Apple Watch 9とApple Watch SE 2の違いを比較!おすすめはどっち?

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

スマートウォッチの中でも特に人気があるのがApple Watchです!

Apple Watchは毎年新型が発売されているモデルと、コスパに優れたApple Watch SEが特に人気があります。

2023年新型のApple Watch Series 9と、価格が安くコスパの良いApple Watch SE(第2世代)があり、どちらを買うのが良いのか迷うのではないでしょうか。

この記事では機能などの違いを比較して、ここ最近は毎年Apple Watchを購入している僕がどちらがおすすめかを紹介します。

この記事でわかること
  • Apple Watch 9とSE 2の違い
  • どちらがおすすめか
  • それぞれのメリット・デメリット

よろしければ参考にしてください。


公式サイトをチェック

iPhone 15は9/15予約開始!予約は便利でお得なオンラインがおすすめです

お得情報
楽天リーベイツを経由することでApple公式ストアの対象商品が1%ポイントバックされます!
Apple Store(オンライン)で購入する場合は絶対にお得なのでぜひチェックしてみてください。
Rakuten Rebatesをチェックする

Apple Watch 9とApple Watch SE(第2世代)はどっちがおすすめ?

まずは結論から紹介します。

Apple Watch 9の方が様々な機能が備わっていますが、少しでも安さを重視するのあであればApple Watch SE(第2世代)がおすすめです。

ポイント
  • 価格を抑えるならApple Watch SE 2
  • 常時表示機能やヘルスケア機能にこだわらないならApple Watch SE 2
  • Apple Watch SE 2でも普段使いには十分な機能とスペック
  • ケースの素材にもこだわるならApple Watch Series 9
  • 新機能ダブルタップが使いたいならApple Watch Series 9

Apple Watch SE(第2世代)はApple Watchでよく使う機能はもちろん、泳げる耐水能力や転倒検出機能など、必要最低限以上の機能が搭載。

Apple Watch Series 9はカラーのバリエーションも多く、素材もアルミとステンレスの2種類から選ぶことができます。

高級感や素材を重視する場合にはSeries 9一択です。

Series 9のメリット・デメリット

Apple Watch Series 9は前モデルのSeries 8から比べるディスプレイの大きさは同じで変わっていません。

しかし、Apple Watch SE(第2世代)と比べると約20%大きくなっています。

暗い縁が極限まで小さくなっているので、曲線を描いたデザインが高級感もあり、時計として良い仕上がりです。

また、Apple Watch SE(第2世代)より、ディスプレイの明るさが2倍になりより見やすくなっています。

さらに、Series 9は「ダブルタップ」が新機能として搭載

電話に出たり通知を開いたりが、片手で操作可能になりました。

Apple Watch SE(第2世代)と比べると価格は高いですが、機能面だけでなく上質なデザインのApple Watchが欲しい方におすすめです。

メリット
  • 20%大きいディスプレイ
  • ケースの素材を選べれる
  • ダブルタップ機能が新搭載
  • 皮膚温センサー搭載
  • 衝突事故検出が搭載
  • 血中酸素濃度計を搭載
  • 常時表示可能なディスプレイ
  • 高級感のあるケースを選べる
  • アルミは5色、ステンレスは3色から選べる(SEは3色)
デメリット
  • 価格が高い
どこが変わった?Apple Watch 9とApple Watch 8の違いを比較!

関連記事:Apple Watch 9とApple Watch 8の違いを徹底比較

Apple Watch SE(第2世代)のメリット・デメリット

出典:Apple公式サイト

Apple Watch SE(第2世代)はSeries 6と同じ筐体を使用していますが、機能を削ってその分安くなっているのが特徴です。

また、Apple Watch SE(第1世代)とディスプレイの大きさとは変わりませんが、Apple Watch SE(第2世代)はS8 SiPを搭載し、SEと比べて最大20%最速となっています。

スマートウォッチとしては十分な機能を搭載しており、価格を抑えたい方にはおすすめです。

メリット
  • 必要十分な機能を搭載
  • 価格が安い
デメリット
  • 皮膚温センサー非搭載
  • 心電図アプリを使えない
  • ケースの素材は選べない
  • 常時表示機能はない
  • ダブルタッチ機能はない

セルラーモデルをチェック


オンラインは手数料が無料

5G WELCOME割で最大22,000円割引

オンラインは待ち時間なし

おトク割で最大22,000円割引

オンラインは便利

自宅受け取りだと手数料無料


Apple Watch 9とApple Watch SE(第2世代)の機能の違い

Apple Watchを選ぶ時に特に気になるのが機能の違いです。

Series 9とApple Watch SE(第2世代)の機能の違いを比較します。

違いをまとめると以下の通り。

Series 9にはあってSE 2にはない機能
  • ダブルタップ機能
  • 常時表示機能
  • 皮膚温センサー
  • 血中酸素濃度アプリ
  • 電気心拍センサー
  • U1チップ搭載
  • 高速充電

Series 9に搭載されている機能は搭載されていると便利な機能で、健康を気にする方には嬉しい機能ですが、普段から使う機能ではないとも言えます。

全ての機能を比較すると以下の通りです。

 series 9SE(第2世代)
GPS搭載搭載
コンパス搭載搭載
気圧高度計搭載搭載
耐水性能50m50m
ダブルタップ搭載非搭載
皮膚温センサー搭載非搭載
衝突事故検出搭載搭載
血中酸素濃度センサー搭載非搭載
電気心拍センサー搭載非搭載
心拍センサー第3世代搭載第2世代搭載
加速度センサー最大265G
転倒検出可
最大265G
転倒検出可
コンパス搭載搭載
ジャイロスコープハイダイナミックレンジジャイロスコープハイダイナミックレンジジャイロスコープ
スピーカー第2世代搭載第2世代搭載
BluetoothBluetooth 5.3Bluetooth 5.0
マイク搭載搭載
Apple Pay対応対応
ストレージ64GB32GB

ポイントとしてはApple Watch SE(第2世代)はダブルタップ機能、皮膚温センサー、血中酸素濃度測定、心電図には対応していません。

しかし、心拍数は高精度に測ることが可能で転倒検出機能やコンパス機能、初搭載の衝突事故検出も搭載しています。

SE(第2世代)でも十分すぎる機能を搭載しているので、こだわりがなければ価格も抑えられるApple Watch SE(第2世代)がおすすめです。

Apple Watch Series 9はApple Watch SE(第2世代)の全ての機能が使えます。

セルラーモデルはこちら


公式サイトをチェック

オンラインは手数料が無料

5G WELCOME割で最大22,000円割引

オンラインは待ち時間なし

おトク割で最大22,000円割引

オンラインは便利

自宅受け取りだと手数料無料


ディスプレイ

Apple Watch Series 9とApple Watch SE(第2世代)の大きな違いはディスプレイです。

Series 9はさらに縁が削られディスプレイが大きくなっています。

Series 9SE(第2世代)
45mm
396 x 484ピクセル
1143平方ミリメートルの表示領域
44mm
368 x 448ピクセル
977平方ミリメートルの表示領域
41mm
352 x 430ピクセル
904平方ミリメートルの表示領域
40mm
324 x 394ピクセル
759平方ミリメートルの表示領域
LTPO
OLED常時表示Retinaディスプレイ
2,000ニトの輝度
最小輝度1ニト
LTPO
OLED Retinaディスプレイ
1,000ニトの輝度

ディスプレイの仕様の違いを表にまとめるとこんな感じで、大きな違いはディスプレイサイズと常時表示ができるかです。

また省電力効果のあるLTPO技術はApple Watch SE(第2世代)にも搭載。

さらにApple Watch Series 9はディスプレイの明るさが2倍となっていて、強い日差しの下でも見やすくなっていますが、Apple Watch SE(第2世代)でも十分見やすのでそこは気にしなくていいかと思います。

MEMO

LTPO→ディスプレイ書き換え時の消費電力を大幅に削減

OLED→有機ELディスプレイ

やはり常時表示が気になるポイントではありますがバッテリー持ちが悪くなるので、常時表示に特別な魅力を感じないのであればディスプレイスペックもApple Watch SE(第2世代)で十分です。

デザイン

Apple Watch Series 9とApple Watch SE(第2世代)のデザインを比較します。

Series 9の素材はアルミとステンレスから選べますが、SE(第2世代)はアルミのみです。

ステンレスは光沢があり、高級感があるデザインとなります。

Apple Watchに高級感を求める方やたくさんの色から選びたい場合はApple Watch Series 9がおすすめです。

 series 9SE(第2世代)
材質・ステンレス
・アルミニウム
・アルミニウム
アルミのカラー・ミッドナイト
・スターライト
・シルバー
・ピンク
・レッド
・ミッドナイト
・スターライト
・シルバー
ブランド・HERMES 
Apple Watchのアルミとステンレスの違いを比較!高級感で選ぶならステンレスモデルがおすすめ

サイズ

続いてApple Watch Series 9とApple Watch SE(第2世代)のサイズを比較します。

Apple Watch Series 9はApple Watch SE(第2世代)よりサイズが1mm大きくなっているのが特徴。

サイズのパターンは2種類と同じです。

サイズを表にまとめると以下の通り。

 series 9SE(第2世代)
サイズ45mm・41mm44mm・40mm
モデルmmmm厚さmm重量(g)
series 9 41mm GPS413510.731.9
series 9 41mm Cellular413510.732.1
series 9 45mm GPS453810.738.7
series 9 45mm Cellular453810.739
SE 2 40mm GPS403410.726.4
SE 2 40mm Cellular403410.727.8
SE 2 44mm GPS443810.732.9
SE 2 44mm Cellular443810.733

ポイントとしてはサイズの小さいモデルは縦幅と横幅がそれぞれ1mm大きくなっているのに対して、サイズが大きいモデルは縦幅のみ1mmサイズが大きくなっています。

あとは重量も少し重いです。

僅かな差ですが元々小さい物なので、腕に付けた感じは意外と印象は変わる可能性があります。

サイズで迷う方必見!Apple Watchは40/41mmと44/45mmどれがおすすめ?両方使った感想と比較

チップ

Apple Watchの動作速度に大きく影響するCPUチップの違いについてですが、Apple Watch Series 9はS9 SiPチップを搭載。

Apple Watch SE(第2世代)はS8 SiPチップを搭載し、1世代前のSEと比べて最大20%向上しています。

S8チップと比べて高速になってますが、Apple Watch SE(第2世代)でも十分ですので、どちらも快適に使えると思って問題ありません。

その他、Series 9には細かい位置情報がわかるU1チップが搭載されていますが、今のところ使い道はなく、重要視するポイントではないのかなと思います。

 series 9SE(第2世代)
チップ64ビットデュアルコア
S9 SiPプロセッサ
64ビットデュアルコア
S8 SiPプロセッサ
ワイヤレスチップW3W3
U1チップ搭載なし

バッテリー

バッテリーに関してはApple Watch Series 9とApple Watch SE(第2世代)のバッテリー時間は最大18時間と同じです。

ただし、Series 9は常時表示での最大バッテリー時間となっており、低電力モードだと最大36時間となっています。

また、Apple Watch Series 9は高速充電にも対応し、バッテリーが切れそうになった時に便利です。

 series 9SE(第2世代)
バッテリー最大18時間(常時表示)
最大36時間(低電力モード)
最大18時間
充電磁気充電ケーブル
磁気充電ケーブル
高速充電×

同じバッテリー時間のApple Watch SEを普段から使用していますが、特にバッテリーに困ったということはないので、普段使いであればそこまでバッテリーの心配はしなくていいかなと思います。

Apple Watchはどこで買うのがお得でおすすめ?6つの販売店の特徴まとめ

価格

最後に価格に関してですが、最近の値上がりの影響もあり価格が値上がりしています。

それぞれ1番安いモデルで発売時の価格を比較すると差額は25,000円

Apple Watch Series 9とApple Watch SE(第2世代)の価格を表にまとめると以下の通りです。

全て税込表記GPS + セルラーモデルGPSモデル
Apple Watch series 975,800円59,800円
Apple Watch series SE 242,800円34,800円

Apple Watch SE(第2世代)でも十分な機能があり、Apple Watchの魅力を十分に使うことができるので以下の機能に魅力を感じないならApple Watch SE(第2世代)がおすすめ。

Series 9にはあってSE 2にはない機能
  • ダブルタップ機能
  • 常時表示機能
  • 皮膚温センサー
  • 血中酸素濃度アプリ
  • 電気心拍センサー
  • U1チップ搭載
  • 高速充電

ぜひ参考にしてください。

セルラーモデルはこちら


公式サイトをチェック

オンラインは手数料が無料

5G WELCOME割で最大22,000円割引

オンラインは待ち時間なし

おトク割で最大22,000円割引

オンラインは便利

自宅受け取りだと手数料無料


以上。「Apple Watch 8とApple Watch SE 2の違いを比較!どっちがおすすめ?」でした。

【2024年】Apple Watchはどれがおすすめ?選び方とモデルの違いを徹底比較 どこが変わった?Apple Watch 9とApple Watch 8の違いを比較! 【Apple Watch】セルラーモデルとGPSモデルの違いを比較!それぞれのメリットを紹介 サイズで迷う方必見!Apple Watchは40/41mmと44/45mmどれがおすすめ?両方使った感想と比較 Apple Watchのアルミとステンレスの違いを比較!高級感で選ぶならステンレスモデルがおすすめ Apple Watch Series 5 レビュー!エルメスモデルの魅力とSeries 4との違い・使用した評価を紹介 Apple Watchはどこで買うのがお得でおすすめ?6つの販売店の特徴まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です