新型iPhoneの情報 

【2022年最新】iPhoneの一番安い機種はどれ?安く買うなら型落ちモデル断然お得

端末料金の分離プランが進みiPhoneの料金の高さが目立ってきました。

今までは各キャリアがiPhoneの販売数を獲得する為に大幅な端末サポートなどによって優遇してくれていたのですが、それが無くなりiPhoneなどのスマホがより高くなったのです。

極論を言えばめちゃくちゃ安いスマホはありますが、使い勝手や性能を考えるとやはりiPhoneが良いと思います。

iPhoneは使いやすいだけでなく、AirPodsやApple WatchなどApple製品との連携が素晴らしく、一度使ってしまうと他には変えられません。

そこでおすすめなのが安いiPhoneを購入することです。

この記事では

  • iPhoneで一番安い機種を紹介
  • 型落ちモデルでも十分使えるのか
  • iPhoneを安く購入する方法

以上の3つを中心に紹介します。

安いiPhoneの購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

ちなみにiPhoneをキャリアで購入する場合は公式オンラインショップがオススメです。

手数料が完全無料で料金が安く、稀にあるメンテナンス中を除けば24時間いつでも注文することができ、待ち時間もありません。

オンラインショップ限定のキャンペーンを開催していることもあるのでぜひチェックしてみてください。

iPhoneの一番安い機種

毎年発売されるiPhoneですが最近は進化が緩やかになり、1世代変わっても劇的に変わるということはありません。

現在販売されているiPhoneの端末価格を表にまとめました。

モデル(税込)64GB128GB256GB512GB / 1TB
iPhone 14 Pro Max164,800円179,800円209,800円 /239,800円
14 Pro 149,800円164,800円194,800円 /224,800円
14 Plus 134,800円149,800円179,800円
14119,800円134,800円164,800円
iPhone 13107,800円122,800円152,800円
13 mini92,800円107,800円137,800円
iPhone 1292,800円99,800円114,800円
SE 362,800円69,800円84,800円

円安の影響などにもより、ほとんどの種が10万円を超えるようになってしまいましたが、現在Apple公式ストアで購入できる一番安いiPhoneはiPhone SE(第3世代)で端末価格が税込62,800円です。

iPhone SE(第2世代)が49,800円だったので、最低価格のiPhoneでも13,000円も値上げされています。

しかし、iPhone 14 Proと128GBのiPhoneSE(第3世代)の価格を比較すると、差額は80,000円で2倍以上の価格差があります。

Proモデルと比べると安いのがわかりますね。

しかもiPhone SE(第3世代)に搭載されているチップはA15 Bionicなので動作性能のコスパは良いです。

【2022年9月最新】iPhoneを買うならどれ?おすすめ機種の違いを比較

一番安い機種はiPhone SE(第3世代)

とにかく安くiPhoneを購入したい方は『iPhone SE(第3世代)』がおすすめです。

iPhone SE(第3世代)は性能も良く「防水機能」「Suicaが使える」「高速充電」「ワイヤレス充電」といった主要機能を全て揃えています。

A15 Bionicが搭載され、5Gにも対応しているので長く使いたいという方にもおすすめ。

カメラはシングルでナイトモードには対応していませんが、新たにスマートHDR 4が搭載されているので明るい場所の写真は高画質に撮れます。

まつりくん
iPhoneのベーシックな機能を楽しむのであれば全く問題ないく快適に使えます

前モデルのiPhone SE(第2世代)もまだ買うことができますが、3年後など長期的な目線で考えるとiPhone SE(第3世代)を買うのが良いと思います。

iPhone SE(第2世代)レビュー!自腹購入でわかった評価・デメリット・口コミを解説 新型iPhone SE(第3世代)はいつ発売?新機能・スペック・デザインまとめ

iPhone 11もおすすめ

iPhone 11は2019年に発売された機種で型落ちの機種にはなりますが、iPhone 12と性能的に大きな違いはありません。

今でも現役バリバリで使える機種ですが、ahamoで安く購入することが可能。

iPhone 12はApple Storeで86,800円で購入可能ですが、iPhone 11であればahamoで49,390円で購入することができます。

違いのポイントをまとめると以下の通りで、iPhone 12が魅力に感じる部分はありますが、価格差を考えるとiPhone 11でも十分です。

iPhone 12と11の違い

iPhone 12にはiPhone 11と比べて以下の点が進化しています

  • 処理性能がアップ
  • 5Gに対応
  • 超広角カメラでナイトモードが使える
  • 耐水性能がアップ
  • 磁力を使ったアクセサリーが使えるMagSafeに対応
  • サイズが小さく軽くなった
  • 有機ELディスプレイに進化

iPhone 11とiPhone 12のサイズは上の写真を参考にしてください。

サイズはiPhone 12より大きいですが、ディスプレイサイズは同じなので、ある程度大きな機種が欲しいという方にも最適。

iPhone 11は価格が安くなることで光っている機種なのでぜひチェックしてみてください。

【iPhone 11レビュー】安くて高性能なコスパ最強iPhoneを使ってみた評価・口コミを紹介 どっちがおすすめ?新型iPhone SEとiPhone 11の違いを価格・スペック・サイズで比較 いまiPhone 11が安く買えるのはどこ?最新価格まとめ

iPhone 12が安く販売されているところもある

Apple Storeで1番安く購入できるのはiPhone SE(第3世代)ですが、一部店舗で大幅に安く販売されているところがあります。

よくキャンペーンなどで安く販売されている機種は「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 13 mini」の3機種で、タイミング良くキャンペーンが開催されていれば実質負担額が1円になっているところもあります。

iPhone SE(第3世代)よりiPhone 12やiPhone 13 miniの方がおすすめなので、安く購入したい方は家電量販店などの店舗もチェックしてみてください。

iPhone 12 レビュー!完成度が高すぎるスタンダードモデルを実際に使った感想を紹介

型落ちモデルでも快適に使えるのか

iPhoneを最も安く購入する場合はiPhone SEがおすすめですが「型落ちモデルでも快適の使えるの?」という不安があると思います。

結論から言うと『iPhone 11であれば快適に使えます』

iPhone 11以降なら快適に使える

iPhone 11以降に発売されたiPhoneであれば今でも快適に使うことができ、今後数年後のことを考えてもおすすめできます。

iPhoneの処理性能を数値化できるGeekbench 5で測定したスコアをまとめると以下の通り。

シングルスコアマルチスコア
iPhone 1316914491
iPhone 1216024078
iPhone SE(第2世代)13303001
iPhone 1113283523
iPhone XS Max11162767

僕が快適に使えると思う基準はマルチスコアが2,000以上でこの数値を超えてくるとほとんど性能差を感じなくなります。

iPhone 11のスコアは3,000を余裕で超えており、今でもスマートフォンの中でトップクラスの性能です!

まつりくん
型落ちモデルでもネットの閲覧、動画の閲覧、SNSアプリの使用などはストレスなく利用できます!

型落ちモデルには何がある?

2022年の最新モデルはiPhone SE(第3世代)とiPhone 14シリーズです。

主な型落ちモデルをまとめるとこんな感じ。

型落ちモデル
  •  iPhone 13・・・2021年発売
  • iPhone 13 mini・・・2021年発売
  • iPhone 12・・・2020年発売
  • iPhone 12 mini・・・2020年発売
  • iPhone 11・・・2019年発売
  • iPhone SE(第2世代)・・・2020年発売

最近のiPhoneは2世代前ぐらいならまだまだトップクラスの性能があると言えます。

iPhone 13とiPhone 11を比較

最新のiPhone 13とiPhone 11の違いを簡単にまとめるとこんな感じ。

違いのポイント
  • デザインがスタイリッシュ
  • 本体サイズがコンパクト
  • 5Gに対応
  • カメラの性能・機能が向上
  • 処理性能がアップ
  • 耐水性能がアップ
  • MagSafeに対応

iPhone 13の方が優れていますが、iPhone 11であれば処理性能も高く、ナイトモードが使えるなどカメラの画質も良いです。

価格はiPhone 13より3万円も安くなっているのでコスパが良いです。

iPhone 13
iPhone 11
ディスプレイ有機EL
6.1インチ
液晶
6.1インチ
デザイン角ばったフレーム
ノッチが20%縮小
11より軽量・コンパクト
丸いフレーム
ストレージ128・256・512GB64・128・256GB
サイズ146.7×71.5×7.57mm150.9×75.7×8.3mm
重量173g194g
処理性能A15 BionicA14 Bionic
通信5G(Sub6)4G
カメラ性能大幅アップ画質はそこそこ
ナイトモード全てのカメラ広角のみ
耐水6m6m
ワイヤレス充電MagSafe対応MagSafe対応
価格117,800円72,800円
iPhone 13とiPhone 11の違いを比較!今買うならどっちがおすすめかを解説

おすすめの型落ちiPhone

型落ちiPhoneだと安く購入することができるので、少しでもiPhoneを安く買いたい方におすすめです。

おすすめの型落ちiPhoneを紹介します。

まずそれぞれの価格をまとめるとこんな感じ。

モデル(税込)64GB128GB256GB
12102,800円109,800円124,800円
12 mini87,800円94,800円109,800円
 1172,800円 79,800円

Apple Storeの価格をまとめましたが、型落ちのiPhoneはApple StoreよりY!mobileやUQ mobileなどの通信会社で購入する方が安いです。

おすすめの型落ちiPhoneについて詳しく紹介します。

性能とデザイン重視ならiPhone 12がおすすめ

iPhone 11やiPhone SE(第2世代)は性能は良いですが、デザインが古く、5Gにも対応していません。

デザインと5Gなど先進機能を重視するならiPhone 12がおすすめです。

機種名iPhone 12
本体サイズ約146.7×71.5×7.4(mm)
画面サイズ6.1インチ
重量約162g
CPUA14 Bionic
メモリ/ストレージ4GB / 64GB・128GB・256GB
メインカメラ1200万画素:広角
1200万画素:超広角
インカメラ1200万画素
バッテリー未公表
ビデオ再生17時間
防水 / Suica対応/対応

iPhone 12のポイント

  • 5G対応
  • 超広角カメラ搭載
  • iPhone 12 Proと同じCPU
  • ディスプレイサイズそのままに小型化
  • 重量が軽くて手が疲れにくい
  • 完成度が高いスタンダードモデル

iPhone 11と比べると価格が高くなってしまいましたが、Proモデルと同等の有機ELディスプレイを搭載。

画面の縁が小さくなり、画面サイズそのままに本体が小型化され、重量も前モデルより30g程も軽くなっています。

カメラに関しても全てのカメラでナイトモードを使用でき、広角カメラはより明るいレンズへと進化。

これ以上、求めるのは贅沢すぎると言えるレベルのiPhoneです!

iPhone 12を購入する場合におすすめの各社の最安値をまとめました。

参考価格としてApple Storeの価格は64GBで102,800円です。

機種代金64GB128GB
UQ mobile72,485円78,015円
Y!mobile73,440円78,480円
楽天モバイル59,800円64,800円

詳細はこちら

申し込みはオンラインがおすすめです

Y!mobileはこちら

低容量プランはサブブランドがおすすめです

楽天モバイルはこちら

※オンラインショップへのリンクです

レビュー記事もあります。

iPhone 12 レビュー!完成度が高すぎるスタンダードモデルを実際に使った感想を紹介 iPhone 12とiPhone 12 Proはどっちがおすすめ?デザイン・スペック・価格の違いを比較

サイズと価格を重視するならiPhone 12 miniがおすすめ

iPhone 12と同じデザイン、同じ性能で小さいiPhoneが欲しい場合や、iPhone 12より価格の安い機種が欲しい場合はiPhone 12 miniがおすすめです。

iPhone 12 miniのカメラはiPhone 12と同じなので、小型なカメラとしても優秀です。

機種名iPhone 12 mini
本体サイズ約131.5×64.2×7.4(mm)
画面サイズ5.4インチ
重量約133g
CPUA14 Bionic
ストレージ64GB・128GB・256GB
メインカメラ1200万画素:広角
1200万画素:超広角
インカメラ1200万画素
バッテリー未公表
ビデオ再生15時間
防水 / Suica対応/対応

iPhone 12 miniのポイント

  • 5G対応
  • ナイトモードが使える超広角と広角カメラ
  • オシャレなMagSafeに対応
  • スタイリッシュなデザイン
  • 4倍強い耐落下性能
  • iPhone 12シリーズで1番安い
  • iPhone SEよりも小型

iPhone 12と比べるサイズが小さいのと、バッテリー持ちが悪いのはデメリットですがiPhone 12と比べても2万円ぐらい安く買えるので、

サイズが小さくても良いという場合はかなりコスパが良い機種です。

iPhone 12 miniを購入する場合におすすめの各社の最安値をまとめました。

参考価格としてApple Storeの価格は64GBで87,800円です。

機種代金64GB128GB
UQ mobile49,650円55,125円
Y!mobile49,680円54,720円
楽天モバイル49,800円54,800円

詳細はこちら

申し込みはオンラインがおすすめです

Y!mobileはこちら

低容量プランはサブブランドがおすすめです

楽天モバイルはこちら

※オンラインショップへのリンクです

レビュー記事もあります。

iPhone 12とiPhone 12 miniはどっちが良い?両方使った感想を比較 【実機レビュー】iPhone 12 miniの魅力を徹底解説!注目モデルのスペックと実際に使った感想

サイズが大きい安い機種はiPhone 11がおすすめ

iPhone SE(第2世代)では小さすぎるけど、安いiPhoneが欲しいという方におすすめなのがiPhone 11です。

機種名iPhone 11
本体サイズ約150.9×75.7×8.3(mm)
画面サイズ6.1インチ
重量約194g
CPUA13 Bionic
メモリ/ストレージ4GB / 64GB・128GB・256GB
メインカメラ1200万画素:広角
1200万画素:超広角
インカメラ1200万画素
バッテリー未公表
ビデオ再生17時間
防水 / Suica対応/対応

iPhone 11のポイント

  • 最新のiPhoneとスペックは大きく変わらない
  • UQ mobileやahamoで安く販売されている
  • あと4年ぐらいは第一線で使える
  • サイズ感が6.1インチでちょうど良い
  • バッテリー持ちが良い

本音を言うとiPhone 12がおすすめですが、iPhone 12は約3万円も高いので、安く程よいサイズ感のiPhoneが欲しいという方にはiPhone 11がおすすめです。

特に通信料金が安いサブブランドとの相性も良いので、コスパの良いiPhoneが欲しい方はぜひチェックしてみてください。

UQ mobileの各プラン毎の料金をまとめると以下の通り。

参考価格としてApple Storeの価格は64GBで72,800円です。

機種代金64GB
ahamo49,390円
UQ mobile44,235円

新規やMNPの場合はUQ mobileがおすすめですが、機種変更の場合は価格が安いahamoがおすすめです。

詳細はこちら

申し込みはオンラインがおすすめです

ahamoはこちら

オンラインでも簡単です

iPhone 13とiPhone 11の違いを比較!今買うならどっちがおすすめかを解説 【iPhone 11レビュー】安くて高性能なコスパ最強iPhoneを使ってみた評価・口コミを紹介 どっちがおすすめ?新型iPhone SEとiPhone 11の違いを価格・スペック・サイズで比較

iPhoneを安く購入する方法

最後にiPhoneを少しでも安く購入する方法を紹介します。

「iPhoneはどこで買っても同じじゃないの?」と思うかもしれませんが、実はお得な買い方があります。

iPhoneをキャリアで安く買う為には購入するお店選びがポイントになるのです!

キャリアで契約する場合にiPhoneを購入できる主なお店は以下の通りです。

iPhoneを買えるお店
  • キャリア直営店
  • キャリア公式オンラインショップ
  • 代理店ショップ
  • 家電量販店
  • Apple Store

一見どこで購入しても大差ないと思われがちですが、それぞれしっかりと特徴があるので損しない為にも購入するお店は選ぶ必要があります。

購入するお店を変えるだけで2万円程お得にすることが可能です。

そしてキャリアで購入する場合は各キャリア公式のオンラインショップがおすすめです。


オンラインショップの特徴
  • 事務手数料が掛からない
  • 在庫チェックが簡単
  • ショップに並ぶ必要がない
  • 24時間申し込みが可能

このようにオンラインショップはメリットが盛りだくさんです。

まず金額的なメリットは事務手数料なのでお得になります。

さらにショップに訪れたのに在庫がないと言うことを避けることができます。

また、土日にショップに行くとかなり混雑していますよね。数時間単位で待たされることも珍しくありません。

オンラインショップなら稀にあるメンテナンス時を除くと、並ぶ必要がありませんし、営業時間を気にせず24時間注文が可能です。

忙しい人にもかなりメリットがあるのがオンラインショップの魅力です。

デメリット
  • 店員さんに相談できない
  • 実機を触れない

オンラインショップのデメリットは以上のことが挙げられますが、特に気にする必要はありません。

困ったことがあればオンラインショップ公式の『チャットサービス』や『電話で問い合わせ』することができますし、オンラインの申し込みの流れに沿って必要事項を記入して行くと困ることはありません。

最後に毎月の料金もしっかりと表示されるので、料金がわからないということもないです。

そして、iPhoneを実機で触りたいということであれば、最寄りのショップや家電量販店に行けばどこでも触れます。

触ってからオンラインで申し込めば良いだけなので実質デメリットはないと言えます。

オンラインショップ独自のお得なキャンペーンが不定期開催されることもあるので、iPhoneをキャリアで契約するなら公式オンラインショップが最もお得です!

オンラインショップについて詳しくまとめています
スマホがネットでカエル!ドコモオンラインがお得な7つの理由を徹底紹介 auの機種変更はオンラインショップが安い!メリットとポイントを徹底解説 ソフトバンクはオンラインショップがお得!特徴・限定キャンペーンを紹介

公式サイトをチェック

ドコモはこちら

公式サイトへ

auはこちら

公式サイトへ

SoftBankはこちら

公式サイトへ

新型iPhone SE販売

低容量プランがおすすめ

新型iPhone SE取扱

低容量プランがおすすめ

iPhone SE取扱

公式サイトへ

通信料金を安くしたい場合は各キャリアのオンライン専用プランも見逃せません。

通信料金を下げることでワンランク上の機種する予算を確保することもできるので、ぜひチェックしてみてください。

公式サイトをチェック

ahamoはこちら

機種変更もできます

povoはこちら

簡単に付け加えるオプションが魅力

LINEMOはこちら

3GBのミニプランあり

以上、一番安いiPhoneについて紹介しました。

iPhone 13とiPhone 12を比較!どんな違いがあるのかを解説 iPhone 13とiPhone 13 Proの違いを比較!どっちがおすすめかを徹底解説

iPhoneの選び方やおすすめについてはこちら

【2022年9月最新】iPhoneを買うならどれ?おすすめ機種の違いを比較

iPhone SEのレビューはこちら

iPhone SE(第2世代)レビュー!自腹購入でわかった評価・デメリット・口コミを解説

iPhone 11のレビューはこちら

【iPhone 11レビュー】安くて高性能なコスパ最強iPhoneを使ってみた評価・口コミを紹介

iPhone SEとiPhone 11の比較記事

どっちがおすすめ?新型iPhone SEとiPhone 11の違いを価格・スペック・サイズで比較

iPhone 11とiPhone 8の比較記事

iPhone 11とiPhone 8の違いを比較!カメラ好きは即買い替えるべき理由を紹介

iPhone 11とiPhone XRの比較記事

どっちが良い?iPhone11とiPhoneXRを徹底比較!価格・スペックの違いを紹介

iPhone 11とiPhone 11 Proの比較記事

どっちを選ぶ?iPhone 11とiPhone 11 Proの違いを比較。おすすめポイントを紹介 iPhone 12・12 mini・12 Pro・12 Pro Maxを比較!サイズとスペックはどう違う?【iPhone 12シリーズ比較】 iPhone 12とiPhone 12 Proはどっちがおすすめ?デザイン・スペック・価格の違いを比較

そしてスマホ料金を節約しようと考えているなら一番安くできるのは格安SIMを利用することです。

こちらの記事で格安SIMについておすすめ会社やメリット・デメリット、利用方法などを紹介していますので興味のある方はぜひご覧ください。

【2022年最新】iPhoneにおすすめ格安SIMを紹介!価格・プランで比較

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。