iPhone 15とiPhone 14の違いを比較!どっちがおすすめなのかを解説

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

2023年9月13日にiPhone 15が発表されました。

iPhone 15ではメインカメラの画素数が4800万画素になったり、Dynamic Islandが搭載されるなどiPhone 14より進化しています。

しかし、iPhone 15発売後に安くなったiPhone 14を買うというのもありです。

新型を買うのか、値下げされた旧モデルを買うのか迷いますよね。

この記事ではiPhone 15とiPhone 14の違いを比較。おすすめはどっちなのかを解説します。

iPhone 15は2023年モデルで、iPhone 14は2022年モデルです。

ぜひ参考にしていください!


公式サイトをチェック

iPhone 15は9/15予約開始!予約は便利でお得なオンラインがおすすめです

お得情報
楽天リーベイツを経由することでApple公式ストアの対象商品が1%ポイントバックされます!
Apple Store(オンライン)で購入する場合は絶対にお得なのでぜひチェックしてみてください。
Rakuten Rebatesをチェックする

iPhone 15とiPhone 14の違いはどこ?

早速ですが簡単にiPhone 15とiPhone 14の違いをまとめます。

iPhone 15で変わった違いのポイント
  • カメラの性能がアップ(広角カメラが4800万画素に!)
  • 処理性能がアップ
  • Dynamic Islandを搭載
  • 画面が明るくなった
  • カラーバリエーションに大きな変化あり
  • コネクタがUSB-Cになった

上記ポイントはiPhone 15の変わったところだけをまとめています。

iPhone 15とiPhone 14を比較して違うところのみをまとめまた比較表はこちら!

iPhone 15iPhone 14
2023年発売2022年発売
Dynamic Island搭載
なし
A16 BionicA15 Bionic
5コアGPU
4800万画素広角カメラ1200万画素
0.5倍・1倍・2倍ズーム0.5倍・1倍ズーム
衝突事故検出機能搭載衝突事故検出機能搭載
USB-CコネクタLightningコネクタ
ピーク輝度2,000ニト
明るいディスプレイ
ビデオ再生17時間15時間
124,800円〜112,800円〜

変わっていると言えば変わっていますが、カメラに興味がなかったり、新しい機能に惹かれない場合は、価格が安いiPhone 14の方が良いかもしれないですね。

iPhone 14はキャリアによっては大幅に安くなっており、実質負担金がiPhone 15の3倍以上安く使えるところもあります。

【2024年最新】iPhoneの値下げはいつ?iPhoneが安くなる時期を解説! iPhone 14はどこが安い?価格の比較と安く買う方法を紹介

iPhone 15とiPhone 14はどっちがおすすめ?

iPhone 15とiPhone 14のどちらがおすすめかについて紹介します。

iPhone 15がおすすめな人

iPhone 15を買うべき人をまとめると以下の通り。

iPhone 15を買うべき
  • カメラの画質を重視したい
  • Proにだけ搭載されていたDynamic Islandを使いたい
  • 最新のiPhoneを使いたい
  • ポートレートモードに切り替える必要がない次世代のポートレートモードを使いたい
  • USB-Cケーブルを使いたい

iPhone 15は確かに進化しているので、最新のiPhoneが良いという方はiPhone 15がおすすめです。

特にメインカメラの画素数がアップしているので、カメラ好きはiPhone 15を選ぶのが良いと思います。

また、デザイン面ではDynamic Islandは正面から見た時の印象が大きく違うので、視覚的満足感が得られるのがおすすめポイントです。

iPhone 15レビュー!使ってわかったメリット・デメリットと評価まとめ

iPhone 14がおすすめな人

iPhone 14を買うべき人をまとめると以下の通り。

iPhone 14を買うべき
  • 価格を少しでも抑えたい
  • 新型には興味がない

今では価格もiPhone 15より大幅に安く買えるところがあります。

Apple Storeでの定価ではiPhone 15とiPhone 14の差額が少ないですが、キャリアではiPhone 14がかなり安く使えるので、価格重視の方はキャリアでの購入がおすすめです。

実際にiPhone 14を実質毎月1円で使えるところも珍しくありません!

価格の安さを重視するならiPhone 14です!

まつりくん
iPhone 14がだいぶ安くなってきた印象です。
iPhone 15・14・13はどれがおすすめ?人気スタンダードモデルを比較

iPhone 15とiPhone 14のデザインとカラーを比較

続いてiPhone 15とiPhone 14のデザインを比較します!

iPhoneは約3年周期でデザインの大幅な変更が実施されていますが、iPhone 15は軽微な変更に留まっています。

しかし、Dynamic Islandが搭載されたことにより、正面から見た時のフロントカメラは大きな違いを感じます。

iPhone 15のカラーはブラック、ブルー、グリーン、イエロー、ピンクの5色で、ホワイト系のカラーが無くなっているのが意外です。

フレームに関してはiPhone 14と同じくアルミニウムが使われています。

iPhone 15は素材に色を浸透させた背面ガラスが使われており、マットな質感に仕上がっています。

手触りがいいだけでなく、綺麗なのでデザインで選ぶならiPhone 15がおすすめです。

iPhone 14はフレーム角張った四角いデザインが特徴です。

iPhone 14のカラーは後でイエローが追加された為、全6色でブルー、パープル、ミッドナイト、スターライト、PRODUCT REDです。

項目iPhone 15iPhone 14
ディスプレイDynamic Island
デッドスペースが大きい
背面カラーインフェーズドガラスガラス
フレームアルミニウムアルミニウム
カラーピンク
イエロー
グリーン
ブルー
ブラック
ブルー
パープル
イエロー
ミッドナイト
スターライト
PRODUCT RED

iPhone 15とiPhone 14のサイズを比較

続いてiPhone 15とiPhone 14のサイズを比較します。

どちらも同じ画面サイズなので、ほとんど差はありませんが若干iPhone 15は縦に伸びています。

サイズを表にまとめると以下の通りです。

項目iPhone 15iPhone 14
ディスプレイ6.1インチ6.1インチ同じ
高さ147.6mm146.7mm0.9mm
71.6mm71.5mm0.1mm
厚さ7.8mm7.8mm同じ
重量171g172g1g

ほとんど違いはありませんが、Apple純正ケースは互換性があるようにはなっていないので、ケースを買うときはそれぞれに合ったケースを購入するように注意してください。

サイズによる使い勝手に関しては誤差レベルの違いなので、使ってどちらが良いというのはありません。

iPhone 15とiPhone 14のディスプレイを比較

iPhone 15とiPhone 14のディスプレイ性能を比較します。

iPhone 15のディスプレイは、Proモデルに近づいておりiPhone 14と比較すると進化しているところが多いです。

iPhone 14でもディスプレイ性能は十分すぎるほど高性能ですが、より明るいディスプレイが欲しい場合などはiPhone 15がおすすめです。

ディスプレイスペックを表にまとめると以下の通りです。

 iPhone 15iPhone 14
画面サイズ6.1
種類Super Retina XDR
解像度2,532 x 1,170
460ppi
コントラスト比2,000,000:1
輝度(標準)1,000ニト800ニト
ピーク輝度1,600ニト(HDR)1,200ニト(HDR)
ピーク輝度(屋外)2,000ニト
リフレッシュレート60Hz
機能Dynamic Island
True Tone
HDRディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ
Ceramic Shield

True Tone
HDRディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ
Ceramic Shield

iPhone 15はiPhone 14 ProやiPhone 15 Proと同じ明るさのディスプレイになっています。

太陽の下など明るい場所でも綺麗に見えるようになります。

あとはDynamic Islandを搭載しているので、色々なアニメーションを楽しめたり、簡単な情報が表示されるので便利です。

Dynamic Islandのポイント
  • 情報がノッチ部分に表示される
  • ワンタッチで表示されているアプリに切り替えることが可能
  • ノッチ部分を基点とした動きがオシャレ
  • 使用しているアプリへの切り替えがスムーズ

iPhone 15とiPhone 14のカメラを比較

iPhone 15とiPhone 14の大きな違いの一つはカメラです。

iPhone 15では4800万画素にアップしており、画質劣化のない2倍ズームが可能になりました。

カメラのポイントをまとめると以下の通りです。

違いのポイント

iPhone 15のみのカメラ性能・機能

  • 4800万画素の広角カメラ
  • より自然で広いダイナミックレンジのスマートHDR 5を搭載
  • モード切り替え不要の次世代ポートレートモード
  • センサーサイズは大きくなっている

たった1世代違うだけでもカメラは大きく進化しているので、カメラを重視したい方はiPhone 15を選ぶのが良いです。

項目iPhone 15iPhone 14
カメラデュアルカメラデュアルカメラ
超広角レンズ
f /2.4
1200万画素
焦点距離:13mm
5枚構成のレンズ
f /2.4
1200万画素
焦点距離:13mm
5枚構成のレンズ
広角レンズ
f /1.6
4800万画素
焦点距離:26mm
2.0μm quad pixel
センサーシフト光学式
f /1.5
1200万画素
焦点距離:26mm
7枚構成のレンズ
1.9μm pixel size
センサーシフト光学式
LiDARスキャナ
光学ズーム2倍ズームアウト2倍ズームアウト
デジタルズーム5倍5倍
手ブレ補正センサーシフト光学式(広角)センサーシフト光学式(広角)
機能スマートHDR 5
次世代ポートレートモード
フォトグラフスタイル
Photonic Engine
スマートHDR 4
ポートレートモード
フォトグラフスタイル
Photonic Engine
動画4K
4K対応シネマテックモード
Dolby Vision対応
HDRビデオ撮影
アクションモード
4K
4K対応シネマテックモード
Dolby Vision対応
HDRビデオ撮影
アクションモード

特に変わったことをより詳しく紹介します。

iPhone 15は4800万画素で使い方が広がる

iPhone 15は4800万画素にアップしているので、クロップすることで光学2倍相当のズームが可能。

超広角カメラを含めると3段階の光学ズームを使えるようになっています。

2倍のズームが可能になると結構近くに寄れるので、撮影の幅を大きく広げることが可能。

iPhone 15はProモデルに近いカメラの使い方ができます。

ちなみにiPhone 15 Proも4800万画素ですが、iPhone 15 Proと比べるとセンサーサイズが小さく、焦点距離も24mmではなく26mmという違いがあります。

iPhone 15とiPhone 15 Proの違いを比較!どっちを買うのがおすすめ?

ナイトモードが進化

詳細は不明ですが、Appleの発表では「より豊かな色彩とより精細なディテールをとらえられるようになりました。」と紹介されています。

はっきりとした違いがあるのかは微妙ですが、iPhone 15はナイトモードも改善されているようです。

ポートレートモードが進化

iPhone 15シリーズでは次世代のポートレートへと進化しています。

ポイント
  • 撮った後に複数の被写体の間でピントを切り替えれる
  • 被写体が人物、犬、猫なら自動的に把握してくれるのでポートレートモードに切り替える必要がない

今ままではポートレートモードに切り替える必要がありましたが、iPhone 15に搭載されているポートレートモードは、

人物、犬、猫なら通常モードでポートレートを撮ることができます。

モード切り替えの手間が省けるのでよく使う方には嬉しい機能だと思います。

また写真の編集で被写体のピントを変えることもできます。

ポートレートモードをよく使う方は大きく進化しているiPhone 15がおすすめです。

iPhone 15とiPhone 14の動作性能を比較

iPhone 15にはiPhone 14 Proと同じA16 Bionicを搭載。

iPhone 14も十分優秀なので、特に比較する必要はないですが性能はiPhone 15が上です。

項目iPhone 15iPhone 14
チップA16 BionicA15 Bionic
CPU2つの高性能コア
4つの高効率コア
2つの高性能コア
4つの高効率コア
GPU5コア5コア
メモリ6GB6GB
シングルスコア18831737
マルチスコア53784738
GPUスコア1569014250
5GSub 6Sub 6

まつりくん
最近の傾向通りiPhone 15にはiPhone 14 Proに搭載されているチップが搭載されました。

iPhoneの処理性能は既に十分すぎるレベルなので、処理性能の違いでどちらを選ぶかは決める必要ないです。

iPhone 15とiPhone 14の電池持ち・バッテリー持ちを比較

iPhoneは新型が登場する度にバッテリー持ちが良くなっていましたが、iPhone 15とiPhone 14のバッテリー持ちは同じです。

ただし、充電に使用するケーブルはiPhone 15はUSB-Cに変更されています。

項目iPhone 15iPhone 14
ビデオ再生20時間20時間
ビデオ再生
ストリーミング
16時間16時間
オーディオ再生80時間80時間
充電機能高速充電
ワイヤレス充電
MagSafe
約30分で最大50%
高速充電
ワイヤレス充電
MagSafe
約30分で最大50%
付属充電器なしなし
コネクタUSB-CLightning

iPhone 15とiPhone 14の価格とストレージ容量を比較

iPhone 15とiPhone 14の価格とストレージ容量を比較します。

iPhone 15発表後にiPhone 14は値下げされていますが、発売時の価格で比較すると日本での価格は為替の影響で値上がりしています。

アメリカでの価格はiPhone 15とiPhone 14の発売時の価格は同じです。

15発表後の価格(税込)iPhone 15iPhone 14
128GB124,800円112,800円
256GB139,800円127,800円
512GB169,800円157,800円

iPhone 15発表時にiPhone 14は値下げされ、差額は12,000円です。

性能差を考えるならもう少し価格差が欲しいところですね。

この価格差ならApple Storeで一括購入する場合はiPhone 15を選ぶのがおすすめです!

まつりくん
iPhone 14はキャリアでは安いので、購入プログラムを利用する場合はiPhone 14がおすすめです。

一応それぞれの発売時の価格をまとめると以下の通り。

発売時の価格(税込)iPhone 15iPhone 14
128GB124,800円119,800円
256GB139,800円134,800円
512GB169,800円164,800円

iPhone 15は円安の影響で5,000円の値上がりとなっています。

うーん。高い。以前のProモデルの価格ですね。


公式サイトをチェック

オンラインは手数料が無料

5G WELCOME割で最大22,000円割引

オンラインは待ち時間なし

おトク割で最大22,000円割引

オンラインは便利

自宅受け取りだと手数料無料

楽天モバイルはこちら

キャリアで1番安く買えます


まとめ

この記事ではiPhone 15とiPhone 14の違いを比較しました。

iPhone 15では昨年のiPhone 14 Proの機能がいくつか搭載されており、さらに完成度が高まりました。

Dynamic Islandで視覚的満足度も高いので、迷うならiPhone 15がおすすめです!

よろしければ参考にしてください!

違いのポイント
  • カメラの性能がアップ(広角カメラが4800万画素に!)
  • 処理性能がアップ
  • Dynamic Island搭載
  • 画面が明るくなった
  • カラーバリエーションに大きな変化あり
  • コネクタがUSB-Cになった

以上。「iPhone 15とiPhone 14の違いを比較!どっちがおすすめなのかを解説」でした。


公式サイトをチェック

オンラインは手数料が無料

5G WELCOME割で最大22,000円割引

オンラインは待ち時間なし

おトク割で最大22,000円割引

オンラインは便利

自宅受け取りだと手数料無料

楽天モバイルはこちら

キャリアで1番安く買えます


どっちがおすすめ?iPhone 15と価格の安いiPhone SE 3の違いを比較! iPhone 15とiPhone 15 Proの違いを比較!どっちを買うのがおすすめ? iPhone 15のカメラ性能を解説!画素数・出っ張り・画質の違いを比較 【2024年最新】iPhoneを買うならどれ?おすすめ機種の選び方と違いを比較 型落ちiPhoneを買うのはどう?型落ちでも十分な理由まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です