新型iPhoneの情報 

新型iPhone 15の最新情報!発売日はいつ?価格・スペック・デザインまとめ

2023年の新型iPhone 15はどうなるのか気になりますよね。

ここ最近のiPhoneは3年ごとにデザインが変わるメジャーアップデートがされており、周期的にiPhone 15はデザインが変わる可能性が高いです。

また、世界的なUSB-Cへの流れを受けUSB-Cが搭載される可能性も高くなっています。

この記事では2023年新型iPhoneであるiPhone 15の最新情報を紹介!

発売日・スペック・デザインについてまとめます。

iPhone 15はフルモデルチェンジも期待できるので、気になっている方はぜひ参考にしてください!

iPhone 15の最新情報

まずは2023年新型iPhoneのであるiPhone 15の最新情報から紹介します。

最新情報をまとめると以下の通りです。

最新情報まとめ
  • 発売日は2023年9月
  • デザインが変わる可能性が高い
  • A17 Bionicを搭載
  • USB-Cポートになる
  • Apple自社製の5Gモデルを搭載
  • iPhone 15 Ultraが発売される?
  • 電波干渉を避けられ、高速・低遅延のWi-Fi 6Eに対応

iPhone 12から始まったiPhone 14のデザインはiPhone 14で3年目となるので、サイクル的にiPhone 15はデザイン変更のあるフルモデルチェンジとなる年です。

気になるiPhone 15の最新情報について、それぞれ詳しく紹介していきます。

iPhone 15の発売日と予約開始日はいつ?

iPhoneはこれまでも9月に発表されることがほとんどである為、iPhone 15シリーズも9月に発表・予約開始・発売される可能性が高いです。

例年のポイントはこんな感じ!

  • 日本時間の水曜日に発表
  • 発表日と同じ週の金曜日に予約開始
  • 予約開始の1週間後の金曜日に発売

以上が例年の流れです。

iPhone 14シリーズに関しては発表が木曜日でその次の日が予約開始となったので、iPhone 15は木曜日に発表される可能性もあります。

iPhone 14の発売スケジュール
  • 9月8日(木)午前2時より発表
  • 9月9日(金)午後9時より予約開始
  • 9月16日(金)発売

またiPhone 14シリーズではモデルによって発売日が異なっていました。

参考にiPhone 14シリーズのモデルごとの発売日をまとめると以下の通り。

  • iPhone 14は9月16日発売
  • iPhone 14 Plusは10月7日発売
  • iPhone 14 Proは9月16日発売
  • iPhone 14 Pro Maxは9月16日発売
まつりくん
iPhone 15はいつ発売されるのか詳しく考察していきます。

歴代iPhoneの発売日

まずは歴代のiPhoneの発売日をまとめます。

新型iPhoneの発売日は歴代iPhoneの発売日がかなり参考になります。

過去に発売されたiPhoneをまとめると以下の通り。

歴代iPhone発表日
  • iPhone 6s/6s Plus・・・2015年9月9日
  • iPhone SE・・・2016年3月26日
  • iPhone 7/7 Plus・・・2016年9月7日
  • iPhone 8/8 Plus/X・・・2017年9月12日
  • iPhone XS/XS Max/XR・・・2018年9月12日
  • iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max・・・2019年9月10日
  • iPhone SE(第2世代)・・・2020年4月24日
  • iPhone 12シリーズ・・・2020年10月13日
  • iPhone 13シリーズ・・・2021年9月24日
  • iPhone 14シリーズ・・・2022年9月16日

歴代のiPhoneも基本的に火曜日(日本時間だと水曜日午前2時)に発表、3日後の金曜日に予約開始、その1週間後の金曜日に発売という流れが1番多いです。

iPhone 15の発売日・予約開始日・発売日

続いて2023年新型iPhoneのiPhone 15はいつ発売されるのかを紹介します。

iPhone 15の発売日・予約開始日・発売日に関しては今のところ具体的な情報はありませんが、例年通りの流れから予想すると以下の通りです。

iPhone 15の発売スケジュール
  • 2023年9月6日(水)午前2時より発表
  • 2023年9月8日(金)午後9時より予約開始
  • 2023年9月15日(金)発売
まつりくん
他のApple製品と違ってiPhoneの発売日は的中する可能性が高いので参考にしてください!

iPhone 15の発表と同日にApple Watch 9も発表される可能性が高いです。

また、iPhone 14、iPhone 14 Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxを予約するならオンラインショップがおすすめ!

24時間好きな時間に予約が可能で、都合のいい時間に自宅で受け取りができます。

公式サイトをチェック

オンラインは手数料が無料

5G WELCOME割で最大22,000円割引

オンラインは待ち時間なし

おトク割で最大22,000円割引

オンラインなら手数料が無料

web割で最大22,000円割引

楽天モバイルはこちら

キャリアで1番安く買えます

iPhone 15のデザイン・外観について

具体的なデザイン情報はありませんが、iPhone 15ではデザインが変わる可能性が高いです。

まつりくん
iPhoneは3年毎にデザインが大きく変わっており、iPhone 15はその年に当たります。

デザインが変わる可能性が高い理由

ここ最近のiPhoneは3年ごとにフルモデルチェンジをしています。

iPhone 12で四角く角ばったデザインにフルモデルチェンジされ2022年のiPhone 14年で3年が経ちました。

2023年のiPhone 15では新たなデザインとなる可能性も十分あり得ます。

ポイント
  • iPhone X、iPhone XS、iPhone 11はフルスクリーン、丸いフレームが特徴
  • iPhone 12、iPhone 13、iPhone 14は四角いフレームが特徴
  • iPhone 15はフラットに違いが少しカーブしているフレームになる

CADデータを元に公開されたレンタリング画像

iPhone 15シリーズのフレームはフラットに違い四角いフレームですが、M2 MacBook Airのように僅かにカーブしているフレームになっていることが確認できます。

またフレーム側面に配置される音量ボタンや電源ボタンは感圧式に変更されると報じられています。

iPhone 15でのフルスクリーンデザインの採用は無い

Apple関係の有名なアナリストであるミンチー・クオ氏は2023年の新型iPhoneは順調に行けば少なくとも一つのモデルでノッチや穴がないフルスクリーンディスプレイのデザインが採用されると伝えています。

しかし、iPhone 15が真のフルスクリーンデザインを採用することは無さそうです。

というのもiPhone 14 Proではノッチ部分を上手く活用したDynamic Islandを初搭載しています。

Dynamic Islandがたった1年で採用されるとは思えないのと、他社のスマートフォンでも真のフルスクリーンを採用している機種はほぼ皆無である為、

iPhone 15で真のフルスクリーンデザインが採用されることは無いと予想します。

また、公開されているCADデータを元にしたレンタリング画像では、スタンダードモデルのiPhone 15にもDynamic Islandが搭載されるようです。

フレームの素材がチタンになるかも

Apple Watchのチタニウム

iPhone 14 Proにもチタニウムが採用されると言われていましたが、結局実現はしませんでした。

しかし、Appleが現地時間の2022年10月2日にチタニウム合金製筐体の着色処理に関する特許を取得。

Appleがチタニウムに関する開発を続けている証拠になるので、今後iPhoneにチタンが採用される可能性もゼロではないと思います。

最近のiPhoneはカメラユニットの大型化等により重量が重くなっているので、チタンを採用して軽量化になると嬉しいですね。

iPhone 15 Proのデザインが画像が流出か

信憑性は不明ですが、iPhone 15 Proをアップした画像がTwitterで公開されています。

Unknownz21氏が「これはiPhone 15 ProのUSB-Cポートの実際のクローズアップです」と公開した画像では、USB-Cポートを搭載。

さらにチタニウムのような素材になっているのが確認できます。

現行のiPhoneとはフレーム形状も異なっており、エッジ部分が少し斜めにカットされているのが分かります。

iPhone 15シリーズは周期的にもフルモデルチェンジが予想されるので、信憑性は不明ですがかなり楽しみな情報です。

新色はライトブルー・ピンク・ダークレッドが登場?

出典:9to5Mac

9to5MacによるとiPhone 15 Proの新色には深みのあるダークレッドが新色として登場するとのこと。

これまでのProモデルには寒色系のカラーが登場していたので、赤系の色は初登場となります。

カラーに関しては直前まで実現するかは不明であることが多いですが、赤系のカラーが登場すると人気になりそうです。

また、スタンダードモデルには新色として、ライトブルーとピンクが検討されているとのことです。

これまでのiPhoneのカラーや新色情報はこちらの記事にまとめています。

iPhone 15の新色は何色?おすすめカラーと人気のある色を紹介

iPhone 15 Pro Maxのサイズが判明

実績あるリーカーのIce universe氏がiPhone 15 Pro Maxの画像と本体サイズを公開しました。

画像はAppleからアクセサリメーカーに提供されるCADデータを元に作成したものということで、ポイントをまとめると以下の通りです。

ポイント
  • エッジがカーブした新デザインのフレーム
  • つや消し処理が施されたチタンのフレーム
  • USB-Cを搭載
  • iPhone 14 Pro Maxと比較すると本体の厚みは増えるがカメラの突起は小さくなる
  • 縦と横のサイズはiPhone 14 Proより少し小さくなる
  • 音量ボタンとマナーモード切替スイッチが感圧式に変更される

iPhone 15 Pro Maxはペリスコープレンズを搭載すると言われている為、レンズが真上ではなく、横方向に伸びます。

その為、iPhone 14 Pro Maxと比較すると本体厚みが増えているのかもしれません。

サイズを表にまとめると以下の通りです。

iPhone 15 Pro MaxiPhone 14 Pro Max
ディスプレイ6.7インチ6.7インチ同じ
高さ159.86mm160.7mm0.84mm
76.73mm77.6mm0.87mm
厚さ8.25mm7.85mm0.19mm
重量不明240g

カメラの厚みを加えると、iPhone 15 Pro Maxの方が薄くなっています。

まつりくん
フレームの形状変化、感圧式のボタン、USB-C、チタンなどなどiPhone 15 Pro Maxはかなり楽しみですね!

iPhone 15 ProのCPUはA17 Bionicを搭載

iPhone 14シリーズではProモデルがA16 Bionicを搭載し、スタンダードモデルはiPhone 13 Proと同じA15 Bionicを搭載しました。

iPhone 15シリーズでもA17 Bionicが搭載されるのはProモデルのみとなりそうです。

機種名iPhone 15・ 15 PlusiPhone 15 Pro・ 15 Pro Max
チップA16 BionicA17 Bionic
CPU2つの高性能コア
4つの高効率コア
2つの高性能コア?
4つの高効率コア?
GPU5コア5コア?
Neural Engine16コア16コア?

A17 BionicはiPhone 14より電力効率が20%ほど向上し、性能は15%ほどアップすると予想されています。

iPhone 15はUSB-Cポートを搭載

EUを中心にUSB-Cポート統一の動きか進んでおり、iPhoneでもUSB-Cに置き換えるテストが行われていると報じられています。

現在のLightning端子では転送速度が遅いというデメリットもあり、iPadではUSB-Cが採用されていることからもiPhone 15ではUSB-Cになる可能性はかなり高いです。

最新情報
  • ProモデルのみUSB-Cになる
  • 欧州委員会でUSB-Cに統一することを義務付ける法案が合意
  • LightningをUSB-Cに置き換えるテストを実施しているとの報道あり
  • Appleの幹部が新型iPhoneにはUSB-Cを搭載するとの方針を発表
  • EUのUSB-C統一のルールは2024年12月28日から

EUがスマートフォンなど多くのデバイスを対象にしたUSB-C義務化を決定。

これに従いiPhoneもLightningをを廃止しなければならないことになりました。

この統一ルールは2024年12月28日からということなので、このままのナンバリングだと2015年に発売されるiPhone 17はUSB-Cへと移行する必要があります。

ひと足先にiPhone 16でUSB-Cを採用するかどうかに注目です。

iPhone 15はUSB-C搭載?Lightningのデメリットと最新情報まとめ

USB-Cに置き換えるテストを行なっている

2022年5月11日にApple関係の著名アナリストであるミンチー・クオ氏は2023年に登場するiPhoneではLightningではなく、USB-Cが採用されるとツイートしています。

そして、マーク・ガーマン氏はiPhoneのLightningをUSB-Cに切り替える為のテストをAppleが行なっていると報道。

iPhone 14ではUSB-Cになる可能性は低いかもしれませんが、2023年の新型iPhoneでUSB-Cになる可能性が高まっています。

また、EUが充電端子の標準化に合意したことで、2024年にはiPhoneも確実にUSB-C化すると言われています。

Apple幹部が新型iPhoneのUSB-C搭載を発表

アメリカのウォール・ストリート・ジャーナルが報じたことによると、EUが2024年12月28日からUSB-Cへの対応を義務化することを決定した流れを受け、新型iPhoneのUSB-C化を決断した様子と報じています。

2022年10月に発売されたiPadもUSB-Cになり、iPadでは全てのモデルがUSB-Cになりました。

iPhone 15ではLightningが廃止され、USB-Cになる可能性がかなり高いです。

iPhone 15のカメラスペックについて

年々大きくなり、性能も進化しているiPhoneのカメラですが、iPhone 15ではどうなるのか情報をまとめます。

iPhone 15 Proにペリスコープ望遠レンズを搭載か

ミンチー・クオ氏によると2023年のiPhone 15ではペリスコープ望遠レンズが搭載されると予測。

これに関してはiPhone 14でも噂されていた為、採用されない可能性も高い気がしますが、どうなんでしょう。

MEMO

ペリスコープ式のレンズはボディ内で光を屈折させることにより、本体サイズの薄いスマホでもより遠くまで撮影できる望遠カメラを搭載させることが可能です。

イメージとしてはこんな感じです。

iPhoneのライバル機種にあたるGalaxyでもペリスコープレンズが搭載されています。

また、ペリスコープレンズが搭載されると高価になる傾向があるので、搭載されれば確実に値上げされそうです。

iPhone 15の生体認証について

新型のiPhoneが登場する度に画面内指紋認証が搭載されるとの噂がでますが、今まで実現したことはありません。

ミンチー・クオ氏によると2023年に少なくとも1つの新しいハイエンドiPhoneは、ディスプレイ下の指紋スキャナーを備えるとMacRumorsに掲載されています。

ディスプレイ下に指紋認証が搭載されるとこれまでより便利になることは間違い無いですが、AppleはFace IDの方が優れた認証方式だと言っており、

今まで不便だったマスクを付けた状態でもFace IDが使えるように改良していることからも、Touch IDを復活させるとは思えません。

まつりくん
毎年噂だは出ているので今年も噂に終わるのかなと思います。

iPhone 15はWi-Fi 6Eに対応か

iPhone 15ではWi-Fi 6Eに対応するとの情報があります。

iPad ProやMacBook Proでは既にWi-Fi 6Eに対応していますが、iPhoneでは最新モデルでもWi-Fi 6の対応です。

まつりくん
Wi-Fi 6とWi-Fi 6Eは1文字違いですが、性能は大きく変わります

Wi-Fi 6Eは6GHz帯での通信が可能になり、電波干渉を避けられ、高速、低遅延の通信ができます。

Wi-Fi 6Eに対応しているiPad Proは一世代前のモデルと比較して最大2倍高速と紹介されており、対応するルーターを使えば更に快適な通信を行うことが可能です。

iPad Proの紹介ページ(出典:apple.com

最近はiPhoneで4K撮影をすることも増えているので、iPhone 15がWi-Fi 6Eに対応するのが、かなり実現性が高いと思います。

2023年新型iPhone 15の価格は?

円安の影響などもあり2022年に発売されたiPhone 14はこれまで以上に高くなったと感じました。

2023年の新型iPhoneであるiPhone 15シリーズでは、iPhone 15、iPhone 15 Plus、iPhone 15 Pro、iPhone 15 Pro MaxもしくはiPhone 15 Ultraの4つのモデルが登場すると言われています。

登場予定モデル
  • iPhone 15→スタンダードモデル
  • iPhone 15 Plus→スタンダード大型モデル
  • iPhone 15 Pro→ハイスペックモデル
  • iPhone 15 Pro Max(iPhone 15 Ultra)→最上位モデル

iPhoneの価格は為替の影響がかなり大きいので、現時点では予想しにくいですがiPhone 14よりも値下げされる可能性は低いと思います。

また価格に関する情報が分かり次第更新します。

参考にApple StoreでのiPhone 14シリーズの価格をまとめると以下の通り。

iPhone 14iPhone 14 PlusiPhone 14 ProiPhone 14 Pro Max
128GB119,800円134,800円149,800円164,800円
256GB134,800円149,800円164,800円179,800円
512GB164,800円179,800円194,800円209,800円
1TB224,800円239,800円

公式サイトをチェック

オンラインは手数料が無料

5G WELCOME割で最大22,000円割引

オンラインは待ち時間なし

おトク割で最大22,000円割引

オンラインなら手数料が無料

web割で最大22,000円割引

楽天モバイルはこちら

キャリアで1番安く買えます

iPhone 15 Ultraが登場する?

Apple WatchにApple Watch Ultraという新しいネーミングのモデルが登場したことから、iPhone 15シリーズではiPhone 15 Ultraという最上位モデルが登場するとの噂があります。

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは性能が違っていましたが、iPhone 13とiPhone 14はProもPro Maxも大きな性能の違いはありません。

iPhone 15シリーズでは大きいProモデルのiPhone 15 Ultraのみが搭載した新機能がいくつか登場するのかもしれません。

iPhone 15 Ultraは何が違う?iPhone 15 Proと異なる点などスペックまとめ

iPhone 15 miniは復活する?

iPhone 15 miniに関する情報では、iPhone 15 miniが復活する可能性は低いです。

miniシリーズの売れ行きや、現状のニーズを考えるともうminiシリーズは発売されないと思った方が良いと思います。

iPhone 15シリーズでは、iPhone 15 Ultraという新しいモデルの噂はありますが、iPhone 15 miniに関する情報はないので、今のところ復活する可能性はありません。

iPhone 15 miniが発売されない理由を解説!代わりに買うべき機種はこれ

iPhone 15に関するよくある質問

発売日はいつ?

例年通りであれば2023年9月に発表・予約開始・発売となりそうです。

 

iPhone 15 miniは発売しない?

miniは売れ行きが良くない為、iPhone 14シリーズでは登場しませんでした。その代わりに画面が大きいスタンダードモデルのiPhone 14 Maxが登場しています。iPhone 15でもminiモデルの登場は無さそうです。

 

デザインは大きく変わる?

従来の流れだとフルモデルチェンジの時期なので可能性は高いです。

iPhone 15の噂・スペックまとめ

この記事ではiPhone 15シリーズについてまとめました。

2023年の新型iPhoneはデザインが変わる周期であることからも、変化が少なかったiPhone 14より大きく変わることを期待したいです。

現状の噂をまとめると以下の通りです。

最新情報まとめ
  • 発売日は2023年9月
  • デザインが変わる可能性が高い
  • A17 Bionicを搭載
  • USB-Cポートになる
  • Apple自社製の5Gモデルを搭載
  • iPhone 15 Ultraが発売される?

まだまだ情報は少ないですが今後増えてくるので注目の情報が入り次第記事を更新します。

よろしければ参考にしてください。

以上。「新型iPhone 15の最新情報!発売日はいつ?価格・スペック・デザインまとめ」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です