iPhone 13発売日・スペックまとめ 

Apple Watch 7とApple Watch 6の違いを比較!今買うならどっち?

Apple Watch Series 7が2021年10月15日に発売!

そこで前モデルのApple Watch Series 6とどんな違いがあるのかや、今買うならどっちが良いのかを比較します。

既にSeries 6を持っている方もどんなところが変わったのかの違いも気になると思うのでぜひ参考にしてください。

Apple Watch 7とApple Watch 6はどっちがおすすめ?

まずはApple Watch 7とApple Watch 6の違いを簡単に紹介します。

違いのポイント
  • サイズ
  • ディスプレイ
  • 搭載チップ(性能は同じ可能性が高い)
  • 耐亀裂性能
  • 充電時間

Apple Watch 7と6の違いは少なく、ディスプレイが本体の縁一杯に広がったことを除けばほとんど違いはありません。

ディスプレイは上の写真がわかりやすいですが、Series 7はディスプレイ周辺の黒い縁が極限まで少なくなっています。

それ以外の違いはほとんどなく、そこにこだわらなけらば安い時にSeries 6を購入するのもおすすめです。

ただし、Series 6は在庫分しか購入できないので、ナイキやエルメスモデルなどを購入する場合はSeries 7がおすすめ。

基本的には最新モデルを購入するのが良いので、セールなどSeries 6が大きく安くなっていない限りApple Watch Series 7を購入するのがおすすめです。

セルラーモデルをチェック

docomoユーザーはこちら

購入後ahamoへのプラン変更も可能

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

Apple Watch 7とApple Watch SEの違いを比較!どっちがおすすめ?

続いて、詳細に比較していくのでどんなところが変わったのかなどの参考にしてください。

Apple Watch 7と6の機能の違い

続いて比較する時に重要な機能の違いを紹介します。

Apple Watch Series 7ではどんな新機能が搭載されるのかかなり期待されていましたが、結局機能面はApple Watch Series 6とほぼ同じです。

7にはあって6にはない機能
  • Apple Watch史上最強の前面クリスタルがもたらす耐亀裂性能
  • これまでより速い充電(33%高速)

主な機能を表にまとめましたが本当に違いが少ないです。

ただし、充電時間が速いのは大きなメリットで、睡眠記録も含めるとほぼ24時間付けっぱなしの状態も想定されるApple Watchでは、

素早く充電できるというのは高いポイントになるので、この点は要チェックです。

またApple Watch Series 7には新型のS7チップが搭載されていますが、SEと比べて最大20パーセント高速という表記がSeries 6のS6から変わっていないので、性能は同じと思われます。

series 7series 7
GPS搭載搭載
コンパス搭載搭載
気圧高度計搭載搭載
耐水性能50m50m
血中酸素濃度センサー搭載搭載
電気心拍センサー搭載搭載
心拍センサー第3世代搭載第3世代搭載
加速度センサー最大32G
転倒検出可
最大32G
転倒検出可
コンパス搭載搭載
ジャイロスコープseries 3より進化series 3より進化
スピーカーseries 3より50%upseries 3より50%up
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
マイク搭載搭載
Apple Pay対応対応
ストレージ32GB32GB

ディスプレイを比較

最初にも紹介しましたが、Apple Watch Series 7とApple Watch Series 6の最大の違いはディスプレイ部分です。

Series 7も常時表示に対応しSeries 6よりも手首を下げた状態で70%明るくなっています。

さらに画面が本体一杯に広がっているので印象がかなり違ったものとなっています。

Series 7Series 6
45mm
396 x 484ピクセル
1143平方ミリメートルの表示領域
ディスプレイサイズが20%アップ
44mm
368 x 448ピクセル
977平方ミリメートルの表示領域
Series 3より30パーセント以上大きいディスプレイ
41mm
352 x 430ピクセル
904平方ミリメートルの表示領域
ディスプレイサイズが20%アップ
40mm
324 x 394ピクセル
759平方ミリメートルの表示領域
Series 3より30パーセント以上大きいディスプレイ
OLED常時表示Retinaディスプレイ
1,000ニトの輝度
LTPO
OLED常時表示Retinaディスプレイ
1,000ニトの輝度

Series 6から買い替える必要はないですが、これから購入する場合はSeries 7にするのが良いのかなと思います。

ただ、黒い文字盤だとせっかく広がったディスプレイが分かりにくいので、実際にはそこまでの違いは感じないと思います。

Apple Watchは消費電力削減のため、黒を背景とした文字盤がほとんどです。

その他の違いとして、Apple Watch Series 7は前面クリスタルが50%厚く、最も厚い部分でSeries 6の2倍以上の強度と耐久性になっているとのことです。

デザインを比較

デザインをしっかりと選びたい場合はApple Watch Series 6は既に在庫のみで、Apple Storeでは購入できないのでSeries 7一択となります。

一応発売当初のラインナップを比較すると以下の通り。

series 7series 6
材質・ステンレス
・アルミニウム
・チタニウム
・ステンレス
・アルミニウム
・チタニウム
アルミのカラー・グリーン
・ブルー
・レッド
・スターライト
・ミッドナイト
・ブルー
・レッド
・ゴールド
・シルバー
・スペースグレイ
ブランド・Nike
・HERMES
 
・Nike
・HERMES
 

Apple Watch Series 7のアルミモデルはレッド以外の全ての色が新色。

Apple Watchのカラーは長らく変わっていなかったので、カラー選びが楽しくなります。

Apple Watch Series 6で初登場したブルーもSeries 7では少し色が薄くなって登場しています。

セルラーモデルをチェック

docomoユーザーはこちら

購入後ahamoへのプラン変更も可能

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

サイズを比較

Apple Watch Series 7とApple Watch Series 6は僅かではありますがサイズが違います。

サイズのパターンは2種類と同じですがSeries 7は1mm大きいです。

series 7Series 6
サイズ45mm・41mm44mm・40mm

各モデルのが大きさを表にまとめると以下の通り。

モデルmmmm厚さmm重量(g)
series 7 41mm413510.732
series 6 40mm403410.730.5
series 7 45mm453810.738.8
series 6 44mm443810.736.5

サイズの小さい方は縦・横ともに1mm大きくなっていますが、サイズが大きい方は縦幅のみ1mm大きくなっています。

また重量はそれぞれSeries 6より重くなっています。

チップを性能

Apple Watchの動作速度に大きく影響するCPUチップの違いについてですが、一応仕様書では異なるCPUチップが搭載されていることになっています。

しかし、Apple Watch Series 7に搭載されているS7チップはS5よりも最大20%性能が向上しているとのことですが、これはSeries 6のS6チップの時と同じ表記です。

なのでおそらく名前が違うだけで同じ性能である可能性が高いです。

Series 6でも動作が遅いと感じることはなかったので、特に気にする必要はないと思いますが、性能アップを期待してSeries 7の購入を考えている場合は注意が必要です。

その他のワイヤレスチップもSeries 7とSeries 6は同じとなっています。

series 7series 6
チップ64ビットデュアルコア
S7プロセッサ
64ビットデュアルコア
S6プロセッサ
ワイヤレスチップW3W3
U1チップ搭載搭載

バッテリー関係を比較

バッテリーに関してはSeries 7で電池持ちがさらに良くなることに期待されていましたが、バッテリー持ちに違いはありません。

ただし、バッテリー関連の違いとしてはApple Watch Series 7はこれまでより33%速く充電できるようになっているので、バッテリーが切れそうになった時は直ぐに充電できるの便利です。

MEMO

Series 7の充電ポイント

  • 磁気高速充電 – USB-Cケーブル(1 m)を付属
  • Series 6より最大33%速く充電可能
  • 8分間の充電で8時間の睡眠記録が可能
series 7SE
バッテリー最大18時間(常時表示)最大18時間
充電磁気充電ケーブル
磁気充電ケーブル

バッテリー持ちは向上していませんが、充電する時間が速くなっているのは良い進化ポイントだと思います。

【Apple Watch 6レビュー】新色が素晴らしい!外観・機能・評価まとめ

価格を比較

最後に価格に関してですが、Series 7は前モデルのSeries 6が発売した時より価格が値上がりしています。

Series 7の価格をまとめるとこんな感じ。

全て税込表記GPS + セルラーモデルGPSモデル
Apple Watch series 760,800円48,800円

Series 6登場時の価格と比較すると1,500円ぐらい値上がりしています。

素材ごとの最低価格は以下の通りです。

  • アルミ41mm 48,800円
  • アルミ45mm 52,800円
  • ステンレス41mm 82,800円
  • ステンレス45mm 88,800円
  • チタニウム41mm 94,800円
  • チタニウム45mm 100,800円

ステンレスモデルやチタニウムは高級感があってかなり綺麗ですが、かなり高いですね。

価格に関しては今後Series 6はAmazonのセールなどで安く販売されることもあるので、少しでも安く購入したい方はセール時に要チェックです。

直ぐに欲しい場合は現時点では価格差もあまりないので、Series 7を購入するのがおすすめです。

セルラーモデルはこちら

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

購入後ahamoへのプラン変更も可能

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

以上。「Apple Watch 7とApple Watch 6の違いを比較!今買うならどっち?」でした。

Apple Watch 7とApple Watch SEの違いを比較!どっちがおすすめ? Apple Watch SEとSeries 3の違いを比較!今買うならSEがおすすめ 【2021年】Apple Watchのおすすめは?選び方とモデルの違いを徹底比較 【Apple Watch】セルラーモデルとGPSモデルの違いを比較!それぞれのメリットを紹介 サイズで迷う方必見!Apple Watchは40mmと44mmどっちがおすすめ?両方使った感想と比較 Apple Watchのアルミとステンレスの違いを比較!高級感で選ぶならステンレスモデルがおすすめ Apple Watchはどこで買うのがお得?6つの販売店の特徴まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。