iPhone 11登場!新型iPhoneについてはこちら

【最新】Apple Watchでできることまとめ。実際に使って特に良かった機能とは?

スマートウォッチが大人気ですが、その中でもスマートウォッチのパイオニア的存在であるApple Watchが気になる方も多いのではないでしょうか。

正直、iPhoneを使っているのであればApple Watchほど優れたスマートウォッチは他にありません。

腕時計はファッション性が大事で男性であれば高級腕時計が気になる方も多いと思いますが、Apple Watchは高級時計を外してでも使いたいと思わせる魅力的な腕時計なのです。

しかし『Apple Watchでできること』がピンと来ないと思うことも多いですよね。

この記事では『Apple Watchでできること』を紹介します。

Apple Watchの購入を迷っている方は是非参考にしてください。

また、セルラーモデルの購入は各社公式オンラインショップがお得です。

手数料が完全無料(ドコモ)で料金が安く、24時間注文することができ、待ち時間もありません。

オンラインショップ限定のキャンペーンを開催していることもあるのでぜひチェックしてみてください。

Apple Watchでできることを一覧で紹介

それでは早速Apple Watch(アップルウォッチ)でできることを一覧で紹介します。

Apple Watchでできること
  1. 時刻の確認
  2. ストップウォッチ
  3. タイマー
  4. iPhoneの通知を確認
  5. LINEのメッセージの確認・返信
  6. 電話を掛ける・電話に応答する
  7. 音楽を聴く(Apple Watchのみで可能)
  8. 再生している音楽・動画のコントロール
  9. Siri
  10. Apple Payが利用できる
  11. Apple Watchに登録したSuicaで改札を通過できる
  12. 心拍数の測定
  13. 活動量計機能(歩数・バイタル・スタンド時間など)
  14. 防水機能(シリーズによって性能が異なる)
  15. Apple Watchで地図を確認
  16. iPhoneのカメラをリモート操作
  17. iPhoneの音を鳴らして探すことができる
  18. 簡単な懐中電灯として使える
  19. カスタマイズできる文字盤
  20. バンドの種類が多く個性が出せる
  21. Macのロックを解除
  22. 転倒時等の緊急連絡機能

この他にも探せばまだできることはありますが、主要な機能はピックアップできていると思います。

また、Apple Watch向けのアプリをApp Storeでダウンロードすることで機能を拡張することも可能。Apple WatchはOSをAppleがしっかりと開発しているので将来性も高く、今後の機能追加も期待できます。

セルラーモデルはこちら

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

セルラーモデルはiPhoneが近くになくてもApple Watchで電話等が可能です。

⇨詳しくはこちら

【2019年】Apple Watchのおすすめは?選び方とモデルの違いを徹底比較

Apple Watchでできることを詳しく解説

先ほど紹介したApple Watchでできることを一つずつ詳しく紹介していきます。

ライター
詳しく紹介したいと思う機能を抜粋して紹介しています。

時刻の確認

Apple WatchはiPhoneが取得した現地の時間が自動で調整されます。

その為正確な時間を知ることができ、他の時計同様に時計としての機能を十分に果たしてくれます。

ストップウォッチ

Apple Watchはストップウォッチとしてももちろん使えます。

それだけではなく『アナログ』『デジタル』など様々な表示方法を選ぶことが可能です。

タイマー

Apple Watchでよく使う機能なのですが、Apple Watchは常に手元にあるのでタイマー機能がかなり便利です。

Siriが使えるので小さい画面を操作する必要がなく、Siriを起動して「3分測って」と言うだけでタイマーセットが完了。

麺類の茹で時間やカップラーメンを食べる時など日常的に使う機会が多いので、正直これだけでApple Watchを買って良かったと思える優れた機能です。

iPhoneの通知を確認

Apple Watchの醍醐味と言えばこれですよね。

Apple WatchはiPhoneの通知を直接肌に振動を与えて伝えてくれるので、通知が気づかないと言うことがありません。

iPhoneをマナーモードにしていても通知に気づくことができるのは良いですね。

さらに、通知が来た状態で時計を見る仕草をすると通知内容がApple Watchに表示されます。

通知内容を瞬時に確認できるので、急ぎの連絡かどうかを判断できるのが便利です。

LINEのメッセージの確認・返信

iPhoneからの通知で多いのはやはりLINEではないでしょうか。

Apple WatchはこのようにLINEのメッセージ内容を確認することが可能です。

また、あらかじめ用意された「オーケー」「了解」「今向かっています」といった定形分であればワンタッチで返信することが可能。

さらに音声による文字入力もできます。

待ち合わせ時などにかなり役立つので一度使うとApple Watchを手放せなくなる便利さです。

電話を掛ける・電話に応答する

着信があるとApple Watchが振動で伝えてくれます。

そのままApple Watchで通話をすることも可能で、Apple WatchからiPhoneに入っている連絡先を使って電話を掛けることもできます。

また、セルラーモデルであればiPhoneと繋がっていない状態でも電話が可能。

例えばジョギングにiPhoneを持たずにApple Watchだけを着けて行っても連絡を受けることができます。

音楽を聴く

Apple Watchはモデルによって異なりますが、シリーズ4のApple Watchには16GBの内部ストレージがあり、Apple Watchに単体で音楽を聴くことができます。

音楽はiPhoneに入っていApple Watchのアプリを使って簡単に入れることができるので、わざわざ別で同期するという必要もありません。

再生している音楽・動画のコントロール

私はAirPodsを使ってiPhoneに入れてある音楽を聴くことが多いのですが、Apple Watchには生活を激変させるほど便利な音楽プレイヤーのリモコンとしての機能があります。

Apple Watchで次の曲に飛ばしたり、戻したり、音量の調整をすることができるので、普段音楽をよく聴く人は生活が変わると言っても良いほど便利だと感じるはずです。

特にAirPodsのなどの完全ワイヤレスイヤホンは直接音量の調整ができない物が多いので、周囲の環境に合わせて即座に音量調整ができあるApple Watchはかなり便利です。

Apple WatchのSiriが超便利

iPhoneのSiriもかなり便利ですが、常に腕にあるApple Watchで使うSiriは『自分専用の秘書』がいるような感じです。

私はApple Watchを購入するまでSiriを使っていなかったのですが、Apple Watchを購入してからはちょっとした時間を測ってもらったり、外の気温を教えて貰ったりとかなり使っています。

Apple Watchに登録したSuicaで改札を通過できる

Apple Payに入れたSuicaによって支払いをすることが可能です。

手元の時計で支払いができるってかなり未来的ですよね。

ただし、右利きの方はApple Watchを左手に着けると思うのですが、改札の読み取り部分は右側にあるので不便です。

ライター
私も最初はApple Watchで支払うことに憧れがあったのですが、右利きで不便なので改札を通る時はiPhoneを使っています。

iPhoneとApple Watchで同じSuicaは使えないので注意が必要です。

Apple Watchの活動量計機能

Apple Watchは活動量計の基本機能(心拍数・歩数など)を備えているだけでなく、エクササイズを促進させてくれます。

例えば長時間座っているとApple Watchが「そろそろ立ちませんか」と通知してくれます。

適度な運動は健康に不可欠なのでApple Watchが運動に協力してくれるのは魅力的です。

また、運動によってリングを完成させたりとゲーム感覚でアシストしてくれるので、ついつい体を動かすのが面倒になってしまう時も楽しく運動ができます。

実施したアクティビティに応じてリングが完成していくのでやりがいがあります。
それぞれのリングの意味はこのようになっており、楽しく活動ができます。

Apple Watchは防水機能が優れている

Apple Watchは50mの耐水性能があります。

なのでApple Watch Series 2 以降ならApple Watchを着けたままスイミングをすることが可能。

スイミングの距離や消費カロリー、心拍数を確認することができます。

ライター
優れた活動量計としてもApple Watchが便利ですね

Apple Watchは文字盤カスタマイズの種類が豊富

Apple Watchは自由に変えることができる文字盤の種類がかなり多いです。

キャラクーデザインだとミッキーだけでなく、ミニーマウスやトイストーリーの文字盤もあります。

デザインもいくつか種類がありその中から選ぶことができます。例えばミッキーならカラーと白黒を選ぶことができます。

そして便利なのが文字盤のデザインによって表示できる項目は異なりますが、ミッキーマウスデザインなら左上、右上、下に表示させたい項目を選ぶことができます。

表示させることができる項目は非常に多く、ストップウォッチや心拍数、株価、新着メッセージ、月の位相、消費カロリーなど様々な項目から選んで表示させることができます。

これはほんの一部ですが、種類がありすぎてどのデザインにするか迷うほど多くの種類があります。

また同じデザインでも数十種類のカラーを選べるデザインもあるので、カスタマイズ性はかなり高いです。

特にこの『Infograph』と言うデザインはカラー、表示させる機能等の数がかなり多く唯一無二に等しいデザインを作り上げることが可能です。

緊急時には緊急連絡先へ自動的に連絡が行く

Apple Watch series 4には新しい加速度センサーとジャイロスコープが搭載されたことにより、転倒を検知することができます。

転倒などの事故が起きると通知が届くのでそこから素早く緊急通報することが可能です。

また、60秒たっても反応がない場合は自動的に緊急電話に発信され、指定した緊急連絡先にメッセージが送信されます。

Apple Watchは自身を守る腕時計にもなるというのが凄いです。

Apple Watchを実際に使って特に良かった機能

最後にApple Watchを使って特に良かった機能を紹介します。

私が使っているのはApple Watch Series 4 のGPSモデルです。

⇨レビュー記事はこちら

Apple Watch Series 4 レビュー!生活が変わる最先端腕時計

通知機能は本当に便利

やはりApple Watchの醍醐味は通知機能です。

特に出掛けて別行動する時などに本当に役立ちます。

来たメッセージに『オーケー』や『了解』や『今向かってます』などの簡単な返答はタップするだけで良いですし、例えばショッピングセンターで少し離れて買い物をしている時などは確実に通知を知ることができるので本当に便利です。

また、私の地元は有名な祭りがあるのですが、祭り期間中は意外と家族や友人からの連絡が多いです。

しかし祭りに参加していると太鼓の音など周囲の音でiPhoneに着信があっても通全く気付きません。

Apple Watchはそんな環境でも腕に直接振動を与えてくれるので気付かないということが絶対無く、おかげさまで「祭り中でも連絡が返ってきて良かった」と家族からの評判も良かったです。

Apple Watchは安いとは言いませんが、機能を生活が変わることを考えるとかなりコスパが良いです。

防水なので水を気にしなくて良い

Apple Watchは防水機能があるので、顔を洗う時や家事をするとき、プールに行く時など水を気にする必要がありません。

ほとんどの腕時計は防水機能があるのですが、Apple Watchのように高機能で防水機能まであると文句の付け所がないです。

ライター
防水機能があるだけで腕時計としての幅がかなり広がります

活動量計機能が楽しい

社会人になると特に気になってくると思うのですが、自分で意識しない限り体を動かすことが激減してしまいます。

やはり体のことは気になりますし、遊ぶときに体力が落ちたなと感じると寂しいです。

iPhoneにもヘルスケアのアプリがありますが、Apple Watchを付ければ更に正確に、細かい数値まで見ることができるので、1日の活動量が目に見えてわかります。

体を動かすのが好きではない人も、率先して体を動かすことを意識できるので、Apple Watchはかなりおすすめです。

ライター
Apple Watchを着けると自然と体を動かしたくなります。

まとめ

Apple Watchでできることについて紹介しました。

Apple Watchでできることを改めて書き出すと本当に凄いスマートウォッチなんだなと感じます。

私はもともとApple製品が好きということもありますが、それを抜きにしてもApple Watchが欲しいと思うでしょう。

Apple Watchが使いたいが為にiPhoneに乗り換えたという方もいるので、興味のある方は購入することをおすすめします。

本当に生活が変わる便利な物です。

セルラーモデルはこちら

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

セルラーモデルはiPhoneが近くになくてもApple Watchで電話等が可能です。

⇨詳しくはこちら

【2019年】Apple Watchのおすすめは?選び方とモデルの違いを徹底比較

以上。「【最新】Apple Watchでできることまとめ。実際に使って特に良かった機能とは?」でした。

iPhoneのおすすめ記事はこちら

【2019年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!スペックの比較と選び方【11 Pro/11/XS/XR/X/8/7】 【2019最新】iPhoneをパワーアップ!おすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ 一眼レフカメラに勝てる!?iPhone XS/XS Maxカメラ性能比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です