iPhone 11登場!新型iPhoneについてはこちら

2019年新型iPhone 11 Pro登場!発売日・スペック・評価まとめ!最新モデルは買うべきか

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

ついに2019年9月11日(水)午前2時に2019年最新モデルとなるiPhone 11が発表されました。事前の噂通り3種類の新型iPhoneが登場しました。

iPhone 11の種類
  • iPhone 11 Pro 5.8インチ OLEDモデル
  • iPhone 11 Pro Max 6.5インチ OLEDモデル
  • iPhone 11 6.1インチLCDモデル

この記事では新型iPhoneのスペック、発売日等を紹介します!

  • 過去のiPhoneと何が変わった
  • どんな機能が追加された
  • 発売日・予約開始日はいつ?
  • iPhone 11は買うべきか

主に以上について紹介しているので購入を考えている方はぜひ参考にしてください!

比較記事はこちら!

iPhone 11とiPhone 8の比較記事

iPhone 11とiPhone 8の違いを比較!カメラ好きは即買い替えるべき理由を紹介

iPhone 11とiPhone XRの比較記事

どっちが良い?iPhone11とiPhoneXRを徹底比較!価格・スペックの違いを紹介

iPhone 11とiPhone 11 Proの比較記事

徹底比較!iPhone 11 ProとiPhone 11はどっちが良い?違いを比べてみた

iPhone 11 Pro発表日・発売日

iPhone 11 Pro発表・発売日
  • 発表:9月11日(水)
  • 予約開始:9月13日(金)午後9時から
  • 発売:9月20日(金)
iPhone 11発表・発売日
  • 発表:9月11日(水)
  • 予約開始:9月13日(金)午後9時から
  • 発売:9月20日(金)

予約はこちらから!

各キャリア公式オンラインショップ(例えばドコモ)であれば、

  • 発売日に自宅に届く
  • 事務手数料が無料
  • 24時間いつでもどこでも注文ができ待ち時間が無い

以上のようにメリットがたくさんあります。使い方も簡単で5分もあれば予約できるので是非試してみてください。

iPhoneを予約する

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

2019年のiPhoneはどんなモデル?

2019年のiPhoneは3機種が登場しました!

2019 iPhone
  • iPhone 11 Pro 5.8インチ OLEDモデル(XS後継機)
  • iPhone 11 Pro Max 6.5インチ OLEDモデル(XS Max後継機)
  • iPhone 11 6.1インチLCDモデル(XR後継機)
iPhone 11の特徴
  • Proモデルに超広角カメラが搭載されトリプルカメラに
  • 3D Touch廃止
  • フロントカメラの画素数が1200万画素にアップ
  • 新型のCPUチップ「A13 Bionic」を搭載
  • バッテリー容量大幅アップ
  • Proモデルが4色展開に(ミッドナイトグリーン追加)
  • 下位モデルiPhone 11(XR後継機)にデュアルカメラ搭載(超広角・広角)
  • フロントカメラでスローモーション撮影が可能
  • ナイトモードで暗所も高画質に撮影可能
  • 18W対応の高速充電器付属
  • Wi-Fi 6に対応

iPhone 11 Proと11の主な違い

iPhone 11 Pro
iPhone 11
ディスプレイ有機ELディスプレイ
(5.8・6.5インチ)
液晶ディスプレイ
(6.1インチ)
チップA13 BionicA13 Bionic
ストレージ64/256/512GB64/128/256GB
高さ144.0mm150.9mm
71.4mm75.7mm
厚さ8.1mm8.3mm
重量188g194g
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
防水防塵IP68
水深4メートルで30分の耐水性能
IP68
水深2メートルで30分の耐水性能
端子LightningLightning
認証方法顔(Face ID)顔(Face ID)
ワイヤレス充電対応対応
双方向ワイヤレス充電非対応非対応
3D Touch 非対非対応
アウトカメラ
(画素数)
1200万画素1200万画素
インカメラ
(画素数)
1200万画素1200万画素
レンズF値超広角:F2.4
広角:F1.8
望遠:F2.4
超広角:F2.4
広角:F.18
光学ズーム 2倍ズームイン・アウト 2倍ズームアウト
デジタルズーム10倍 5倍 
Suica
(FeliCa)
対応対応
Wi-FiWi-Fi 6Wi-Fi 6

評価としては、これまでで完成されていたiPhoneがさらに強化され、バッテリー容量も大幅に増加しています。

MEMO
  • iPhone 11 Pro Max→iPhone XS Maxより最大5時間長い
  • iPhone 11 Pro→iPhone XSより最大4時間長い
  • iPhone 11→iPhone XRより最大1時間長い

噂されていたほどの新機能の追加はありませんでしたが、カメラ機能が大きく進化し処理性能も順当に向上しています。

Proモデルは防水が4mに、iPhone 11は2mにそれぞれ前モデルより進化しているのもポイント。

カメラもナイトモードが搭載され暗所の撮影も高画質に撮ることができるようになっています。

iPhoneを買って2年以上経過している人は買いのiPhoneです!

iPhoneを予約する

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

iPhone 11 Proのメリット・デメリット

iPhone 11 Proの発表を受けて、良いところとイマイチなところについてまとめて紹介します。

メリット
  • 最新CPU(A13)搭載でサクサク動く
  • 超広角カメラが搭載され3眼に
  • 小型で使いやすいiPhone XSの正統後継機
  • カメラにナイトモードが搭載
デメリット
  • 2020年より本格的に始まる5Gに非対応
  • 価格が高い

性能面では2018年に発売されたiPhone XSと比べて大きく進化していますが、依然価格は高く、来年から本格的に始まる5Gにも対応していないのが残念です。

次は各項目について詳しく紹介していきます!

iPhone 11 Proの価格

これからのiPhoneのラインナップはこのようになっています。

  • iPhone 8
  • iPhone XR
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max

昨年発売されたiPhone XSとiPhone XS Maxはラインナップから消えることとなりました。

iPhoneの価格まとめ

モデル1111 Pro11 Pro Max 
64GB74,800円106,800円119,800円
128GB79,800円
256GB90,800円122,800円135,800円
512GB144,800円157,800円

価格は以上のようになっています。

2018年モデルとほぼ同じ価格帯ですが、iPhone 11 ProはiPhone XSと比べて少し安くなっています。

ただし、iPhone 11 Pro Maxは昨年発売されたiPhone XS Maxより5,000円ほど高くなっていました。

iPhone 11については64GBと128GBの価格差が5,000円と128GBモデルのお得感が強めです。容量を気にする方は128GBモデルがおすすめです。

ドコモでの価格

iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
64GB79,200円
(2,200円×36回)
115,200円
(3,200円×36回)
126,000円
(3,200円×36回)
128GB86,400円
(2,400円×36回)
256GB97,200円
(2,700円×36回)
129,600円
(3,600円×36回)
129,600円
(3,600円×36回)
512GB151,200円
(4,200円×36回)
151,200円
(4,200円×36回)

おかえしプログラムを利用するとiPhone 11であれば52,800円から、iPhone 11 Proは76,800円から、iPhone 11 Pro Maxは84,000円からとなります。

おかえしプログラムについてはこちら

スマホおかえしプログラムと半額サポートはどちらがお得?比較してみた!【ドコモ・ソフトバンク】

公式docomoオンラインショップ

auでの価格

iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
64GB88,992円
(1,854円×48回)
124,992円
(2,604円×48回)
137,808円
(2,871円×48回)
128GB94,608円
(1,971円×48回)
256GB107,424円
(2,238円×48回)
141,984円
(2,958円×48回)
156,096円
(3,252円×48回)
512GB167,472円
(3,489円×48回)
181,584円
(3,783円×48回)

アップグレードプログラムEXに加入した場合(2年後に機種変更かつ端末の返却)は機種代金が上記の半額となります。

公式auオンラインショップ

ソフトバンクでの価格

iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
64GB89,280円
(1,860円×48回)
127,200円
(2,650円×48回)
142,560円
(2,970円×48回)
128GB95,040円
(1,980円×48回)
256GB108,000円
(2,250円×48回)
145,920円
(3,040円×48回)
161,760円
(3,370円×48回)
512GB172,320円
(3,590円×48回)
187,680円
(3,910円×48回)

Softbankでの価格は以上となっています。

半額サポート+に加入した場合は上記金額の半額になります。

公式SoftBankオンラインショップ

iPhone 11 Proのカメラ性能

iPhone 11 Proと11の大きな違いはカメラにあります。

そしてiPhone 11 ProはiPhone史上初である3つの超広角レンズが搭載されました。

スペックはこんな感じです。

モデルiPhone 11 Pro /11 Pro MaxiPhone 11
画素数
(アウトカメラ)
1200万画素1200万画素
画素数
(インカメラ)
1200万画素 1200万画素
超広角レンズ F2.4F2.4 
広角レンズF1.8F1.8
望遠レンズF2.0
光学ズーム2倍
デジタルズーム最大10倍最大5倍
手ブレ補正デュアル光学式光学式
HDR機能次世代スマートHDR次世代スマートHDR

超広角レンズが搭載されたことにより、今までには無かった画角の写真を撮ることが可能。

各カメラとも12MPの高画素なので全てのカメラがメインとして使えるレベルです。

更に2018年モデルで大きく進化したスマートHDRについても次世代のスマートHDRと表記されおり、画質アップが期待できます。

撮影機能
  • ナイトモード
  • 次世代のスマートHDR
  • より明るいTrue Toneフラッシュとスローシンクロ
  • 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
  • 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング

新たに追加されたり、進化した機能については赤線をしています。

ナイトモードについて

ナイトモードでは、インテリジェントなソフトウェアとA13 Bionicを使って、これまでのiPhoneではできなかった低光量での撮影ができます。撮影はすべて自動。でも、細部を一段と強調したり、ノイズを一段と減らすなど、手動でのコントロールも試せます。

引用:https://www.apple.com/jp/iphone-11-pro/

新しい広角センサーと高性能なA13 BionicA13 Bionicチップが連携して、暗い場所の撮影も高画質で繊細な写真を撮ることが可能。

ナイトモードは必要に応じて自動でオン・オフしてくれるので、難しいことを考えなくてもシャッターを押すだけで綺麗な写真になるようです。

ナイトモード
  1. カメラが自動でナイトモードをオンオフ
  2. 光学式手ブレ補正が動作
  3. 複数の写真を撮影
  4. フトが瞬時に画像処理
  5. 高画質画像の完成

プロの写真家が高いカメラを使って撮影した画像をパソコンで編集するという工程を、iPhoneが自動で全て行ってくれます。

最近のスマホはカメラ機能が大きく進化していましたが、まだまだ暗い場所の撮影はイマイチでした。

iPhone 11シリーズは新たなナイトモード機能によって更に大きくカメラ機能が進化しましたね。

次世代のスマートHDRについて

iPhone XR Max、XS、XRからスマートHDRに対応しました。

そしてiPhone 11シリーズは次世代のスマートHDRに対応しています。

次世代のスマートHDRについてApple公式サイトではこのように紹介されています。

次世代のスマートHDRは、先進的なアルゴリズムを使って、あなたの写真にあるハイライトとシャドウのディテールを調整します。しかもこれからは機械学習を活用して、写真に写った顔を認識。その明るさを賢く引き立てます。つまりiPhone 11 Proは、被写体と背景の両方のディテールを自動で微調整できるのです。

引用:https://www.apple.com/jp/iphone-11-pro/

スマートHDRは以前のHDR撮影より明暗差が上手く処理され、より自然に見たままの景色を写真に残すことができます。

ちなみにHDR撮影というのは『明るい写真と暗い写真を同時に撮影し合成していいとこ取りする』というものです。

これによって白飛びや黒とびを解消することができます。

上の写真は左が『iPhone 6 plus』で右が『iPhone XS Max』で撮影した写真です。実際の写真で比べてみると一目瞭然です。

カメラ性能の大幅な向上がわかりますね。

iPhone 11シリーズにはこれよりも進化した次世代のスマートHDR機能が搭載されているので、カメラ性能にこだわるがある方はiPhone 11 Proを選んでおくと間違いなしです!

そして全てのカメラが4K60Pのビデオ撮影が可能と、ビデオ機能に関してもプロレベルの作品を撮影することが可能です。

また、焦点距離の違うそれぞれのカメラが連携することにより、ビデオ撮影中に他の画角のカメラに切り替えても自然にズームしたような仕上がりになります。

iPhone 11 ProのCPU性能

iPhone 11 Pro / 11 Pro Max / 11共に最新のCPUチップ『A13 Bionic』を搭載しています。

A13 Bionic
  • CPUコア:6コア(高効率コア2つ + 省電力コア4つ)
  • GPUコア:4コア
  • ニューラルエンジン: 8コア

他のスマホのCPUと比較するとこんな感じ。

Appleはスマートフォンの中で最速のCPUと紹介しています。

他のスマホのGPUと比較するとこんな感じ。

GPUに関してもAppleはスマートフォンの中で最速のGPUと紹介しています。

また、特別に作られた高効率コアによってバッテリー時間を飛躍的に向上させることができたと伝えられています。

実際にバッテリー性能は大きく向上しているので、CPUの省電力化は大きく進んだようです。

iPhone 11 Proのバッテリー性能

ビデオ再生
(ストリーミング)
ビデオ再生オーディオ再生
11 Pro Max最大12時間最大20時間最大80時間
11 Pro最大11時間最大18時間最大65時間
11最大10時間最大17時間最大65時間

iPhone 11シリーズはバッテリー性能が大きく進化しています。

MEMO

iPhone 11 Pro→iPhone XSより最大4時間アップ

iPhone 11 Pro Max→iPhone XS Maxより最大5時間アップ

iPhone 11→iPhone XRより最大1時間アップ

付属の充電器も5Wから18Wに容量アップし高速充電にも対応しています。

高速充電を使うと30分で最大50%の充電が可能です。

iPhone 11 Proのその他の機能

次にiPhone 11 Proの細かい進化点や前モデルから変わった点について紹介していきます!

防水機能が進化

最新の『iPhone 11 Pro / 11 Pro Max / iPhone 11』はIP68等級の性能です。

ただし、iPhone 11 ProモデルとiPhone 11は同じIP68等級ですが、耐水の水深が違うので要注意です。

IP68等級は連続的に水中に置いても有害な影響がないレベルで、原則として密閉構造になっています。

今までの防水性能でも満足でしたがさらに進化した形です。

Apple公式見解
  • 11 Pro Max / 11 Pro・・・IP68等級 水深4メートルで最大30分間の耐水性能
  • iPhone 11・・・IP68等級 水深2メートルで最大30分間の耐水性能

これはかなりの性能向上ですね!!

ちなみに前モデルと比べるとProモデルが水深2m→4mに。

iPhone 11がIP67等級→IP68等級、水深1m→2mに性能アップしています。

iPhone 11全モデルで3D Touchが非対応に

LINEを既読を付けずにトークを見ることができた3D Touchですが、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 Pro、iPhone 11全てで非対応となりました。

事前の噂でも言われていましたが、やはり無くなると寂しいですね。

3D Touchを多用していた方は要チェックです!

Wi-Fi 6に対応

iPhone 11シリーズの全てのモデルで「Wi-Fi 6」に対応しました!

Wi-Fi 6は最新の通信規格で『通信速度の向上』と『省電力』がポイントです。

正式名称は「802.11ax」となっており「Wi-Fi 6」はキャンペーン的名称です。Wi-Fiの6世代であることも意味しています。

Wi-Fi名称
  • 802.11ax・・・Wi-Fi 6
  • 802.11ac・・・Wi-Fi 5
  • 802.11n・・・Wi-Fi 4

今話題の5Gと同じように人が集まるイベント会場でも、多数接続による安定性が向上されており、通信速度は従来のWi-Fi規格より2倍程速くなります。

  • Wi-Fi 6 理論理論最大速度9.6Gbps
  • Wi-Fi 5 理論理論最大速度6.9Gbps

まだまだ普及されていない「Wi-Fi 6」ですがこれから、2019年はどんどん普及されていくと思われるので、iPhone 11で対応して良かったです。

iPhone 11 Proは購入するべきか?

iPhone 11 Proが大きく進化したポイントはカメラです。

超広角レンズが追加されたことにより、今までは撮れなかった様々な画角の写真を撮ることができるようになります。

まとめるとこんな感じです!

買うべき人
  • 初めてiPhoneを買う
  • iPhone 8以前のiPhoneを使用中
  • カメラにこだわりがある
見送っても良い人
  • iPhone XRを使っている
  • iPhone XSを使っている
  • カメラに興味が無い

以上です。

決して安い買い物では無いので今使っているスマホの状態を確認して、買っても良いなと思う人は是非購入することをおすすめします!

完成度で言えば今すぐ買って良いレベルです。

iPhoneを予約する

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

iPhoneの予約はオンラインがおすすめ!

新型iPhoneを発売日に手にするには事前予約が大切です!

忘れずに予約するようにしましょう!

今回はおすすめの各キャリ公式オンラインショップでの予約のメリットとデメリットについて紹介します。

メリット
  • ショップに並ぶ必要がない
  • 在庫数が多い
  • 発売当日に自宅で受け取れる
  • 手数料無料(ドコモ)
  • 頭金不要でお得
デメリット
  • 初期設定は自分で行う
  • 料金体系を質問できない
  • ※↑サポート体制が凄いの心配の必要なし

オンライン予約のメリット

ショップで並ぶ必要がない

iPhoneの予約はソフトバンク・au・ドコモの各キャリアのショップのほか、家電量販店などの店頭でも予約できますが、予約開始以降は店頭は混雑し待ち時間も長くなります。

また例年店頭での予約開始は予約日の16時から開始なのでそもそも店頭に行くことも難しいです。

オンラインならパソコンやスマホからどこからでも予約が可能で24時間手続きができ、予約にかかる時間も15分程です。

在庫数が多くゲットしやすい

オンラインでの予約は『アップルストア』か『キャリアのオンラインストア』になるかと思いますが、それがベストです!

まずアップルストアで予約するメリットは在庫量が多いことです。またSIMフリーのiPhoneを手に入れたい場合はアップルストア一択です。

各キャリアで購入する場合もキャリアのオンラインストアは在庫数が多く、サポート受けながら予約購入することが可能です。

家電量販店のオンラインストアは、アップルストアやキャリアのオンラインストアに比べると入荷数が少なく、予約開始と同時に予約しても待たないといけない可能性が高いです。

せっかく張り切って予約しても待たされることになると辛いですよね。

iPhoneの予約は各キャリア公式オンラインショップがおすすめです!

選べる受け取り方法はこちら!

受取方法
  • 自宅受け取り
  • ショップでの受け取り

ドコモ・au・ソフトバンクともに選択方法を選ぶことができます。

発売日当日に自宅で受け取れる

オンライン予約で『自宅受取』を選択するとショップに取りに行かずに済むので行く手間が省かれるのと、ショップでの待ち時間と手続きが必要ありません。

以前はオンライン予約だと発売日当日に受け取れないこともありましたが、現在はAppleがオンライン予約を強化する方針にしたので、各キャリアのオンラインショップもオンライン申込を強化しました。

その結果iPhone6s/6s Plus以降は発売日当日の朝に自宅受け取りすることも可能となったのです。

予約のポイント

発売日に受け取るには予約するタイミングが大切です!

予約は申込順に処理されるため、予約開始時間から遅れるにつれて発売日に受け取るのが難しくなります。

オンライン予約のデメリット

オンライン予約のデメリットについても紹介します。

初期設定は自分で行う必要がある

店頭で受け取った場合は初期設定を行ってくれますが、自宅受け取りの場合は自分で行う必要があります。

最初に行う作業
  • 古いiPhoneからのデータ移行
  • SIMカードの挿入
  • 開通手続き

以前からiPhoneを使っている方は難しい作業ではありませんし、説明書を見ながら簡単に行うことができるので不安に思うことはありません。

料金体系などを質問できない

ショップであればスタッフの詳細を聞くなど対人で手続きを進めることができますが、オンラインは自分で調べて契約を行う必要があります。

わかりやすくまとめられていますが、携帯料金のプランは複雑で不安があった時に質問できないのはデメリットですね。

しかし、もしわからなければメールや電話で問い合わせることができるので、そこまで不安に思うことはありません。

また、店員さんが思ったより理解していない場合もあるのでネット関係が得意な方であればオンラインの方がいいです。

ドコモの公式オンラインショップだと事務手数料も完全無料で、他のキャリアでも頭金が必要ないなど金額的にもおすすめです!

オンライン限定のキャンペーンを行なっている事もあるので是非チェックしてみてください。

iPhoneを予約する

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

各公式オンラインショップについてはこちら
ドコモの契約・乗換・機種変はオンラインショップがおすすめ!その理由を徹底解説 auの機種変更はオンラインショップが安い!メリットとポイントを徹底解説 ソフトバンクはオンラインショップがお得?特徴・限定キャンペーンを紹介 iPhone 11とiPhone 8の違いを比較!カメラ好きは即買い替えるべき理由を紹介 どっちが良い?iPhone11とiPhoneXRを徹底比較!価格・スペックの違いを紹介 徹底比較!iPhone 11 ProとiPhone 11はどっちが良い?違いを比べてみた

1 COMMENT

名無し

毎年ではなく、2年毎の発売でいいんじゃないでしょうか。
開発者を減らし、じっくり時間をかけて、ブラッシュアップし、
バグを減らして発売した方が、信用もアップし、購買意欲も高まると思うのですが。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です