新型iPhone SEについてはこちら

メインで使えるポータブル外付けSSDおすすめ5選!速くて信頼できる人気モデルとは【Macにもおすすめ】

少し前までポータブル外付けSSDは高くて買えないと思っていましたが、最近は価格も下がっており、比較的購入しやすく価格となっています。

そうなってくると、外付けSSDの評価はうなぎ上り。一度使うと外付けHDDには戻れません。

まつりくん
外付けSSDを初めて使った時の衝撃は忘れません。

この記事ではメインで使えるおすすめのポータブル外付けSSDを紹介します。

最近のパソコンはメインストレージにSSDを使っていることが多いですが、高容量モデルは価格も高いです。

そんな時にデータ保存をメインとする外付けSSDがあればかなり便利。

バックアップ用途としても最適です。

ぜひ参考にしてください!

まつりくん
ポータブル外付けSSDは容量が少ないMacBookシリーズにもおすすめです。

外付けSSDの選び方・チェックポイント

まずは外付けSSDの選び方とチェックポイントを紹介します。

外付けHDDとの違いや選び方について詳しく紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

まつりくん
SSDは外付けHDDにはない魅力も多いです。

HDDとの違いを比較

外付けSSDを購入するにあたって外付けHDDとの違いは知っておきたいですよね。

それぞれの違いを簡単に比較します。

まつりくん
SSDはHDDより壊れやすいというイメージがありましたが実はそうではないのです!

左:外付けHDD「G-DRIVE Mobile USB-C

右:外付けSSD「SanDisk Extreme ポータブルSSD

比較項目SSDHDD
速度HDDの10倍遅い
耐衝撃ありなし
寿命5年〜数十年5年程
携帯性超コンパクトコンパクト
価格HDDの約2倍安い

比較結果をまとめるとこんな感じ。

HDDは衝撃にかなり弱いですが、SSDはモデルにもよりますが『サンディスクエクストリーム』は最大2mの耐衝撃性があります。

HDDでは考えられないほどSSDは丈夫なのです。

さらに速度は約10倍以上で、寿命もHDDより長いです。

SSDが壊れやすいイメージがあるのは初期のフリーズなどの問題があった為のようですが、開発から時間が経過した今は信頼性も高く問題なし!

実際に34GBのデータを書き込んでみましたが、上記HDDは5分掛かったのに対して、外付けSSD『サンディスクエクストリーム』は約1分で書き込みが完了しました。

今、外部ストレージを購入するなら絶対にSSDがおすすめです!

まつりくん
SSDは構造・仕組み的に壊れにくいのがポイント

選び方① SSDの容量を選ぶ

続いて選び方について紹介します。現在のSSDの主流ストレージ容量は250GB〜2TBです。

それ以上は価格も高くプロ用途の為にはおすすめできません。

各モデルの相場はこんな感じ。

  • 250GBモデル→約9,000円
  • 500GBモデル→約10,000円
  • 1TBモデル→約17,000円
  • 2TBモデル→約33,000円

自分の使い方に応じた容量を選びましょう!

Macのデータ保存用として使用するのであれば1TBモデルがおすすめです。

インターフェースはUSB3.1(Type-C)がおすすめ

SSDの大きな魅力は高速でデータの読み込み・書き込みができることです。

その為には高速なUSB規格が必要です。

ほとんどのSSDがUSB3.1に対応していますが、USB 3.1に対応しているか確認しましょう。

また高速でデータ読み込み・書き込みを行うにはSSDだけでなく、自分が使うパソコン側も規格に対応している必要があります。

まつりくん
Macで使用するならUSB-Cタイプを選びましょう

対応しているOSを要チェック

外付けHDDも同じですが、外付けSSDも対応しているOSには注意が必要です。

WindowsとMacで使用するなら「exFAT」フォーマットに対応していれば問題ありません。

購入する前に対応しているOSは必ず確認するようにしましょう。

まつりくん
SSDでは無いですがOSの違いで使えなかった経験があるので本当に要注意ですよ…

メインで使えるおすすめの外付けSSD

それではメインで使えるおすすめの外付けSSDを紹介します!

内蔵ストレージがSSDのパソコンを使っている方でも、外付けSSDであればそれに匹敵するスピードでデータの書き込み・読み込みが可能。

単純にパソコンの容量が増えたと思えるぐらい快適です。

この記事では迷わないように5つに厳選して紹介しています。

1. SanDisk Extreme ポータブルSSD

まずおすすめするのが「SanDisk Extreme ポータブルSSD」です。

安心のサンディスクのポータブルSSDでポータブルSSDの代表的な存在でもあります。

超高速な転送速度はもちろんのこと、最大2mの耐衝撃性も兼ね備えています。

USB3.1に対応し、USB-Cケーブル・従来のUSB-Aに対応するアダプターも付属。

手のひらにすっぽりとおさまる超コンパクトなボデイで持ち運びにも最適。

そして重量はたった42gしかありません。

iPhone 11 Proの重量が188gなのでたった4分の1程の重さしかありません。

ほぼ持っている気がしないというレベルの軽さです。

同じ容量の外付けHDD比べると約3分の1

ポータブルSSDのコンパクトさがよくわかります。

まつりくん
これを購入すれば間違いないと言える大満足のSSDです。
SDSSDE60-2T00-J25
速度550MB/秒
対応Windows・Mac
両対応
インターフェースUSB 3.1 Gen 2
防塵・耐水 IP55 
ラインナップ250GBモデル
500GBモデル
1TBモデル
2TBモデル

SanDisk Extreme ポータブルSSDのレビューはこちら

サンディスクポータブルSSDレビュー!おすすめ外部ストレージはこれで決まりコンパクトで超高速転送が可能

2. Samsung 外付けSSD T5

続いて紹介するのが「Samsung 外付けSSD T5」です。

サムスンのSSDはサンディスクと並ぶ有名ブランドでコストパフォーマンスが優れています。

PlayStation 4でも動作が確認済みなのでPS4で使う予定の方も安心して使えます。

サムスン公式サイト」より引用

また、サイズは名刺サイズよりも小さくかなりコンパクト。

最大2mの高さからの落下に耐える耐衝撃性もあるので持ち運ぶ時にも安心です。

ケーブルもUSB-Cと従来のUSB-A両方が付属されているので、アダプタを別途購入する必要がありません。

まつりくん
サンディスクよりもコンパクトなSSDをお探しの方はこちらがおすすめです!
Samsung 外付けSSD T5
速度540MB/秒
対応Windows・Mac
両対応
インターフェースUSB 3.1 Gen 2
防塵・耐水
ラインナップ250GBモデル
500GBモデル
1TBモデル
2TBモデル

3. SanDisk Extreme ProポータブルSSD

続いて紹介するのが「SanDisk Extreme ProポータブルSSD」です。

あれ、さっきと同じじゃんと思うかもしれませんがこちらは「SanDisk Extreme ProポータブルSSD」です。

まつりくん
Proの文字を強調していますが通常のモデルより速いのが特徴です

その速度は1050MB/秒とSanDisk Extreme ポータブルSSDの約2倍のスピードです。

HDDから考えると考えられないくらい超高速となっています。

カラーデザインも「SanDisk Extreme ポータブルSSD」よりもカッコイイですね。

サイズは一回り大きくなっており比較するとこんな感じ。

Extreme ProExtreme
110.26mm96.2mm
57.34mm49.55mm
厚み10.22mm8.85mm
保証5年3年

また、保証期間も2年長い5年となっており、信頼性も高いです。

ライター
価格は2倍程しますがとにかく速い転送速度を求める方におすすめです。
ポイント
  • 最大転送速度:1050MB/秒
  • USB Type-CとType-Aケーブル同梱
  • 高信頼の5年保証
SanDisk Extreme Pro
速度1050MB/秒
対応Windows・Mac
両対応
インターフェースUSB 3.1 Gen 2
防塵・耐水 IP55 
ラインナップ500GBモデル
1TBモデル
2TBモデル

4. BUFFALO SSD-PGMU3

BUFFALO SSD-PGMU3」は価格の安さが魅力の外付けSSDです。

転送速度は530MB/秒とこの記事で紹介した他のSSDと比べると僅かに落ちますが、これだけの速度があれば十分と言えます。

BUFFALO SSD-PGMU3Extreme
95mm96.2mm
50mm49.55mm
厚み10.9mm8.85mm
保証1年3年

一番最初に紹介した「SanDisk Extreme ポータブルSSD」とほぼ同じ大きさです。

BUFFALO公式サイト」より引用

付属品にはUSB-CケーブルとUSB-CtoAの変換アダプターが付属しています。

BUFFALO公式サイト」より引用

端子部分が壊れやすいという不安に対応するべく、コネクターへのストレスを低減する構造になっているのもポイント。

保証期間は1年と少し短いですが、BUFFALOが発売しているSSDなので安心。価格を少しでも抑えたい方におすすめです。

まつりくん
1.2mの耐衝撃性もあり、スペックは少しずつ落ちますが価格が安くなっています。
BUFFALO SSD-PGMU3
速度530MB/秒
対応Windows・Mac
両対応
インターフェースUSB 3.1 Gen 2
防塵・耐水
ラインナップ240GB
480GBモデル

960GBモデル
1.9TBモデル

5. エレコム ESD-EF1000GBK

エレコム ESD-EF1000GBK」はお馴染みのエレコムの外付けSSDです。

ストレージ容量は250GB、500GB、1TBの3種類から選ぶことが可能。名刺の約半分という超コンパクトなサイズが特徴です。

縦の長さは約6cmしかありません。

エレコム ESD-EF1000GBKExtreme
60mm96.2mm
34mm49.55mm
厚み9.5mm8.85mm
保証1年3年

他の外付けSSDと比べてもサイズが小さく、軽くてコンパクトな外付けSSDが欲しい方におすすめ。

また、USB-AとUSB-Cの2本のケーブルが付属されているので、汎用性も高く1年間の保障付きで安心です。

まつりくん
PS4も動作確認済みで使えます
ESD-EF1000GBK
速度430MB/秒
対応Windows・Mac
両対応
インターフェースUSB 3.2 Gen 2
防塵・耐水
ラインナップ250GB
500GB
1TB

おすすめ外付けSSDまとめ

AirPods ProSanDisk Extreme ポータブルSSD

この記事では「メインで使えるおすすめの外付けSSD」を紹介しました。

今までは外付けSSDは金額が高いと思い敬遠していましたが、価格はかなり下がっており何より転送速度が雲泥の差です。

寿命も外付けHDDより長く、衝撃にも強くコンパクトなので持ち運びにも最適。

価格が高いのではデメリットですが本当におすすめできます。

また、外付けSSDを使っているメーカーが少ないということもあり、本当におすすめできるのは数少ないですが、この記事で紹介したSSDは信頼性も高く性能も良いのでおすすめ。

まつりくん
僕はサンディスクが好きなので「SanDisk Extreme ポータブルSSD」を購入しました。

ぜひ参考にしてください。

以上。「メインで使えるおすすめの外付けSSDまとめ!速くて信頼できる人気モデルとは」でした。

おすすめ外付けSSDまとめ

項目転送速度耐衝撃性防水保証期間
SanDisk Extreme550MB/秒2メートルIP55等級3年
Samsung 外付けSSD T5540MB/秒2メートル3年
SanDisk Extreme Pro1050MB/秒高い衝撃性IP55等級5年
BUFFALO SSD-PGMU3550MB/秒1.2メートル1年
エレコム ESD-EF1000GBK430MB/秒耐衝撃性あり1年

ポータブルSSDのレビュー記事はこちら

サンディスクポータブルSSDレビュー!おすすめ外部ストレージはこれで決まりコンパクトで超高速転送が可能

外付けHDDおすすめはこちら

2020年最新版!人気のおすすめ外付けHDDまとめ!選び方紹介!

おすすめPC用外付けHDDはこちら

2020年最新版!おすすめ人気PC用外付けHDD紹介!!選び方や注意点も

G-DRIVEのレビューはこちら

Macに1番合うおすすめ外付けHDDはこれ!G-DRIVEレビュー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。