どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

【Apple Watch 6レビュー】新色が素晴らしい!外観・機能・評価まとめ

2020年に9月にApple Watch Series 6が発売。これまでの最新機能に新たな機能を追加。さらに新色も登場しました。

最近のApple Watchは以前ほど驚くべき進化はありませんが、Apple Watch 6は確実に進化を遂げています。

この記事ではSeries 4からApple Watchを使い続けている僕がApple Watch 6をレビューします。

Apple Watch Series 6の購入を考えている方の参考になると思いますので、ぜひチェックしてみてください。

Apple Watch 6の特徴

まずはApple Watch 6の特徴から紹介。

Apple Watch 6の特徴
  • 血中酸素濃度測定機能を新搭載
  • S6チップで前モデルよる20%高速
  • U1チップを新たに搭載(数センチの精度で相手機器がわかる)
  • 常時表示画面の明るさがアップ
  • 充電速度が従来の1.5倍にアップ
  • バッテリー容量がアップしている
  • 常時計測の高度計に対応
  • 3つの素材のケースを選べる
  • 新色としてブルーとレッド新登場
  • 価格は42,800円〜
  • エルメスとナイキモデルがある

Apple Watch Series 6は今までの搭載されていた機能をアップし、さらに今までになかった血中酸素濃度測定機能などの新機能も追加されています。

正直、Apple Watchは使う機能が限られているので、機能が追加されても使う機会は少ないのですが、やはり最新の機能は使ってみたいですよね。

特に常時表示機能に魅力を感じる方はApple Watch Series 6がおすすめです。

まつりくん
Apple Watch Series 6は血中酸素濃度測定、新色、充電速度向上が大きな特徴です!

ちなみにApple Watchでできることはこんな感じです。

MEMO

Apple Watchでできる主なこと

  • 時間の確認
  • Siriを使った様々な操作(アラームセットが便利)
  • 通知の受け取り
  • 心拍数の計測
  • 電話を掛けることが可能
  • マップを見ることが可能
  • 高度計とコンパス機能
  • Apple Payで支払い(Suicaも登録できる)
  • 音楽アプリのリモコン(音量と曲の切替等)
  • Apple Watchに音楽を入れることも可能
  • 歩数・睡眠などの活動量計機能

Apple Watchできることについてはこちら

セルラーモデルはこちらからも購入できます。

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

Apple Watch SEとの比較はこちら

買うならどっち?Apple Watch SEとApple Watch 6の違いを比較

Apple Watch 6の外観をレビュー

次は外観をレビュー。なんと言っても腕時計なので外観が大切です

今回はチタニウムモデルを購入したかったのですが、発売日に届かないということで泣く泣く諦め、新色のブルーを購入しました。

Apple Watchの化粧箱は僕が知る限りSeries 4から変わっておらず、横長の白いデザインです。

ちなみにApple Watch SEはApple Watchのところ黒になっており、Apple Watch Series 6は白文字になっていました。

細かいな違いですが微妙に異なるようです。

新色ブルーアルミニウムケースが思ったより良い感じ

僕に限っては昨年は奮発してApple Watch Series 5 エルメスモデルをレビューしました。

その為、アルミニウムケースはめちゃくちゃ安っぽく感じるのではないだろうかと思っていましたが、ブルーアルミニウムケースは思ったよりも紺色に近い感じで、割と高級感があるデザインでした。

少なくとも写真で見るよりは断然よく、Series 4で購入したスペースグレイよりも好きです。

デザインに関しては好みが分かれるところではありますが、Series 6で初めて登場したカラーということもあり、新しい物好きの方にもおすすめ。

最新の文字盤と合わせると、最新モデルを使ってるぜ感があってアルミニウムモデルでも満足できます。

正直、男の人の腕時計は見栄の部分が多いので、同じApple Watchでもステンレスやチタニウムモデルを前にすると、少し寂しい気持ちにはなりますが、アルミニウムモデルにしかないカラーを選ぶことで、その気持ちを払拭することに成功。

素材を気にする人にもブルーケースはおすすめです。

ソロループは選択しなかった

新登場したソロループバンド

ブロガーとしては新登場したソロループを使うべきところなんですが、サイズを変えられないのはどう考えてもデメリットしかないと思い断念。

まずサイズ測定の為に専用のサイズ表を印刷するのがどう考えても面倒でしかない。

また、Apple Watchを手放す場合はどうするのだろう。

その日の環境や汗の具合に応じてバンドを緩めたい時は不便ではないか。

やはりどう考えても選ぶべきではないと思い普通に見送りました。

あとソロループバンドは発売日に届かないのも見送った原因の一つです。落ち着いたタイミングにレビュー用に購入する可能性はあります。

安定感抜群のスポーツバンド

バンドは定番のスポーツバンドを選択。

今までにエルメスの革バンドや、スポーツループを使ってレビューしましたが、やはり定番のスポーツバンドが1番。

Apple Watchらしさがあるのと、肌触りが良いので汗をかいても気になりません。

濡れても全く気にならない素材で汚れにくいメリットもあるので、とりあえず迷ったらこれを買っておくのがベストです。

Apple WatchはどのSeriesでもバンドは共通なので、このバンドは1つ持っておいて損はありません。

選べるカラーの色も多いので初めてApple Watchを買う人に最もおすすめしたいApple Watchバンドです。

Series 6はUSB電源アダプタが付属していない

今年のApple Watchは環境に配慮してUSB電源アダプタを付属しなくなりました。

本当に環境の問題?と思う部分はありますが、エルメスモデルとApple Watch Editionにが電源アダプタが付属されているので、費用の削減が目的のような気がします。

長年iPhoneを使っている人であれば、USB電源アダプタはかなり余っていると思うので、問題ないと思いますが、持っていない場合は別途購入する必要があります。

もし購入する場合は今時5Wの電源アダプタは出力が小さすぎるので、他の電源アダプタを購入するのがおすすめです。

【高速充電対応】絶対に買うべきiPhoneのUSB充電器おすすめ8選

本体のカバーがケチられている

Apple Watchは開封するとカバーのような物に包まれているのですが、これがケチられていました。

今までは少し高級感のある布カバーだったのですが、今シリーズは紙に変更。

これはどう考えてもケチられています。

Apple Watch Series 4の時はこんな感じの布カバーだった。

これはアルミのGPSモデルなので今回購入したApple Watch Series 6と同じグレード。

こちらが昨年レビューしたApple Watch Series 5。

こっちはエルメスモデルの為、カバーも少し高価な物を使用されているので、一概に比較はできませんが他のモデルも布カバーだったと記憶しています。

Apple Watch Series 6は高級感があるように見えますがこれはただの厚紙。ケースと呼べれる代物ではありません。

またApple Watch SEに限ってはただのナイロンでした。(写真左側がApple Watch SEの付けられていた物)

まぁこんな細かいところを気にする人がどれくらいいるかは疑問ではあるのですが、少なくとも僕はあの布ケースにテンションが上がったのを鮮明に記憶しているので残念でした。

Apple Watch 6の機能をレビュー

Apple Watch Series 6の目玉機能はなんと言っても血中酸素濃度を測定できることです。

昨年のApple Watch Series 5で追加された常時表示対応ディスプレイを搭載しつつ、スペックをアップ。

さらなる健康機能のアップでより完成形に近づいたモデルになっています。

機能・スペックを表にまとめると以下の通り。

Series 6Apple Watch SE
サイズ40mm・44mm40mm・44mm
チップ64ビットデュアルコア
S6プロセッサ
64ビットデュアルコア
S5プロセッサ
ワイヤレスチップW3W3
材質・アルミニウム
・ステンレス
・チタン
・アルミニウム
電気心拍センサー搭載非搭載
血中酸素濃度搭載非搭載
心拍センサー第2世代搭載第2世代搭載
加速度センサー最大32G
転倒検出可能
最大32G
転倒検出可能
スピーカーseries 3より50%upseries 3より50%up
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
ストレージ32GB32GB
ディスプレイLTPO OLED 常時表示RetinaディスプレイLTPO OLED Retinaディスプレイ
バッテリー最大18時間最大18時間

昨年発売されたSeries 5からの進化点をまとめると以下の通りです。

Series 6とSeries 5の違い
  • プロセッサーがS5→S6
  • 血中酸素濃度アプリを搭載
  • セラミックモデルが廃止
  • 常時計測の高度計
  • アルミモデルでブルーとレッドを選択可能
  • U1チップ

Apple Watch Series 6の機能をSeries 5と比較しながらレビューしていきます。

他モデルの比較記事

Apple Watch SEとSeries 3の違いを比較!今買うならSEがおすすめ 買うならどっち?Apple Watch SEとApple Watch 6の違いを比較

アプリはサクサク快適に使うことが可能

Apple Watch Series 6は昨年のSeries 5より性能アップしたS6チップを搭載。

正直、Series 5でも十分快適に使えていたので、違いは感じなかったのですが、アプリの起動だけでなく文字盤のカスタマイズや切り替えなどもサクサク動きます。

かなり前にはなりますが、Apple Watchは動作が遅くてイマイチと言われていた時代がありました。

その時のようなストレスは全くなく、こちらがタップしたことは迅速的に反映され、Siriに関してもスムーズに使うことが可能。

動作速度を気にする必要はないです!

ヘルスケアの新機能は興味深い

発表会でも大々的に紹介されたApple Watch Series 6の目玉機能がこれです。

測定時間は15秒でこの間に腕を動かすと「測定がうまくいきませんでした」と表示されるので、測定中はじっとしておく必要があります。

初めて使用する際には測定方法をレクチャーしてくれるので、特に測定が難しい訳ではありません。

心拍数のように自動的に測られる物ではなく、自分でアプリを開いて測定する必要があるようで、測定したデータはヘルスケアアプリに記録されるようになっています。

最初は嬉しくなって度々測定してしまいますが、飽きたあとは使わなくなるかも。

また、半日使った感じでは大きくバッテリーを消耗することもありませんでした。

常時表示機能に対応

Series 5に引き続いて文字盤の常時表示に対応。

こちらはSeries 5同様に重要な部分以外は暗くなるという感じで表示されます。

やはり常時表示の設定をオフにした時よりはバッテリー消耗が速い感じがするので、バッテリー持ちが気になる方はオフにしておいた方が良いですね。

ただ、常時表示をする時は表示される面積の少ない文字盤を選ぶようにするなど、自分で対策できることもあるので、どうしても常時表示をしたい場合は表示面積の少ない文字盤を選ぶのがおすすめです。

Apple Watch 5の常時表示をオフにする方法!バッテリー節約にはオフがおすすめ【Series 5】

Apple Watch Series 6はSeries 5よりも常時表示中の画面が明るくなっていますが、特に使っていて大きな違いには感じませんでした。

まつりくん
僕は常時表機能は不要なのでレビュー時以外はオフにしています。

常時計測の高度計が楽しい

Apple Watch Series 6は新たに高度を常時測定することが可能になりました。

そんなん使う?って感じはしますが、文字盤に表示させることができるので、ふとした時に自分が今どれくらいの高さにいるのかがわかると便利です。

知らない土地だと防災対策にもなりそう。

とにかく文字盤に高度計があると、カスタムされた感が凄いので男心をくすぐること間違いなしです!

出典:https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-6/

公式サイトからの引用にはなりますが、高度計だけでなく、様々なウィジェットを文字盤に表示可能。

文字盤をカスタムできる腕時計ってだけで最強なのに、表示できる項目がかなりマニアックなのも素晴らしいです。

OSアップデートで睡眠アプリを搭載

Apple Watch Series 6のみが使える機能ではありませんが、OSアップデートで待望の睡眠アプリを搭載。

加速度センサーを使って、呼吸をする時のわずかな動きを検知し寝ている状態と起きている状態を見分けるようです。

使い方は簡単でまず目標の睡眠時間をセット。

起床時間等を設定すると完了です。

朝起きると睡眠時間等が記録され、過去1週間分の睡眠時間を確認することができます。

このスケジュール等はiPhoneのヘルスケアアプリでも管理が可能。

自分の睡眠時間をチェックしたい場合に良いのかなと思います。

睡眠アプリについては動画でレビューしましたのでぜひ参考にしてください!


バッテリー持ちと充電速度について

常時表示状態で1日使ってみたのでバッテリー持ちについて紹介します。

使用状況
  • 時間の確認
  • 文字盤の常時表示
  • 通知(1日20件ほど)
  • Siri(タイマーとアラームセット)
  • 心拍計測
  • 高度計

以上の機能をレビュー等を意識せず普通に日常を過ごす感じで使用しました。

バッテリー状況
  • 9:00 装着開始 100%
  • 21:00 帰宅 70%(帰宅後一時取り外し)
  • 0:00 就寝前 69%
  • 8:30 起床後 50%(睡眠アプリ使用)

正直、常時表示でここまでバッテリーが持つとは思いませんでした。

また、新たに追加された睡眠機能を試してみたのでほぼ24時間充電無しで使用しましたが、バッテリー残量は50%だったので、睡眠アプリを十分に使用することも可能です。

その後30分充電すると30分で50→89%まで回復

従来のApple Watchと比べると1.5倍ぐらい充電速度が速くなっています。

日中にApple Watchを使って、夜は睡眠アプリとして使うのは流石に無理だろって思っていましたが、これだけ充電速度が速いと可能ですね。

まつりくん
Apple Watch Series 6はバッテリーがかなり改善されています

Apple Watch 6を使った評価

最後に評価をまとめると、正直機能面ではApple Watch SEで十分ですし、Series 4やSeries 5から乗り換える必要もないです。

まず、絶対に必要な機能が追加されている訳ではないのと、バッテリー持ちは同じで、デザインも色以外は変わっていません。

左から6、5、SE、4

既にSeries 5で完成されてしまっている感がどうしても拭えないので、長年Apple Watchを使っている人からすると、Series 6を購入しても満足度は上がらないと思います。

ただし、初めて購入する人やSeries 3以前を使っている人で、常時表示やアルミ以外の素材を選びたい方にはおすすめ。

Apple Watch 6のメリット
  • 血中酸素濃度測定が可能
  • 文字盤の常時表示が可能
  • バッテリー持ちが改善
  • 新色を使える
Apple Watch 6のデメリット
  • 進化ポイントは少ない
  • 現状U1チップの使い道がない

Apple Watchは毎年どんどん機能が追加されていますが、価格はほとんど変わっていません。ということは年を重ねて新型が登場する度にコスパが良くなっていると言えます!

Apple Watchの魅力は別記事で紹介していますが、本当に生活を買えるレベルの大きな魅力があり、デザイン面でも文字盤を細かくカスタマイズできるので、めちゃくちゃ楽しいです。

Series 6は新規機能を追加して、多数のモデル・素材から選ぶことができるので、よりオリジナリティの高いApple Watchが欲しい方はぜひチェックしてみてください!

セルラーモデルはこちらからも購入できます。

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

動画でのレビューはこちら


関連記事ではサイズの違いや、素材の違いについても解説していますので、参考になると思います。

よろしければチェックしてみてください。

Apple Watch SE レビュー!必要十分な機能と価格が魅力のコスパ最強モデル 【最新】Apple Watchでできることまとめ。実際に使って特に良かった機能とは? サイズで迷う方必見!Apple Watchは40mmと44mmどっちがおすすめ?両方使った感想と比較 Apple Watchのアルミとステンレスの違いを比較!高級感で選ぶならステンレスモデルがおすすめ 【Apple Watch】セルラーモデルとGPSモデルの違いを比較!それぞれのメリットを紹介 【2020年】Apple Watchのおすすめは?選び方とモデルの違いを徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。