2018年最新版!人気のおすすめ外付けHDDまとめ!選び方紹介!

最近はメインストレージに『SSD』を搭載しているパソコンが多いです。SSDはデータの読み書きが早くパソコンの動作を早くすることができますが、大容量モデルはまだまだ高くデータ保存には不向きです。

またHDDがメインストレージのパソコンでも、空き容量が少なくなると動作がさらに遅くなるなど不便になります。

データの保存用、バックアップ用など様々な用途に使用でき、大容量モデルを手軽に買うことができる外付けHDDは本当に便利なモノです。

今回はそんな外付けHDDのおすすめと選び方を紹介します。

興味のある方はぜひチェックしてみてください!

HDDはこだわり持って選んでます!

外付けHDDの選び方

外付けHDDは用途に応じて選ぶ必要があります。

外付けHDDの目的
  • テレビに使うかパソコンに使うか
  • どんなデータを保存するか
  • 通信速度はどの程度重視するか

以上のポイントが外付けHDD選びに必要になってきます。

テレビ録画用外付けHDDのポイント

テレビ用の外付けHDD選びは『対応機種』が特に重要です!

外付けHDDは安くても数千円と決して安くはなく、買って使えなかったでは済みません。

録画用の外付けHDDを購入するときは、使用するテレビの機種を確認するようにしましょう!

高容量は使えないテレビがある

2TB以上の外付けHDDが使えないテレビ場合が多いです。逆に2TB以下の容量の外付けHDDは9割のテレビで使用することができます。

2TB以上の外付けHDDを選ぶ場合は特に対応機種に注意しましょう!

録画用とパソコンの併用は不可能です。パソコン用はパソコン用に、テレビ用はテレビ用に使うようにしましょう!
POINT
  • テレビの対応機種をチェック
  • 容量は500GBか1TBで十分

テレビ用は24時間耐久の選択肢も

しっかりと録画したいという方には『24時間耐久使用』の外付けHDDがより安心です。

録画した番組が途中で途切れていたりすると意味がないですよね。録画予約をしていると外付けHDDは動き続けています。これはかなり負担をかけるので耐久性のない製品だと短期間で壊れてしまいます。

24時間耐久使用の外付けHDDは録画専門のHDDなので録画を考えている方はこれを選ぶのが良いです!

24時間耐久仕様の外付けHDDはテレビ録画専用なので少し高くなりますが安心感を重視する方にはおすすめです。

またテレビ番組の録画はやはりブルーレイレコーダーがおすすめです!

2番組を同時で録画することもできますし、録画した番組をスマホにで見ることも可能です。価格も外付けHDDを買うお金プラス2万円ほどで購入することができ、録画も自動で簡単にできます。

多くの番組を録画する方はブルーレイレコーダーが絶対に良いです!

おすすめ記事
【2018年最新版】テレビと同じメーカー?ブルーレイレコーダーの選び方とおすすめ!

パソコン用外付けHDDのポイント

HDDのタイプで選ぶ

外付けHDDには『ポータブル』と『据え置きタイプ』の2種類があります。

据え置きタイプは外部電源を使用することで安定した動作や、容量の大きなHDDを取り扱うことができます。

以前は据え置きタイプの外付けHDDも多かったのですが最近はポータブルが主流です!

ポータブルでも4TB以上の高容量モデルもあり、転送速度も高速です。据え置きタイプは一部の特別な用途でしか使用しないので、外部電源不要で、持ち運び保管も簡単なポータブルタイプを選ぶのがおすすめです!

HDDの容量

外付けHDDは容量が大きくなるにつれて容量あたりの単価が安くなります。

パソコンのバックアップ用なら今使っているパソコンの2倍以上の容量を選ぶのがおすすめです。

またSSDを搭載しているパソコンはそもそもの容量が少ないので、バックアップ用というよりは、データ保管用だと思います。

その場合は1TB以上がおすすめです。

接続方法で選ぶ

外付けHDDには接続規格の違いがあります。現在の主要規格はこちらです。

主要規格
  • USB 2.0
  • USB 3.0
  • USB-C
  • Thunderbolt
以上が現在使われている主要な規格です。

このうち『Thunderbolt』は主にAppleのパソコン『Mac』に使用されていますが、現在の最新のMacはUSB-Cが採用されているのでこれから使う機会はどんどんなくなります。

USB-Cは最新の規格で転送速度も速く価格も小慣れてきたので、使用しているパソコンが『USB-C』を搭載しているなら『USB-C』の外付けHDDがおすすめです。

対応していない場合はUSB 2.0よりも速いUSB 3.0に対応している外付けHDDがおすすめです!

テレビ用おすすめ外付けHDD

まずはテレビ用におすすめ外付けHDDを紹介します。

テレビ用選びのポイント
  • 価格が安い
  • 信頼のできるメーカー
  • インターフェースがUSB 3.0

BUFFALO HD-AD2U3

テレビ録画とデータのバックアップ両方を想定したスタンダードモデルです。

対応テレビの種類も多く2TBの大容量にも関わらず価格が安いのでおすすめできるHDDです。

また、パソコン用に使用する場合はソフトをインストールすることにより、HDDの状態を確認することが可能です。これにより故障を予測することが可能となります。

インターフェースUSB3.1(Gen1)/USB3.0/2.0
対応テレビシャープ「アクオス」、ソニー「ブラビア」、パソニック「ビエラ」、Hisense、東芝「レグザ」、FUNAI、オリオン、三菱電機、LG Electronics、日立「Wooo」、ピクセラ、DXアンテナ、ディーオン

I-O DATA EX-HD2CZ

ベストセラーにも選ばれるI-O DATAの外付けHDDです。

据え置きタイプの外付けHDDの中では業界最小サイズで、就寝中の録画にも気にならない、背面LED設計、静音のファンレス設計となっています。

対応テレビも10メーカー、600機種以上とほぼ網羅しており、安心して使用することができます。また、テレビだけでなくパソコンのバックアップ用やPS4にも使用することが可能です。

インターフェースUSB 3.0/USB 2.0
対応テレビ東芝、ソニー、シャープ「アクオス」、シャープ「ICCPURIOS」、パナソニック「ビエラ」、LG液晶テレビ、三菱、日立「Wooo」、オリオン液晶テレビ、DXアンテナ「DXBROADTEC」、Hisense液晶テレビ

パソコンにおすすめ外付けHDD

次にパソコン用におすすめ外付けHDDを紹介します。

パソコン用の外付けHDDは移動も楽で、パソコンに繋ぐだけで良いポータブルタイプがおすすめです。

また消えると困るデータを扱うことが多い為信頼性も大切です。

パソコン用選びのポイント
  • ポータブルタイプがおすすめ
  • 容量は1TBか2TBがおすすめ

HDDは消耗品です!

いつ壊れてもおかしくはないので常に2つ以上はバックアップを取るようにしましょう!

G-Technology G-DRIVE mobile 1TB

created by Rinker
G-Tech
¥9,499 (2018/11/18 21:13:20時点 Amazon調べ-詳細)
ポイント
  • スタイリッシュなアルミケース
  • USB 3.0
  • USBバスパワー
  • 保証期間:3年
  • G-Technologyブランド
  • Mac用にフォーマット(Time Machine対応)
  • 容量:1TB/2TB/4TB
クリエイターの為の高品質HDD。

G-TechnologyはWestern DigitalのHDDブランドで、クリエイター向けの高品質なプロフェッショナルドライブです。もちろん搭載されているHDDも高信頼なWD製です。

価格は少し割高ではありますが、美しいアルミ製デザインとプロ用HDDとしてのブランドを感じることができ、持っているだけで嬉しいHDDです。スタイリッシュなMacとの相性も抜群で、Macを使用している方には特におすすめです。

私はコレを使用しています!レビュー記事はこちら
Macに1番合うオススメ外付けHDDはこれ!G-DRIVEレビュー

WD HDD My Passport for Mac 2TB

ポイント
  • オシャレなデザイン
  • USB 3.0
  • USBバスパワー
  • Mac用(Time Machine対応)
  • 保証期間:3年
  • Windows用はこちら
  • 容量:1TB/2TB/3TB/4TB
こちらに掲載の商品はMac用です。同じデザインのWindows用もありますので、Windowsをお使いの方はこちらをご覧ください。

Windows用はこちら

こちらもWD製の耐久性・耐振性・長期的な信頼性に優れた、厳しい要件に対応するドライブです。オシャレなデザインだけでなくコンパクトで持ち運びにも便利です。

デザインがオシャレでスタイリッシュなノートパソコンによく合います。こちらのHDDもコスパが良く非常におすすめです。

I-O DATA HDD ポータブルハードディスク

created by Rinker
アイ・オー・データ
¥6,780 (2018/11/18 21:13:21時点 Amazon調べ-詳細)
ポイント
  • 手のひらサイズで大容量
  • インターフェース:USB 3.0/USB 2.0
  • USBバスパワー
  • 保証期間:1年
  • Mac/Windows両対応
  • 容量:1TB/2TB/3TB/4TB/5TB
おなじみのベーシックモデル

パソコンの周辺機器で有名な『I-O DATA』の外付けHDDです。コンパクトで手のひらサイズなのが特徴で、価格も1TBで約7,000円とリーズナブルなので初めての方にもおすすめです。

Transcend 2.5インチポータブルHDD 1TB

ポイント
  • 手のひらサイズで大容量
  • インターフェース:USB 3.1 Gen 1 / USB 3.0 (USB 2.0にも対応)
  • USBバスパワー
  • 耐衝撃モデル
  • 保証期間:3年
  • Mac/Windows両対応
  • Macの場合再フォーマット必要
  • 容量:1TB/2TB

Amazonや楽天で大人気の外付けHDDがこちらです。安くてオシャレなデザインが人気の理由でしょう。

米軍の落下試験規格に相当する耐衝撃性を実現した3層構造の衝撃保護システムを搭載しており、デリケートなHDDですが安心して持ち運べます。

人気の外付けHDDが欲しい方におすすめです!

東芝 CANVIO BASICS ポータブルHDD 1TB

ポイント
  • 手のひらサイズで大容量
  • インターフェース:USB 3.0/USB 2.0
  • USBバスパワー
  • Mac/Windows両対応
  • 容量:1TB

HDDの三大メーカーである東芝の外付けHDDです。

ベーシックな基本性能でデザインもシンプルです。特別な特徴はありませんが東芝製の安心感とリーズナブルな価格設定なので万人受けします。

無難な外付けHDDが欲しい方におすすめです

また、USBハードディスク録画機能搭載の東芝製液晶テレビ「レグザ」シリーズと接続して、ハイビジョン放送を高画質・長時間録画することも可能です。他のAV機器も展開している東芝ならではの強みですね。

BUFFALO ミニステーション ポータブルHDD 2TB

ポイント
  • 手のひらサイズで大容量
  • インターフェース:USB3.1(Gen1)/USB3.0/2.0
  • USBバスパワー
  • Mac/Windows両対応
  • 容量:1TB/2TB

シンプルでコンパクトなデザインが特徴的な外付けHDDです。

バッファーローの「みまもり合図」に対応しているので専用ソフトをインストールすることでHDDの健康チェックを行うことができ故障の予測が可能となります。

価格も手頃なので安心して選ぶことができます。

まとめ

人気でおすすめの外付けHDDを紹介しました。

テレビ用で使用する場合はそこまで意識する必要はありませんが、大切な家族の写真などを外付けHDDに保存しようと考えている方は、HDDは壊れやすいモノということをしっかり意識してください。

HDDの寿命は5年と言われています。

使用状態にもよりますが2〜3年で壊れることも珍しくはありません。データ復旧サービスもありますが完全に復旧できない場合もあり、復旧ができたとしても10万円以上の費用がかかります。

大切なデータほどこまめなバックアップが大切で、全く同じデータが入った外付けHDDを2台持つのが丁度良いくらいだと思います。

外付けHDDは数年前と比べ大容量でも価格が手頃になっているので、この機会にぜひ購入を検討してみてください。

以上。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です