新型iPhone SEについてはこちら

【2020最新】おすすめのスマホリング5選!落下防止に役立つバンカーリングを厳選紹介

スマホやiPhoneの落下防止に役立つのがスマホリング(バンカーリング)ですが種類が多く、中には粘着力がイマイチだったり、使いにくい物もあります。

この記事では使いやすいおすすめのスマホリングや選び方を紹介します。

スマホリングは落下防止になるだけではなく、片手操作や両手操作もかなり快適になるのでぜひチェックしてみてください。

ライター
スマホリングとモバイルバッテリーがスマホアクセサリーの必需品です。

結論として1番おすすめのスマホリングは『iRing Limited Edition』です。

iPhoneに付けて長期で使っていますが、使いやすく、粘着力も落ちていません!

レビュー記事はこちら

まつりくん
「片手で操作したい」「スマホは落としたくない」「スマホスタンドを多用する」こんな方にはガチでおすすめです。

スマホリングの選び方

こんなリングで本当に持ちやすくなるの?と疑問に思うかもしれませんが、スマホリングは一度使うと手放せなくなる程便利なアイテムです。

まずはスマホリングの選び方について紹介します。

スマホリングのポイントをまとめるとこんな感じ。

ポイント
  • 取り付けやすさをチェック
  • 使いにくいリングもある
  • 貼り直しができるスマホリングがおすすめ
  • スタンドとしても使える物が便利
  • ワイヤレス充電を使う時は注意

それぞれについて詳しく解説します。

取り付けやすさをチェック

スマホリングはスマホケースやスマホ本体に直接貼り付けて使用します。

万が一使っていてリングが外れてしまうとスマホを落下して画面が割れてしまう可能性もあります。

接着力や接着できる素材に注意して選びましょう!

ライター
物によっては接着力が弱く、頻繁に外れることもあります。

例えば最近のiPhoneは背面もガラス素材となっているので接着しにくいです。

その為、信頼できるスマホリングを選ぶことが大切です。

左がテクスチャードマットガラスを採用しているiPhone 11 Pro

iPhone 11 Proで採用されているテクスチャードマットガラスはリングの張り付きが悪いです。

場合によってはケースを使うようにしましょう。

僕が使っている『iRing Limited Edition』は他のスマホより若干外れやすいものの、普通に使うレベルでは問題なく快適に使えています。

まつりくん
iPhone 11 Proに直接つけて半年以上使っていますが問題なしです。

使いにくいリングもある

デザインが良い可愛いスマホリングもありますが使いにくい場合もあるので注意が必要です。

僕が実際に使ってみて使いにくいと感じたポイントは以下の通り。

使いにくいスマホリングの特徴
  • リングの質感が悪い
  • 貼り付け面積が大きく位置調整ができない
  • 一度外すと使えない

リングがプラスチック素材だと持った感覚がイマイチです。

リングは太くてしっかりした物の方が持ちやすいのでぜひチェックしてみてください。

また貼り付け面積が大きいと取り付ける位置が限られてくるので、自分の使い易い位置に調整することができません。

貼り付け面積が大きすぎるスマホリングは使いにくいので気をつけましょう。

形が複雑なリングも安定しなくて使い勝手は劣る。

貼り直しができるスマホリングがおすすめ

スマホリングは付けた後に位置調整をしたくなることも多いので、貼り直しができるスマホリングがおすすめです。

例えば人気のスマホリング「iRing」では水で洗えば直ぐに粘着が復活します。

貼り直しができるスマホリングは長く使えるのでおすすめです!

スタンドとしても使える物が便利

スマホリングにはスタンドとして使えるメリットもあります。

わざわざスタンドを持ち運ぶ必要がなく、机で動画を見る時にリングを調整するだけなのでかなり簡単。

落下防止だけでなくスタンドとしてもおすすめです。

ワイヤレス充電を使う時は注意

スマホリングを付けているとワイヤレス充電を使うことができません。

上手く位置をズラすことで使用することもできますが、それだと使いにくい場所にリングを貼る必要があります。

そんな時にはワイヤレス充電に対応したスマホリングを選ぶようにしましょう!

iRingにもワイヤレス充電に対応したスマホリングがあります。

ワイヤレス充電する時だけリング部分を着脱できるという物です。毎回着脱するのは不便ですがワイヤレス充電を使っている方はチェックしてみてください。

また、電子決済に関してはスマホリングを付けていても問題なく使用できるので安心してください。

それではおすすめのスマホリングを厳選して紹介します。

おすすめのスマホリング

おすすめのスマホリングを紹介します。

チェックポイント
  • 粘着力
  • 取り外し可能かどうか
  • リングの形状と固さ

選ぶチェックポイントは以上です。

スマホに装着する物なので質の悪い物を選んでしまうと、スマホを落下させてしまう危険性があります。

また、使いやすさにはリングの形状と固さがポイントなので、チェックしてみてください。

1. iRing

数多くあるスマホリングの中でも代表的な存在なのが「iRing」です。

iRingは特徴的な形のリング部分が特徴で落下防止や操作性向上のリングだけでなく、スマホスタンドとしても利用可能。

荷物を増やすことなく、新幹線の中や机の上でスタンドとして使えるので便利です。

気になる粘着性はかなり強く、スマホを振っても外れません。

また、リングの形状が持ちやすく、固さも丁度の良いのでこれを買っておけば間違いないスマホリングです。

デザインの種類も豊富なので、自分の好きなデザインを選ぶことができます。

ポイント
  • リングは360°回転、180°のスイングが可能
  • 何度でも付け外し可能
  • 車載ホルダーになるフック付き

2. BUNKER RING 3

スマホリングの元祖が「BUNKER RING(バンカーリング)」です。

2010年に登場以来、バージョンアップで改良が続けられ現在のバージョン 3に至ります。

iRingとは違いリングの形状が真円となっているのが特徴。

リングの形状は好みの問題もありますが、人体工学的に基づいた誰もが使いやすいサイズと形状になっています。

iRingと比べると台座の大きさが大きく、接着面積が広くなっており、粘着性も高く、軽く水で汚れを流し乾燥させると半永久的に使えるのもポイントです。

真円なのでスタンドとしては少し使いにくいですが、使えないこともありません。

自分の好みに合わせて選んでください。

ポイント
  • リングは360°回転、180°のスイングが可能
  • 何度でも付け外し可能
  • スマホの約30倍の重さにも耐える粘着力

3. iRing Limited Edition

iRingにも様々な種類がありますが特におすすめしたいのが『iRing Limited Edition』です。

iRingはアメリカのニューヨークでデザインされたシンプルでオシャレなデザインですが、「Limited Edition」はラチナメッキ加工がされている高級感のある仕上がりになっています。

iPhoneのスペースグレーによく合うデザインです。

ライター
普通の黒とは違うマット感のあるブラックがかなり良いです。

パッケージも通常モデルより高級感のあるデザインとなっており、普通のiRingとは少し違ったiRingが欲しい方におすすめです。

スマホリングの性能は通常のiRing同様に粘着力が強く、リングが固いのでスタンドとしても最適。

リングの穴も丁度よく、かなり使いやすいです。

ライター
僕自身2年以上使っていますが、欠かせない物になっています。
ポイント
  • リングは360°回転、180°のスイングが可能
  • 何度でも付け外し可能
  • プラチナメッキ加工された高級感のあるデザイン

レビュー記事はこちら

人気スマホリング『iRing』レビュー!操作性向上で落下防止にも最適

最近はワイヤレス充電に対応したスマホも多いです。

しかし、スマホリングを付けているとワイヤレス充電を行うことができません。

そこでおすすめなのがワイヤレス充電に対応したスマホリング「iRing Link」です。

通常のiRingとは違い、リング分を取り外すことが可能。

左:プレート、右:リング部分

iRing Link」はリング分とスマホに装着するプレート部分に別れる構造となっているので、充電する時にリング部分を外すことでワイヤレス充電に対応します。

このように簡単にリング部分を外すことができるので、ワイヤレス充電を使う方には最適。

プレートがある為、通常のiRingと比べると少し厚みがありますが、使っていて特に違和感はありません。

ライター
ワイヤレス充電をよく使う方におすすめです!
注意

ただし、iRing Linkは通常のiRingより接着面が小さいので粘着力が弱くなります。

iPhone 11 Proのようなガラス素材のスマホでは簡単に外れてしまうので、ケース無しで使おうと考えている方は粘着力が弱い点に注意しましょう。

ライター
iPhone XSには問題なく付きましたが、iPhone 11 Proではかなり外れやすかったです。
ポイント
  • リングは360°回転、180°のスイングが可能
  • 何度でも付け外し可能
  • ワイヤレス充電に対応
  • 他のiRingと比べて粘着力が少し弱い

レビュー記事はこちら

【iRing Link比較レビュー】iRingとの違いや外観・機能・使い勝手まとめ【スマホリング】

5. KYOKAスマホリング

デザイン性を損なわないコンパクトなスマホリングが欲しい方におすすめなのが「KYOKAスマホリング」です。

KYOKAスマホリングはコンパクトなデザインだけでなく、699円とかなり安くコスパが良いのも特徴です。

また、他のスマホリングとは違いリング部分を完全に折り畳めるのも特徴です。

ライター
厚みが薄いのでポケットに入れる時に引っかかることも少なく、コンパクトな特徴を活かせます。

リングは360°回転させることができ、180°のスイングができるので、自分が使いやすいポジションで指を通しことが可能。

リング部分が細いですが、スマホスタンドとしても使えます。

粘着部分は他のスマホリングと違って、何度でも貼り直おすということはできません。

強力な粘着力を誇る3Mテープが採用されており耐荷重は2kgもあります。

ライター
貼り直せないのは残念ですが、強力な粘着が可能なので安心感があります。

予備の粘着シートが1枚付属しているので、一度であれば貼り直しが可能です。

iRingと比べるとリング部分も細くなっています。

コンパクトでコスパの良いスマホリングが欲しい方におすすめです。

ポイント
  • リングは360°回転、180°のスイングが可能
  • 貼り直しはできない(予備テープ1枚付属)
  • コンパクトでリング部分を完全に畳める

レビュー記事はこちら

【スマホリングKYOKAレビュー】デザイン・使いやすさを紹介!iRingとの違いも比較

スマホリングまとめ

この記事ではおすすめのスマホリングを紹介しました。

スマホリングを使うことでスマホの落下を防止できるだけでなく、サイズが大きくなりつつあるスマホを快適に操作することができます。

ライター
リングがあるだけで驚くほど安定感がでるので本当におすすめです。

ぜひスマホリングを使って快適なスマホ生活を送ってください。

キャラクター物のスマホリングを使ったこともありますが、キャラクター物は使いやすさの点ではあまりおすすめできません。

デザイン性重視の為、接着面がいびつになっており、限られた場所にしか装着することができません。

また、リング部分が手に馴染みませんでした。

デザイン物を使い場合は「iRing」や「バンカーリング」とコラボしたスマホリングがおすすめです。

ミッキー生誕90周年スマホリングレビュー!使い勝手は良いのか!?
ライター
スマホリングは実際に手に持って使う物なのでデザインより使いやすさ重視がおすすめです。

デザイン面はスマホケースで気に入った物を使うのがおすすめ。

以上。「スマホの落下防止はこれ!使いやすいおすすめのスマホリング5選」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。