どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

買うならどっち?Apple Watch SEとApple Watch 6の違いを比較

2020年のApple Watchは「Series 6」と価格を抑えた「SE」が発売されました。

Apple Watch SEはSeries 3とSeries 6の中間に位置するモデルでSeries 6より価格が13,000円安くコスパが良いのが特徴。

そしてSeries 6は最新機能が使える魅力があり、どちらを購入するか迷うという方も多いと思います。

この記事でApple Watch Series 6とApple Watch SEの違いについて比較。

どちらがおすすめかを紹介しますのでぜひ参考にしてください。

どっちがおすすめ?

左:SE、右:Series 6

結論から言うと少しでも価格を抑えたいという気持ちがあるのであればApple Watch SEがおすすめです。

逆にケースの素材にこだわったり、高級感のあるApple Watchが欲しい方はSeries 6一択になります。

それぞれのメリット・デメリットについてまとめます。

Apple Watch 6のメリット・デメリット

出典:Apple公式サイト

Series 6は最新の機能が備わったApple Watchの最新モデルです。

素材はアルミ、ステンレス、チタンから選ぶことができ、高級感のあるモデルを選択可能。

さらに新たに血中酸素濃度測定が可能になっており、より健康機能が強化されたモデルとなっています。

メリット
  • ケースの素材を選べれる
  • 血中酸素濃度計を新搭載
  • 常時表示可能なディスプレイ
デメリット
  • 価格が高い
【Apple Watch 6レビュー】新色が素晴らしい!外観・機能・評価まとめ

セルラーモデルをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

Apple Watch SEのメリット・デメリット

出典:Apple公式サイト

Apple Watch SEはSeries 6と同じ筐体を使用していますが、機能を削ってその分安くなっているのが特徴です。

それでも必要十分な機能を搭載しており、Series 3よりもスペックが大幅にアップしているにも関わらず価格差は約1万円。Series 6と比べると約2万円も安くなっているのでかなりコスパが良いです。

メリット
  • 必要十分な機能を搭載
  • Series 3より快適に使える
  • ディスプレイサイズはSeries 6と同じ
デメリット
  • ケースの素材は選べない
  • 常時表示機能はない
Apple Watch SE レビュー!必要十分な機能と価格が魅力のコスパ最強モデル

セルラーモデルをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

機能の違い

Series 5

Apple Watchを選ぶ時に気になるのが機能の違いですよね。

Series 6とApple Watch SEの機能の違いはこちら

Series 6のみ搭載の機能
  • 常時表示機能
  • 血中酸素濃度アプリ
  • 電気心拍センサー
  • U1チップ搭載

Series 6の搭載されている機能は確かに魅力的ではありますが、価格が高いのでここまでの機能は必要ないとも言えます。

全ての機能を比較すると以下の通りです。

series 6SE
GPS搭載搭載
コンパス搭載搭載
気圧高度計搭載搭載
耐水性能50m50m
血中酸素濃度センサー搭載非搭載
電気心拍センサー搭載非搭載
心拍センサー第2世代搭載第2世代搭載
加速度センサー最大32G
転倒検出可
最大32G
転倒検出可
コンパス搭載搭載
ジャイロスコープseries 3より進化series 3より進化
スピーカーseries 3より50%upseries 3より50%up
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
マイク搭載搭載
Apple Pay対応対応
ストレージ32GB32GB

Apple Watch SEは血中酸素濃度測定と心電図に対応していませんが、心拍数は高精度に測ることが可能。さらに転倒検出機能やコンパス機能も搭載されています。

SEでも十分すぎる機能を搭載しているので、余程のこだわりがなければApple Watch SEがおすすめです。

ディスプレイ

ディスプレイはSeries 6は常時表示に対応。

僕自身Series 5で常時表示を使っていましたが、明らかにバッテリー持ちが悪くなったので、すぐに使わなくなりました。

常時表示は確かに良いですが、実用的ではないのでこの機能は搭載されていなくても問題なしです。

常時表示が必要なければApple Watch SEもディスプレイスペックは変わらないので、SEがおすすめです!

Series 6SE
44mm
368 x 448ピクセル
977平方ミリメートルの表示領域
Series 3より30パーセント以上大きいディスプレイ
44mm
368 x 448ピクセル
977平方ミリメートルの表示領域
Series 3より30パーセント以上大きいディスプレイ
40mm
324 x 394ピクセル
759平方ミリメートルの表示領域
Series 3より30パーセント以上大きいディスプレイ
40mm
324 x 394ピクセル
759平方ミリメートルの表示領域
Series 3より30パーセント以上大きいディスプレイ
LTPO
OLED常時表示Retinaディスプレイ
1,000ニトの輝度
LTPO
OLED Retinaディスプレイ
1,000ニトの輝度

その他について正直は何を言っているのかわからないですよね。

基本的に常時表示ができるかできないかの違いしかないので、Apple Watch SEでも必要十分。

省電力効果のあるLTPO技術はApple Watch SEにも搭載されています。

MEMO

LTPO→ディスプレイ書き換え時の消費電力を大幅に削減

OLED→有機ELディスプレイ

LTPO技術と有機ELディスプレイを組み合わせることで消費電力を大幅に削減することが可能。

さらに有機ELディスプレイは個々の素子が発光する為、ディスプレイの薄型化が可能で、完全な黒を表現することができます。

その為、暗い場所で画面全体が光ことなく、文字盤のみを光らせることができるので時計として最適です。

デザイン

Series 6ではSeries 5で再登場したセラミック素材が再び廃止に。

Apple Watch SEとのデザインの差もありませんが、選べるケースの素材と色が異なります。

Apple Watchに高級感を求める方やブルーとレッドカラーを選びたい場合はSeries 6を選ぶ必要があります。

series 6SE
材質・ステンレス
・アルミニウム
・チタン
・アルミニウム
ブランド・Nike
・HERMES
 
・Nike
Apple Watchのアルミとステンレスの違いを比較!高級感で選ぶならステンレスモデルがおすすめ

サイズ

サイズに関してはSeries 6もApple Watch SEも違いはありません。

どちらとも40mmと44mmケースが用意されているので、自分の腕に合う方を選ぶことができます。

また、バンドも共通して使うことが可能。

40mmに対応したバンドは40mmケースと38mmケースに使用できます。

44mmに対応したバンドは44mmケースと42mmケースに使用可能です。

series 6SE
サイズ44mm・40mm44mm・40mm
モデルmmmm厚さmm重量(g)
series 6 40mm GPS403410.430.5
series 6 40mm Cellular403410.430.5
series 6 44mm GPS443810.436.5
series 6 44mm Cellular443810.436.5
SE 40mm GPS403410.430.49
SE 40mm Cellular403410.430.68
SE 44mm GPS443810.436.2
SE 44mm Cellular443810.436.36
サイズで迷う方必見!Apple Watchは40mmと44mmどっちがおすすめ?両方使った感想と比較

チップ

Apple Watchの動作速度に大きく影響するCPUチップの違いについてですが、Apple Watch Series 6は最新のS6チップを搭載。

Apple Watch SEは前モデルのSeries 5と同じCPUが搭載されています。

S6チップはS5よりも最大20%性能が向上しているとのことですが、どちらも快適に使えると思って問題ありません。

パフォーマンスによる差は気にしなくて良いです。

series 6SE
チップ64ビットデュアルコア
S6プロセッサ
64ビットデュアルコア
S5プロセッサ
ワイヤレスチップW3W3

バッテリー

バッテリーに持ちに関しては同じですが、Series 6は従来より20%速く充電できるようになったとのことです。

短時間で充電したい場合はApple Watch SEよりも高速で充電できるので便利。

睡眠時もApple Watchを付けたい方はSeries 6を選ぶのが良いですね。

series 6SE
バッテリー最大18時間(常時表示)最大18時間
充電磁気充電ケーブル
磁気充電ケーブル

価格

出典:Apple公式サイト

最後に価格に関してですが、1番安いモデルで比較すると差額約13,000円。

それほど価格差があるわけではないですが、約3万円で買えるのと、4万円台後半で買えるのとでは全然インパクトが違いますよね。

Apple Watch SEでもApple Watchが持つ魅力的な機能はほぼ全て使うことができ、デザインや使い勝手も変わりません。

この差額あればバンドをグレードアップしたり、他の機器を買うこともできるので、特に健康機能にこだわりがないのであれば、Apple Watch SEで十分です。

とりあえずApple Watchを使ってみたい方はSeries 6や更に価格が安いSeries 3よりもApple Watch SEがおすすめです。

ぜひ参考にしてみてください!

GPS + セルラーモデルGPSモデル
Apple Watch series 653,800円42,800円
Apple Watch series SE34,800円29,800円

セルラーモデルはこちら

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

動画での比較はこちらです!


Apple Watch SEとSeries 3の違いを比較!今買うならSEがおすすめ 【2020年】Apple Watchのおすすめは?選び方とモデルの違いを徹底比較 【Apple Watch】セルラーモデルとGPSモデルの違いを比較!それぞれのメリットを紹介 サイズで迷う方必見!Apple Watchは40mmと44mmどっちがおすすめ?両方使った感想と比較 Apple Watchのアルミとステンレスの違いを比較!高級感で選ぶならステンレスモデルがおすすめ Apple Watch Series 5 レビュー!エルメスモデルの魅力とSeries 4との違い・使用した評価を紹介 Apple Watchはどこで買うのがお得?6つの販売店の特徴まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。