新型iPhoneの情報 

iPhone 14はUSB-C搭載?Lightningのデメリットと最新情報まとめ

毎年新型のiPhoneが登場するたびに話題になるのがiPhoneにUSB-Cが搭載されるかどうかです。

最近のスマートフォンでUSB-CになっていないのはiPhoneだけで、Apple製品でもiPadはほとんどのモデルがUSB-C化されています。

この記事ではiPhone 14にUSB-Cは搭載されるのかや、Lightningのデメリットについて紹介します。

iPhone 14シリーズは2022年9月9日に発表されましたが、残念ながらUSB-Cは搭載されていません。

引き続きLightningとなっています。

この記事でわかること
  • iPhone 14にUSB-Cは搭載されるのか
  • Lightningの具体的なデメリット
  • iPhoneのUSB-C化最新情報

【関連】iPhoneを買うならどれ?買うべきおすすめ機種を徹底比較

iPhone 14にUSB-Cは搭載される?

結果的にiPhone 14シリーズにはUSB-Cが搭載されませんでしたが、最新の情報をまとめると以下の通り。

最新情報
  • ProモデルのみUSB-Cになる
  • 欧州委員会でUSB-Cに統一することを義務付ける法案が合意
  • LightningをUSB-Cに置き換えるテストを実施しているとの報道あり

iPhone 14に搭載されるかは少し微妙なところですが、例年よりは搭載される可能性は高そうです。

また、充電端子の統一が採決されればiPhoneも確実にUSB-C化されるので、iPhoneがLightningからUSB-Cになる日も近いかもしれません。

USB-Cに置き換えるテストを行なっている

2022年5月11日にApple関係の著名アナリストであるミンチー・クオ氏は2023年に登場するiPhoneではLightningではなく、USB-Cが採用されるとツイートしています。

そして、マーク・ガーマン氏はiPhoneのLightningをUSB-Cに切り替える為のテストをAppleが行なっていると報道。

iPhone 14ではUSB-Cになる可能性は低いかもしれませんが、2023年の新型iPhoneでUSB-Cになる可能性が高まっています。

また、EUが充電端子の標準化に合意したことで、2024年にはiPhoneも確実にUSB-C化すると言われています。

Lightningのデメリット

かたくなにLightningが採用され続けるiPhoneですが、Lightningにはどんなデメリットがあるのかについても紹介します。

長年iPhoneを使っている方からすると、Lightningコネクタの周辺機器も増えており、今さら端子が変わるのも嫌という方もいるのではないでしょうか。

その点ではiPhone 14の噂であるProモデルだけUSB-Cになるという情報も頷けます。

Lightningの主なデメリットは以下の通りです。

デメリット
  • 他のスマートフォンやタブレットと統一できない
  • 拡張性が乏しい
  • USB 2.0で転送速度が遅い

それぞれ詳しく紹介します。

他のスマートフォンやタブレットと統一できない

個人的にはLightningのケーブルも周辺機器も多くなっているので、iPhoneのUSB-C化に関しては中立の立場でした。

しかし、最近はiPadもMacもUSB-Cで充電するのでApple間ですら統一感がないのが実情です。

Apple製品は連携の良さが大きな魅力なので、Apple製品間でもケーブルが複雑になっているのはLightningケーブルのデメリットと言えます。

Apple製品の充電ケーブル
  • iPad Pro→USB-C
  • iPad Air→USB-C
  • iPad mini→USB-C
  • Apple Watch→専用ワイヤレス充電
  • Mac→基本的にはUSB-C
  • AirPods→Lightning
  • Magic Keyboard→Lightning
  • Magic Trackpad→Lightning
  • iPhone→Lightning
まつりくん
スマートではないですね。

iPadとMacはUSB-Cしか考えられないので、その他もUSB-Cに統一して欲しいです。

拡張性が乏しい

iPhoneは使っているユーザーも多いのでLightning端子の周辺機器はある程度揃っていますが、外付けSSDなどやはりUSB-Cには敵いません。

また、新型の噂が出るたびにLightningが廃止されるのではないかと言われている状態で、積極的に周辺機器を買おうとは思わないですよね。

USB-CであればSDカードリーダー外付けSSDなどを手軽に利用することが可能。

実際にiPadでは直接外付けSSDを取り付けることができ、データ転送も可能なのでデータのやり取りが簡単です。

iPhoneも写真や動画を手軽に外付けSSDに保存できるようになると、バックアップ面でも使い勝手が良くなるので、LightningよりUSB-Cの方がメリットは大きいです。

USB 2.0で転送速度が遅い

Lightningが採用されていることの1番大きなデメリットと言えるのが転送速度が遅いことです。

あまり知られていませんが、Lightningの通信規格はUSB 2.0となっており、これだけ大容量のデータを扱う時代としてはあまりにも古い規格です。

USB-C形状のThunderbolt 4の転送速度は40Gbpsに対してUSB 2.0の転送速度は480Mbpsしかなく、その差は約80倍もあります。

iPhoneはかなり綺麗な4K動画も撮ることができ、カメラとしても大きな進化を遂げましたが、その大容量のデータを高速でパソコンなどに転送するには、Lightningでは遅すぎます。

他は高性能なのに転送速度はイマイチとなっているので、USB-Cで高速転送できる規格を採用して欲しいですね。

まとめ

この記事ではiPhone 14の端子がどうなるのかについてと、現状のデメリットについて紹介しました。

長くApple製品を使っていると、身の回りにLightningケーブルが多くなっているので、これまでそこまで不便には感じていませんでしたが、

iPadでのUSB-C化がかなり進んだことにより、USB-CとLightningの使用頻度が同じレベルになってきたことで、最近ではLightningが不便に感じます。

Lightningの大きなメリットでもあった裏表が関係ないという仕様も、USB-Cに対するメリットにはならないので、Lightningの役目は終わったのかなと思います。

iPhone 14 ProではUSB-Cになるという噂や、EUでは統一規格に関して積極的に議論されているので、今年こそは期待したいですね。

以上。「iPhone 14はUSB-C搭載?Lightningのデメリットと最新情報まとめ」でした。

また最新情報があればこの記事を更新します。

iPhone 14の関連記事

iPhone 14の関連記事はこちらにまとめています。

よろしければ合わせてチェックしてみてください。

iPhone 14のストレージ容量はどれがおすすめ?種類と選び方を解説

iPhone 14はどこが安い?価格の比較と安く買う方法を紹介

iPhone 14シリーズは値上げされる?価格に関する情報まとめ

iPhone 14のカメラ性能は?画素数・出っ張り・画質の違いを紹介

iPhone 14とiPhone 14 Proの違いを比較!どちらを買うのがおすすめかを解説

iPhone 14/Max/Pro/Pro Maxのサイズ・大きさ・重さを比較!どれが使いやすい?

iPhone 14と13の違いを比較!どちらを買うべきかスペック・機能・価格を比較

iPhone 14のカラーバリエーションは?新色とおすすめの人気色を解説

iPhone 14を待つべき?判断ポイントとiPhone 13を買うべきかを解説

iPhone 14はいつ発売?新機能・スペック・デザインなど最新情報まとめ

iPhoneのおすすめ関連記事

【2022年9月最新】iPhoneを買うならどれ?おすすめ機種の違いを比較 【2022年最新】iPhoneはどこで買うのが安い?お得に買える購入方法まとめ 【2022最新】iPhoneをパワーアップ!おすすめ周辺機器・アクセサリーまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。