最近のApple Watchが魅力的すぎる!便利な使い方と違いまとめ

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

Apple Watchが登場した時はかなりの盛り上がりがありましたが、初代が発売されて約3年が経過した今ではそこまでの盛り上がりはありません。

しかし、知らないうちにApple Watchもどんどん進化して今の最新機種は『Apple Watch Series 4』となっています。

名前の通りシリーズ4作目ということですね。

今日はApple Watchが魅力すぎたので便利な使い方を紹介します!

購入を迷っている方はぜひ参考にしてください。

Apple Watchラインナップ

まずは歴代のApple Watchからの傾向をみてみたいと思う。

初代Apple Watchは2015年4月24日に発売されました。まだ3年しか経っていないのに驚きますが、それ以降毎年新型が発売されています。

歴代発売日
  • 初代Apple Watch・・・2015年4月24日
  • Apple Watch series 1・・・series2に合わせて登場
  • Apple Watch series 2・・・2016年9月16日
  • Apple Watch series 3・・・2017年9月22日
  • Apple Watch series 4・・・2017年9月21日

初代以外はiPhoneと同時期の9月に発売されているので、毎年9月に新型が発売されるというのが最近の傾向です。

現在のApple Watchのラインナップは『series 3』『series 4』となっています。

位置付けとしては『series 3』が廉価版で『series 4』が最新版という感じになります。

現行Apple Watchの性能

出典:https://www.apple.com/jp/watch/

現行のApple Watchがどのような性能なのかを紹介します。

ラインナップ

ラインナップ
  • Apple Watch SERIES 3
  • Apple Watch SERIES 3 Nike+
  • Apple Watch SERIES 3 Hermes
  • Apple Watch SERIES 3 Edition
  • Apple Watch SERIES 4
  • Apple Watch SERIES 4 Nike+
  • Apple Watch SERIES 4 Hermes

Apple Watch SERIES 3は通常のモデル、Nike+は『Nike』とコラボしたスポーツモデルでこの二つは同じ値段で販売されています。

Apple Watch SERIES 3 Hermesはその名の通り、高級ブランドエルメスとコラボした、手作りの革製バンドの高級モデル、Editionはセラミック加工された非常に強固なモデルです。この2つは価格が10万円以上と高級モデルになります。

またSeries 3にはApple Watchのみでの通話が可能なLTEモデルもあります。

Apple Watch Series 3が「Series 1」と異なる点

異なるポイント
  • セルラーモデル(LTE)が用意されている
  • 厚さが0.9mm増し、重さが1.7g〜4.9gほど重くなっている
  • GPS、GLONASS、QZSSに対応
  • 気圧高度計搭載
  • 電池持ち変わらず
  • 50m防水
  • Siri対応
  • Suicaでの支払い対応
  • セルラーモデルはステンレスケース選択可

などなどseries 1のApple Watchと比べるとかなり進化していると言えます。

しかし、現在は販売されていませんが『Series 2』と比べるとセルラーモデルが登場したことと、CPU性能向上というわずかな部分しか差はありません。

個人的にはApple Payに入れたSuicaによる支払いができるだけで『Series 3』を選ぶ価値があると思います。また、50m防水なのも時計として魅力的です。

Apple Watch Series 4が「Series 3」と異なる点

異なるポイント
  • 画面サイズ変更 38mm→40mm、42mm→44mm
  • 搭載チップアップ 2倍のスペックアップ
  • 64bit対応
  • スピーカー出力強化(前モデルより50%アップ)
  • 転倒などの体の状況の変化を察知する加速度センサーの進化
  • 心電図対応

画面のサイズアップと心電図を測ることができるようになったことが最大のポイントです。

バッテリー性能の向上はありませんでしたが、十分すぎる機能追加と画面サイズアップ、そして心電図機能の追加など満足できる進化を遂げています。

価格

「Series 3」はセルラーモデルではないGPSモデルであれば31,800円から、セルラーモデルは42,800円から購入することができます。

「Series 4」はセルラーモデルではないGPSモデルであれば45,800円から、セルラーモデルは56,800円から購入することができます。

GPSモデル、GPS+Cellularモデル違い

簡単な違いはApple Watch単体でLTE通信ができるかできないかです。

その他の違いは以下の通りです。

POINT
  • セルラーモデルはキャリアへの通信費が必要
  • セルラーモデルはステンレスケースを選ぶことができる
このような違いがあります。

Apple Watchのみで通話ができるのは魅力的ですが別途通信キャリアへのオプション費用が必要ですし、iPhoneを持ち運ぶ人であればほとんど意味はありません。

また、ステンレスケースは通常のアルミケースと比べて強度が強く高級感がある一方でアルミケースと比べて約10g程重たくなっています。

価格も差額が約2万円もするので特に興味がなければアルミケースで良いかと思います。

Apple Watchの魅力

出た当初は「小さいiPod touchを付けてるみたい」やバッテリーの問題から否定的な意見もよく見られました。

しかし、発売から時間が経過した今では時代がApple Watchに追いついた感じで、さまざまなサービスを受けることができます。

デザインに関しても文字盤の豊富さや、バンドの種類の増加。シンプルなデザインから今やオシャレとまで言われています。

Apple製品は最初のインパクトが強く受け入れられない場合が多々ありますが、ある程度時間が経過した後は高評価を受けることが多いですよね。

これがAppleブランドの凄さなのだと思います。

今回はApple Watch Series 4を買うと仮定した時の魅力を紹介します!

電車の支払いが便利

Apple Watch Series 4ならApple Payに入れたSuicaによって支払いが可能です!

これはseries 1ではできないので注意が必要です!

今まではSuicaを出していたり、携帯を出していた方も腕につけてApple Watchをかざすだけで改札を通過することができます!

考えただけでも便利ですよね。鞄から取り出したり入れたりする動作って結構面倒だったのでかなり便利です。

ただし改札は右側にあります!右利きの方だと左手にApple Watchをつけると思うので、スマートにピッということはできません。

また、iPhoneとApple Watchでそれぞれ同じSuicaを入れることはできないので、Apple WatchにSuicaを入れた場合はiPhoneでは別のモノを追加する必要があります。

iPhoneの音楽アプリのリモコンになる

出典:https://www.apple.com/jp/shop/buy-watch/apple-watch

iPhoneで音楽を聴いているときに違う曲を聴きたくなったり、音量を変えたりなど意外と操作することが多いと思います。

特にAirPodsを使用している方はiPhoneが手元から離れた位置にあると思うので、手首で操作ができるApple WatchはiPhoneの音楽アプリのリモコンとしてもかなり便利です。

AirPodsは単体で音量の操作ができないので、Apple Watchがあれば便利です。

iPhoneを簡単に探すことができる

家の中でも持ち運ぶことが多いiPhoneはよくなくすことがあると思います。家から出かけるときにiPhoneが見当たらないと、時間的にも大変ですよね。

そんな時にもApple Watchがあれば簡単にiPhoneを探すことができます。身につけて使うApple Watchはなくす心配もありません。

操作方法も簡単で[設定]グランスを表示し、iPhoneを呼び出すアイコンをタップするだけです。

するとiPhoneがサイレントモードであっても関係なく、かなり大きな音が鳴らすことができます!

これなら簡単に見つけることができるので便利ですね。

通知機能が便利!

街中を歩いている時や遊んでいる時は着信に気づきにくいですよね。

逆に気づかずに遊びたいと人もいるかもしれませんが、私は後から掛け直すの嫌なタイプなのでできる限りその場で応じたいです。

Apple Watchがあれば簡単に通知を確認することができます!

Apple Watchで簡単に内容を確認して大事なメールならiPhoneを取り出して確認するのがスマートな使い方かなと思います。

他にも災害速報にもいち早く気づくことができるので身を守る道具にもなります!

活動量計がやっぱ嬉しい!

出典:https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-3/#sports-watch

Apple Watchの魅力的な機能として活動量計がありますが、他に活動量計を買おうとすれば数万円必要なので多機能なApple Watchはコスパが良いです。

今日一日どれぐらい活動したのかを知ることで健康への意識も高まりますし、よく動いた日には達成感を感じることができます。

「Series 3」なら高度計も付いているのでどれくらいの坂道を登ったかや、今いる高さを知ることができるので楽しめます!

アウトドア派の方にもおすすめです!

文字盤が豊富

Apple Watchはたくさんの文字盤の中から好きな文字盤を選択することができます。

ディズニーの文字盤もあり、私のようなディズニー好きにもうってつけの時計となっています。

このミッキーの文字盤があるだけでApple Watchを買う価値があると思っています。

見栄にとらわれない

腕時計はアクセサリーとしての側面も大きいです。特に男性の場合だとどのブランドの時計をしているのか知らず知らずにうちにチェックされることもあります。

Apple Watchならそんな見栄にとらわれずに腕時計を楽しむことができます。

高級時計を超越した機能を持っているので「単純に機能重視」というのがわかり、普段使いにも最適です。

高級腕時計は必要か!?魅力とメリット・デメリット

まとめ

以上。Apple Watchについて魅力を紹介しました。

私自身あまり興味がなかったのですが都会に引っ越し電車に乗る機会が増えたのがきっかけでApple Watchの素晴らしさを感じるようになりました。

残念ながら田舎では活動量計と通知がメインとなりますが、都会だと支払いなどがとても便利です!

購入を考えている方はぜひ参考にしてください!

以上。最後までお読み頂きありがとうございます。

補足ですが外部バンドも販売されているのでカスタマイズが可能です。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です