新型iPhone SEの価格を比較 

親がiPhoneを買ってくれない!買ってくれない理由と対処法まとめ

最新のiPhoneが欲しいけど親が買ってくれないや、スマートフォンを買う時にiPhoneはダメと言われて悩んでいる学生も多いのではないでしょうか。

せっかくの楽しい学生生活にiPhoneがあればさらに楽しくなりますよね!

この記事ではAppleブロガーの僕が親がiPhoneを買ってくれいない時の対処法について紹介します。

iPhoneを買ってくれなくて悩んでいる学生向けに応援の気持ちで書いているのでぜひ参考にしてみてください。

親がiPhoneを買ってくれない理由と対処法

まずは親に立場になってなぜiPhoneを買ってくれないかを考えてみたいと思います。

買ってくれない理由
  • iPhoneは高いと思い込んでいる
  • みんな持っているから買うという理由が気に食わない
  • 高校生や中学生にiPhoneは贅沢だと思っている

ざっとまとめるとこんな感じではないでしょうか。

実際にスマートフォンを子供に持たせるのは高い本体代だけでなく、毎月の通信料も必要なので親としてもかなり大変です。

実際に働きだすとわかりますが、中高生あたりになると出費も多くスマホを持たせるのは結構大変なんです。

スマートフォンを持たせて貰えるだけありがたいという気持ちも持ちたいところですね。

それぞれの理由について詳しく解説します。

iPhoneは高いと思い込んでいる

iPhoneを買ってくれない理由として多いのがiPhoneは高いと思い込んでいるパターンです。

確かにProモデルのiPhoneは高いので、さすがにProモデルをお願いするのは酷ですが、iPhoneはバリエーションも豊富で安いiPhoneもあります。

むしろ性能が良く価格も安いのでiPhoneはコスパに優れているとも言えます。

買ってくれない理由が高いと思い込んでいるパターンの場合は、安いiPhoneもあるということを説明するのがおすすめです。

関連記事:iPhoneの一番安い機種はどれ?安く買うなら型落ちモデル断然お得

関連記事:迷う方必見!iPhoneを選ぶメリットとデメリットを正直に解説!

みんな持っているから買うというのが気に入らない

親自身がiPhoneを使っていない場合、なんでiPhoneなんだ!という理由でiPhoneを買ってくれない場合もあります。

スマートフォンは高い買い物なので「みんな持っているから」という安易な気持ちで選んで欲しくないという本音が隠れているのかもしれません。

こういう場合はiPhoneが優れているところや、なぜiPhoneが欲しいのかを明確に説明するのがおすすめです。

Androidと比較したiPhoneのメリットなどはこちらの記事にまとめているのでよろしければ参考にしてください。

関連記事:どっちが良い?AndroidスマホよりiPhoneをおすすめする理由と比較

高校生や中学生にiPhoneは贅沢だと思っている

1番やっかいなパターンがそもそも高校生や中学生にiPhoneを持たせるのは贅沢だと思っているパターンです。

確かに親としては「安い機種で良いよ」という謙虚な姿勢を子供には持って欲しいとの気持ちもわかります。

しかし、一度きりしかない学生時代をさらに楽しいものにするにはぜひともiPhoneを使って欲しいです。

こういう場合の対処法をまとめると以下の通り。

対処法
  • 型落ちの安くなったiPhoneで良いというのを伝える
  • iPhoneが良い理由とメリットを伝える
  • 学生時代の大切な思い出を綺麗な画質で残したいことを伝える

親だって子供には楽しい学生生活を送ってもらいたいのは間違いありません。

まず安くなったiPhoneで良いというのを伝えて謙虚さをアピールします。

そして、iPhoneであれば友達とのデータのやり取りも手軽で、価格が安い機種でも使われているCPUスペックが高いのでコスパが良いと説明します。

さらにiPhoneは誰が撮っても画質の良い写真が撮れるという思い出アピールを行います。

この3拍子があればiPhoneを買ってくれる確率がグッと上がると思うので実践してみてください!

安くておすすめのiPhoneはこちらの記事にまとめています。

【2022年最新】iPhoneの一番安い機種はどれ?安く買うなら型落ちモデル断然お得

学生におすすめのiPhoneはこちら

安く持つ方法!中学生・高校生におすすめのiPhoneを徹底解説

親にiPhoneを買ってもらう方法

続いて親にiPhoneを買ってもらう方法について紹介します。

最近はiPhoneのバリエーションも多く、料金プランも複数あるので選択肢が広いです。

自分から親にこうすれば安く使えるというのを提案することで、買ってもらえる確率が高くなるので参考にしてください。

具体的な金額を伝える

iPhoneは漠然と高いというイメージがあるかもしれませんし、具体的な金額を伝えることで本気度をわかってくれる可能性もあります。

まずは欲しいiPhoneを持つと毎月どれくらいの金額が必要なのかを親に伝えましょう。

iPhoneの金額は購入する場所で違うので自分がどこで購入するのか知る必要があります。

金額の確認方法
  • Apple Storeで確認
  • 自分が使うキャリアのオンラインショップで確認
【2022年版】ドコモの学割でiPhone 13はいくらで使える?期間・料金・条件を徹底解説 auの学割でiPhone 13はいくらで使える?内容や金額をわかりやすく解説

少しでも安く買える方法を提案する

ただ単に買ってというだけでなく、少しでも安く買えるように努力している姿勢を見せることも大事です。

iPhoneにはいくつか購入方法があり、購入場所によっても価格が違います。

基本的には同じ機種を何年も使う場合はApple Storeで一括で購入するのが1番安く、2年毎に機種変更するなら大手キャリアの購入サポートを利用するのが安いです。

ポイント
  • 同じ機種を長く使う場合はApple Storeで一括購入するのが安い
  • 2年毎に機種変更するのであればキャリアの購入サポートを利用するのが安い

iPhoneをどこで買うのが安いかについてはこちらの記事で詳しくまとめています。

関連記事:iPhoneはどこで買うのが安い?お得に買える購入方法まとめ

また、最近はサブブランドと呼ばれる安くて快適に使える通信会社もあります。

Y!mobileやUQ mobileであれば家族全員の料金を抑えることができ、安くなった分でiPhoneを買わせて欲しいと提案するのもおすすめ。

まだプランの見直しを行なっていない場合は家計の助けにもなるのでぜひプランの見直しを行なってください。

どっちがおすすめ?UQモバイルとワイモバイルの料金・特典・速度を徹底比較

CHECK NOW

オンラインがお得

CHECK NOW

登録は5分で完了

安いiPhoneを買ってもらう

最終手段は安いiPhoneを買ってもらうことです。

iPhoneは1番安い機種だと4万円台で入手が可能なのでAndroidの機種と比べても遜色ありません。

1番安いiPhoneですら買ってもらえないとなると、強気に駄々をこねていいと思います。

学生の使い方であれば4万円を下回るような機種では間違いなく不満に感じるので、最低でも現行iPhoneの1番安い機種は欲しいところ。

iPhoneであれば安くても性能は良いので動作が快適でアプリなどがもたついてストレスが溜まるという心配もないです。

せっかく購入したスマートフォンがあまりにも低スペックで満足にアプリなどを使えないのは残念すぎます。

さすがに4万円台のiPhoneであれば買ってくれると思うので、どうしても無理だった場合は1番安いiPhoneで妥協してもらいましょう。

関連記事:iPhoneの一番安い機種はどれ?安く買うなら型落ちモデル断然お得

料金とスペックを考えたベストな選択はなに?

料金を安く抑えたい学生はahamoかUQ mobileでiPhone 11を契約するのが一番おすすめです。

iPhone 11は4万円台で購入することができ、ahamoとUQ mobileであれば通信料金も安いので、データ容量もたっぷり使えて、本体代金を含めても安く使うことができます。

ahamoでiPhone 11を使う場合に必要な金額をまとめると以下の通り。

ahamoの料金(税込)iPhone 11 64GB
機種代金(36回分割払い)1,371円
基本料金(20GBと5分/回の通話無料)2,970円
ユニバーサルサービス料2円
合計4,343円

データ容量もたっぷり使えて1回5分以内であれば電話を無料です。

iPhone 11は5Gに対応していないデメリットはありますが、スペックはよく画面サイズも6.1インチなので程よいサイズ感です。

価格とスペックで選ぶのであればahamoかUQ mobileでiPhone 11を選ぶのがベストな選択なのでぜひ参考にしてください。

公式サイトをチェック

オンラインでも簡単です

※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。

まとめ

この記事では親がiPhoneを買ってくれないと悩んでいる学生向けに、買ってもらうための対処法について紹介しました。

学生こそiPhoneを一番使うと言っても過言ではないので、僕個人としてはぜひ最新のiPhoneを使って欲しいところです。

金額も高いので学生の間は難しい部分もありますが、ぜひこの記事を参考にしてiPhoneを買ってもらい楽しい学生生活を送ってください。

対処法
  • 型落ちの安くなったiPhoneで良いというのを伝える
  • iPhoneが良い理由とメリットを伝える
  • 学生時代の大切な思い出を綺麗な画質で残したいことを伝える
  • 具体的な毎月の料金を調べる
  • 少しでも安く買える場所を提案する
  • 1番安いiPhoneでも良いから!と伝える

以上。「親がiPhoneを買ってくれない!買ってくれない理由と対処法まとめ」でした。

ちなみにドコモやau、ソフトバンクで契約する場合はオンラインショップがおすすめです。

オンラインショップであればプランをじっくりと選ぶことができ、ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料なのでお得です。

オンラインショップでも親と一緒に申し込めば難しくはないのでぜひチェックしてみてください。

公式サイトをチェック

オンラインは手数料が無料

5G WELCOME割で最大22,000円割引

オンラインは待ち時間なし

おトク割で最大22,000円割引

オンラインなら手数料が無料

web割で最大22,000円割引

楽天モバイルはこちら

キャリアで1番安く買えます

安く持つ方法!中学生・高校生におすすめのiPhoneを徹底解説 2022年最新!学生におすすめのドコモスマホランキングと選び方【料金が安い】 ahamoで買えるおすすめ機種まとめ!取扱いがない機種の買い方も紹介 知らないと損するApple Storeでお得に購入する方法まとめ ahamoの評判レビュー!使ってわかったこと・デメリット・口コミまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。