掃除が楽しくなるおすすめコードレス掃除機【クリック】

どっちが良い?AndroidスマホよりiPhoneをおすすめする理由と比較

AndroidスマホとiPhone。どちらが良いのかというのは永遠のテーマではないでしょうか。

どちらが良いのかというのを巡って、AndroidユーザーとiPhoneユーザーでヒートアップしているところもよく見ます。

どちらを選ぶのかは、自分の使い方に合う方を選択するのが最適で、どちらかが優れていて、どちらかが劣っているということはないです。

自分の好きな方を選ぶと良いと思いますが、私はiPhoneをおすすめします。

iPhoneは高いわりに性能が良くないなど、否定的な意見を聞いて迷っている方もいるのではないでしょうか。

この記事では『AndroidとiPhoneの比較』と『私がiPhoneをおすすめする理由』を紹介します。

ぜひ参考にしてください!

この記事でわかること
  • AndroidとiPhoneの比較
  • 私がiPhoneをおすすめする理由

それぞれに特徴があるので、どちらかが劣っているということではありません。

あくまで一個人の意見として参考にしてください。

また、OS(オペレーティングシステム)はiPhoneにはAppleが開発している「iOS」、AndroidスマホにはGoogleが開発している「Android」が搭載されています。

よくiPhoneとAndroidという感じで比較されますが、「iOS」と「Android」比較というのが正しいのかなと思います。

iPhoneとAndroidを比較

iPhoneとAndroidを様々なポイントで比較します!

ここで注意が必要なのはiPhoneやAndroidと一括りにされがちですが、iPhoneにも種類があります。そしてAndroidにはXperiaやギャラクシーなどiPhoneよりも更に多くの種類があります。

端末によって性能が変わるということを注意してください。

iPhoneの価格が高いは間違い

iPhoneは高いという認識が広まっていますが、半分正解で半分間違いです。

確かにAndroidにはGoogle Pixel 3のようなコスパが優れたスマホもありますが、Androidでも高いスマホは高いです。

2019年8月現在のドコモの一括販売価格は以下の通り

端末価格
iPhone XS128,304 円
iPhone XR99,144 円
iPhone 879,704 円
Galaxy S1089,424 円
Galaxy S10+101,088 円
Xperia 1103,032 円
Google Pixel 3a46,656 円

公式docomoオンラインショップ

確かに最新モデルのiPhoneは高く、Androidスマホの同グレートと比較しても高いです。

しかし、iPhone全てが高いという訳ではなく、型落ちしたiPhone 8であればかなり金額が下がっています。

使い方によっては1世代型落ちしたiPhoneでも十分すぎる性能なので、予算に合わせてiPhoneを選択することができるのです。

ただし、単純にスペックのみを比較した場合だと、Androidスマホの方がコスパは良く、単純なスペックのみを重視する方はiPhoneは高いと感じてしまいますね。

ライター
Galaxy S10は性能も良く、価格も安いですね。iPhoneもあと1万円ほど安いと良いなというのが正直な感想です。

決済方法はAndroidの方が多い

もちろん端末によって異なりますが、Androidの方が利用できる決済方法が多いです。

大きなところだと、iPhoneはWAONとnanacoを利用することができません。

iPhoneAndroid
Suica対応対応
WAON非対応対応
nanaco非対応対応
iD対応対応
QUICPay対応対応

SuicaとiD、QUICPayが使えるので問題ないと言えば問題ありませんが、WAONが使えると嬉しいです。

スマホで料金の支払いをすると財布いらずでかなり便利です。決済方法にこだわりがある方はAndroidの方が良いですね。

連携の良さはiPhoneが圧勝

iPhoneの強みはソフトもハードもAppleが開発している為Apple製品同士の連携が凄いということです。

一方でAndroidはオープンソースでソフトはGoogleが開発していますが、ハードは様々なメーカーが開発しています。

実際に使ってみるとよくわかりますが、パソコンはMac、タブレットはiPad、スマホはiPhone、イヤホンはAirPods、腕時計はApple WatchというようにApple製品で統一すると、肌で感じるほど便利です。

便利なポイント
  • ほぼ一瞬で連携させることが可能(面倒な設定は一切不要)
  • 写真や動画のデータやり取りが簡単・高速(AirDrop)
  • 使い方を迷わない
  • iCloudで作業データを共有できる
  • 機種変更時のデータ設定が楽々できる

連携が良いことによる便利なポイントを紹介しました。

iPhoneはOSと端末との相性が良く、サポートされている端末であれば常に最新のOSにアップデートできます。

しかし、Androidは端末の種類やキャリアによって最新のOSにアップデートできないこともあります。また、同じAndroidでも端末のメーカーが変わると使い方が変わります。

ライター
iPhoneは使い方を含め安心して使えます!

使いやすさはiPhoneが有利

カスタマイズ性はAndroidの方が高いですが、iPhoneはシンプルで誰でも簡単に使えるというのが特徴です。

デジタル機器が苦手な高齢者でも簡単に使いこなすことができ、カスタマイズが必要ないほどシンプルに洗練されています。

また、新しいiPhoneに変えても基本的な操作は全て同じなので迷うことはありません。

操作は簡単ですが、決してできることが少ないという訳ではなく、ブルーライトをカットできるNight Shiftモードや、画面録画、関数電卓、QRコードの読み取りがコントロールセンターで全てできる奥深さもあります。

ライター
iPhoneは誰でも簡単に使えるが、プロ用途の機能も盛りだくさん!様々な用途の人が使用できるのが凄いです。

セキュリティもiPhoneの方が強い

スマホは個人情報がたくさん詰まっています。

最もセキュリテイを高めたいデバイスですが、ウイルスに感染して遠隔操作されるという不安なニュースもありますよね。

スマホのセキュリティはiPhoneの方が強いです!

iPhoneはAppStoreからのみアプリをダウンロードすることができ、AppStoreで配信されているアプリは厳正なる審査があります。

また、システム面でもiPhoneは強く、アプリも他のシステムに干渉することはできないようになっています。万が一ウイルスがアプリ経由で侵入したとしても影響が最小限に抑えることができ安心です。

AndroidはGoogle Playストア以外からもダウンロードすることができるので、セキュリティはiPhoneの方が強いです。

ライター
iOSはOSのアップデートも頻繁に行われているので安心です。

カメラ性能は端末による

スマホはカメラとしての側面も大きいです。

特に最近は各社カメラに力を入れており、画質の良いスマホが多く登場しています。

iPhoneとAndroidのカメラ性能は端末によって異なりますが、Androidはカメラに特化したスマホもあります。カメラ単体で考えた場合ではAndroidスマホの方がカメラ性能が良い端末があります。

しかし、最新モデルのiPhone大きく劣っている訳ではないのでカメラにこだわりがある方でもiPhoneで不満に思うことはないです。

iPhoneとAndroidの最新モデルを比較

実際の端末はどう違うのかを比較します!

ちなみに比較する端末のドコモでの価格はこんな感じ。

端末価格
iPhone XS128,304 円
Xperia 1103,032 円

価格はiPhoneの方が25,272円高いです。

Xperia 1iPhone XS
OSAndroid 9iOS 12
ディスプレイ6.5インチ
OLED(HDR対応)
5.8インチ
OLED
チップSnapdragon 855
(4コア + 4コア)
A12 Bionic
RAM6GB4GB
ストレージ64GB64/256/512GB
高さ167.0mm143.6mm
72.0mm70.9mm
厚さ8.2mm7.7mm
重量178g177g
バッテリー3200mAh2658mAh
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
防水防塵防水(IPX5/8)
防塵(IP6X)
IP68
端子USB-CLightning
認証方法指紋・顔顔(Face ID)
ワイヤレス充電非対応対応

主なスペックを比較しました。

大きく違う点としてはXperia 1はワイヤレス充電に対応していません。最近のスマホとしては珍しいですね。

GeekbenchのベンチマークはXperia 1が約11,000、iPhone XSが約11,000とほぼ同等のレベルです。

Xperia 1特徴
  • 21:9のシネマワイドスクリーンを搭載
  • Gorilla Glass 6搭載によりGorilla Glass 5の落下耐久性能よりも2倍向上
  • スマホで世界初のHDR対応有機ELディスプレイ
  • Xperia初トリプルレンズカメラ

Xperia 1ならではの特徴は以上です。ディスプレイがHDR対応の有機ELというのが凄いですね。

HDRに対応していると明暗差が大きいシーンもかなり綺麗でスマホとは思えないほど高画質な映像を楽しむことができます。

またシネマに適した21:9のワイドスクリーンを搭載しているので今までにない楽しみ方が可能です。

スマホは縦に長いほうが便利なことが多いのでその点でも魅力的です。

バッテリーもiPhone XSより大容量というのもポイントです。

iPhoneはコスパが悪いと言われているように、Xperia 1がトリプルレンズを搭載していることなどを考えると確かに性能面のコスパは悪いのかもしれません。

しかし、iOSを搭載しているスマホはiPhoneだけです。iOSの素晴らしさも価格に含めるので、妥当な価格だと考えます。

iOSはNumbersやKeynoteなどマイクロソフトのOffice製品に匹敵するソフトが無料で使え、iMovieで簡単に高度な動画編集も可能です。

このような有料だと数万円もするようなソフトが最初から付属しているのも大きな強みです。

ライター
結論としては端末の特徴に違いはあるが、良し悪しは大きく変わらないです。iOSに魅力を感じるのであればやはりiPhoneが良いです。

iPhoneをおすすめする理由

iPhoneとAndroidの比較を紹介しました。

次は私がiPhoneをおすすめする理由について紹介します。

iPhoneは操作が簡単で洗練されている

iPhoneはAndroid端末よりできることが少ない反面シンプルで操作性が洗練されています。

画面開けばすぐにアプリが一覧で表示されており、必要なアプリは全てApp Storeからダウンロードすることができます。

細かい設定も必要なく購入後10分もあれば設定が全て完了します。また直感的な操作で大抵のことができるので難しい設定は必要ありません。

また簡単でシンプルですが可能性は限りなく高く、自分がしたいことは大抵iPhone1台で可能です。

つまり必要最低限の機能しか必要ない人から、仕事で使うようなプロまで幅広く使えることができる端末なのです。

Photoshopなどのプロ向けクリエイトツールもiPhone専用のアプリがあります。シェアの多いiPhoneに対応していないアプリが少ないのでiPhoneを使っていれば間違い無いという安心感があります。

AppleがOSも端末も開発しているのでサポートが手厚い

iPhoneは本体とOSをAppleが開発しています。

その為端末とOSの相性を気にする必要がなく、もし困ったことがあればAppleのサポートで端末面もOS面も解決することができます。

Apple製品のサポート体制は高評価を得ており、マニアックな細かい質問にも正確に答えてくれます。

使っている人が多いので情報が多い

日本でのiPhoneのシェア率40%以上と日本は世界一iPhoneのシェア率が高い国です。

サポートを使わなくても、iPhoneに関するわからないことを調べると簡単に解決できることもiPhoneの強みです。

というのも、利用者が多いと「自分が困ったことは大抵他の人も経験していて既に解決策がある」のです。困ったことを検索するだけで簡単に解決できるのは本当に便利です。

Androidを使っている人も多いですが、Androidは端末の種類が多く、メーカーもバラバラです。

Androidスマホという大きな括りで見ると使っている人は多いですが、例えばXperia 1という括りで見ると使っている人は少なく、その分知見も少ないのです。

ライター
周囲の人に直ぐに相談できるのも良いですね。機会が苦手な方には特にiPhoneをおすすめしたいです。

使いやすさの点でシニア世代の方にもiPhoneがおすすめです!

シニアはらくらくホンよりiPhoneを持つべき理由とメリット・おすすめ機種を紹介

アクセサリーや周辺機器が充実している

iPhoneのケースや保護フィルムの種類はダントツで多いです。

Androidスマホは種類が多く、ケースもオーソドックスな物しかありませんが、iPhoneは様々なデザインのケースがあります。

ケースの種類に惹かれてiPhoneに乗り換える方も少なくありません。

ケースを使って外面をカスタマイズしたい方はiPhone一択です!

私自身はiPhoneのデザインが好きなのでiPhoneに『iRing』を取り付けて使用しています。

→レビュー記事はこちら

Apple製品の連携が凄い

比較の時にも紹介しましたが、Apple製品の連携は本当に凄く、身の回りの物をApple製品で統一した時と、家族全員でiPhoneを利用した時の便利さは一度使うと乗り換えはできなくなるレベルです。

家族間のデータのやり取りもAir Dropを使うことで楽に行うことができ、iCloudで共有すると、共有した人全員でメモを作成したり、Numbersを使って家族全員で家計簿の管理を行うことも可能です。

また、Appleが販売しているパソコン『Mac』もiPhoneと即座にデータ共有を行うことができます。

Apple WatchやAirPodsも一瞬で接続できるので、Apple製品の連携はまじで凄いです。

【レビュー】AirPodsは超便利!使ってわかったポイントまとめて紹介 Apple Watch Series 4 レビュー!生活が変わる最先端腕時計 カメラ好きがMacを選ぶ5つの理由|クリエイターとMacは最高のコンビ

売却時の価格が高い

iPhoneは確かに金額が高いですが、世界中で人気のあるスマホなので旧型の中古でも売却時の価格が高いです。

値段が大きく下がらないのでリセールバリューを考えるとAndroidスマホよりコスパが良いと言えます。

近年は高性能化に伴い上級モデルのスマホの価格が高いので、新機種に変更するときは使っていた端末をぜひ売りたいところです。

売却価格が高いiPhoneであれば新機種に乗り換える時の費用にも充てれるのでおすすめです。

まとめ

最後にそれぞれの特徴をまとめます!

iPhone
  • 使い方がシンプルで簡単
  • 新機種への乗り換えが簡単
  • ケースの周囲などアクセサリーが豊富
  • WAONと楽天Edy非対応
  • App Storeからのみアプリのダウンロード可
  • セキュリティが高い
Android
  • ホーム画面をカスタマイズできる
  • メーカーが変わると戸惑うことも
  • ケースは少な目
  • 使える支払い方法が多い
  • Google Play Store以外からもダウンロード可
  • アプリのダウンロードに注意が必要

私はiPhoneをおすすめしますが、自分の使いたい端末を選ぶのがベストです!Androidに魅力的に思う機種があればそちらを選ぶようにしましょう。

また、iPhoneとAndroidスマホをキャリアで契約する方は各キャリア公式オンラインショップがお得でおすすめです。

オンラインショップだと待ち時間がなく、24時間どこからでも注文が可能。

更に手数料が無料(ドコモ)で金額的にもかなりお得です。更にオンラインショップ限定のキャンペーンを開催していることもあるので、一度覗いてみるのがおすすめです。

ドコモの契約・乗換・機種変はオンラインショップがおすすめ!その理由を徹底解説 auの機種変更はオンラインショップが安い!メリットとポイントを徹底解説 ソフトバンクはオンラインショップがお得?特徴・限定キャンペーンを紹介

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

キャリアのプランについてはこちら
最新版!携帯キャリア安いのはどこ?料金プランを徹底比較【ドコモ ・au・ソフトバンク】

おすすめ関連記事
2019年新型iPhone XIの性能・発売日・スペックまとめ!次期XSはどうなる 【2019年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!スペックの比較と選び方【XS/XR/X/8/7/6s】

以上。「どっちが良い?AndroidスマホよりiPhoneをおすすめする理由と比較」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です