おすすめクリマスギフトはこちら!

iPhoneのFace IDが反応しない時の確認事項と対処法・解決策

iPhone X以降のiPhoneはTouch IDが廃止され『Face ID』が搭載されました。

Face IDは便利なのですがある日突然全く反応しなくなったことはありませんか?

私自身も今まで問題なく使っていたFace IDがある日突然全く反応しなくなりました。

たまに認証を失敗することはありますが、Face IDには学習機能があるので顔が劇的に変わらない限り、全く認識しなくなるということはないのです。

この記事ではFace IDが反応しなくなった時の対処法・解決策を紹介します。

Face IDでお困りの方はぜひご覧ください。

Face IDが機能しない場合の確認事項

Face IDが機能しなくなった時の確認事項を紹介します。

該当する箇所がないかチェックしてください。

アップデートがないか確認する

iPhoneが最新のバージョンであるか確認してください。

  • STEP.1
    設定アプリを開く
  • STEP.2
    一般をタップ
  • STEP.3
    ソフトウェア・アップデートを開く
  • STEP.4
    バージョンを確認
    最新のバージョンであれば「お使いのソフトウェアは最新です」と表示されます。

Face IDの設定を確認する

Face IDが『OFF』になっていないか確認してください。

  • STEP.1
    設定アプリを開く
  • STEP.2
    Face IDとパスコードを開く
  • STEP.3
    Face IDの状態を確認
    Face IDを使おうとしている機能がオンになっているか確認してください。

TrueDepth カメラが覆われていないか確認

iPhoneのTrueDepth カメラが覆われていればFace IDは認識しません。

保護シールや保護ケースで覆われていないか確認しましょう。汚れている場合は拭き取るのもポイントです。

顔が覆われていないかを確認

目、鼻、口がしっかりと TrueDepth カメラに映っているか確認してください。

またFace IDはメガネやサングラスをかけていても認証できるようになっていますが、赤外線をカットするようなレンズの場合は認識されないことがあるので外してFace IDを使用するようにしましょう。

そしてiPhoneのFace IDはiPhoneが縦向きになっていて、顔がTrueDepth カメラに向いているときにだけ働きます

その点も注意するようにしましょう。

Face IDが機能しない時の解決策

一応確認事項を紹介しましたが、どの項目もクリアしている場合が多いと思います。

次は解決策を紹介します!

iPhoneを再起動する

もうこれにつきます!

iPhoneは毎日使うもので普通に使っていると電源をオフにすることがありませんよね。

再起動することでバグデータなどをリフレッシュすることができるので、何か不具合があれば再起動するようにしましょう。

私自身の体験談ですがFace IDが認識しなかったので、一度登録している顔をリセットし、新たに登録を試みました。するとFace IDの登録画面が開いた時点でエラーが起きるという現象が発生しました。

登録し直そうとしても登録すらできないという危機的な状態です。

その際は再起動することにより解決しました。この時は一度Face IDをリセットしましたが、もしかすると再起動するだけで解決できたのかもしれません。

もう一つの容姿を追加する

Face IDは変化に伴って継続的に学習してくれますが、見た目が劇的に変わる場合など、もう一つの容姿として登録しておくことができます。

  • STEP.1
    設定アプリを開く
  • STEP.2
    Face IDとパスコードを開く
  • STEP.3
    もう一つの容姿を設定をタップ
    iPhoneに表示される内容に従って登録を進めると完了します。

Face IDをリセットし登録し直す

再起動し、もう一つの容姿を追加しても上手くいかなかった場合はFace IDをリセットし登録し直しましょう。

  • STEP.1
    設定アプリを開く
  • STEP.2
    Face IDとパスコードを開く
  • STEP.3
    Face IDをリセットをタップ
  • STEP.4
    リセット後「Face IDを設定」をタップ
    iPhoneに表示される内容に従って登録を進めると完了します。

Face IDが反応しない時の対処法まとめ

Face IDが上手く機能しない場合の確認事項と解決策を紹介しました。

毎回パスコードを入力するのは不便なので、うまく機能しない方はぜひ試してみてください。

パスコードの入力が必要になる場合

最後にパスコードの入力が必要になる場合を紹介します。

パスコード入力が必要な条件

  • 電源を入れた時と再起動した時
  • ロックの解除を48時間以上行なっていない場合
  • ロック解除に過去6日半パスコードが使われておらず、過去4時間に Face ID でデバイスのロックを解除していないとき。
  • デバイスでリモートのロックコマンドを受信したとき。
  • 顔認証に 5 回失敗した後。
  • 音量ボタンのどちらかとサイドボタンを同時に 2 秒間長押しして電源オフ/緊急 SOS を作動させた後

以上。iPhoneのFace IDが反応しない時の確認事項と対処法・解決策でした。

関連記事はこちら
【iOS12】iPhone便利技紹介!小技を使いこなして快適操作 【iOS 11】アプリのキャッシュが勝手に削除される原因と対策 【iOS 12】iPhoneの低電力モードとは?使うとどうなるの? 2018年最新!iPhoneにおすすめ格安SIMを紹介・価格・プランで比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です