どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

MagSafe充電器レビュー!iPhoneの充電が変わる画期的なアイテムだが贅沢品

僕は今までワイヤレス充電があまり好きではなかったのですが、MagSafe充電器のおかげでワイヤレス充電の快適さに気付きました。

これまでのワイヤレス充電は途中でズレてしまうと充電できない問題がありましたが、MagSafeなら磁力で引っ付くのでズレる心配がありません。

さらに通常のQiによるワイヤレス充電よりも早くiPhoneを充電可能なのもポイント。

この記事では便利なMagSafe充電器についてレビューします!

MagSafe充電器の特徴

MagSafe充電器は iPhoneではiPhone 12シリーズに初めて搭載されたMagSafeに対応した充電器です。

iPhone本体に内蔵された磁石とMagSafe充電器の磁石が引っ付くようになっており、Qi(チー)規格の充電が可能。

MagSafeに対応したiPhoneだけでなく、Qi規格のワイヤレス充電に対応した機器であれば充電できます。

MagSafe充電器の特徴
  • 最大15Wのワイヤレス充電
  • 磁力で引っ付く
  • Qi対応機器は充電可能

iPhoneを15Wで充電できるようになった

これまでiPhoneのワイヤレス充電は最大出力が7.5Wでした。

USB PDに対応した充電器とケーブルでの充電は18Wなので、ワイヤレス充電は遅いというイメージが強かったです。

しかし、MagSafeに対応したiPhoneをMagSafe充電器で充電すると最大15Wの出力で充電が可能。

ワイヤレス充電でも速い充電ができるようになりました。

電源アダプタは別売り

MagSafe充電器は電源アダプタが付属していないので、別売りの電源アダプタが必要。

出力が20W以上のUSB-Cに対応した充電器が必要なので注意が必要です。

電源アダプタを持っていない場合は以下の充電器がおすすめ。

【Anker PowerPort III mini レビュー】iPhoneの高速充電に対応・Macにも使えるおすすめ小型充電器 iPhoneにおすすめの充電器!iPhoneを高速充電する方法とアダプタ・ケーブルを徹底紹介

磁力で引っ付くのでズレない

MagSafe充電器は磁力によって張り付くので、充電中にズレる心配がありません。

あまり推奨はしませんが他のワイヤレス充電ではできない、充電しながらiPhoneを使うということも可能。

また、磁力の強さはiPhoneを持ち上げることができるレベルなので、宙に浮かせて受電というオシャレな使い方もできます。

Qi対応機器は充電可能

MagSafeは特別な充電方式ではなく、ワイヤレス充電規格のQiに対応しているので、AirPodsやAirPods ProなどQiに対応したデバイスを充電できます。

Appleらしいデザインなので、AirPods用の充電器としても最適で、他のワイヤレス充電と比べて小型で薄いので、場所も取りません。

AirPods以外でもワイヤレス充電に対応したAndroidスマホでも充電ができます。

MagSafe充電器をレビュー

それでは実際に使ったわかったことなどをレビューしていきます。

パッケージはいつもながらにオシャレ

MagSafe充電器のパッケージ内容は充電器本体と説明書のみとなっており、特に特筆すべき点はありませんがApple製品のシンプルでオシャレなパッケージは健在です。

まつりくん
パッケージデザインは満足度に直結します

小型だが持ち運びには不向き

MagSafe充電器は他のワイヤレス充電器と比べるとかなり小型なのですが、持ち運ぶ場合は有線ケーブルがおすすめです。

MagSafe充電器のサイズ
  • 直径:5.5cm
  • 厚み:5mm
  • 重量:54g
  • ケーブル長さ:1m

小型なのは間違いないですが、持ち歩くとなると場所を取ります。

モバイルバッテリーと一緒に使う場合は有線ケーブルがおすすめです。

MagSafe対応のケースが必要

MagSafe充電の機能をフルで使う為にはMagSafeに対応した充電器とMagSafeに対応したケースが必要です。

MagSafe対応ケースであれば写真のようにケースとMagSafeが貼り付くようになっているので、iPhoneにケースを取り付けた場合も磁力が弱まりません。

最大出力で充電する場合はケースもMagSafeに対応しておく必要があるので、ケース選びにも注意が必要になります。

Apple純正MagSafe対応シリコンケースレビュー!質感と満足度はかなり高い

充電時間を検証

iPhone 12とiPhone 11 Proで充電時間も計測してみました。

それぞれ50%ぐらいの充電を目標に時間を測りました。

MagSafe充電器USB-Cケーブル
iPhone 12約1時間15分約30分
iPhone 11 Pro約1時間50分約30分

使用した充電器は30W出力の「Anker PowerPort III mini 」 です。

USB PDに対応した有線ケーブルに比べると充電速度は遅いですが、MagSafe対応によりワイヤレス充電が速くなっていることが確認できました。

とは言っても急いでいる時はUSB-Cケーブルで高速充電を行った方が良いので、ワイヤレス充電による充電速度はあまり気にならないです。

iPhoneにおすすめの充電器!iPhoneを高速充電する方法とアダプタ・ケーブルを徹底紹介

カッコイイけど贅沢品

Apple純正のワイヤレス充電器と、MagSafeという便利な機能でワイヤレス充電が身近になり、かなり良かったですが、贅沢品というのが正直な感想です。

磁力がかなり強いので貼り付いた充電器を外すには両手が必要。

それならケーブルを抜き差しするのと手間は大きく変わりません。

充電速度もやはり有線ケーブルよりは遅いので、急いでいる時に使うという使い方も不向き。

また、寝室など薄暗い場所でも場所を確認せず、磁力で場所を導いてくれるのは便利ですが、価格は約5,000円と充電器としてはかなり高いです。

魅力的な製品ではありますが、流石に高すぎるのでコスパが悪い贅沢品という感じが否めません。

MagSafe充電器レビューまとめ

この記事ではApple純正のワイヤレス充電器「MagSafe充電器」をレビューしました。

実用的というよりはMagSafeを速く使いたい人向けのファングッズのような感じです!

価格が高いので気軽に買える物ではありませんが、充電方法をスタイリッシュにしたい方はぜひ試してみてください。

以上。「MagSafe充電器レビュー!iPhoneの充電が変わる画期的なアイテムだが贅沢品」でした。

iPhone 12・mini・Pro・Pro Maxを比較!サイズとスペックはどう違う? 【2020年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!性能・サイズ・価格を徹底比較 何がある?iPhoneのMagSafe対応おすすめアクセサリーまとめ! 【2020最新】iPhoneをパワーアップ!おすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ 【結局どれが良い?】iPhoneにおすすめのガラスフィルムまとめ【厳選紹介】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。