どう違う?iPhone 12シリーズ比較 

サイズで迷う方必見!iPhone Plus・Maxシリーズは不便な程大きいのか?

この記事にお越し頂きありがとうございます。

iPhoneが発売されると、どうしても迷ってしまうのがどのサイズにするか?ですよね。

2014年より前はサイズは一択だったのですが、2020年に発売されたiPhone 12シリーズはなんと4種類の中から選ぶ必要があります。

「画面サイズは大きい方が良いけど、片手で届くか不安だしなー」という声もよく聞きますし、買い替えの時期がきて「やっとPlusやMaxから解放される〜」という人もいました。

この記事では『iPhoneのサイズ』について不安がある方の為に、iPhoneのサイズについて紹介します。

気になる方はぜひ参考にしてください。

まつりくん
全サイズを使ったことがあるのでわかりやすく解説します!

また購入は各社公式オンラインショップがお得です。

オンラインショップはキャリアによって手数料が必要無く料金が安く・待ち時間がない・24時間購入できるの主に3つのメリットがあるので是非利用してみてください。

サイズに関してはYouTubeでも解説しています!


iPhone 12シリーズは全てのモデルを購入しサイズを比較しました。動画はこちら


iPhoneシリーズサイズ比較

まずは各iPhoneのサイを比較します。

上の写真は左から「SE」「11 Pro」「11」「XS Max」です。

iPhone 12シリーズを並べると上の写真のようになります。

左から「iPhone 12 min」「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」です。

サイズが数cm大きいと言うだけでは、イメージしずらいですが、人差し指第一関節分大きくなると思えば「手が届かない。」と感じる人も多いのではないでしょうか。

サイズが大きくなり手が届かなくなると、不便に感じるだけでなくスマホを落とすリスクも増加してしまいます。

短くても数年は使うモノなので画面バリバリに割れたiPhoneを長い間持つのは嫌ですよね(^^;;

サイズ選びは大切なので実際に手に持った感じも参考にしてください!

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
インチ5.46.16.16.7
高さ131.5mm146.7mm146.7mm160.8mm
64.2mm71.5mm71.5mm78.1mm
厚さ7.4mm7.4mm7.4mm7.4mm
重量133g162g187g226g

2020年に登場したiPhoneのサイズはこの様になっています。

大きさだけでなく、厚さや重量も片手操作に大きな影響があるので要チェック。

実際で持った感じが分かりやすいように上からiPhone 12 mini、iPhone 12、iPhone 12 Pro Maxの順で並べました。

全て同じ画面を表示しているので、表示されている記事の量と、握るように持っているので親指の届き具合をチェックしてみてください。

iPhone 12 miniはほぼ握る事ができていますが、iPhone 12 Pro Maxは全く親指が届きません。

iPhone 12の持ちやすさ
  • iPhone 12 mini→片手操作余裕
  • iPhone 12 / 12 Pro→片手可能
  • iPhone 12 Pro Max→片手操作不可

最新のiPhone 12シリーズのサイズ感はこんな感じです。

続いてiPhone 6s(iPhone SEとほぼ同じ大きさ)とiPhone XS Maxを重ねるとこのような感じです。

iPhone 6s(iPhone SEとほぼ同じ大きさ)とiPhone XS Max

手に持った感じはこんな感じ。

iPhone 6s(iPhone SEとほぼ同じ大きさ)とiPhone XS Max

両手で持つとこのような感じです。

ホームボタンが非搭載となり本体一杯に画面が広がるiPhone XSやiPhone XS Maxは、ホームボタンがあるiPhone 8などとサイズがほぼ同じであっても、片手操作はきつくなります。

まつりくん
片手操作を重視するのであればiPhone 12(6.1インチ)より大きいiPhoneは辞めておいた方が良いです。

iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxを比較するとこんな感じ。

大きさも違いますが重量も90gほど違うので持った感じは全く違います。

iPhone 12 miniとiPhone 12を比較すると、iPhone 12 miniの方が片手操作はかなり快適ですが、iPhone 12でも片手操作ができないということはありません。

スマホリングがあればiPhone 12でも快適な片手操作が可能。

iPhone 12とiPhone 12 Proは全く同じサイズなので、iPhone 12 Proでも片手操作はできます。

左:iPhone 11、右:iPhone 11 Pro

iPhone 11とiPhone 11 Proを比較すると親指の爪半分くらいiPhone 11のほうが大きいです。

5mm程の差ですが実際に持ってみると一回り大きく感じます。

どっちを選ぶ?iPhone 11とiPhone 11 Proの違いを比較。おすすめポイントを紹介

左:iPhone SE、右:iPhone 11

iPhone SEとiPhone 11の大きさを比較するとこんな感じ。

iPhone SEはかなりコンパクトで性能も良いので、小さいiPhoneが欲しい方はiPhone SEがおすすめです。

どっちがおすすめ?新型iPhone SEとiPhone 11の違いを価格・スペック・サイズで比較

iPhone 6 Plusを3年間使って感じたこと

僕は新しいモノ好きと言うこともあり、iPhone Plusシリーズが初めて発売された時に迷わず『Plus』を選びました。

最初は不便に感じていましたが、だんだんこの画面サイズに慣れてしまうと、普通のiPhoneの画面が小さすぎて逆に普通のiPhoneが不便と感じるようになりました。

ほぼ毎日使う物なので使いやすさというのは日々の生活に直結してきます!

楽しいiPhone生活を送るためにも画面のサイズ感が合うかどうかは大切なポイントです。

今回は最初に感じたことも合わせて紹介します。

その後、iPhone XS Maxを使って現在はiPhone 12 Pro Maxを使用していますが、感想はほぼ同じです。

Maxシリーズの使い勝手が気になっている方はぜひ参考にしてください。

スボンのポケットへの収まりが悪い

大きいiPhoneはサイズが大きいので、ズボンのポケットでの収まりはかなり悪いです。

これは長年使っていますが物理的な問題なので不便なのは慣れないです。

浅いポケットだとポケットからiPhoneが落下してしまいますし、デニムなど伸縮性の悪いズボンのポケットに入れると、動きがかなり制限されます。

写真のように後ろポケットに入れると、かなり改善されますが、盗難や、座る時には注意が必要です。

後ろポケットに入れているのを忘れて、コンクリートに上にそのまま座ってしまうと簡単に割れます!

ちなみにそれで画面にヒビがはいました…

画面サイズが対応されていない

今ではほとんど関係ないですが、僕が購入した当初はiPhone 6 Plusに対応されていないアプリが多く、老眼スマホのように字がデカデカと表示されていました。

現在は人気のある主要アプリならこのようなことはありませんが、新しく登場したアプリは画面サイズが対応していないこともあります。

対応されていないアプリを使うときとにかく字が大きく表示されるので不便です。

バッテリー持ちが良い

スペック表を見てもわかりますが、バッテリーの持ちはかなり良いです。通常サイズのiPhoneと比べて、体感的に2〜3時間分は長く使えると感じます。

実際のスペックはこちら

iPhone 12 miniiPhone 12iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
ビデオ再生15時間17時間17時間20時間
ビデオ再生
ストリーミング
10時間11時間11時間12時間
オーディオ再生50時間65時間65時間80時間
連続通話時間インターネット利用ビデオ再生オーディオ再生
XS Max最大25時間最大13時間最大15時間最大65時間
XS最大20時間最大12時間最大14時間最大60時間
XR最大25時間最大15時間最大16時間最大65時間

体感だけでなく改めてスペックを見ると違いを感じることができます。

iPhone 12 Pro MaxだとiPhone 12 Proよりも最大15時間もバッテリー時間が長いです。

画面が大きいのは想像以上に便利

画面の大きさの恩恵は想像以上にあります!

特に電子書籍を読むときがかなり便利です。

スマホで電子書籍読むには少し読みにくいと感じることがありますが、Plusなら大きなストレスなく読むことができます。

ブログ記事を読むときも、写真が表示されていれば、ほとんど文字が表示されないこともありましたが、Plus・MaxシリーズのiPhoneなら程よく見ることができます。

パソコンを持っているとはいえ、出先などでiPhoneを使ってネットをすることが多いので、画面サイズが大きいのは本当に便利です。

このサイズになれてしまうと、普通のiPhoneを使った時に使いにくいと感じるようになりました。

 結果的に不便な大きさなのか?

結果的に不便な大きさかどうかですが、僕が3年間使って感じたのは、

『本体サイズが大きことによる不便さよりも、画面が大きいことによって感じる便利さの方が大きい』です。

画面に表示される情報量が明らかに多いので、ネットを利用する時には特に便利だと感じます。また、ゲームをするときにも画面が大きい方が操作しやすいなどのメリットが多いです。

問題の片手操作の対策

本体サイズが大きことによって片手操作ができない件に関しては、こちらの商品を購入することで改善することができました。

おなじみの『BUNKER RING』です。ただリングがついたように思いますが、実際に使ってみると、ホールド性の良さに感動します。

粘着力も申し分なく、普通に使っていて外れることは、まずありえません。

リングが360度回転するのでスマホスタンドとしても使用することができ、薄いのでケース程かさばることもありません。

私はスマホケースなしに、直接iPhoneに取り付けていますが、外した時にiPhoneがベトベトになることもありませんでした。

これ一つで『iPhone Plusシリーズ』のデメリットを払拭できるので本当におすすめです!

POINT
文章

  • 手のフィット性が高い
  • スマホスタンドとして使用できる
  • 半永久的に繰り返し付着可能
  • ホールド性が高く片手操作も安心

同様の機能を持つ『iRing』もおすすめです!

今はiRingを使っています。スタンドとして使えるのでiRingの方が便利でした。

レビュー記事はこちら
人気スマホリング『iRing』レビュー!操作性向上で落下防止にも最適

おすすめのスマホリングはこちら
スマホの落下防止はこれ!使いやすいおすすめのスマホリング5選

持ちやすさの問題が解決したら最強

ポケットの収まりの悪さは解決することができませんが、『BUNKER RING』を使うことによって、持ちやすさが改善されると画面が大きいメリットを存分に発揮できます。

少しでも画面が大きい方が良いと感じる方は『iPhone Plus・Maxシリーズ』がおすすめです!

ポケットの収まりの悪さも、使っているとそこまで大きな問題ではなく、カバンに入れる選択肢もありますし、少し動きは制限されますがポケットにも入ります。

私は割り切って後ろポケットに入れていますが、後ろポケットなら邪魔にならないのと、後ろポケットでも意外と露出部分が少ないので盗難の危険性や、途中で落とす危険性も感じたこともありません。

もし画面を割ってしまうとどうなる!?

iPhone plus・Maxシリーズを使う上でもし割ってしまうとという心配もあるかもしれないので紹介します。

こちらが現在のApple正規サービスによる修理価格表です。

画面のみ

画面およびその他の損傷

iPhone 12 Pro Max

35,800円

64,800円

iPhone 12 Pro

30,400円

59,800円

iPhone 12

30,400円

47,800円

iPhone 12 mini

24,800円

42,800円

iPhone 11 Pro Max

35,800円

64,800円

iPhone 11 Pro

30,400円

59,800円

iPhone 11

21,800円

42,800円

iPhone XS Max

35,800円

64,800円

iPhone XS

30,400円

59,800円

iPhone XR

21,800円

42,800円

iPhone X

30,400円

59,800円

iPhone 8 Plus

18,400円

42,800円

iPhone 8

16,400円

36,400円

iPhone 7 Plus

18,400円

36,400円

iPhone 7

16,400円

32,800円

iPhone 6s Plus

18,400円

35,800円

iPhone 6s

16,400円

32,700円

iPhone 6 Plus

16,400円

35,800円

iPhone 6

14,500円

32,700円

iPhone SE/5s/5c/5

14,500円

30,400円

またこの価格は『AppleCare+ for iPhone』に加入していない場合の価格です。

『AppleCare+ for iPhone』に加入している場合はiPhone購入日から2年間、最大2回まで画面のみの修理であれば3,700円で受けられます。

さらに、落下の衝撃で内部の部品に損傷が生じるなどした「その他の損傷」や、端末自体の交換になった場合でも、どの機種も12,900円で修理/交換対応してくれます。

詳しくはこちら

iPhoneの画面が割れた時の対処法まとめ!お金や修理期間の問題など iPhoneにAppleCare+は必要か!?保証内容と損得を徹底解説!

まとめ

iPhone XS Max・XR・XS

iPhone Maxシリーズ・Plusシリーズのサイズに関することを僕なりに記事にしてみました。

毎日使うモノなので、性能面も大事ですが、持ちやすさ、携帯性の良さもかなり大事なポイントとなると思います。

iPhone Plus・Maxシリーズの画面の大きさに魅力を感じているが、大きさが不安という方に参考になればと思います。

どうしても大きさが気になると言う方は画面の大きさがPlusシリーズ以上で、本体サイズが小さい『iPhone 12』を選択するのが最良かもしれませんね。

iPhone 12・mini・Pro・Pro Maxを比較!サイズとスペックはどう違う?

ぜひチェックして見てください。

iPhoneの予約・購入はオンラインショップがオススメです!

待ち時間なしで予約することができ、料金が安いなどのメリットがあります。

公式オンラインショップについて紹介した記事はこちら

スマホがネットでカエル!ドコモオンラインがお得な7つの理由を徹底紹介 auの機種変更はオンラインショップが安い!メリットとポイントを徹底解説 ソフトバンクはオンラインショップがお得?特徴・限定キャンペーンを紹介

料金のシミュレーションを行うことや、端末についても見ることができます。

是非覗いてみてください!

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

【2020最新】iPhoneをパワーアップ!おすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ iPhone 11 Pro レビュー!高級感あるデザインとカメラが最高。実際に使った評価を紹介 Apple Watch Series 5 レビュー!エルメスモデルの魅力とSeries 4との違い・使用した評価を紹介 iPhoneXSレビュー!実際に使った評価・Maxとの違いを徹底紹介【iPhone XS】 iPhone XS Maxレビュー!進化したカメラと大画面が素晴らしい!使った感想を徹底紹介 【2020年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!性能・サイズ・価格を徹底比較

比較記事はこちら!

【2020年新型】iPhone 12とiPhone 12 Proはどっちがおすすめ?デザイン・スペック・価格などの違いを比較 どっちを買うべき?iPhone 12 miniとiPhone SEの違いを比較 iPhone 11とiPhone 8の違いを比較!カメラ好きは即買い替えるべき理由を紹介 どっちが良い?iPhone11とiPhoneXRを徹底比較!価格・スペックの違いを紹介 どっちを選ぶ?iPhone 11とiPhone 11 Proの違いを比較。おすすめポイントを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。