iPhone XS Maxレビュー!進化したカメラ機能と大画面が素晴らしい!

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

2018年9月21日(金)iPhone史上最も大きなディスプレイを搭載した『iPhone XS Max』が発売されました。

6.5インチの有機ELデュスプレイを搭載したiPhoneはどうなのか、早速レビューします!

iPhone XS Max スペック

出典:https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-xs#01

iPhone XS Maxの最大の特徴は何と言ってもiPhone史上初のディスプレイサイズです!

当初は『iPhone XS Plus』になるのではと言われていましたが、『iPhone XS Max』という若干ダサいネームでの登場でした。あえて名前を変えるだけの意気込みがあったのではないでしょうか。

初めはダサいと言われても、それがスタンダードになるのがAppleブランドの凄さであり、もうこの名前に慣れてしまって特にダサいということは思いません。

まずは『iPhone XS Max』の性能について紹介します。

iPhone XS Max 価格

初めは昨年のiPhone Xと同価格帯での登場になるのではないかと言われていましたが、蓋を開けるとiPhone史上最も高いiPhoneとなっていました。

モデルXS MaxXSXR
32GB
64GB124,800円112,800円84,800円
128GB90,800円
256GB141,800円129,800円101,800円
512GB164,800円152,800円

これは全て税抜価格です。

昨年のiPhone XはiPhone XSと同価格だったのでそれよりも12,000円高い金額での発売です。

12インチMacBook 1.2GHzプロセッサ 256GBストレージモデルが142,800円なのでそれとほぼ同価格です。

気軽に使ってりいるスマホですがパソコンを持っているのと同じ感覚ということを意識したいですね。

iPhone XS Max サイズ

iPhone XS Maxの大きさはiPhone 8 Plusとほぼ同じサイズですが、高さと幅は若干小さくなっています。

モデルXS Max8 Plus7 Plus
インチ6.55.55.5
高さ157.5 mm158.4 mm158.2 mm
77.4 mm78.1 mm77.9 mm
厚さ7.7 mm7.5 mm7.3 mm
重量208 g202 g188 g

iPhone 8 Plus、iPhone 7 Plusの大きさをまとめた表です。

重さが若干重たくなり、厚みが増しています。年々重さが重たくなっているのが気になる点ですがその分機能が追加されているので仕方ないですね。

iPhone XS Max 特徴

特徴まとめ
  • カラー:ブラック、シルバー、ゴールド
  • サイズ:157.5 x 77.4 x 7.7 mm、208g
  • Super Retina HDディスプレイ 6.5 インチ
  • 防水性能:IP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)
  • CPU:A12 Bionicチップ
  • カメラ:デュアルカメラ
  • フレーム素材:ステンレス
  • Face ID対応
  • 3D Touch対応
  • Apple Pay対応
  • ワイヤレス充電対応
  • デュアルSIM対応
  • 64GB:124,800円
  • 256GB:141,800円
  • 512GB:164,800円

特徴をまとめるとこの様な感じです。

A12チップになったことによりカメラ機能が進化しているのが今回のアップデートの目玉ポイントです。

iPhone Xからの進化点
  • 512GBの追加
  • 防水性能がIP68等級に進化
  • 新しいポートレートモード機能
  • スマートHDRが可能に
  • ステレオ録音が可能
  • よりワイドに広がるステレオ再生が可能に
  • フロントカメラの動画撮影に手ブレ補正
  • デュアルSIM対応

iPhone Xからの進化点をまとめるとこんな感じです。

マイナーアップデートですがしっかり進化しているなというのが印象で、防水機能の進化は意外でした。

今までの防水性能でも十分でしたが『水深2メートルで最大30分間の耐水性能』ということなのでかなり心強いです。

iPhone XS Max レビュー

それでは早速レビューします!
今回購入したのはiPhone XS Max 256GB スペースグレイです!

パッケージ

今回私はオンラインストアで予約し自宅受け取りを洗濯しました。

予約開始と同時に予約したので当日に届けられるようになっており、発売日の12:00に自宅に届きました。

朝一で届くかなと思っていたので少し遅かったかなと感じました。こればかりは配達業者の都合によるところが大きいので、一刻も早く入手したいという方はオンラインで予約して店頭受け取りにするのが良いかと思います。

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

パッケージはいつも通りの白ベースにiPhoneが描かれたAppleらしいシンプルなデザインとなっています。

このすべすべした弁当箱のようなパッケージがたまらないですよね。

シンプルですが美しく、今まで購入したApple製品の箱は全て捨てずに保管しています。

箱を開けると「Designed by Apple in Calfornia」が出迎えてくれます。日本語訳は『カリフォルニア州のアップル社が設計』です。

この下にiPhoneが収められています。これもいつも通りで一度購入した方は容易に想像できますね。

このフィルムを外すのがいつも勿体無く感じてしまいます。ある意味儀式みたいなものです。

私は今までiPhoneの色は白色にしていたのですが今回は『スペースグレー』を選択しました。

理由はiPhone XS Maxはベゼルレスデザインなのでどのカラーを選んでもフロントはブラックになります。なので統一感がある方が良いかなと思いスペースグレーを選択しました。

これからはベゼルレスデザインが主流になるのでフロントのホワイトカラーが見れないのは寂しい気がしますが、画面が大きくなるほうが便利で良かったです。

iPhoneを取り出すとお馴染みの付属品が収められています。

付属品
  • EarPods with Lightning Connector
  • Lightning – USBケーブル
  • USB電源アダプタ
  • マニュアル

iPhone XSもイヤホンジャックは搭載されていませんが、今回は『Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ』が付属されていません。

付属されている『EarPods with Lightning Connector』があれば音楽をイヤホンで聞くことができますが、端子がLightning以外のイヤホンを使い時はアダプタを購入する必要があります。

このiPhoneに付属しているイヤホンはこのタイプになります。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥2,876 (2018/10/20 23:43:42時点 Amazon調べ-詳細)

せっかくならアダプタも付属して欲しかったところですが、AirPodsなどのワイヤレスイヤホンを使う人が多いのであまり重要視していないのかもしれませんね。

私自身久しぶりのiPhoneの購入だったのですが、イヤホンの梱包が紙を使った簡易的な物になっています。

以前購入した時はプラスチック製のオシャレな入物でしたがこの部分も削っているようですね。特に入物が必要になることはないのでこちらの方がエコで好感的です。

「Designed by Apple in Calfornia」の中にはマニュアルとステッカー、SIMカード交換用ピンが入っていました。

iPhone Xを使っている方は不要かもしれませんが、それ以外の方はホームボタンが省略されたことにより操作方法が変わっています。マニュアルは綺麗に簡略にまとめられているので、一読するのも良いかもしれません。

iPhone XS Max 外観

iPhone XS Maxの外観について紹介します。

外観については『iPhone X』を大きくしたという感じで特に目新しさはありませんが、ディスプレイはかなり大きく感じます。

iPhone 6 Plusと比べるとこのような感じです。

本体サイズはほぼ同じですがディスプレイサイズが1インチ変わるとかなり見た目が代わります。

また有機ELディスプレイを搭載しているiPhone XS Maxは見た目に違いを感じる程ディスプレイが綺麗です。

モデルXS Max8 Plus7 Plus
ディスプレイSuper RetinaRetina
インチ6.55.5
解像度2,688 x 1,242ピクセル解像度、458ppi1,920 x 1,080ピクセル解像度、401ppi
仕様OLEDIPS-LCD
コントラスト比1,000,000:11,300:1
その他機能True Toneディスプレイ

広色域ディスプレイ(P3)

3D Touch

True Toneディスプレイ

広色域ディスプレイ(P3)

3D Touch


広色域ディスプレイ(P3)3D Touch

 

同じ画面を表示した時の比較はこちらです。サイズは同じですが印象がかなり変わるかと思います。

ネットで文章を読むことが多い方にはかなり便利だと感じました。

厚みはiPhone XS Maxの方が厚くなっていますが、それほど大きさは気になりません。

iPhone 6 Plusはアルミ素材ですがiPhone XS Maxはガラス素材となっています。

今までアルミ素材を使っていた私からするとガラス素材は指紋など汚れが目立つのでこの点はアルミ素材が良かったかなと思います。

ガラス素材のほうが高級感がでると言われていますが、それほど差は感じず、むしろ割れないか気を使ってしまうのでアルミ素材のほうが良かったかなと思いました。

iPhone XS Max CPU性能

iPhone XS MaxはA12チップを搭載しています。

iPhone 6sに搭載されているA9チップと比較すると以下の通りになります。

CPU性能グラフィック性能
A10 Fusion40%向上(1.4倍)50%向上(1.5倍)
A11 Bionic75%向上(1.75倍)95%向上(1.95倍)
A12 Bionic(A11と比べて)15%向上50%向上

正直ベンチマークなどを見てもいまいちパッとしないので感覚でお伝えしたいと思います。

iPhone 6 Plusと比較
  • LINEの起動時間が3秒速い
  • カメラの起動が0.5秒速い
  • ミュージックアプリの起動が2秒速い
  • このブログの表示が2秒速い(同通信環境下)
  • youtubeの起動が4秒速い

体感速度はこのようになります。スペック性能よりも体感でどれだけ速くなるのかが大切ですよね!

4年前のiPhoneと比べるとこれ程にまで差を感じることができます。

正直今までは時間の浪費をしていたと感じるほどで、毎日使うiPhoneはケチらずに早い周期で買い替えるのも大切だなと思います。

iPhone XS Max 操作性

やはり片手では画面の端まで指を届かすことができませんでした。

しかし、簡易アクセスをオンにすることで画面上部を届く範囲に移動させることができるので不便ではありません。それよりも画面が大きく表示させることができる情報量が多いほうがメリットを感じます。

簡易アクセス設定

簡易アクセスは、『設定』→『一般』→『アクセシビリティ』→『簡易アクセス』をオンにすることで使用可能になります。

設定をONにした後は画面下部を下にスワイプすることで画面を引き下げることができます。

このように画面上部を下に引き下げることができるので、届かなくても片手操作で端を操作することができます。

また、今まではホームボタンを搭載したiPhoneを使用していましたが、iPhone Xからのジェスチャー操作はかなり使いやすいです!

最初は慣れるまで使い勝手が悪かったですが、すぐに慣れることができました。直感的な操作で素早くタスクを切り替えることができるのでジェスチャー操作のほうが良いです。

ちなみに私は手が大きい方ではないので、精一杯親指を伸ばして1番遠い場所にあるアプリがギリギリ届くという感じでした。

左上に完了ボタンや前に戻るボタンが配置されているアプリも多いですが、そういった場合は届きません。片手操作は少しスピードが落ちるかなと感じます。

機種変更がラクラクで便利

iOS 11からの機能なのですが新しいiPhoneをスタートさせるときに今まで使っていたiPhoneを近くに置くと設定を引き継ぐことができます。

以前のiPhoneにはこのように表示され、新しいiPhoneでパスコードを入力するとWi-Fiの設定等まで綺麗に引き継いでくれます。

これが本当に便利で買ったばかりのiPhoneをすぐに使える状態まで持っていくことができます。

最後にiTunesで以前のiPhoneのバックアップデータから復元するだけで、アプリのデータなどもそのままで今まで同様にiPhoneを使うことができます。

端末が変わってもすぐに元どおりになるのがApple製品の強みですね。

iPhone XSはカメラの進化がすごい

iPhone XS Maxは『iPhone X』と同じカメラ性能だと思われがちですが、カメラ性能が大きく向上しています。

カメラ性能についてレビューします。

センサーサイズがアップされている!?

特にカメラの心臓部であるセンサーが新しくなっており、センサーサイズが以前より30%大きくなっていると言われています。

センターサイズが大きくなるとこんなメリットがあります!

センサーサイズが大きくなるメリット
  • 光を多く集めることができ高画質な写真が撮れる

多くの光を集めることができ、細部の色までくっきりした写真が撮れます。

  • 光を多く集めることができ夜景も綺麗に撮れる

夜の弱い光でも、多くの光を集めることができ、ノイズの少ない写真を撮ることができます。

大事なセンサーサイズが30%もアップしていれば、大きく画質が向上します。

一見同じカメラでもこれだけ進化しているのはすごいですよね。

一眼レフカメラと比較

こちらがiPhone XS Maxのポートレートモードで撮った写真です。

こちらが一眼レフカメラで撮った写真です。

正直そこまでの違いがないというのが感想ではないでしょうか。一眼レフカメラのボケは正真正銘の自然なボケですが、iPhone XS Maxのボケが不自然かと言われるとわからないと思うレベルです。

色味は少し違いますが、2枚を並べてどっちが一眼レフカメラで撮った写真かを確実に見分けることはできないと思います。

普段の写真であればiPhone XS Maxで十分です!

スマートHDRがすごい

発表された当時イマイチ何が進化したのか分かり難かった『スマートHDR』ですがこれが凄まじくすごいです。

これは今の所A12 Bionicチップを搭載したiPhoneのみの機能で、高性能なパワーを使って数枚の画像データを瞬時に組み合わせて綺麗な写真を生み出すことができる機能です。

カメラは明暗差がほんと苦手で、明暗差があるシーンだと『白とび』『黒とび』がくっきり出てしまいます。

例えばこの写真が良い例で、周辺の影の部分が真っ暗になっていますよね。これは『黒とび』しているということです。

HDR撮影はそんなカメラの弱点を解消する為の機能で『明るい写真と暗い写真を同時に撮影し合成していいとこ取りする』というものです。

iPhone XSのカメラはこのような明暗差もしっかり撮影することができ、白とびを起きないようにしてくれます。

深度コントロールが素晴らしい

新たなポートレートモードの機能としてiPhone XS Max、XS、XRは撮影後にf1.4からf16まで被写界深度が変えられるようになりました。

このように背景のボケ具合を調整することができます。

一眼レフカメラと違い写真を撮ったあとでボケ具合を調整することができるので、失敗がありません。

例えばボカしすぎて肝心な部分までボケてしまうというミスが一眼レフカメラではありますが、iPhone XSのポートレートモードはそのようなリスクがなく気軽にボケを楽しむことができます。

まとめ

簡単ではありますがiPhone XS Maxをレビューしました!

iPhoneを何年周期で買い替えるかは人によって違うと思いますが、4年以上使っている方は絶対に買い替えるべきだと思います!

というのも、今回は私は4年ぶりにiPhoneを買い換えました。買い換えて思ったのは『これ程にまで動作速度に違いがあるのか』ということで、今までかなり待ち時間に費やされていたことに気づきました。

それに慣れてしまっていると、動作速度が遅いとは特に思っていませんでしたが、知らず知らずのうちにかなり時間を無駄にしてしまっていたということです。

時間はお金でも買うことができない貴重なものです。

毎日使うiPhoneの動作速度が早いとそれだけ違うことに使える時間も増えてきますし、ストレスなく使うことができるので快適で充実した生活を送ることができます。

また、カメラ機能も大幅に向上しています。普段は一眼レフカメラで撮影していますが、毎日持ち歩いているiPhoneでしか撮れない写真も多くあります。

その瞬間でしか撮れない写真はできる限り綺麗なほうが良いですよね。iPhoneは代を重ねるごとにかなり画質が向上しています。

大切な瞬間を記録するiPhoneのカメラは絶対にこだわった方がいいです。

買い換えを迷っている方はぜひ参考にしてください。

特にiPhoneは基本的に新しいiPhoneが発売された時にしか旧型の値が下がりませんし、せっかく新機種を買うなら発売された直後が1番お得です。今が一番いい機会なので買い換えを考えている方はぜひ前向きに検討してみてください!

またiPhoneの購入はオンラインショップがおすすめです。待ち時間もなく、不必要なオプションを無理やり勧められることもありません。

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

iPhoneを買い替えると毎日が本当に変わります!iPhone XS Maxおすすめです(๑• ̀д•́ )✧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です