どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

povo(ポヴォ)の口コミ・評判まとめ!使ってわかったことをレビュー

auのオンライン専用プランは月額2,728円(税込)で20GB使うことが可能!

トッピングと呼ばれるオプションをアプリで簡単に付け外しできるのが、他のキャリアとは違うポイントで、開始前からの評判も良かったです。

この記事では実際にpovoを契約して使ってみたので、口コミや評判、レビューを紹介します。

povoの契約を考えている方はぜひ参考にしてください。

povoのポイント
  • 誰でも月額2,728円(税込)
  • 20GB使える
  • トッピングが豊富
  • 機種の販売はなし

機種変更についてpovoでは機種の販売をしていないので、自分で対応機種を用意する必要があります。

また、対応機種への機種変更はauオンラインショップで行うのがおすすめ。

auオンラインショップのiPhoneやAndroidスマートフォンは基本的にpovo対応機種なので、auオンラインショップを利用するのが安心です。

povo対応機種に機種変更

買い替え後にpovoへ移行できます

povoならずっと安く使える

公式サイトをチェック

povoのポイント

povoの基本情報とポイントは以下の通りです。価格は全て税込で表記しています。

povo 
料金2,728円
回線au 
キャリアメールなし 
データ量20GB 
超過後1Mbps
追加データ1GBあたり550円
ネットワーク4G/5G 
割引なし 
申し込みオンラインのみ 
通話22円/30秒 
かけ放題 プラス550円で
5分以内無料
プラス1650円で
かけ放題
回線品質auと同じ 
eSIM対応

家族割や光回線割を気にすることなく、誰でも同じ価格で利用することができます。

また、通話オプションが別になっているのでその分料金が安く、トッピングによってかけ放題やデータ使い放題を使えるのが良いです。

povoのポイント
  • 他キャリアの20GBプランで1番安い
  • auのオンライン専用プラン
  • 豊富なオプションで自由にカスタマイズ可能
  • 20GBとは別に200円で24時間使い放題(テザリング可能)
  • 500円/月で5分以内通話無料
  • 1,500円/月で通話かけ放題

povo対応機種に機種変更

買い替え後にpovoへ移行できます

povoのレビュー

それでは早速レビューしていきます。

僕はもともとUQ mobileを使っていたので、UQ mobileからpovoへ乗り換えました。

乗り換え・申し込みはオンラインで簡単

povoはオンライン専用ということで、不安に感じることもあるかもしれませんが、乗り換えも申し込みも画面の指示に従って必要事項を入力して行くだけなので簡単です。

僕は物理的なSIMカードで申し込みを行いましたが、SIMカード到着後は冊子の記載通りに回線を切り替えて、SIMカードを差し込むだけで利用可能。

iPhoneの場合はANP設定も必要ないので、簡単に使えるようになります。

まつりくん
慣れてしまうとオンラインの方が待ち時間がなく、いつでも申し込みできるので楽です

通信速度は混雑する時間も速い

povoは価格が安いですが、通信品質に関してはauと変わりません。

通信回線が特に混雑する平日の昼(昼休みの時間帯)に通信速度を測定してみましたが、十分な速度が出ていました。

日にちと場所は違いますが過去に測定した速度は以下の通り。

回線下り速度上り速度
LINEモバイル
平日 12時ごろ測定
0.59Mbps7.12Mbps
LINEMO
平日 15時ごろ測定
66.39Mbps5.84Mbps
UQ mobile
平日 12時ごろ測定
80.14Mbps17.26Mbps
LINEMO
平日 12時ごろ測定
42.40Mbps0.39Mbps
ahamo
平日 12時ごろ測定
30.53Mbps9.65Mbps
povo
平日 12時ごろ測定
30.3Mbps4.85Mbps

LINEMO、povo、ahamoで同じ時間帯、同じ場所で測定してみましたが、快適に使える速度が出ているので混雑する昼休みでも快適に使うことができます。

また、20GBを使い切ってしまっても最大1Mbpsの速度制限なのでwebの閲覧やメールの送受信であればそこそこ快適に使うことができます。

どれを選ぶ?ahamoとLINEMOとpovoを比較 通信制限1Mbpsはどんな速度でどれくらい使える?楽天モバイルで試してみた

解約金が必要ないのでいつでも辞めれる

povoはいつ辞めても解約金が発生しません。

もし気に入らない場合や、他に魅力的なプランが登場した場合は好きなタイミングで移行することができます。

まつりくん
辞める気はなくてもいつでも辞められるという安心感は大きいです

auとUQ mobileからは無料で移行できる

普通の場合、MNPで番号そのままに移行するとMNP手数料という料金が発生します。

しかし、auやUQ mobileを使っている人がpovoへ移行する際は一切手数料がかかりません。

その逆でpovoからauやUQ mobileに戻る場合も無料。

まつりくん
僕は完全無料でUQ mobileからpovoへ乗り換えることができたので良かったです

auの各種サービスが利用できる

povoはauの各種サービスが比較的多く利用できるのも良いポイントです。

キャリアメール利用不可
あんしんフィルターfor au利用可能
家族割プラス割引・カウント対象外
21年夏までは早期特典でカウント対象
かえトクプログラム
アップグレードプログラムNX
アップグレードプログラムDX
アップグレードプログラムEX
アップグレードプログラム
auからpovoへの移行後も継続して利用可能
故障紛失サポート
故障紛失サポート with AppleCare Services
2021年夏までにauからpovoに移行した場合継続利用可能
支払い方法auからpovoに移行された場合、auでの支払い方法を継続可能
auかんたん決済利用可能

意外とauからそのまま利用できることが多いのが特徴です。

povo対応機種に機種変更

買い替え後にpovoへ移行できます

1GBが550円で追加可能220円で24時間使い放題

povoは専用アプリで様々なトッピングが可能。

通信データ関連だと1GBで500円で購入できるのと、200円で24時間限定でデータ使い放題になるトッピングがあります。

長時間の移動や出張、旅行などでかなり多くのデータを使うとわかっている時はデータ使い放題のトッピングをすることで、かなりお得に通信ができます。

povoはベースの金額が安いですが、カスタマイズ性が高いので様々なシチュエーションに柔軟に対応できるのが気に入っています。

テザリングも無料で利用可能

テザリングが使えるのかも気になるところですが、povoは追加料金不要で特に申し込みも必要なくテザリングを使うことができます。

最近はテザリング無料が当たり前でしたが、以前は有料オプション扱いだったので、一応記載しました。

povoは5G通信もできる

povoでは2021年夏から提供開始となっていますが、5G通信も利用することができます。

これから5G通信が可能なエリアがどんどん広がっていくので、5G通信に対応しているのがわかっていると安心です。

まつりくん
この料金でauの高品質通信サービスが利用できるのは以前では考えられないぐらい凄いです。

eSIMに対応

povoは物理的なSIMカードだけでなく、eSIMで契約することもできます。

nano-SIMは本体にSIMカードを差し込むのに対して、

デジタルSIMであるeSIMはQRコードからアクティベーションコードをを読み込み、自動でプロファイルをダウンロードするだけで、

本体に組み込まれているSIMカードに通信業者の情報を書き込むことができます。

ポイント
  • eSIMはSIMカードを差し替える必要なし
  • eSIMはSIMカード情報をネットを通じて書き込み・書き換えが可能

何言ってるの?と思った方もいるかと思いますが、難しく考える必要はありません。

キャリアを変更するとSIMカードをそのキャリアのSIMカードに入れ替える必要がありますが、eSIMであればネットを通じて本体に内蔵されているSIMカードの情報を買い換えることができます。

ただし、eSIMに関してはまだ難しい部分があるので、面倒と感じた方は物理的なSIMカードで契約するのがおすすめです。

申し込み時は日割りなので損しない

個人的に良かったのはpovoは月途中で加入した場合、当月は日割り計算となります。

そのため、月途中で申し込みを行っても損はしないので申し込み時期を気にしなくて良いのも良かったです。

povo対応機種に機種変更

買い替え後にpovoへ移行できます

povoのデメリット

povoのデメリットについても紹介します。

僕は既にUQ mobileを使っていたので、そんなにデメリットに感じることはありませんでしたが一般的なデメリットをまとめるとこんな感じ。

povoのデメリット
  • キャリアのメールアドレスは使えない
  • オンラインでしか契約できない
  • ショップや電話のサポートがない
  • プランが一つしかない
  • 留守番電話サービスがない
  • タブレットデータシェアプランが使えない
  • 家族割がなくなる
  • auスマートバリューが対象外
  • 自分でスマートフォンを調達する必要がある
  • Apple Watchのセルラー機能は使えない

特に注意が必要なデメリットを詳しく紹介します。

今までのメールアドレスが使えないので注意

povoに乗り換えることで@au.com/@ezweb.ne.jp のメールアドレスが使えなくなります。

何もしないまま移行すると、今まで会員登録したサービスからメールが届かなくなったりします。

少し面倒ですが、乗り換える場合は必要な会員サービスや連絡先をGmailかYahooメールに変えましょう!

おすすめはGmailかYahooメールです。

困った時は自分で解決する必要がある

povoはオンライン専用にすることによって、安い料金で高品質の通信サービスを提供しています。

そのため、ショップなどで申し込みや対応をしてもらうことができません。

サポートとしてはチャットサービスなどがあるので、そこまで不安視する必要がありませんが、自分でチャットで質問などをして解決する必要があるので、デジタル関係が苦手な方はUQ mobileの方がおすすめです。

UQ mobileだとサポートも充実しており、auのサブブランドなので品質も良く料金が安いです。

povoとUQ mobileはどっちがおすすめ?選ぶポイントは料金と容量

povoの口コミと評判

povoの口コミと評判をまとめます。

申し込みがスムーズだったとの評判が多かったので、思ったより苦労している人が少ないのが印象的でした。

povoの申し込み画面はシンプルでわかりやすく、auから引き続き利用できるサービスも多いのでスムーズな乗り換えが可能です。

見つけた口コミと評判
  • キャリアメールがなくてもなんとかなる
  • 通信速度も速い
  • MNP後の切替が簡単だった
  • 20GBで足りるのか不安

良い口コミと評判とまとめるとこんな感じ。

しばらくTwitterを眺めていましたが、特に大きな悪い口コミ等はありませんでした。

申し込みや乗り換えが思ったより簡単だったという口コミが多かったので、難しく感じる必要はなさそうです。

povoのレビューまとめ

この記事ではpovoを使ったのレビューしました。

これからpovoに乗り換えようと思っている方は宜しければ参考にしてみてください。

また、UQ mobileだと余ったデータを翌月に繰り越すことができるので、使い方によってはUQ mobileの方がお得な場合もあります。

比較した記事もありますので、良ければ関連記事もチェックしてみてください。

以上。「povo(ポヴォ)の口コミ・評判まとめ!使ってわかったことをレビュー」でした。

povoのポイント
  • 誰でも月額2,728円(税込)
  • 20GB使える
  • トッピングが豊富
  • 機種の販売はなし

機種変更についてpovoでは機種の販売をしていないので、自分で対応機種を用意する必要があります。

また、対応機種への機種変更はauオンラインショップで行うのがおすすめ。

auオンラインショップのiPhoneやAndroidスマートフォンは基本的にpovo対応機種なので、auオンラインショップを利用するのが安心です。

povo対応機種に機種変更

買い替え後にpovoへ移行できます

povoとUQ mobileはどっちがおすすめ?選ぶポイントは料金と容量 どれを選ぶ?ahamoとLINEMOとpovoを比較 povoはスマホの販売なし!簡単に好きなスマホへ機種変更する方法を紹介 【2021年最新】auの機種変更おすすめスマホランキング!性能・価格を徹底比較 auのpovoでiPhoneは使える?対応機種と使用する方法まとめ 20GBはどれくらい使える?使い方別のデータ量を解説【プラン選びに最適】 【2021年最新】auの料金プランを解説!使い方に合うおすすめプランまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。