新型iPhoneの情報 

Apple Watchレザーリンクバンドレビュー!一番おすすめする理由まとめ

Apple Watchはたくさんの純正バンドから選べるのも魅力の一つです。

スポーツに適したバンドからエルメスのような超高級なバンドまで幅広いラインナップがあり、どれを選ぶかも迷うところの一つだと思います。

この記事ではApple Watchの純正バンドの一つであるレザーリンクをレビュー!

これまで使った中で一番良いと感じたので、一番おすすめする理由についても紹介します。

Apple Watchのレザーリンクが気になっている方はぜひ参考にしてください。

Apple Watchのレザーリンクを一番おすすめする理由

Apple Watchにはスポーツバンドやスポーツループ、シルバーリンクブレスレットなど数多くの純正バンドがありますが、僕が一番おすすめするのはレザーリンクです。

まずはレザーリンクを一番おすすめする理由から紹介します。

おすすめする理由
  • 高級感がある
  • 付け外しが簡単で幅広い調節ができる
  • Apple Watchによく合う
  • 比較的価格が手頃

おすすめする理由をまとめると以上です。

これら全ての理由が掛け合わされることによって、最もおすすめのバンドとなります。

それぞれの理由を詳しく解説します。

レザーリンクは高級感がある

腕時計はやはりアクセサリーとしての見た目も大切です。

特に外観の違いが少ないApple Watchでは使用するバンドで大きな差が出ます。

レザーのバンドだとエルメスのバンドもありますが、レザーリンクであれば引けを取らない高級があります。

左:レザーリンク、右:エルメス

エルメスのバンドの方が高級感はありますが、気を使ったり、装着に手間が掛かるので日常使いとしてはレザーリンクの方が良いと感じました。

レザーリンクは付け外しが簡単で幅広い調節ができる

レザーリンクは全ての部分が磁石になっているので、腕に巻くだけで簡単に付けることができます。

今までたくさんのバンドを使いましたが、レザーリンクが一番付け外しがしやすいです。

また、全周どの位置でも装着ができるのでキツく締めたい時や、緩く締めたい時の調整が簡単です。

まつりくん
レザーリンクは使いやすさとデザインの両立が最高です

レザーリンクはApple Watchによく合う

個人的な感想にはなりますが、Apple Watchによく合うバンドはレザーだと思っています。

特にステンレスやチタニウムのApple Watchは素材に高級感があるので、レザーとの相性が抜群に良いです。

ステンレス素材のバンドも良いですが、クールな印象が強くデジタル感が強くなっていますので、デジタル機器はレザーの暖かさがちょうど良いと思います。

Apple Watchにレザーリンクのデザインはよく合うのもおすすめする理由です。

Apple Watchのステンレスとチタニウムの違いを比較!選ぶならどっちが良い? Apple Watchのアルミとステンレスの違いを比較!高級感で選ぶならステンレスモデルがおすすめ

レザーリンクは価格が比較的手頃

レザーリンクは純正バンドの中でも比較的価格が手頃なのもおすすめポイントです。

レザーリンクは高級感があり、使いやすくて、サイズ調整の幅がかなり広く、安いという4拍子揃ったバンドなんです。

記事執筆時の主なバンドの価格をまとめると以下の通り。

バンド価格
ソロループ6,800円
スポーツバンド6,800円
スポーツループ6,800円
レザーリンク14,800円
レザー(バックル)21,900円
ミラネーゼループ14,800円
リンクブレスレット52,800円

スポーツ系のバンドと比べるとレザーリンクの価格は高いですが、高額バンドの中では一番安く購入することができます。

エルメスのレザーバンドは安い物でも5万円近くするので、レザーバンドが欲しい方はレザーリンクがおすすめです。

レザーリンクをレビュー

それではレザーリンクの外観などをレビューしていきます。

汚れは意外と目立たない

レザーリンクを1年ほど使った感想ですが、思ったよりレザーの汚れは目立ちません。

装着する部分に少し擦れた跡があるだけで、全体的な黒ずみのような汚れは特にありません。

正直、もっと汗などで汚れると思っていたので、1年使ってここまで綺麗なのであれば特に神経質に使う必要はないです。

対応するバンドサイズには注意

レザーリンクに限った話ではありませんが、Apple Watchはケースによってバンドサイズが異なります。

購入する際はバンドサイズを間違えないように注意してください。

バンドの互換性
  • 45mmバンド→42mm、44mm、44mm、49mmケースに対応
  • 41mmバンド→38mm、40mmケースに対応

バンドの互換性をまとめると以上の通りです。

使っていて外れたことはない

レザーリンクはマグネットで吸着するので外れやすそうなイメージがあると思います。

僕も実際に使う前はズレたり外れたりしないか心配でしたが、その心配は全く必要ありませんでした。

レザーリンクは全体がマグネットになっているので、バンド全体で吸着するようになっています。

その為、思った以上にしっかり吸着しているのでスポーツなどをしても外れることはないです。

外れないか心配な方も安心して使用できます!

レザーなのに蒸れにくい

レザーバンドは少し汗をかくと凄く蒸れてしまうのですが、なぜかレザーリンクはあまり蒸れません。

今まではあまり気にしていなかったのですが、記事を書く際に何故なのか考えて結果、適度に隙間があるからなのではないかと思いました。

レザーリンクはマグネットが無数に配置されている為、凸凹の形状になっています。

この凸凹のおかげで空気が通り蒸れにくいのです!

夏に1日に付けていても快適なので、レザーは蒸れるからちょっと苦手という方にもおすすめです。

Apple純正レザーリンクバンドの気になるところ

ここまで誉めてばかりのApple純正レザーリンクバンドですが、気になるところについてもしっかりと紹介します。

気になるポイント
  • 雨と手洗いは気を使う

気になるポイントは以上です。

Apple Watchは50メートルの耐水性能があり、雨や手洗いなんかは全くもって心配する必要がないのですが、レザーリンクはレザーなので水には気を使います。

今のところ多少濡れたぐらいで色が変わったり、傷んだということはないですが、それでも気は使います。

レザーリンクを使うことによってせっかくのApple Watchの耐水性能が活かせないのはイマイチなところです。

まつりくん
スポーツバンドとの使い分けが楽しいので大してデメリットは思ってないですが(笑)

バンドの付け替えが面倒という方で、水のことを気にするのが嫌という方は注意してください。

まとめ

この記事ではApple純正のレザーリンクバンドについてレビューしました。

当初はあまり使わないかなと思っていましたが、一番おすすめできるApple Watchの純正バンドと言えるぐらい気に入っています。

デザイン、使いやすさ、価格と全てのバランスが良いバンドは他にはないので、レザーバンドに興味がある方はぜひチェックしてみてください。

社外品と比較した記事もあります!

純正との違いは?Apple Watchレザーリンクバンドの社外品をレビュー【HEYOZURYレザーバンド】

以上。「Apple Watchレザーリンクバンドレビュー!一番おすすめする理由まとめ」でした。

Apple Watchのおすすめアクセサリーはこちら

【2022年】Apple Watchと一緒に買いたいおすすめアクセサリー・周辺機器まとめ

Apple Watchのおすすめはこちら

【2022年】Apple Watchはどれがおすすめ?選び方とモデルの違いを徹底比較

Apple Watchでできることはこちら

【最新】Apple Watchでできることまとめ。実際に使って特に良かった機能とは?

Apple Watchの魅力はこちら

最近のApple Watchが魅力的すぎる!便利な使い方と違いまとめ

セルラーモデルとGPSモデルの違いはこちら

【Apple Watch】セルラーモデルとGPSモデルの違いを比較!それぞれのメリットを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です