どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

Apple純正MagSafe対応シリコンケースレビュー!質感と満足度はかなり高い

iPhone 12シリーズは久しぶりにデザインが大きく変わったのと、MagSafeという磁力を使ったアクセサリーに対応。

Apple純正のシリコンケースも「MagSafe対応」というのがいつもと違うポイントです。

この記事ではiPhone 12iPhone 12 Proに対応したApple純正シリコンケースをレビューします!

Apple MagSafe対応シリコンケースの特徴

僕はApple純正のケースを初めて購入したのですが、高級感に驚きました。

シリコンケースは100円ショップにも売っているので、高級感とは程遠いイメージがありましたが、さすがAppleさん。

なんとも言えない滑らかな肌触りが特徴的で、シリコンケースとは思えない満足感があります。

特徴
  • Appleマークが付いている
  • MagSafeに対応しているのでケースを付けたままMagSafe充電器が使える
  • 裏面は柔らかなマイクロファイバーの裏地
  • 取り付け取り外しは普通
  • 絹のような柔らかな仕上げ

簡単な言い方になってしまいますが、やっぱ純正は凄い!本当にこの一言に付きます。

Apple MagSafe対応シリコンケースの良かったところ

続いてiPhone 12 Proにシリコンケースを付けて、しばらく使用した感想を紹介していきます。

僕はケースを付けずに使うタイプなので、数年ぶりにケースを付けての使用となりました。

ケースを付けると安心感がある

ケースを付けると重量が重くなりますし、本体サイズも大きくなるのであまり好きではありません。

しかし、ケースを付けると安心感が段違いだと感じました。

特にiPhone 12 Proはフレームがステンレスなので、傷がとにかく目立ちます。

使っている傷が付くのは気にならなくなるのですが、最初の新品状態から最初の傷が着くまではなんとなく大事に使ってしまいます。

ケースがあればそんな気遣いをする必要がないので安心感は大きいです。

マイクロファイバーの裏地でさらに安心

初めてApple純正のシリコンケースを使ったので、余計に驚いたのですがシリコンケースの裏側はマイクロファイバー素材となっています。

その高級感にも驚きましたが、優しい手触りでiPhoneをしっかりと保護できる感じが、さらに安心感を高められました。

やはり高いだけあって純正ケースは伊達じゃないです。

カメラが内側になるので平置きできる

iPhoneだけに限らず最近のスマホはカメラ部分が出っ張っています。

その為、机におくとカメラが机に当たりガタつきます。

iPhoneのカメラにはかなり強度のあるサファイアガラスが使われているので、傷の心配はしていませんが机に置いた時にガタガタするのは操作するときの邪魔になっていました。

このケースは僅かにカメラが内側になる絶妙の厚みなので、カメラの出っ張りを上手く保護することが可能。

カメラ部分が心配な方や、机の上でガタガタなるのが嫌な方に最適です。

触るのが楽しくなる手触りが良い

単純に僕がかなりのAppleファンだからという可能性もありますが、とにかくこのケースを付けるとiPhoneを触るのが楽しくなります。

他のシリコンケースとは明らかに違う質感・手触りの良さと、Apple純正という高い満足感がそのように感じさせているのだと思いますが、本当に良いです。

多少高くてもこのケースを買う価値は十分にあると感じました。

毎日長時間触るiPhoneだからこそ、触り心地が良いのは大事なポイントです。

画面が割れるのを防げるかも

このシリコンケースはiPhoneのガラス面より僅かに高くデザインされています。

その為、落とした場合も先にフレーム部分が接地するようになっているので、地面が平面の場合はディスプレイのガラスが地に付くことがありません。

実際に試すことはできませんが、落とした時に画面が割れるのを防げる確率が高まるかもしれません。

まぁほとんどがアスファルトの上で落として割れるので、地面が平面という場所の方が少ないのですが…

MagSafe充電器がケースを付けたまま使える

MagSafe対応となったこのシリコンケースは、ケース内部にもマグネットを内蔵しています。

その為、ケースを付けた状態でもMagSafe充電器を磁力を弱めることなく利用可能。

一見、ケースを付けると磁力が弱るように見えますが、変わらない使い方ができます。

MagSafeは通常のワイヤレス充電より速く充電できるという魅力もあるので、正しくMagSafeを使用したい場合はやはり純正のMagSafe対応ケースが安心です。

Apple MagSafe対応シリコンケースの気になったところ

ここまで良いところばかり紹介しましたが、やはり気になるところがあります。

おそらく僕はこれまで通りケースを外してiPhoneを使います。

サイズが大きくなる

ケースを付けるとサイズが大きくなるのは当然ですが、やはり持ちやすさを気にするとサイズが大きくなるのは気になります。

全く同じ厚みのiPhone 12とケースを入れたiPhone 12 Proの厚みは3mmほど分厚くなってしまいました。

厚みだけでなく、横幅も縦幅も4mmほど大きくなってしまうので、やはりiPhoneのスタイリッシュなデザインを損ねてしまいます。

重量もアップしてしまう

MagSafe対応の関係もあると思いますが、マグネットが内蔵されたケースは29gとまずまずの重さ。

重量は長時間使う時には大敵で、腕を疲れやすくしてしまいます。

ケースを使っていなかった人からすると、せっかくiPhone 12になって軽くなったけど、結局ケースを付けると今までのiPhoneとほぼ同じ重量になってしまいます。

スマホリングが付けられない

iPhoneを片手操作する上で必須なのがiRingなどのスマホリングです。

傷を防ぐという目的を除いて、iPhoneを保護する為に最も大切なのは落とさないということ。

ケースを付けるより、スマホリングを使う方が圧倒的に落下のリスクが少なくなります。

シリコンケースは素材上、スマホリングの使用は不向きで、実際に付けてみましたが付け心地がイマイチだったので外しました。

スマホリングも使いたい場合はプラスチックのクリアケースがおすすめです。

付け外しは今まで通り簡単ではない

MagSafe対応ケースが登場した時に最も期待したのが、マグネットによって取り付け、取り外しが簡単になるということでした。

Apple公式サイトの紹介ページにも「魔法のように簡単。」と記載されていたので、かなり期待していましたが、実際は今まで通り力を入れる必要があり、付け外しはこれまで通りという感じ。

マグネットで簡単に脱着可能と言うには程遠い感じです。

もし簡単にケースの付け外しができることに期待している方は、ケースの付け外しは通常のケースと同じと言う点に注意してください。

Apple純正MagSafe対応シリコンケースレビューまとめ

この記事ではApple純正MagSafe対応シリコンケースをレビューしました!

気になる点はいくつかありましたが、これはケースを付ける以上は仕方がない部分ばかりです。

普段からケースを使っていなかった為に気になるところは多かったですが、ケース自体の質感は流石の一言。

Appleが好きがなのであれば確実に満足します。

iPhoneは様々なケースを選べることが魅力の一つですが、一度は純正ケースを使ってみるのも良いと思います。

この記事が参考になると幸いです!

以上。「Apple純正MagSafe対応シリコンケースレビュー!質感と満足度はかなり高い」でした。

【結局どれが良い?】iPhoneにおすすめのガラスフィルムまとめ【厳選紹介】 何がある?iPhoneのMagSafe対応おすすめアクセサリーまとめ! 【2020最新】iPhoneをパワーアップ!おすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ iPhone 12 レビュー!完成度が高すぎるスタンダードモデルを実際に使った感想を紹介 【iPhone 12 Pro レビュー】カメラが更に進化!実際に使った評価と評判・口コミも紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。