【高速充電対応】絶対に買うべきiPhoneの充電器おすすめ10選

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

iPhoneはiPhone 12シリーズ以降から充電器が付属されなくなりました。

充電器を持っていない場合や、複数欲しい場合は買い足す必要があります。

しかし、充電器には多くの種類があり、価格や出力の違いなどどれを購入するれば良いのか迷いますよね。

また、適切な充電器を選ぶことで高速充電に対応しているiPhoneを約30分で50%まで充電することも可能。

せっかく購入するなら高速充電できる充電器がおすすめです。

この記事では、iPhoneの高速充電に対応したおすすめUSB充電器を紹介します。

高速充電が使えると、うっかり充電を忘れた時や、使いすぎてすぐに充電したい時に便利です。

最新のiPhoneは充電器が付属されておらず、高速充電に対応した充電器は1台あると便利なのでぜひ参考にしてください!

この記事でわかること
  • iPhoneの高速充電について
  • iPhoneで使う充電器の選び方
  • iPhoneのおすすめ充電器

公式サイトをチェック

iPhone 15は9/15予約開始!予約は便利でお得なオンラインがおすすめです

お得情報
楽天リーベイツを経由することでApple公式ストアの対象商品が1%ポイントバックされます!
Apple Store(オンライン)で購入する場合は絶対にお得なのでぜひチェックしてみてください。
Rakuten Rebatesをチェックする

iPhoneの高速充電について

iPhone 8以降に発売されたiPhoneは高速充電に対応しています。

またMagSafeに対応したiPhoneでは最大15Wの高速ワイヤレス充電が可能。

高速充電は約30分で50%の充電が可能です。

まずはiPhoneの高速充電について紹介します。

高速充電対応のiPhone

2024年現在、高速充電に対応したiPhoneはこちら

対応iPhone
  • iPhone 8
  • iPhone X
  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone 11シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 14シリーズ
  • iPhone 15シリーズ
  • iPhone SE(第2世代)以降

今使われているほぼ全てのiPhoneが高速充電に対応していると思って大丈夫です。

高速充電には対応充電器が必要

iPhoneで高速充電する為には18W以上の電源アダプタと対応したケーブルが必要です。

  • USB PDに対応しているケーブルを使う
  • 18W以上のUSB-C電源アダプタを使う
  • MagSafeであれば20W以上の電源アダプタを使う

従来iPhoneに付属されていたお馴染みの充電器は5Wなので高速充電を行うことができません。

5W USB電源アダプタ

また、最近のiPhoneに付属しているLightningケーブルはUSB-Cタイプになっており、このケーブルはUSB PDに対応しているケーブルです。

これから充電器を買うなら18W以上の充電器を購入するのがおすすめです。

最新のiPhoneは充電器が付属されていない

最近のiPhoneには充電する為の電源アダプタが付属れていません。

今のiPhoneに付属されているのは高速充電に対応したUSB-Cケーブルだけなので、USB-Cに対応した充電器を別途購入する必要があります。

また、iPhone 15シリーズではコネクタがLightningからUSB-Cに変わっているので、もしケーブルを買うなら注意が必要です。

この記事では高速充電に対応したおすすめの充電器を紹介していきます。

高速充電に対応のiPhoneおすすめ充電器

多く紹介しても迷うだけなので、本当におすすめの充電器を10個に絞って紹介します。

充電器はコンパクト重視、複数のポート重視、出力重視など様々なタイプがあるので、自分の使い方に合う充電器を選んでください!

僕は持ち運びには高出力でコンパクトな1ポートの充電器。

自宅・旅行用は複数のポートを搭載した充電器と使い分けています。

ぜひ参考にしてください!

ポイント
  • W数が大きくなるほど速く充電できる
  • W数が大きくなるほどサイズが大きくなる
  • ポート数が多いと便利だがサイズは大きくなる

Anker Nano Charger (20W)

iPhoneの充電器を選ぶ時は「USB-C」「20W」の2つのワードがポイントです。

この2つに対応することで付属のケーブルで高速充電を行うことが可能。

Anker Nano Charger (20W)はプラグの折りたたみはできませんが、コンパクトで価格が安いのが特徴です。

価格を重視する方はこちらがおすすめです!

特徴
  • 価格が手頃で買いやすい
  • 最大20Wの出力なのでiPhoneを高速充電できる
  • サイズがコンパクトで持ち運びにも最適
  • 5色のカラーから選べる
  • プラグは折り畳めない

Anker PowerPort III Nano

小型で高速充電ができるUSB充電器が欲しい方におすすめなのが「Anker PowerPort III Nano」です。

大きさはお馴染みのiPhoneに付属していた5Wの充電器とほぼ同じサイズですが、こちらの出力は20Wとかなり大きいです。

20WはiPhoneを高速充電できるだけでなく、MagSafeデュアル充電パッドにも使用可能。

iPhoneの充電器は20Wあれば十分なので迷わず選びたい方に特におすすめです。

価格も安いのでぜひチェックしてみてください。

特徴
  • 20Wの小型充電器
  • iPhoneお馴染みの充電器とほぼ同じサイズ

最大出力20W
サイズ約45 × 27 × 27 mm
重さ約30g
PowerIQ対応
Quick Charge対応
Power Delivery対応

まつりくん
スマホにはサイズ的にも20Wの充電器がおすすめです。

Anker PowerPort III mini

PowerPort III mini」は僕が選ぶコンパクトな高性能充電器のベストで持ち運びに最適です。

さらに最大出力が30Wもあるので、iPhoneだけでなく、MacBookやMacBook Airなどのパソコンも充電することが可能。

ポートは1つしかありませんが、これ1台で対応できるデバイスが多く頼りになる充電器です。

見た目が良く、プラグが折りたためるというのもポイント。

ちなみに改善前のモデル「Anker PowerPort Atom PD 1」はプラグの折りたたみができず、プラグが剥き出しなので大きく改善されています。

特徴
  • Apple純正の30W充電器より約30%も小型
  • iPhone・MacBook等に対応
  • 折りたたみ式プラグを採用

最大出力30W
サイズ約51×44×28 mm
重さ約63g
PowerIQ対応
Quick Charge対応
Power Delivery対応

他の充電器と比較するとこんな感じ。

左から「iPhone付属の5W充電器」「30WのAnker PowerPort III mini」「Apple 61W USB-C電源アダプタ」です。

iPhone付属の充電器とあまりサイズが変わらないのに、充電能力には大きな差があるのが凄いですよね。

ライター
1ポートしかありませんが、小型なのが良いという方におすすめです。

⇨レビュー記事はこちら

Belkin MagSafe3-in-1ワイヤレス充電パッド

iPhoneをオシャレに充電したい方におすすめなのが「Belkin MagSafe3-in-1ワイヤレス充電パッド」です。

価格は高いですがiPhone、AirPods、Apple Watchを3台同時に充電することが可能。

MagSafeは最大15Wなので充電速度も早いです。

特徴
  • iPhoneをMagSafeで充電可能
  • 最大15Wの高速ワイヤレス充電ができる
  • 毎日使うのが楽しくなる圧倒的なデザインの良さ
  • よく使う3つのデバイスを同時充電可能
  • 40W ACアダプタ付属
  • Apple Watchは新しい磁気式急速充電に対応
  • MagSafe対応iPhoneを最大15Wで高速充電ができる
  • Apple Watchのサイズに合わせて高さ調整が可能

Belkin MagSafe 3-in-1充電スタンド

iPhoneを宙に浮かせて充電ができるのが「Belkin MagSafe 3-in-1充電スタンド」です。

iPhone以外にもApple Watchの充電とAirPodsのワイヤレス充電ができます。

見た目の良さと利便性がかなり高い製品なので、これ一つあれば毎日の生活の質が向上します。

特徴
  • iPhoneをMagSafeで充電可能
  • MagSafeに対応したiPhoneを縦向きでも横向きでも充電可能
  • 最大15Wの高速ワイヤレス充電ができる
  • インテリアにもなるデザイン性
  • よく使う3つのデバイスを同時充電可能
  • ACアダプタ付属

ACアダプタも付属しているので、別に必要な物は何もありません。

iPhoneやApple Watchは毎日使って、毎日充電する物なので専用の充電場所があると本当に便利です。

UGREEN Nexode PD 65W充電器

MacBook AirとiPhoneを同時に充電ができ、さらに従来のUSB-Aも使いたい場合は「UGREEN Nexode PD 65W充電器」がおすすめです。

3ポートを搭載し、3台同時に充電することができ、出力も65Wと高出力です。

このスペックの充電器は価格も高くなりますが、「UGREEN Nexode PD 65W充電器」は比較的価格が安いのもポイント。

サイズもコンパクトなので複数充電が可能でMacBook Airにも使える充電器が欲しい方におすすめです。

特徴
  • USB-Cポートを2つとUSB-Aポートを1つ搭載
  • 合計65Wの高出力
  • デバイスに適した出力に自動最適化
  • コンパクト設計
  • プラグの折り畳み可能
最大出力65W
1ポート使用時65W・65W・22.5W
サイズ約66 × 40 × 31 mm
重さ130g
Quick Charge対応
Power Delivery対応

Anker PowerPort Atom III (Two Ports)

USB PDによる高速充電も魅力的ですが、やはり従来のUSB-Aも使いたいですよね。

そんな方におすすめなのが「PowerPort Atom III」です。

PowerPort Atom III」は2ポートタイプでUSB-Cが最大45W、USB-Aが最大15Wの出力となっています。

USB-Cは最大45WなのでMacBook Proなどのハイパワーが必要なパソコンの充電も問題なく可能です。

USB-Aのほうも最大15Wで、PowerIQ 2.0に対応しているので充電するデバイスに適切な電流に自動で調整してくれます。

また、2ポート接続時は最大60Wの出力が可能なので同時に接続しても電力に制限はありません。

これ1台で万能に使えるので旅行の時など荷物を減らしたい時に最適です。

特徴
  • 最大45W出力のPowerIQ3.0対応USB-Cポート搭載
  • 最大15W出力のUSB-Aポートを搭載
  • 折りたたみ式プラグを採用

最大出力45W
サイズ約68 × 69 × 28 mm
重さ約150g
PowerIQ対応
Quick Charge対応
Power Delivery対応
まつりくん
まつりくん

パソコンの充電も必要という方におすすめです。

Anker PowerPort I PD

デスク周りをすっきりさせたいという方には「Anker PowerPort I PD」がおすすめです。

先ほど紹介した「PowerPort III mini」や「PowerPort Atom III」とは違い据え置き型の充電器となっており、本体にプラグがあるのではなく、コードを使ってコンセント繋ぎます。

このように電源アダプタにケーブルを繋げてコンセントに挿すタイプです。

出力はUSB-Cが最大30W、USB-Aは各ポート最大12Wで、PowerIQに対応しているので、充電するデバイスに適切な電流に自動で調整してくれます。

Anker PowerPort I PD」はiPhoneを急速充電することもでき、従来のUSB-Aポートが4つもあるので、もう家でコンセントの取り合いをする必要はありません。

ポート数が多い充電器は価格も高くなりがちですが、「Anker PowerPort I PD」は価格も手頃なので多くのポート数が欲しいという方におすすめです。

特徴
  • 最大30W出力のPowerIQ3.0対応USB-Cポート搭載
  • PowerIQ対応のUSB-Aポートを4つ搭載
  • 本体にコンセントプラグは無くACケーブルで接続

最大出力30W
サイズ約103×78×28 mm
重さ約213g
PowerIQ対応
Quick Charge対応
Power Delivery対応

Quick Chargeには対応していませんが、iPhoneもQuick Chargeには対応していないので問題ありません。

また、PowerIQを搭載しているので各デバイスにあった適切な電流で早い充電が可能です。

ライター
デスク周りをすっきりさせたい方、家族が多い方におすすめ!

⇨レビュー記事はこちら

Anker PowerPort III 3-Port 65W

3ポートで出張や旅行に最適な充電器が「Anker PowerPort III 3-Port 65W」です。

最大45W出力が可能なUSB-Cポートが1つと、最大20W出力のUSB-Aポートを2つ搭載。

この充電器1つでスマホ、タブレット、パソコンの充電が可能です。

出力
  • USB-C:最大45W
  • USB-A:各ポート最大12W(合計20W)

全てのポートを使ったとしても十分な電力を供給できるので充電速度を気にする必要はありません。

また、海外用電源プラグ(BFタイプ・Cタイプ)が付属。

出張や旅行に持っていく充電器としておすすめです。

特徴
  • 出力45WのUSB PD対応USB-Cポート
  • 最大12W合計20WのUSB-Aポート×2
  • 海外で使える海外用電源プラグ付属

最大出力65W
サイズ約75 × 71 × 30mm
重さ約166g
PowerIQ対応
Quick Charge対応
Power Delivery対応

Anker PowerPort Atom III Slim

Anker PowerPort Atom III Slimは世界最薄モデルのUSB PDに対応した充電器です。

最大出力は30Wで1ポートのみ搭載しています。

薄さは僅か1.6cmとしかなくポケットにも入る大きさです。

延長コードなどで使う時は隣のコンセント口と干渉する可能性がありますが、隙間が薄い壁のコンセントでは重宝します。

薄型で他の充電器とは違うデザインの良さがあるので、変わった充電器が欲しい方、鞄の隙間に収納したい方におすすめです。

特徴
  • USB PD対応の30Wポート1つ
  • 僅か1.6cmの超薄型ボディ

最大出力30W
サイズ約76 × 45 × 16 mm
重さ約57g
PowerIQ対応
Quick Charge対応
Power Delivery対応

iPhoneの高速充電におすすめの充電ケーブル

iPhoneを高速充電する為にはUSB PDに対応したケーブルが必要です。

高速充電する為にはケーブルも合わせて購入する必要があるので、ぜひチェックしてください。

Apple USB-C – Lightning ケーブル

Apple USB-C – Lightning ケーブル」はApple純正のUSB PDに対応したLightningケーブルです。

純正の物は高いという印象がありますが、ケーブルであれば手頃な価格で購入できます。

やはり純正ならではのデザインの統一性があるのでApple製品が好きな方におすすめのケーブルです。

また、iPhoneに付属している通常のLightningケーブルよりケーブルの太さが太くなっています。

特徴
  • USB PDに対応
  • iPhoneを高速充電できる
  • USB-Cを搭載したMacとiPhoneを接続可能

Anker PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル」は大人気のAnkerが手掛けるケーブルです。

Apple MFi認証取得を取得しているので純正ではありませんが、iPhone等で問題なく使用することができ、純正のケーブルよりも金額が安いです。

また、USB PDに対応しているので紹介した充電器と一緒に使用することでiPhoneを高速充電することができます。

一般的なケーブルより12倍以上の耐久性をもち、12000回以上の厳しい折り曲げテストもクリア。コスパを重視する方におすすめです!

充電器と合わせて是非一緒にご購入ください。

特徴
  • USB PDに対応
  • iPhoneを高速充電できる
  • USB-Cを搭載したMacとiPhoneを接続可能

iPhoneで使う充電器の選び方

もっとじっくり選びたいという方向けにiPhoneの充電器の選び方について詳しく紹介します。

どれを選べば良いのか迷った方は参考にしてみてください。

iPhoneの充電器を選ぶ時のポイントは4つです。

iPhoneの充電器の選び方
  • 充電器の出力
  • 充電器のサイズ
  • 充電器のポート数

特に充電器の出力は充電器選びの中でも要チェック!

高速充電に対応したiPhoneに対応した充電器とケーブルを使うと30分で50%まで充電が可能。

目的に応じた充電器選びが大切です。

それぞれについて詳しくチェックします!

選び方1:充電器の出力をチェック

充電器には出力の違いがあり、何を充電するかによっても必要な出力が変わってきます。

ポイント
  • 出力が大きくなるほど価格は高くなる
  • 出力が大きくなるほど充電器のサイズも大きくなる
  • iPhoneへの充電は20W以上がおすすめ

参考に主な製品を充電するのに適した出力もまとめます。

デバイス充電出力の目安
iPhone20W
iPadシリーズ20W
Apple Watch5W
MacBook Air30W
MacBook Pro(14インチ)70W
MacBook Pro(16インチ)140W

例えばMacBook Airの充電器としても使いたい場合は30Wの充電器を買っておくと併用して使うことができます。

選び方2:複数のポートを搭載した充電器も便利

充電器によって搭載しているポートの数も違います。

2つのポートがあればiPhoneとApple Watchを同時に充電するという使い方もできます。

特に旅行用の時には便利なので、充電器を選ぶ時にはポートの数もチェックしてください。

複数ポートを使用するときは出力が下がるので注意が必要です。

2つのポートでiPhoneとMacBook Airを同時に充電するなら65W以上の出力がおすすめ

選び方3:充電器のサイズを確認しよう

充電器のサイズって違うの?と思うかもしれませんが、充電器のサイズは大きく違います!

特に最近は各社しのぎを削って小型化に力を入れているので、充電速度は速いがサイズが小さいという魅力的な充電器が多いです。

左の充電器は30Wの「Anker PowerPort III mini

右の充電器はiPhoneに付属している5Wの充電器です。

出力が大きく違うのにあまり大きさは変わらないですよね。

このように充電器には様々なサイズがあるので目的に応じたサイズ選びも大切です。

基本的に出力が大きくなるほど大型になってきます。

高速充電対応USB充電器まとめ

この記事ではiPhoneの高速充電に対応したおすすめ充電器を紹介しました。

高速充電が使えると、いざという時に便利!

iPhoneだけではなく、モバイルバッテリーやiPad、パソコン、ゲームの充電にも使えるので1台あると充電環境が快適になります。

せっかく購入するなら失敗しない充電器を選ぶのが良いので、ぜひ参考にしてください。

以上。「【高速充電対応】絶対に買うべきiPhoneの充電器おすすめ10選」でした。

ちなみに僕が普段から愛用している充電器はこの3つです!それぞれ用途に合わせて使い分けています。

⇨レビュー記事はこちら

⇨レビュー記事はこちら

MagSafeに対応しているiPhoneは、高速ワイヤレス充電にも対応しているのでMagSafe対応機器もぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です