが、iPhoneを安く持つためにはどこで買うのかも重要になります。

特に学生の場合は親と同じ携帯会社を使うことになると思うので、どこで契約するのかを含めて購入方法が大切です。

キャリアで購入するならオンラインショップ

どうせ格安SIMを勧めるんでしょ?と感じた方もいると思いますが、そうではありません。

確かに突き詰めて行けば格安SIMの料金の方が安いですが、家族割をうまく使えば大手キャリアの方がコスパが良い場合も多いです。

そして大手キャリアで購入する場合は各キャリアのオンラインショップを利用するのがおすすめです。

オンラインのメリット
  • 分割支払い時の頭金が無料
  • 手数料が必要ない
  • 待ち時間が必要ない
  • 24時間注文できる
  • プランの内容を確認してじっくり決められる
  • 分からないことはチェットで聞ける
  • オンライン限定のキャンペーンが開催されていることもある

オンラインショップの方が料金的にもお得で、長い待ち時間を待つ必要もありません。

注文後は自宅に直接届くので家から一歩も出ないで良いのも便利ですね。

プランの内容もわかりやすくまとめられているので、オンラインの方がメリットが多いです。

もし分からないことがあっても大手キャリアならサポーがしっかりしているので、困ることも少なく安心。

これからはオンラインで申し込むのが主流になると思います。

オンラインのメリットについての記事はこちら

ドコモの機種変更はオンラインショップがおすすめ!メリット・デメリットを徹底解説 auの機種変更はオンラインショップが安い!メリットとポイントを徹底解説 ソフトバンクはオンラインショップがお得?特徴・限定キャンペーンを紹介

公式オンラインショップはこちら

オンラインショップ限定のキャンペーンが開催されていることもあるので、ぜひ覗いてみてください。

カラーのチェックや料金のシミュレーションも簡単にできます。

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

関連各キャリアの料金プランについてはこちら

最新版!携帯三大キャリア安いのはどこ?料金プランを徹底比較【ドコモ ・au・ソフトバンク】

とことん安くするなら格安SIM

最新のiPhoneは格安SIMで購入することはできません。

しかし、iPhoneはApple Storeで簡単にSIMフリー版を購入することができます。

さらにキャリアで購入するよりもApple Storeで購入する方が安い!

先ほど紹介したiPhone SE(第2世代)で比較してみるとこんな感じ。

64GB128GB256GB
Apple Store44,800円49,800円60,800円
ドコモ57,042円62,568円75,240円
au55,270円61,250円75,215円
ソフトバンク57,600円64,080円78,480円

Apple Storeがかなり安いことがわかりますよね。

SIMフリーのiPhoneをApple Storeで購入して、格安SIM会社で使うのもお得です。

さらにドコモオンラインショップであればSIMカードのみの契約もできます。

出典:ドコモオンラインショップ

本体価格の安いiPhoneをApple Storeで購入して、SIMカードのみをドコモオンラインショップで契約することで、安く使うことが可能です。

キャリアで契約したいと思っている方もぜひ参考にしてください。

ちなみに格安SIMなど、通信量を安くしたい場合は以下の会社がおすすめです。

他にも通信会社はありますが通信速度が遅く、混雑時には本当に使えないレベルになることもあるので、大手キャリア以外の通信会社を選ぶ時は注意が必要です。

おすすめ通信会社

ドコモ、au、SoftBankを除いたおすすめ通信会社はこちら

【2020年最新】iPhoneはどこで買うのが安い?お得に買える購入方法まとめ

学生にiPhoneをおすすめする理由

最後に学生にiPhoneをおすすめする理由を紹介します。

先に結論をまとめるとこんな感じ。

おすすめする理由
  • ケースの種類が多い
  • iPhoneとiPhoneの連携が凄い
  • 必ず満足に使える性能
  • 色んな意味でできることが多い
  • 充電器に困らない
  • 安い周辺機器が多い

特にポイントとなることを詳しく紹介します。

iPhoneはケースの種類が多い

学生の時は特にスマホのケースにこだわりますよね。

Androidは機種が多い分ケースの種類が限られてしまいますが、使っているユーザーが圧倒的に多いiPhoneはどのモデルもケースの種類がかなり多いです。

オリジナリティを出したい方や、自転車などでの移動が多い学生はケースが必須。

iPhoneは学生にピッタリと言えます。

Apple製品同士の連携が良い

iPhoneとiPhoneであれば動画も写真も無圧縮で簡単にデータのやりとりができます。

LINEなどでもデータのやりとりができますが、圧縮されたり時間が掛かったり、データ通信容量が減ってしまったりと特に動画を転送するのは敷居が高いです。

iPhoneならAirDropという機能を使って簡単にデータを転送できるので、友達や家族もiPhoneを使っているとかなり便利です!

必ず満足できる性能

Androidスマホは2万円台の超低価格スマホもありますが、実際に使ってみないと使い勝手は分かりません。

安いというだけでスマホを買って後で動作が遅くてストレスが溜まったり、綺麗な写真が撮れないと辛いですよね。

iPhoneであれば安い機種でも一定レベル以上の性能は確実にあるので失敗がありません。

まつりくん
後で文句を言っても買い直せないので、最初からiPhoneを買う方が安心です。

iPhoneはできることが多い

iPhoneはとにかく使っている人が多いので分からないこともすぐに解決できるメリットがあります。

さらに話題のアプリや、必要なアプリもiPhoneが対応していないということはほぼないです。

日本はとにかくiPhoneのシェア率が高いので汎用性を考えてもiPhoneがおすすめです!

まつりくん
学生だと友達に便利なアプリを教えてもらえたり、同じ写真加工アプリを使えるのも良いですね。

iPhoneは充電器や周辺機器に困らない

iPhoneは安い周辺機器も多く、充電がなくなっても友達から充電ケーブルを借りれることも多いです。

これも使っている人が多いiPhoneならではのメリット。

便利なアクセサリーも多いので本当にiPhoneを選んでおくと間違いないです。

学生におすすめのiPhoneまとめ

この記事では学生におすすめのiPhoneを紹介しました。

学生の方は親にiPhoneを買ってもらえるようにする為の参考資料として、親の方はiPhoneのコスパが良いことを知って頂けると幸いです。

それでは楽しいiPhoneをライフを送ってください!

以上。「安く持つ方法!中学生・高校生におすすめのiPhoneを徹底解説」でした

ドコモのおすすめスマホはこちら

【2020年最新】ドコモおすすめスマホランキング!今買うべきスマホを性能・価格で徹底比較

auのおすすめスマホはこちら

【2020年最新】auの機種変更おすすめスマホランキング!性能・価格を徹底比較

AndroidとiPhoneの違いについて

どっちが良い?AndroidスマホよりiPhoneをおすすめする理由と比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。