どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

質感最高のApple純正カードケース!MagSafe対応iPhoneレザーウォレットをレビュー

Apple好きにとってApple純正アクセサリーは他にはない魅力があります。

iPhone 12シリーズで新たにMagSafeが搭載され、さらにアクセサリーの幅が広がありました。

そしてMagSafeアクセサリーの中で魅力的なアイテムの一つが「iPhoneレザーウォレット」です。

この記事ではMagSafe対応iPhoneレザーウォレットをレビューします。

ぜひ参考にしてください。

MagSafe対応iPhoneレザーウォレットの特徴

MagSafeは磁力を使ったアクセサリーで、MagSafe対応iPhoneレザーウォレットは上質な質感とオシャレなデザインが魅力的なカードケースです。

特徴
  • Apple純正
  • 磁力でiPhoneに貼り付ける事ができる
  • カードは3枚まで収納可能
  • シールド機能でクレジットカードも収納できる
  • 質感とデザインが良い
  • 付けたままのワイヤレス充電はできない

価格は6,800円(税別)と決して安くはありませんが、Appleのファングッズとしても最適で、普段からカードを持ち歩いている方に最適です。

磁石で貼り付いているだけなので、簡単に取り外すことも可能。

正直、財布を持ち歩くなら必要性は少ないですが、ポイントカードや会員証を入れる時などに便利です。

まつりくん
実用性よりファングッズという感じです。

カラーは「バルティックブルー」「カリフォルニアポピー」「サドルブラウン」「ブラック」の4色があります。

この記事では紹介しているのは「サドルブラウン」です。

MagSafe対応iPhoneレザーウォレットレビュー

それでは実際に使ってわかったことを紹介していきます。

結論としては、質感とデザインは最高ですが、毎日使うほどの実用性はないので、あくまでもファングッズとして楽しむ物というのが正直な感想です。

ピッタリサイズのパッケージが良い

Apple製品を購入すると毎回感動しているのですが、レザーウォレットもパッケージが綺麗でした。

今回はのはスライド式になっているのが印象的。

内容は説明書と本体のみで、説明書は磁石を含んでいることの注意点が書かれていました。

触るのが楽しくなる上質な質感

MagSafe対応iPhoneレザーウォレットは肌触りの良い滑らかな質感のレザーです。

iPhoneに直接取り付けるので、常に手に当たることになりますが触り心地が良いので、付けていても邪魔になるという感じはなかったです。

裏面にはカードを取り出す時に便利な穴が開いているので、スムーズにカードの出し入れが可能。

カードは3枚まで収納できる

カードは3枚まで収納可能!

無理やり押し込んでも4枚を入れることはできませんでした。

また、カードケースはきつく押し込むイメージがありますが、MagSafe対応iPhoneレザーウォレットは常に隙間があるような構造になっているので、カードをスムーズに入れることができます。

隙間がある構造なので、カードが落ちないか心配になりますが、奥でしっかりフィットするようになっているので振っても落ちません。

まつりくん
他のカードケースと比べて出し入れがスムーズなのが快適で良かったです

iPhoneが少し持ちやすくなる

スマホリングのように持ちやすくなる訳ではありませんが、MagSafe対応iPhoneレザーウォレットをiPhoneに取り付けることにより、程よい段差が生まれて持ちやすくなります。

iPhone 12とiPhone 12 Proに取り付けて試してみましたが、指が当たる部分にレザーウォレットが引っ掛かるような感じになり、僅かではありますが、持ちやすいように感じます。

持ったより外れやすいので注意が必要

引っ付いた磁石を思い浮かべるとわかりやすいのですが、引っ張る力に対しては強いですが、スライドさせると簡単に外れますよね。

MagSafe対応iPhoneレザーウォレットも同じで、指で押し込むと簡単に外れてしまいます。

タイトなスボンのポケットに入れる時は、ポケットの入り口に当たって外れないように注意してください。

詳しくは動画で紹介しています。

付けたままでも安定して置くことが可能

iPhoneにレザーウォレットを付けた状態でも、面積が広いのでガタつくことなく安定した平置きができます。

これを付けることでiPhoneのカメラが机に触れることもないので、カメラ部分が気になる方にも良いと思います。

単体で使ってたまにiPhoneに付けるのが良い

しばらく使い方を考えて良いと思ったのが、バイクや車で近場に出かける時です。

iPhoneにずっとレザーウォレットを付けておいても良いと思いますが、なんとなく邪魔に感じます。

なので、普段はカバンなどにしまっておき、財布を持ち出す必要のないぐらいの近場に出かける時に、レザーウォレットに運転免許証と念のため数千円を入れておくと、iPhoneを持つだけで出掛けることが可能。

カバンを持ち歩かない時にiPhoneに最低限必要な運転免許証と現金を入れるだけなら、かなり身軽に行動できます。

まつりくん
上手く説明できてないですが、財布の置き場所が困る時にかなり便利です!(地域の活動とか、ランニングに行く時など)

厚みを比較

MagSafe対応iPhoneレザーウォレットを取り付けることで、どれくらい分厚くなるかも気になっていましたが、付けるのが嫌になるほど気になる感じではありませんでした。

iPhone 12 Pro純正シリコンケースを付けて、レザーウォレットを付けたのと、iPhone 12を比較しました。

厚みをまとめると以下の通り。

MEMO
  • レザーウォレット:約7mm
  • iPhone 12 Pro + シリコンケース+レザーウォレット:約16mm
  • iPhone 12:7.4mm

先述の通り若干持ちやすくなるので厚みはそこまで気にならないです。

MagSafe対応iPhoneレザーウォレットレビューまとめ

この記事ではMagSafe対応iPhoneレザーウォレットをレビューしました。

価格は6,800円(税別)と高く、必ず必要な物ではありませんが、満足度はかなり高いです。

特に財布を持たずに車やバイクに乗りたい時は文字通りiPhone一つで出掛けることができるのは魅力的。

価格が高いだけあって質感は本当に良く、手触りが良いのとなんと言ってもApple純正なのでApple好きには堪らないアイテムです。

全員におすすめできる物ではありませんが、使い道が思い浮かぶ方にはおすすめできるのでぜひチェックしてみてください。

動画レビューはこちら


動画の方が質感や付け外しの感覚がわかりやすいので、ぜひ参考にしてください。

また、よろしければチャンネル登録もお願いします!

以上。「質感最高のApple純正カードケース!MagSafe対応iPhoneレザーウォレットをレビュー」でした。

何がある?iPhoneのMagSafe対応おすすめアクセサリーまとめ! 【2020最新】iPhoneをパワーアップ!おすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ 【2020年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!性能・サイズ・価格を徹底比較 iPhone 12・mini・Pro・Pro Maxを比較!サイズとスペックはどう違う? 【結局どれが良い?】iPhoneにおすすめのガラスフィルムまとめ【厳選紹介】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。