遂に登場2018新型iPhone Xs Max/Xsスペック・価格・発売日まとめ!

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

ついに2018年新型iPhoneが発表されました。

この記事では新型iPhoneのスペック、発売日等を紹介します!ぜひ参考にしてください!

他モデルとの比較記事はこちら

2018年最新!iPhoneXS/XR/X/8の比較と選び方!おすすめを紹介!

2018新型iPhone

2018年の新型iPhoneは3機種登場しました!

2018 iPhone
  • iPhone XS 5.8インチ OLEDモデル
  • iPhone XS Max 6.5インチ OLEDモデル
  • iPhone XR 6.1インチLCDモデル

iPhone SEの後継機種の噂も出ていましたが残念ながら発表はされませんでした。

また対応すると言われていたApple Pencilについても対応しないという結果です。

その点は非常に残念ですね。

今回発表された3機種は2017年に登場したiPhone Xがベースとなっており、iPhone Xの後継機はiPhone Xs。iPhone 8 Plusと同サイズでiPhone Xのデザインを採用したiPhone Xs Max。

さらにエントリーモデルとして価格を抑えたiPhone Xのデザインを採用した6.1インチのiPhone XRというモデルが登場しました。

価格

モデルXS MaxXSXR
32GB
64GB124,800円112,800円84,800円
128GB90,800円
256GB141,800円129,800円101,800円
512GB164,800円152,800円

価格は以上のようになっています。全て税抜きの価格なので512GBを購入しようとするとMacが余裕で買える金額になってしまいます。

その点 iPhone XRはかなり価格が下げられている印象です。

サイズ

出典:https://www.apple.com/jp/iphone/compare/

モデルXS MaxXSXR
インチ6.55.86.1
高さ157.5 mm143.6 mm150.9 mm
77.4 mm70.9 mm75.7 mm
厚さ7.7 mm7.7 mm8.3 mm
重量208 g177 g194 g

サイズについてまとめました。

やはり iPhone XS Maxの大きさが目に行きますが、幅は1cmも変わりません。持ってみるとそこまで大きくは感じないかもしれないですね。

バッテリー性能

連続通話時間インターネット利用ビデオ再生オーディオ再生
XS Max最大25時間最大13時間最大15時間最大65時間
XS最大20時間最大12時間最大14時間最大60時間
XR最大25時間最大15時間最大16時間最大65時間

サイズが大きくなった分バッテリー性能はアップしています。

特に廉価版のXRが iPhone史上最も電池が持つiPhoneとなりました。CPUも最新のモノを搭載しているのでカメラ機能と3Dタッチを除けばかなりお得な iPhoneかもしれません。

A12で性能アップ

出典:https://www.apple.com/jp/iphone-xs/a12-bionic/

CPU性能グラフィック性能
A12 Bionic(A11と比べて)15%向上50%向上

iPhone XS Max / XS / XR共に最新の『A12 Bionic』を搭載しています。

A11 Bionicと比較してCPU性能が15%向上し、UGPUの性能が50%向上、最大50%少ない消費電力も達成しており、高度な顔認証が可能になったなど既存機能の様々な性能アップに貢献しています。

VRを活用したアプリを快適に使用できるだけでなく、マルチタスクの切替やアプリの動作もかなり早くなっています。

A12 Bionic
  • CPUコア:6コア(高効率コア2つ + 省電力コア4つ)
  • GPUコア:3コア → 4コア
  • ニューラルエンジン:2コア → 8コア

iPhone 3台ともFace ID搭載

2018年の新型iPhoneは全てのモデルでホームボタンが廃止されています。

その代わりにiPhone Xのみしか搭載していなかった『Face ID』が新型iPhoneからは3台ともに搭載しています。

ホームボタンが廃止になっているので当然といえば当然で『Touch ID』が無くなるのは寂しいですが、これが時代の流れですね。

XRは6色のカラーバリエーション

iPhone XRはホワイト、ブラック、イエロー、ネイビーブルー、オレンジ、レッドの6色が展開されます。

以前のiPhone 5cを思い出すような配色となっています。

XSとXRの大きな違いはカメラにあり

出典:https://www.apple.com/jp/iphone-xs/cameras/

XRは価格が安い分カメラが部分が大きく違います。

XRはデュアルレンズではない為光学ズームをすることができません。 iPhoneのカメラを重視する方にとってはかなり致命的なポイントです。

モデルiPhone XS /XS MaxiPhone XR
画素数1200万画素1200万画素
広角レンズF1.8F1.8
望遠レンズF2.4
光学ズーム2倍
デジタルズーム最大10倍最大5倍
手ブレ補正デュアル光学式光学式

主なスペックはこのようになっており、『iPhone XS / XS Max』については『iPhone X』とスペック表では変わりありませんが、進歩したA12チップや新しいイメージセンサーによりより高画質に進化しています。

撮影機能
  • 写真とLive Photosの広色域キャプチャ
  • クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
  • 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
  • 5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)
  • 写真のスマートHDR

iPhone Xより進化した機能は赤ラインで表示しています。

iPhone XS / XS Max / XRは進化したA12チップによりカメラ機能も進化しています。

具体的にはISP(Image Signal Processor)『カメラシステムぼ中核となる画像処理プロセッサ』が強化されたことにより、写真の奥行きを表現する深度エンジンや表現できる色が広がるダイナミックレンジの性能が向上しており、新しいポートレートモードやスマートHDRが新機能として追加されています。

iPhoneのカメラについてまとめた記事はこちら

一眼レフカメラ勝てる!?iPhone XS/XS Maxカメラ性能比較

新型iPhoneのポートレートモードが進化

出典:https://www.apple.com/jp/iphone-xs/cameras/

ポートレートモードは搭載された二つのカメラを使い、背景をボカして一眼レフカメラのような被写体を引き立てた撮影ができるモードです。

新たなポートレートモードの機能としてiPhone XS Max、XS、XRは撮影後にf1.4からf16まで被写界深度が変えられるようになりました。

簡単にいうとポートレートモードで撮った写真の背景のボケ具合を直感的に変えれるということです。

背景を思いっきりボカしたい時はF値を小さくして、背景をボカしたくないときはF値を大きくするとボケ具合を調整できます。

まさに一眼レフカメラ顔負けの機能で、一眼レフカメラはレンズのF値を変えることで背景のボケ味を調整できますが、それと同じようなっことがiPhoneでできるようになったということです。

さらにA12 BionicのおかげでiPhone Xよりも自然なボケ感となり写真性能がさらに向上しました。

また『ポートレートライティング』では撮影前後どちらでも照明エフェクトを変更することができます。

自分好みのライティングに調整できるので写真の表現力が広がります。

新型iPhoneはスマートHDRに対応

iPhone XR Max、XS、XRはスマートHDRに対応しました。

正直違いはわからないのですが、Apple公式サイトではこのように紹介されています。

スマートHDRは、より高速なセンサー、強化されたISP、高度なアルゴリズムといった複数のテクノロジーを活用し、あなたの写真の明部と暗部により精細なディテールをもたらします。

引用:https://www.apple.com/jp/iphone-xs/cameras/

結局、以前のHDR撮影より明暗差も上手く処理されるというわけなのでしょう。

少し話はズレますがカメラは明暗差のあるシーンがとても苦手です。

例えばこの写真。明るい場所にピントを合わせて撮っているので周辺の暗い部分は真っ暗になっています。

このようにカメラは明暗差を上手く写すことができません。ちなみに人間の目は脳で想像して画像を合成しているので綺麗に見ることができます。人間の目が最強のカメラというわけです。

HDR撮影はそんなカメラの弱点を解消する為の機能で『明るい写真と暗い写真を同時に撮影し合成していいとこ取りする』というものです。

これによって白飛びや黒とびを解消することができます。

A12 BionicのおかげでiPhone Xよりも自然なボケ感となるようで写真性能がさらに向上しました。

防水・防塵機能が向上

最新の『iPhone XS / XS Max』はIP68等級の性能です。

ちなみにここでもXSとXRで違いがつけられており、『iPhone XR』はIP67等級です!

IP68等級は連続的に水中に置いても有害な影響がないレベルです。原則として密閉構造というわけです。今までの防水性能でも満足でしたがさらに進化すると嬉しいですね。

Apple公式見解
  • XS Max / XS・・・IP68等級 水深2メートルで最大30分間の耐水性能
  • 7/8/X/XR・・・IP67等級 水深1メートルで最大30分間の耐水性能

これはかなりの性能向上ですね!!

iPhone XRはIP67等級の性能で、7/8/Xと同じ防水性能となっています。

MEMO

防水・防塵性能に関してIP67を例に紹介します。

IP67とは、防塵性能が6等級、防水性能が7等級ということで、6等級の防塵性能は最もレベルが高く、「粉塵が内部に侵入しない」とされています。

そして7等級の防水性能は最高等級の8より一段階低く「規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない」とされています。

デュアルSIM対応

iPhone Xs以降のモデル(XS Max、XS、XR)ではデュアルSIM(nano-SIMとeSIM)に対応しました。これにより海外へ行く際にもシムカードを入れ替えることなくそのまま使用することができます。

国内で使うだけ人はあまり必要がないかもしれませんが、海外へ行くことが多い方には非常に便利な機能です。

iPhone XS/XS Max/XR スペックと特徴

それぞれの特徴についてまとめます。

iPhone XS

出典:https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-xs#00

iPhone XS 特徴
  • カラー:ブラック、シルバー、ゴールド
  • サイズ:143.6 x 70.9 x 7.7 mm、177g
  • Super Retina HDディスプレイ 5.8 インチ
  • 防水性能:IP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)
  • CPU:A12 Bionicチップ
  • カメラ:デュアルカメラ
  • フレーム素材:ステンレス
  • Face ID対応
  • 3D Touch対応
  • Apple Pay対応
  • ワイヤレス充電対応
  • デュアルSIM対応
  • 64GB:112,800円
  • 256GB:129,800円
  • 512GB:152,800円

iPhone Xの正当進化モデルです!正直iPhone Xを使っている方からすると買い換えるか迷うところですね。

いわゆるマイナーアップデートされたモデルです。

iPhone Xからの進化点
  • 512GBの追加
  • 防水性能がIP68等級に進化
  • 新しいポートレートモード機能
  • スマートHDRが可能に
  • ステレオ録音が可能
  • よりワイドに広がるステレオ再生が可能に
  • フロントカメラの動画撮影に手ブレ補正
  • iPhone Xより30分バッテリー性能向上
  • デュアルSIM対応
  • サイズは全く同じで重さ3g増

気になるiPhone Xからの進化店はこのようになっています。チップの向上により処理性能だけでなく、カメラ機能が進化したのが嬉しい点です。

特に新しいポートレートモードはカメラ好きにとってはかなり魅力的な機能だと思います。

iPhone Xを使っている方には買い替える程の魅力はないと思いますが、それ以前の機種を使っている方は飛びつきそうな性能だと思います。特にカメラで写真を撮るのが好きな人におすすめです。

古いiPhoneを使っている方は一眼レフ買うよりiPhone XSを買う方がおすすめです

iPhone XS Max

出典:https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-xs#01

iPhone XS Max 特徴
  • カラー:ブラック、シルバー、ゴールド
  • サイズ:157.5 x 77.4 x 7.7 mm、208g
  • Super Retina HDディスプレイ 6.5 インチ
  • 防水性能:IP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)
  • CPU:A12 Bionicチップ
  • カメラ:デュアルカメラ
  • フレーム素材:ステンレス
  • Face ID対応
  • 3D Touch対応
  • Apple Pay対応
  • ワイヤレス充電対応
  • デュアルSIM対応
  • 64GB:124,800円
  • 256GB:141,800円
  • 512GB:164,800円

iPhone史上最も大きなディスプレイを搭載したiPhoneです。

本体サイズはiPhone 8 Plusとほぼ同じですが、高さと幅はiPhone XS Maxの方が小さいです。

ボディサイズそのままにディスプレイサイズが1インチも大きなっているのはすごい魅力です。

モデルXS Max8 Plus7 Plus
インチ6.55.55.5
高さ157.5 mm158.4 mm158.2 mm
77.4 mm78.1 mm77.9 mm
厚さ7.7 mm7.5 mm7.3 mm
重量208 g202 g188 g

いつもと違う点は、小さいサイズのiPhone XSとの違いがディスプレイサイズとバッテリー容量以外は同じであることです。

いつもはサイズが大きいplusシリーズの方が若干使える機能が多いなどのメリットがあり、それ目的で大きいサイズを選択している人がいましたが、iPhone XSは単純に画面の大きさだけで決めることができます。

今までにないiPhoneと大きい画面を楽しみたい方はこのモデルがおすすめです!

私はiPhone XS Max 256GBを選びました

iPhone XR

出典:https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-xr

iPhone XS Max 特徴
  • カラー:ブラック、ホワイト、コーラル、ブルー、イエロー、Product Red
  • サイズ:150.9 x 75.7 x 8.3 mm、194g
  • Liquid Retina HDディスプレイ 6.1インチ
  • 防水性能:IP67等級(最大水深1メートルで最大30分間)
  • CPU:A12 Bionicチップ
  • カメラ:シングルカメラ
  • フレーム素材:アルミ
  • Face ID対応
  • Apple Pay対応
  • ワイヤレス充電対応
  • デュアルSIM対応
  • 64GB:84,800円
  • 256GB:90,800円
  • 512GB:101,800円

iPhone XRは価格を抑えたエントリーモデルで昨年のシリーズだとiPhone 8と同じ価格帯です。

サイズはiPhone XSとXS Maxの中間に当たるサイズでiPhone 8よりも本体サイズが大きいです

モデルXSXR8
インチ5.86.14.7
高さ143.6 mm150.9 mm138.4 mm
70.9 mm75.7 mm67.3 mm
厚さ7.7 mm8.3 mm7.3 mm
重量177 g194 g148 g

デュスプレイに有機ELではなく液晶ディスプレイが搭載されています。iPhone XSと比べると少し表示される画質は落ちます。

しかしバッテリー性能はiPhone XSよりも上で、CPU性能も同じです。カメラはシングルですが新しいポートレートモード機能を使うことができるなど上位機種とも遜色ありません。

また、使う方は限定されていると思いますが、デュアルSIMにも対応しています。約3万年も安いにも関わらずここまでのスペックがあれば十分なのではないでしょうか!

特に性能にこだわりがない方はこちらのiPhoneがおすすめです!

少し残念なポイントとしては『3Dtouch』がなぜが非対応な点です。3Dtouchは便利な機能でiPhone 8にも搭載されているので何故搭載しなかったのかはわかりませんが、これは特筆すべき点かなと思います。ぜひ参考にしてください。

iPhone XSとの違い
  • デュスプレイが有機ELではない(解像度458ppi→326ppi)
  • 3D Touch非対応
  • 防水性能がワンランク下のIP67等級(最大水深1メートルで最大30分間)
  • シングルカメラ
  • 最大5時間長く持つバッテリー性能
  • 価格が約3万円安い

意外と違いは少なく、バッテリー性能に関してはiPhone XSより上です!

価格も安いので考え方によってはかなりおすすめです!

今回1番売れるiPhoneは多分これです

新型iPhone発表日・発売日

iPhone XS発表・発売日
  • 発表:9月12日(水)
  • 予約開始:9月14日(金)
  • 発売:9月21日(金)
iPhone XR発表・発売日
  • 発表:9月12日(水)
  • 予約開始:10月19日(金)
  • 発売:10月26日(金)

iPhone XRは遅れての発売となりました。購入を検討されている方は注意してください!

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

iPhone以外の新製品発表

2017年秋の発表会ではiPhone XとiPhone 8/8 plusそしてApple Watch Series 3、ワイヤレス充電マットAirPower(発表のみ)が発表されました。

2018年9月12日の発表会ではApple Watch Series 4が同時に発表されました。

iPhoneの予約はオンラインがおすすめ!

新型iPhoneを発売日に手にするには事前予約が大切です!忘れずに予約するようにしましょう!

今回はおすすめのオンライン予約のメリットとデメリットについても紹介します。

オンライン予約のメリット

ショップで並ぶ必要がない

iPhoneの予約はソフトバンク・au・ドコモの各キャリアのショップのほか、家電量販店などの店頭でも予約できますが、予約開始以降は店頭は混雑し待ち時間も長くなります。

また例年店頭での予約開始は予約日の16時から開始なのでそもそも店頭に行くことも難しいです。

オンラインならパソコンやスマホからどこからでも予約が可能で24時間手続きができ、予約にかかる時間も15分程です。

在庫数が多くゲットしやすい

オンラインでの予約は『アップルストア』か『キャリアのオンラインストア』になるかと思いますが、それがベストです!

まずアップルストアで予約するメリットは在庫量が多いことです。またSIMフリーのiPhoneを手に入れたい場合はアップルストア一択です。

各キャリアで購入する場合もキャリアのオンラインストアは在庫数が多く、サポート受けながら予約購入することが可能です。

家電量販店のオンラインストアは、アップルストアやキャリアのオンラインストアに比べると入荷数が少なく、予約開始と同時に予約しても待たないといけない可能性が高いです。

せっかく張り切って予約しても待たされることになると辛いですよね。

店頭でオプションの勧誘を受けない

店頭のショップでありがちなのが、不要なオプションをほぼ強制的に契約させられることです。

最初は無料なのでということで勝手に付けられますが、しっかり解約しないと今後も料金を払い続けて行く羽目になります。また断っても長い説明をされるので正直うんざりします。

その点オンラインショップはオンラインショップでは、シンプルに自分に必要なサービスとオプションだけを選ぶことができます。

受取方法
  • 自宅受け取り
  • ショップでの受け取り

ドコモ・au・ソフトバンクともに選択方法を選ぶことができます。

不必要な勧誘や説明を受けることなく、自宅で予約することができるので今はオンラインで予約する方が楽で便利です。

発売日当日に自宅で受け取れる

オンライン予約で『自宅受取』を選択するとショップに取りに行かずに済むので行く手間が省かれるのと、ショップでの待ち時間と手続きが必要ありません。

以前はオンライン予約だと発売日当日に受け取れないこともありましたが、現在はAppleがオンライン予約を強化する方針にしたので、各キャリアのオンラインショップもオンライン申込を強化しました。

その結果iPhone6s/6s Plus以降は発売日当日の朝に自宅受け取りすることも可能となっています。

予約のポイント

発売日に受け取るには予約するタイミングが大切です!

予約は申込順に処理されるため、予約開始時間から遅れるにつれて発売日に受け取るのが難しくなります。

オンライン予約のデメリット

オンライン予約のデメリットについても紹介します。

初期設定は自分で行う必要がある

店頭で受け取った場合は初期設定を行ってくれますが、自宅受け取りの場合は自分で行う必要があります。

最初に行う作業
  • 古いiPhoneからのデータ移行
  • SIMカードの挿入
  • 開通手続き

以前からiPhoneを使っている方は難しい作業ではありませんし、説明書を見ながら簡単に行うことができるので不安に思うことはありません。

料金体系などを質問できない

ショップであればスタッフの詳細を聞くなど対人で手続きを進めることができますが、オンラインは自分で調べて契約を行う必要があります。

わかりやすくまとめられていますが、携帯料金のプランは複雑で不安があった時に質問できないのはデメリットですね。

しかし、もしわからなければメールや電話で問い合わせることができるので、そこまで不安に思うことはありません。

また、店員さんが思ったより理解していない場合もあるのでネット関係が得意な方であればオンラインの方がいいです。

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

まとめ

基本スペックだけでなく、防水性能が進化するなど正当進化を遂げましたね。

目新しい機能は少ないですが、なんども見ても新型iPhoneは心トキメキます。さらに快適になったiPhoneをぜひ楽しみましょう!

以上。最後までお読みいただきありがとうございました。

新型iPhone楽しみすぎです!!

同時に発表されたApple Watch シリーズ4に関する記事はこちらです。

2018年最新!新型アップルウォッチ4の性能・発売日・スペックまとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です