Amazonプライムデー目玉商品まとめ【クリック】

iPhone 8とiPhone XSを徹底比較!今買うならどっちがおすすめ?機能の違いを解説

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

2019年7月現在、今だに販売台数のトップに輝いているのが「iPhone 8」です。

iPhone 8はiPhoneの完成形と言えるバランスの良さと、手頃な価格が人気にで、ハイスペックを求めない方にはピッタリのiPhoneとなっています。

この記事ではそんな人気のiPhone 8と2018年に発売された最新のiPhone「iPhone XS」を比較し、今買うならどちらがおすすめかや、8が売れている理由について紹介します。

iPhone 8とiPhone XSについて知りたい方はぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • iPhone 8とXSのスペック・機能・価格を比較
  • おすすめのiPhoneはどちらか?

また、購入は各社公式オンラインショップがお得です。

家電量販店やショップでは頭金という名の手数料が5,000円〜1万円近く設定されているところもあります。

オンラインショップは頭金が無く料金が安い・待ち時間がない・24時間購入できるの主に3つのメリットがあるので是非利用してみてください。

iPhone 8とiPhone XSの価格を比較

まず絶対に外せない価格の違いについて紹介します。

iPhoneは毎年新型が発売される時期が決まっており、新型が発売されると旧型の価格がかなり下がります。

最近のiPhoneは1〜2年程の差であれば性能に大きな差がないので、あえて旧型を購入する人が多いのです。

SIMフリー版(Apple Store)の価格

iPhone 8iPhone XS
64GB67,800円112,800円
256GB84,800円129,800円
512GB152,800円

一番安い64GBモデルで価格差は45,000円です。

これはビックリの価格差ですよね。ちなみに価格差が45,000円もあればApple WatchやiPadが買えます。

ドコモでの価格

おかえしプログラムを適用した最安値で比較します!

iPhone 8iPhone XS
64GB53,136 円
(2,214 円×24回) 
85,536 円
( 3,564 円×24回)
256GB98,496 円
( 4,104 円×24回)
512GB115,344 円
( 4,806 円×24回)

おかえしプログラムを適用した最安値を比較しました。

差額は32,400円とSIMフリー版に比べると価格差は少ないですが、それでも結構な差です。

おかえしプログラムについてはこちら

スマホおかえしプログラムと半額サポートはどちらがお得?比較してみた!【ドコモ・ソフトバンク】

公式docomoオンラインショップ

auでの価格

アップグレードプログラムEXに加入した最安値を比較!

iPhone 8iPhone XS
64GB40,320 円
(1,680 円×24回) 
62,712 円
( 2,612 円×24回)
初回のみ 2636円
256GB71,832 円
( 2,992 円×24回)
初回のみ 3016円
512GB84,312 円
( 3,512 円×24回)
初回のみ 3536円

差額は22,392円と大きな差です。

大手キャリアは端末料金の大きな割引ができないので、新型のiPhoneは特に高く感じます。

やはり旧型がお得ですね。

公式auオンラインショップ

ソフトバンクでの価格

半額サポートを適用した最安値で比較!

iPhone 8iPhone XS
64GB43,200 円
(2,214 円×24回) 
68,400 円
( 2,850 円×24回)
256GB1,800 円
(2,180 円×24回)
77,520 円
( 3,230 円×24回)
512GB90,000 円
( 3,750 円×24回)

価格差は25,200円です。

auやソフトバンクは8とXSの差額が少ないので、もしiPhone XSを選ぶならauかソフトバンクがおすすめです。

半額サポートについてはこちら

スマホおかえしプログラムと半額サポートはどちらがお得?比較してみた!【ドコモ・ソフトバンク】

公式SoftBankオンラインショップ

iPhone 8とiPhone XSのカラーを比較

iPhone 8とiPhone XSのカラーの違いを紹介します。

iPhone 8もiPhone XSもカラーは3色で「シルバー」「スペースグレー」「ゴールド」です。

iPhone 8はアルミ製のフレームをガラスで挟んだボディーになっており、背面はガラス素材、フレームはアルミとなっています。

ライター
やっぱりiPhoneと言えばガラスですよね。iPhone 8はiPhone 4S以来となるガラス素材採用を果たしました。

iPhone XSはフレームにステンレス素材が使われており、かなり高級感のある仕様となっています。

ステンレス素材はアルミに比べて傷がつきやすいですが、そこまで気にする必要はありません。ステンレスの重厚なボディが好みであればiPhone XSがおすすめです。

カラーバリエーションはオンラインショップでも確認できます。

iPhone 8とiPhone XSのサイズを比較

サイズの違いはこのようになっています。

気になる高さの差は5.2mm。

サイズ感的にはiPhone XSがやや大きくなった程度ですが、iPhone XSはベゼルレスにより画面が大きくなっているので片手操作はiPhone 8の方がしやすいです。

しかし、iPhone XR Maxをメインに使っている私からすると『iRing』などの使えばiPhone XS Maxでも片手操作が可能なので、それなら画面サイズの大きいiPhone XSの方が良いのかなと思います。

ベゼルレスだと本体サイズの差はほとんどなくても、表示できる情報量は格段に向上します。

サイズはほとんど変わらずに画面サイズが大きいiPhone XSは魅力的です。

レビュー記事はこちら

人気スマホリング『iRing』レビュー!操作性向上で落下防止にも最適

iPhone 8とiPhone XSのディスプレイの違い

ディスプレイの違いですがiPhone XSは有機ELディスプレイを搭載していますが、iPhone 8は液晶ディスプレイを搭載しています。

解像度はiPhone 8よりもiPhone XSの方が高くなっていますが、パッと見で判別することはできません!

Appleは有機ELディスプレイが搭載されたiPhone XSはSuper Retina HDディスプレイ。iPhone 8に搭載されている液晶ディスプレイをRetina HDディスプレイと呼称していますが、そもそも同じ液晶ディスプレイでもAppleのRetina HDディスプレイはかなり綺麗です。

確かに液晶ディスプレイよりも有機ELディスプレイの方が画質が良いのは事実ですが、もともと綺麗な液晶ディスプレイとの差を肉眼で判別することはほぼ不可能に近いのでディスプレイの差は気にする必要ありません。

ライター
Apple製品のディスプレイはRetinaであればどのディスプレイも綺麗です。肉眼ではわからないので気にする必要ありません。

iPhone 8とiPhone XSのCPU性能を比較

iPhone 8の発売は2017年。iPhone XSの発売は2018年です。

たった1年の違いなのでCPUスペックの差はそれほど大きくありません。

iPhone 6sに搭載されているA9チップと比較

CPU性能グラフィック性能
A10 Fusion
(iPhone 7)
40%向上(1.4倍)50%向上(1.5倍)
A11 Bionic
(iPhone 8)
75%向上(1.75倍)95%向上(1.95倍)
A12 Bionic
(iPhone XS)
100%向上(2倍)193%向上(2.93倍)

グラフィック性能は年々50%程向上していますが、CPU性能に関してはそこまで変わりません。

どちらも快適に使うことができるので、余程スペックにこだわりがあるという方以外、特に気にする必要はないです。

ベンチマークで比較

ベンチマーク
(Geekbench)
A11 Bionic
(iPhone 8)
約10,100
A12 Bionic
(iPhone XS)
約11,200

CPUの比較によく使われるベンチマークで比較するとこんな感じです。

iPhone 8はまだまだ現役で快適に使うことができるので、負荷の大きいゲームや動画編集をしないのであればiPhone 8と十分と言えます。

iPhone 8とiPhone XSのバッテリーを比較

iPhone 8iPhone XS
バッテリー容量1,821mAh2,658mAh
連続通話時間最大14時間最大20時間
インターネット利用最大12時間最大12時間
ビデオ再生最大13時間最大14時間
オーディオ再生
最大40時間
最大60時間

バッテリー持ちはiPhone XSが上です。

しかし、インターネット利用の最大時間は14時間と同じです。

また、バッテリーに不安があれば性能の良いモバイルバッテリーが安く買えるので特に気にしなくて良いポイントです。

iPhone 8もiPhone XSどちらともワイヤレス充電と高速充電(30分で最大50%充電)に対応しているので充電性能に差はありません。

2019年最新!iPhoneにおすすめの最適モバイルバッテリー厳選6選

防水性能はiPhone 8が若干劣る

最新のiPhone Sは防水・防塵機能がIP68等級の性能に進化しています。

IP68等級は連続的に水中に置いても有害な影響がないレベルで、原則として密閉構造というわけです。今までの防水性能でも満足でしたがさらに進化しています。

Apple公式見解
  • XS Max / XS・・・IP68等級 水深2メートルで最大30分間の耐水性能
  • 7/8/X/XR・・・IP67等級 水深1メートルで最大30分間の耐水性能

IP67とは、防塵性能が6等級、防水性能が7等級ということで、6等級の防塵性能は最もレベルが高く、「粉塵が内部に侵入しない」とされています。

そして7等級の防水性能は最高等級の8より一段階低く「規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない」とされています。

一応Appleは防水ではなく耐水と記載しているので「過度に期待するのはやめてください」ということなのでしょうけど、正直これだけあれば十分ですよね。

ライター

防水性能は多少違いますがどちらも備えている機能なので、防水性能に関しても特別気にする必要はありません。

iPhone 8とiPhone XSのカメラを比較

iPhone 8とiPhone XSの最大の違いはカメラです!!

差額の全てがカメラの違いと言われても納得できるレベルで、カメラ性能には格段の差があります。

大きな違いはiPhone XSは2つのカメラを搭載しているデュアルカメラで、iPhone 8はシングルレンズです。

シングルレンズだと光学ズームができないので、iPhoneのカメラを重視する方にとってはかなり致命的なポイントです。

モデルiPhone 8iPhone XS
画素数1200万画素1200万画素
広角レンズF1.8F1.8
望遠レンズF2.4
光学ズーム2倍
デジタルズーム最大5倍最大10倍
手ブレ補正光学式デュアル光学式
ポートレートモード搭載
HDR機能自動HDRスマートHDR

スペックはこのようになっています。

ポイント
  • iPhone 8はシングルカメラ
  • iPhone XSは背景がボカせれるポートレートモード搭載
  • iPhone XSはスマートHDR機能で格段に高画質

主な違いをまとめるとこんな感じです。最近はカメラの向上が素晴らしいので1年発売が違うだけでもカメラの画質には大きな差があります。

新しく追加された機能を合わせて簡単に説明します。

iPhone XSは新ポートレートモードに対応

iPhone XSは新たに追加された新ポートレートモードに対応しています。

新しいポートレートモードは上の写真のように、写真を撮った後にボケ量を調節することが可能です。

iPhone XSはスマートHDRがすごい

左:iPhone XS Max 右:iPhone 6 Plus

iPhone XSのカメラで特に驚くべきなのが『スマートHDR』という機能です。

カメラは明暗差が激しい場所が苦手で、明暗差がある場所は綺麗に写すことができないのですが、iPhone XSはかなり綺麗に写すことができます。

上の写真ですと、左がiPhone XSで撮影した写真、右がiPhone 6 Plusで撮影して写真です。画質がかなり違うのがわかるかと思います。

iPhone XS Maxで撮影

上の写真はiPhone XSと同じカメラを搭載しているiPhone XS Maxで撮影しています。

普通のこの写真だと周りが暗く、装飾部分が明るいので装飾部分が白く飛んでしまうのですが、暗所も極端に明るいところもバランス良く撮影できています。

iPhoneのカメラはここまで進化しているのです。

カメラにこだわりがあるという方はiPhone XSがおすすめです。

一眼レフカメラに勝てる!?iPhone XS/XS Maxカメラ性能比較

望遠レンズの違い

全く同じ場所から撮影した2枚の写真ですが、左が広角側で撮影した写真で、右側が望遠側で撮影した写真です。

このようにiPhone XSは二つの画角に切り替えることができますが、iPhone 8はシングルカメラなので広角側のみしか使用できません。

望遠側があるとかなり便利で、離れた場所からでもしっかりした写真を撮ることができます。

ライター
アウトカメラは大きな違いがありますが、インカメラやビデオ性能に関しては大きな差はありません。ただし、iPhone XSならインカメラでもポートレートモードが使えるので雰囲気ある写真が撮れます。

iPhone 8とiPhone XSはどちらがおすすめか?

iPhone 8とiPhone XSを比較すると、ところどころ差はありますが価格差を考えると妥協できるというのが正直な感想です。

スペックをまとめると

iPhone 8iPhone XS
ディスプレイ4.7インチ
LCD
5.8インチ
OLED
チップA11 BionicA12 Bionic
RAM2GB4GB
ストレージ64/256GB64/256/512GB
高さ138.4mm143.6mm
67.3mm70.9mm
厚さ7.3mm7.7mm
重量148g177g
バッテリー1,821mAh2,658mAh
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
防水防塵IP67IP68
端子LightningLightning
認証方法指紋(Touch ID)顔(Face ID)
ワイヤレス充電対応対応
3D Touch 対応対応
カメラシングルデュアル
Suica対応対応

赤文字が優れている方を表しています。

カメラに違いは気になるますが、致命的な大きな違いはありません。

iPhone XSはカメラが要らなくなるほど、高画質な写真を撮ることができますが、iPhone 8の画質が悪いわけではありません。

iPhone 8でも十分快適なiPhone生活を送ることができ、差額45,000円もあるので、iPhone 8を買ってApple WatchかiPadを買う方が楽しい毎日を送れるのではないでしょうか。

ライター
価格差で違う物を買ったり、趣味を楽しめると思うと大きいですよね。

iPhone XSがおすすめな人


出典:https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-xs#00

噂されていた『iPhone 9』という名前のiPhoneが登場しなかったので、これからのiPhoneのスタンダートはiPhone XSとなります。

iPhone XS 特徴
  • カラー:シルバー、スペースグレイ、ゴールド
  • サイズ:143.6 x 70.9 x 7.7 mm、177g
  • Super Retina HDディスプレイ 5.8 インチ
  • 防水性能:IP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)
  • CPU:A12 Bionicチップ
  • カメラ:デュアルカメラ
  • フレーム素材:ステンレス
  • Face ID対応
  • 3D Touch対応
  • Apple Pay対応
  • ワイヤレス充電対応
  • デュアルSIM対応
  • 64GB:112,800円
  • 256GB:129,800円
  • 512GB:152,800円

iPhone XSがオススメな人

  • ゴールドモデルが欲しい方
  • 良い画質のカメラが欲しい方
  • 望遠側のカメラが欲しい方
  • ゲームや動画編集をする方
  • 3D Touchが必要な方
  • 512GBが欲しい方

iPhone 8がおすすめな人

iPhone 8 特徴
  • カラー:シルバー、スペースグレイ、ゴールド
  • サイズ:138.4 x 67.3 x 7.3 mm、148g
  • Retina HDディスプレイ 4.7インチ
  • 防水性能:IP67等級(最大水深1メートルで最大30分間)
  • CPU:A11 Bionicチップ
  • カメラ:シングルカメラ
  • フレーム素材:アルミ
  • Touch ID対応
  • Apple Pay対応
  • ワイヤレス充電対応
  • 64GB:67,800円
  • 256GB:84,800円

旧型にiPhone 8は大幅に価格が下がっており、かなりコスパの高いiPhoneとなっています。

普通に使う分には十分すぎる性能を持っているので、価格を抑えたい方にはぴったりのiPhoneです。

また、持った感じでわかるほどiPhone XSより軽いです。コンパクトなiPhoneが良いという方にもおすすめです。

iPhone 8がオススメな人

  • ホームボタンが欲しい方
  • 重量が軽いiPhoneが欲しい方
  • 価格を抑えたい方

個人的に容量は128GBがベストだと思っているので、128GBを選ぶことができるのは良いポイントです。

最後に違いをまとめたので紹介します!

iPhone XSとの違い
  • デュスプレイが有機ELではない(解像度458ppi→326ppi)
  • 防水性能がワンランク下のIP67等級(最大水深1メートルで最大30分間)
  • シングルカメラ
  • ポートレートモード・スマートHDRが非搭載
  • 価格が約45,000円安い

価格を抑えたい方は間違いなくiPhone 8がお得でおすすめです!

大手キャリアでもiPhone 8が値下げされかなりお得になっています。

購入は公式オンラインショップがおすすめ

格安SIMを使う人はAppleの公式ストアがおすすめです。

また、キャリアでの新規契約・MNO乗換・機種変更は各キャリアの公式オンラインショップがおすすめです。

オンラインショップは、

  • 事務手数料が無料(ドコモ)
  •  頭金という名の手数料が必要ない
  •  待ち時間なしで注文できる
  • 24時間いつでもどこでも注文できる

以上のようなメリットがたくさんあります。

各社サポート体制にも力を入れており、チャットサービスを使えばわからないことはすぐに解決でき、電話サポートもあるので難しいということもありません。

オンラインショップ限定のキャンペーンを開催していることもあるのでぜひ覗いてみてはいかがでしょうか。

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

スマホの契約・乗換・機種変はオンラインショップがおすすめ!その理由を徹底解説 ソフトバンクはオンラインショップがお得?特徴・限定キャンペーンを紹介 最新版!携帯キャリア安いのはどこ?料金プランを徹底比較【ドコモ ・au・ソフトバンク】

おすすめ格安SIMはこちら!
【最新】iPhoneにおすすめ格安SIMを紹介!価格・プランで比較【XS/XR/X/8/7/6s】 iPhoneのおすすめ記事はこちら
iPhone 8とiPhone XRを比較!低価格で使いやすいのはどちらか?違いを解説 【2019年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!スペックの比較と選び方【XS/XR/X/8/7/6s】 iPhoneをパワーアップ!おすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ! 一眼レフカメラに勝てる!?iPhone XS/XS Maxカメラ性能比較 以上。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です