iPhone 11登場!新型iPhoneについてはこちら

パナソニック目元エステEH-SW67レビュー!ホットスチームで目をリフレッシュ!使ってみた感想・口コミを紹介

僕は仕事も趣味もスマホやパソコンを使うことが多く、とにかく目が疲れます。

ライター
なんとか目をリフレッシュさせたい…

目の疲れを取るまではいかなくても、少しでも目をリフレッシュできれば良いのにと思い、気になったのがパナソニックの目元エステ「EH-SW67」です。

この記事ではパナソニック目元エステ「EH-SW67」を実際に使った感想・口コミ・効果等を紹介していきます!

興味のある方は是非参考にしてください。

パナソニック目元エステEH-SW67の外観レビュー

それでは早速外観から紹介していきます!

まずパッケージはこのようになっており、日本製というのが強調されています。

裏面はこんな感じ。簡単な説明と対応したアロマタブレットについてデザインされています。

家電量販店で購入する場合は、購入するまでパッケージを見ることがないと思うので是非参考にしてください。

また、パナソニックの目元エステはモデルの違いがあるので、購入する際はよく確認するようにしましょう!

パナソニック目元エステの比較はこちら

パナソニック目元エステ比較!おすすめはモデルはどれ?それぞれの違いを紹介【目元マッサージャー】

パッケージから取り出すとこんな感じ。

日本製品らしい取扱説明書と、特に大切な事が書かれた紙が同封されていました。

注意

充電しながらの使用はできないので注意が必要

購入前から気になっていたポイントですが、充電しながら使用することはできません。

MEMO
  • 充電時間:約1時間
  • 1回のフル充電で約2回(1回約12分)使用可能

1回のフル充電で2回使用することができるので、問題はありませが、欲を言えば使用可能回数が3回、もしくは充電しながら使用できると良かったです。

付属はこのようになっています。

付属品
  • 本体
  • 給水プレート
  • ACアダプター
  • バンド

EH-SW67」は本体に小型ファンを搭載しているのが特徴。

小型ファンを搭載することによって目元に直接届くスチーム量が約2倍となっています。

ライター
実際に使ってみた感想ですが、スチームが目元にたっぷり届くので暖かく小型ファンの効果は大きいと感じました。

給水プレートを取り付けるとこんな感じ。

給水プレートは力を入れなくても簡単に取り付け、取り外しが可能です。

バンドはこのようにフックにかけるだけなので、簡単に取り付けることができます。

横になった状態で使用する場合はバンドは必要ありません。

裏面にはアロマホルダーと充電用のソケットがあります。

アロマタブレットを装着

別売りのアロマタブレットを購入することで、匂いによるリラックスを楽しむことが可能。

アロマタブレットをホルダーに差し込むだけなのですぐに利用できます。

MEMO

アロマタブレットの効果

  • スチーマー:約15回分(12分使用時)
  • 目もとエステ:約30回分

充電はコードが細く、ACアダプターもコンパクトなので場所は取りません。

充電中はお知らせランプが赤く点灯。

充電が完了すると消灯します。

ボタンは2つのみとかなりシンプルです。

電源/温度スイッチは押すごとに「低:約38℃」→「中:約40℃」→「高:約42℃」→「OFF」となります。

リズムはスイッチを押すごとに「リフレッシュ」→「リラックス」→「クイック」→「OFF」とモードを切り替えることが可能。

MEMO

各モードの特徴

  • リフレッシュ→頑張った目元に!(コース時間12分)
  • リラックス→寝る前に(コース時間12分)
  • クイック→休憩(コース時間6分)

EH-SW67」はシンプルな外観で操作方法・充電方法も簡単です。

誰でも簡単に使えるのでプレゼントにも最適!

パナソニック目元エステEH-SW67を使った感想

目元エステ「EH-SW67」を実際に使った感想を紹介します。

すぐに使えて使い方が簡単

使い方
  1. 給水プレートを水道水でぬらして本体にセット
  2. 電源/温度スイッチを押し、温度を選択
  3. リズムスイッチを押し、お好みのリズムを選択
  4. 本体を装着する
使い方が簡単で、給水プレートもさっと濡らすだけで良いので、使用するまでに時間が掛かりません。

家電製品でよくあるのが、「準備が面倒で使わなくなった」ということがありますが、目元エステはすぐに準備できて、すぐに使えるのでタンスの肥やしになる心配はありません。

使えば使うほどよく感じる

最初使った時はちょっと温度も物足りなく、リズムタッチもスマホのバイブレーションレベルで、特に気持ちいいと感じませんでした。

しかし、数日使っていると目の暖かさもしっかり感じるようになり、弱いと感じたリズムタッチも心地よく、気付いたら付けたまま寝ていました。

最初は違和感があるのかもしれませんが、慣れるとかなり心地よく感じます。

過度に期待はしない方がいいですが、目をリフレッシュするには最適です!

給水プレートは少し多めに濡らすの良い

給水プレートは写真のように満遍なく濡らすようになっています。

写真では少しわかりにくいですが、穴に水の膜ができる感じです。

実際に使った感想ですが、水は滴り落ちない程度にたっぷり濡らすのが良いです。

最初は遠慮してあまり濡らさなかったのですが、スチームの効果が弱く暖かさをあまり感じませんでした。

給水プレートしっかり濡らすようになってからは、暖かさも、しっとり感もかなり感じます。

少し弱いなと思ったら給水プレートをもう少し濡らしてみてください。

目の疲れは取れる

本当に目の疲れが取れているのかはわかりませんが、目元エステでリフレッシュした後は目がすっきりします。

仕事柄パソコンを使うことが多く、1日パソコンを使った後は目が重たいです。

そんな時に目元エステを使うと「目が軽くなったな」と思うぐらいには回復します。

コースは12分間あるので強制的に12分間、目を休ませることができるのも良いのかもしれません。

音はうるさい

パナソニック目元エステのデメリットですが、動作が音がうるさいです。

特に小型ファンが一定間隔で起動するのでかなり耳障りに感じます。

人によって音は気にならないかもしれませんが、音に敏感な人は注意が必要です。

ライター
音が気になる場合はノイズキャセリング対応のイヤホンがおすすめ

ノイズキャセリング対応のイヤホンであれば、目元エステの動作音もカットしてくれるのでかなり快適です。

実際にAirPods Proを付けて目元エステを使ってみたところ効果はかなりありました。

音を気にせずリラックスして使いたい方はイヤホンの使用をおすすめします。

AirPods Proレビュー記事はこちら

目元エステは最新モデルがおすすめ

パナソニックの目元エステはこれまでにも数種類のモデルが発売されていますが、購入する場合は最新モデルがおすすめです。

ポイント
  • 約42度の高温モード搭載
  • 小型ファン搭載

ポイントは以上の2つで約42度の高温モードは絶対に必要です。

というのも、目元エステには蒸しタオルを目に当てる気持ち良さを期待すると思うのですが、高温モード以外では温度が少し低く満足感がありません。

約42度の高温モードを搭載しているのは2019年11月時点で最新モデルの「EH-SW67」のみ!

価格は4,000円ほど高くなりますが、毎日使える物なので約42度の高温モードを搭載している「EH-SW67」がおすすめです!

アロマタブレットはあると嬉しい

アロマタブレットは別売りですが、目をマッサージしながら匂いによるリフレッシュも可能。

無くても問題はないですが、あるとさらに癒されます。

匂いは個人の好き嫌いがあると思いますが、ラベンダーが失敗がないのかなと思います。

左:香り弱、右:香り強

セットする向きによって香りの強さを変えることができるので、試しに一つ買ってみるのもおすすめです。

アロマタブレットは1箱4個入りで、使用しない時は保管袋に入れて保管します。

匂いの使用期限の目安は以下の通りです。

MEMO

アロマタブレットの効果

  • スチーマー:約15回分(12分使用時)
  • 目もとエステ:約30回分

まとめ

この記事では「パナソニック目元エステEH-SW67」について紹介しました。

スマホやパソコンなど現代人は目を使うことがとにかく多いです。

また、スマホや映画、ゲーム、テレビなど目を使う趣味も多いですよね。

目元エステを使うことで、目をリフレッシュすることができ、温まってくるのが気持ちいのでかなり癒されます。

蒸気でホットアイマスク」を毎日使うと勿体無い気がしてきますが、「目元エステEH-SW67」なら一度購入すると毎日目をリフレッシュできます。

癒し効果が高いのでぜひチェックしてみてください。

以上。「パナソニック目元エステEH-SW67レビュー!ホットスチームで目をリフレッシュ!使ってみた感想・口コミを紹介」でした。

パナソニック目元エステの比較はこちら

パナソニック目元エステ比較!おすすめはモデルはどれ?それぞれの違いを紹介【目元マッサージャー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です