どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

Apple純正iPhoneケースはシリコンとレザーどっちが良い?両方買って比較してみた

今まで一切ケースを付けずに使ってきましたが、Apple純正ケースが気になる使ってみることにしました。

ケースはただ分厚くしているだけで、割れる時は割れると思っていたのですが、Apple純正ケースはデザインがとにかく良いので、iPhoneをカスタマイズできる感覚に近いです。

そんなApple純正のiPhoneケースにもいくつか種類があり、気になったのが「シリコンケース」と「レザーケース」の2種類。

この記事では両方買って比較したのでどちらが良いかをまとめたいと思います。

Apple純正iPhoneケースのシリコンとレザーの特徴

Apple純正のiPhoneケースは価格は高いですが、他のケースとは全く違う高級感があります。

レザーはともかくとして、シリコンケースは安っぽいイメージがあったので、初めて手にした時はビックリしました。シリコン・レザーケース共に価格に見合った価値のあるケースです。

今回はiPhone 12シリーズ用のケースを購入したので、iPhone 12向けのケースで比較しています。

シリコンレザー
価格5,500円(税別)6,800円(税別)
カラープラム
ディープネイビー
クムカット
キプロスグリーン
ピンクシトラス
ホワイト
ブラック
レッド
バルティックブルー
カリフォルニアポピー
サドルブラウン
ブラック
レッド

価格はシリコンの方が1,300円安くなっておりカラーバリエーションも多いです。

この記事で紹介しているのはシリコンケースが「ホワイト」、レザーケースが「サドルブラウン」です。

ちなみにiPhone 12シリーズの純正ケースは「iPhone 12 mini」「iPhone 12 / 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の3種類があり、それぞれサイズが異なりますが価格は同じです。

サイズが小さいiPhone 12 miniが1番原価が安いはずなのですが、単純な価格設定ではないようです。

共通の特徴
  • パッケージは同じ
  • 背面にAppleマーク
  • MagSafeに対応
  • ワイヤレス充電に対応
  • 内側はマイクロファイバー素材
  • 出っ張っているカメラがケースの内側になり平置きできる
  • ケースの縁がディスプレイより高くなっている

シリコンケースとレザーケースは素材以外の機能的な違いはありません。

見た目と触り心地を除けば同様に使うことができます。

シリコンとレザーケースの外観を比較

続いて外観を比較していきます。

まず背面のデザインについてですが、シリコンケースはAppleマークがプリントになっていますが、レザーケースはAppleマークが刻印されています。

デザイン面はレザーの質感の方が高級感があり、やはりかっこいいですね。

手にした感じだと重量や厚みの違いはわかりません。

手触りの違いは、シリコンは滑らかでシリコン独特のキュッとなる感じはなく、肌触りが良いです。

レザーは財布などのレザーと比べると柔らかい感じでこちらも手触りがかなり良く、滑らない分レザーケースの方が持ちやすいと感じました。

ケース下部はシリコンケースがスピーカー、マイク部分に穴が開けられている形状に対して、レザーケースは丸々切り抜かれた形状。

シリコンケースの方が隙間が小さいので埃などの細かいゴミが溜まりにくいです。

レザーケースは使い始めて1週間ほどですがiPhone本体とケースの隙間のゴミが目立ちます。

音質に関しては違いは分からなかったので、ケースと本体の間にゴミが溜まるのが嫌な方はシリコンケースが良いです。

サイドのボタン部分についてですが、マナーモード切替スイッチ部分はどちらも穴が開いた加工で同じですが、ボタン部分は素材が異なります。

シリコンケースはケースと同様のシリコン素材ですが、レザーケースはアルミボタンとなっており高級感が段違いです。

ボタンの押しやすさに関してもシリコンケースは押し込んでいるという感じですが、レザーケースは押しているという感じで、レザーケースの方が格段に押しやすいです。

ボタンに関してはケース全体の素材の違いと同じぐらいのインパクトがあります。

裏面はどちらもこのようなマイクロファイバーとなっており、シリコンケースもレザーケースも同じです。

iPhone 12シリーズは磁力を使ったアクセサリーが使えるMagSafeに対応しているので、ケース裏面の磁石部分には丸い円があります。

シリコンケースとレザーケースのメリット・デメリット

両方使った感想としてはシリコンとレザーケースは人によって大きく好みが分かれると感じました。

僕の結論としてはレザーケースがおすすめですが、使い方によって決めるのが最適ということです。

それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

シリコンケースのメリット

シリコンケースのメリットは水や汚れを気にしなくて良いということです。

汚れが付着することもなく、水が掛かっても弾いてくれるので気にせず使えるのが魅力。

あとは傷が目立つこともないので長い間同じ姿を保つことができます。

メリット
  • 水に濡れても弾いてくれる
  • 汚れにくい
  • 傷が目立たない
  • レザーより安い
  • 手が汚れていても気にならない

シリコンケースのデメリット

シリコンケースのデメリットは素材の性質上、埃が付着しやすいことです。

最初のうちは気になって頻繁に埃を払っていました。

滑らかな手触りなので、サッと払うだけで埃を払うことができますが、気になる人は気になると思います。

あとは長年使っていると脂光りのようにテカついてしまいます。

レザーと違って経年劣化は単純にボロくなるのがマイナスポイントです。

また新たに登場したレザーウォレットとの組み合わせはデザイン的にイマイチ。

シリコンとレザーの組み合わせは、違和感があるのでレザーウォレットと組み合わせる場合はレザーケースが良いと思います。

デメリット
  • 埃が付着する
  • 経年劣化=ボロくなる
  • レザーウォレットとの組み合わせがイマイチ

レザーケースのメリット

レザーケース のメリットはなんと言ってもレザー独自の魅力です。

レザーは使い込むと味のある風合いになるので経年劣化を楽しむことも可能。

あとは圧倒的な満足感が純正レザーケースの魅力です。

僕自身は厚みと重量が重くなるのでケースを付けるのが嫌だったのですが、レザーケースは質感と手触りが最高なのでこれからも使っていこうと考えています。

レザーウォレットやApple Watchのレザーバンドとの組み合わせも最高なので、デザイン重視の方は絶対にレザーがおすすめ。

同じレザー素材のレザーウォレットと組み合わせても違和感がありません。

iPhoneの高級感を損なうことがなく、イメージを変えられるのは純正レザーケースならではの強みです。

メリット
  • 高級感がある
  • 圧倒的な満足感
  • レザーウォレットとの組み合わせも良い

レザーケースのデメリット

レザーケースは経年劣化を楽しめますが、いつまでも綺麗に使いたい場合には不向きです。

特にポケットに入れて使うと、4つ角はあっという間に劣化。良く手で触る部分も黒く変色していきます。

使い始めて1週間ですが早くも角部分は黒くなっています。

あとはレザーは水汚れに気を使ってしまうので、iPhoneの耐水機能を活かすことができないです。

当然、風呂に持っていくことなどはできず、簡単にケースを付け外しできるという訳でもないのでお風呂でiPhoneを使いたい方にはかなり不便なケース。

デザインは良いですが爪の傷や水汚れに気を使ってしまうのはデメリットです。

デメリット
  • 水場で使えない
  • 汚れが付着しやすい
  • シリコンケースと比べると価格が高い

せっかく買うならレザーケースがおすすめ

Apple純正iPhoneケースはせっかく買うならレザーケースがおすすめです。

レザーケースは汚れや水問題などの欠点もありますが、それを踏まえても満足できる高級感があります。

Appleのケースはシリコンもレザーもとにかく価格が高いので、保護性能というよりはデザインを気にするケース。

せっかくならレザーケースを使ってみるのが良いのではないでしょうか。

レザーケースならケースが煩わしいと思っている方でも手で持つのが嬉しくなる魅力があります。

傷から守る目的であれば他のケースでも代用できるので、わざわざ高い純正シリコンケースを買う必要もないのかなと感じました。

ぜひ参考にしてください!

何がある?iPhoneのMagSafe対応おすすめアクセサリーまとめ! MagSafe充電器レビュー!iPhoneの充電が変わる画期的なアイテムだが贅沢品 【高速充電対応】絶対に買うべきiPhoneのUSB充電器おすすめ8選 2020年最新!iPhoneに最適な本当におすすめのモバイルバッテリー厳選6選 【2020最新】iPhoneをパワーアップ!おすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。