【通信料節約】iPhoneで使える格安SIMはこちら

【Apple Watch】セルラーモデルとGPSモデルの違いを比較!それぞれのメリットを紹介

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

僕は腕時計が大好きですが、Apple Watchを使い始めてからはApple Watchが欠かせない物となりました。

そして、GPSモデルとセルラーモデル両方のモデルを買ったので、違いを比較し、それぞれのメリットを紹介します!

どちらにするか迷うと思うのでぜひ参考にしてください。

Apple WatchセルラーモデルとGPSモデルの違いを比較

セルラーモデルとGPSモデルの主な違いはこんな感じ。

モデルの違い
  • 通信方式
  • ケース素材の種類
  • 価格
ライター
違いは以外と少ないけど、奥が深い感じです。

詳しく紹介していきます!

通信方式の違いを比較

GPSモデルはiPhoneが無ければネットワークに接続することができませんが、セルラーモデルであればネットワークに接続することが可能。

iPhoneが無くても「電話」「メールのチェック」「音楽のストリーミング再生」「マップの確認」などができます。

ライター
セルラーモデルはiPhoneが近くになくてもApple Watchをフルに使えます

ただし、注意が必要なのは現在のところiPhoneを大手3キャリアで契約している必要があり、

さらにApple Watchのセルラー機能を使うには別途料金が必要です。

  • ドコモ 月額500円
  • au 月額350円
  • ソフトバンク 月額350円

Apple Watchをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

通信方式の違いのポイント
  • セルラーモデルの機能を使うには3キャリアで契約している必要がある
  • Apple Watch用の別オプションの加入も必要
  • セルラーモデルで通信サービスを契約するとiPhoneが無くてもフル機能が使える

ポイントは以上です。

ちなみによく質問があるのですが、セルラーモデルを購入しても通信契約をしないとGPSモデルと同じ機能とになります。

また、セルラーモデルを購入したからといって、必ずしも通信契約をする必要はなく、契約しなければGPSモデルとして使うことが可能です。

ライター
僕はセルラーモデルを購入しましたが、セルラー機能が必要ないと感じたので通信契約はせずにGPSモデルとして使ってます。

ケース素材の種類の違いを比較

左:アルミ、右:ステンレス

「セルラーモデルの機能が必要ないなら、GPSモデルを買えばいいじゃん」ってなりますよね。

しかし、セルラーモデルには大きな違いとしてケース素材の違いあります。

結論を言うとApple Watchの外観にこだわるならセルラーモデル一択なのです!

Series 5の素材の違い

セルラーモデル
  • アルミニウム
  • ステンレススチール
  • セラミック
  • チタニウム
GPSモデル
  • アルミニウム

GPSモデルにはアルミモデルしかありませんが、セルラーモデルは4種類の素材から選ぶことができます。

ライター
Apple Watchは腕時計なのでやはりデザインにはこだわりたいですよね。

また、セルラーモデルにはDigital Crown部分に赤丸の線が入ります。

上:セルラーモデル、下:GPSモデル

上側のセルラーモデルには赤丸が入っているのがわかるかと思います。

少しの違いですが、個人的には赤丸があった方がカッコイイです。

また、素材の違いはデザインに大きく左右するので要チェックポイントです。

各素材の特徴についても紹介します!

アルミニウムケース

Apple Watchに使われているアルミは航空宇宙産業に使用されるレベルの素材です。

各素材の中で最も重量が軽く、iPhone XRと同じ100%再生のアルミニウムが採用されています。

選択可能なカラー
  • スペースグレイ
  • シルバー
  • ゴールド

ステンレススチールケース

多くの高級時計にも使われているステンレスは時計の素材として最適です。

耐久性・耐食性も優れており、鏡面加工がかなり高級感があります。

Apple Watch Hermèsはステンレスケースのみを展開していることからもApple Watchで一番高級感のある素材と言えます。

選択可能なカラー
  • スペースブラック
  • シルバー
  • ゴールド

チタニウムケース

Apple Watch Series 5で初めて採用された素材です。

チタンは並外れた強度と軽さを誇る素材ですが、Apple Watchではステンレスと重量が変わりません。

しかし、ステンレスと比べて指紋が目立ちにくいなどのメリットも多いです。

選択可能なカラー
  • スペースブラック
  • シルバー

セラミック

エルメスを除く Apple Watch Series 5で最も価格が高いのがセラミック素材です。

Apple Watch Series 5で久しぶりに復活した素材でもあり、ホワイトカラーが印象的で、傷に強く頑丈なのが特徴です。

選択可能なカラー
  • ホワイト
ライター
セルラーモデルの機能を使わなくても、セルラーモデルが欲しくなる理由があるのです!

セルラーモデルとGPSモデルの価格の違い

セルラーモデル:ステンレス

GPSモデル:アルミ

セルラーモデルとGPSモデルの価格の違いはこんな感じ。

一番安いアルミモデルで比較しています。

GPS + セルラーモデルGPSモデル
Apple Watch series 553,800円42,800円
Apple Watch series 330,800円19,800円

本体の価格差は11,000円。

セルラー機能を使うなら別途キャリアへ別料金を支払う必要もあります。

アルミモデルを購入するのであればGPSモデルがおすすめです!

Apple Watch Series 5のセルラーモデルとGPSモデルの違い

セルラーモデルとGPSモデルの違いはSeriesによっても異なるのでSeriesごとの違いも紹介します。

まずはApple Watch Series 5の「GPS + Cellularモデル」と「GPSモデル」の違いについて

モデルSeries 5 GPS + CellularモデルSeries 5 GPSモデル
サイズ10.7mmの薄さ
チップ64ビットデュアルコアS5プロセッサ
S3プロセッサと比べて最大2倍高速
GPSGPS、GLONASS、Galileo、QZSS
防水性能耐水性能(50メートル)
スピーカースピーカー
50パーセント大きい音量
容量32GB
通信方式LTE、UMTS
Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz
Bluetooth 5.0
Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz
Bluetooth 5.0
素材・アルミニウム
・ステンレススチール
・チタニウム
・セラミック
・アルミニウム
価格53,800円〜42,800円〜

スペックを表にまとめました。

Apple Watch Series 5の「GPS + Cellularモデル」と「GPSモデル」の違いは『通信方式』『素材』『価格』の3つだけです。

Apple Watchをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

Apple Watch Series 3のセルラーモデルとGPSモデルの違い

続いてApple Watch Series 3の「GPS + Cellularモデル」と「GPSモデル」の違いについて紹介します。

モデルSeries 3 GPS + CellularモデルSeries 3 GPSモデル
サイズ11.4mmの薄さ
チップS3(デュアルコアプロセッサ搭載)
GPSGPS、GLONASS、Galileo、QZSS
防水性能耐水性能(50メートル)
スピーカースピーカー
50パーセント大きい音量
容量16GB8GB
通信方式LTE、UMTS
Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz
Bluetooth 5.0
Wi-Fi 802.11b/g/n 2.4GHz
Bluetooth 5.0
素材・アルミニウム
・アルミニウム
価格30,800円〜19,800円〜

スペックを表にまとめました。

Apple Watch Series 3の「GPS + Cellularモデル」と「GPSモデル」の違いは『容量』『通信方式』『価格』の3つです。

現在購入できるApple Watch Series 3はセルラーモデルもGPSモデルもアルミ素材のみというのがポイント。

Series 3の購入はGPSモデルがおすすめです!

Apple Watchをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

セルラーモデルとGPSモデルのメリット・デメリットを紹介

最後にセルラーモデルとGPSモデル、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

使い方に合わせて自分に合う方を選んでください!

Apple Watch Series 5

メリット

セルラーモデル
  • 好きなデザインを選べる
  • iPhoneなしでジョギングなどに出かけられる
  • 見た目がカッコイイ
GPSモデル
  • 価格が安い
  • 重量がセルラーモデルと比べて軽い

Apple Watch Series 5に関してはセルラーモデルだと素材の選択肢が広く、自分好みのApple Watchを購入することができます。

セルラーモデルを買っても、通信契約をせずにGPSモデルと同様に使えるので、アルミ以外のケースが良い方は迷わずセルラーモデルを選びましょう!

デメリット

セルラーモデル
  • 価格が高い
  • 同じ素材でもGPSモデルより重量がある
  • セルラー機能を使うなら別途契約が必要(月額料金が必要)
GPSモデル
  • ケースの素材がアルミしか選べない

本当はGPSモデルでもケースの素材を選べると良いのですが、上手く区別を付けている感じです。

Digital Crownのデザインも異なるので、腕時計としてのデザインを重視するならやはりセルラーモデルが上という感じがします。

Apple Watch Series 3

メリット

セルラーモデル
  • iPhoneなしでジョギングなどに出かけられる
  • 容量が16GB
GPSモデル
  • 価格が安い
  • 重量がセルラーモデルと比べて軽い

Apple Watch Series 3はセルラーモデルでもアルミ素材しか選ぶことはできません。

その為、セルラーモデルの機能が不要であれば、セルラーモデルを選ぶメリットほぼないです。

デメリット

セルラーモデル
  • 価格が高い
  • 同じ素材でもGPSモデルより重量がある
  • セルラー機能を使うなら別途契約が必要(月額料金が必要)
GPSモデル
  • 特になし

出かける時にiPhoneを持たないという機会はほとんど無いと思うので、Series 3はGPSモデルがおすすめ!

Series 3のGPSモデルは容量が8GBと少ないですが、iPhoneを持ち歩くので音楽はiPhoneに入れれば良いです。

Apple Watchは音楽を入れなければ容量を圧迫する原因となるものがほぼ無いので、8GBで十分と言えます。

Apple WatchセルラーモデルとGPSモデルの違いまとめ

Apple WatchのセルラーモデルとGPSモデルの違いを紹介しました。

個人的にはセルラーモデルの機能に月額料金を払うの高いのかなと感じます。

しかし、アルミ以外の素材を購入できるメリットは大きいので、好きな素材のApple Watchを買って、セルラー機能を使わないのが僕自身に合う最善策だと思っています。

皆さんも自分の使い方に合うモデルを選んでください!

まとめ
  • Series 5 セルラーモデル→選べる素材、モデルが多い
  • Series 5 GPSモデル→最新モデルを安価に購入できる
  • Series 3 セルラーモデル→セルラー機能以外は特徴なし
  • Series 3 GPSモデル→Apple Watch最安。Apple Watchを使ってみたい人におすすめ

以上です。

Apple Watchのおすすめと選び方はこちらで紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

【2019年】Apple Watchのおすすめは?選び方とモデルの違いを徹底比較

以上。「【Apple Watch】セルラーモデルとGPSモデルの違いを比較!それぞれのメリットを紹介」でした。

ライター
Apple Watchは最高の腕時計です!

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

Apple Watch Series 5のレビュー記事はこちら

Apple Watch Series 5 レビュー!エルメスモデルの魅力とSeries 4との違い・使用した評価を紹介

Apple Watch Series 4のレビュー記事はこちら

Apple Watch Series 4 レビュー!生活が変わる最先端腕時計

Apple Watchでできることはこちら

【最新】Apple Watchでできることまとめ。実際に使って特に良かった機能とは?

Apple Watchの魅力はこちら

最近のApple Watchが魅力的すぎる!便利な使い方と違いまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です