iPhone 11登場!新型iPhoneについてはこちら

人気スマホのカメラ性能を比較!おすすめランキングと選び方

スマホのCPU性能は年々進化していますが、少し前と比べその成長は飽和しつつあります。

今は少し前の世代のスマホでも十分処理速度が速く、重たいアプリを使用した時の動作や、スマホアプリのゲームもサクサク動きますよね。

そんな訳で最近はスマホの買い替え頻度を伸ばす方が多いのですが、CPU性能とは違いどんどん伸びているスマホ機能があります。

それがスマホのカメラ性能です!

スマホのカメラ性能は毎年大幅な進化を遂げており、今や一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラに匹敵すると言っても過言ではありません。

私自身は実際に撮影依頼を受けることもある言わばセミプロのカメラマンで、普段から一眼レフカメラを持ち歩くことが多いのですが、最近はプライベート撮影はスマホに頼ることも多いです。

カメラ好きですらスマホカメラの実力を認めるほど進化しているのです。

この記事ではカメラ性能が高いオススメのスマホを紹介します。スマホにカメラ機能を求める方はぜひ参考にしてください。

スマホのカメラ性能選び方

カメラ性能が高いスマホかどうか、どうすればわかるのかわかりませんよね。

カメラ性能の高いスマホの選び方を紹介します。

画素数をチェック

よく勘違いされているのですが画素数=画質ではありません。

しかし画素数が高いほどキメ細やかな写真になり、拡大した時や大きなポスターを印刷する時に綺麗になります。

冒頭でも少し紹介しましたが、最近のスマホカメラは一眼レフカメラに匹敵すると言っても過言ではありません。

スマホは本当の意味でのカメラの代わりになります。その為、スマホで撮影した写真を現像することや、スマホ以外の大画面で見る事も考えてある程度の画素数はあったほうが良いです。

どれくらいの画素数が必要?

A3用紙に綺麗に印刷する為に必要な画素数は1,000万画素です。

画素数が増えると画像一つあたりのデータ量も増えるので、1,000万画素あれば十分です。

主要スマホの画素数をチェック

機種インカメラ画素数アウトカメラ画素数
iPhone X700万1200万
iPhone XS/XS Max700万 1200万
iPhone XR700万1200万
iPhone 8700万1200万
Google Pixel3800万1220万
Google Pixel 3a
800万
1220万
HUAWEI P20 Pro2400万4000万
Galaxy Note9800万1220万
Galaxy S9+800万1220万
AQUOS R21630万2620万
Xperia XZ31320万1920万
Xperia XZ2 Premium1320万1920万
Xperia XZ2500万1920万

デジカメや一眼カメラに興味がある人は1200万画素では少ないと感じると思いますが十分です。

理由はA3用紙より大きく現像することはほぼないと思うからです。

どうしても画素数が欲しいということなら、画素数が飛び抜けている機種もあるのでそちらがおすすめです。国内での主要スマホの中ではiPhoneが最も画素数が少ないです。

ライター
画素数は同じ画面サイズだと差を感じません。1200万画素あれば十分と言えます。

F値をチェック

普段カメラに馴染みが少ない人はわかりにくいかもしれませんが、F値とはレンズの絞り値のことで、レンズに記載されているF値はそのレンズの最小F値。つまり明るさを現しています。

F値が小さい程こうなる

レンズのF値が小さい程以下の特徴があります。

  • 暗い場所での撮影が綺麗になる
  • 背景がボケやすくなる

なぜF値が小さいと夜景が綺麗になるかと言うと、カメラはある写真を撮る際にあ一定以上の光の量が必要です。

しかし夜だと光の量が少なく、満足な光量を取ることができません。足りない分の光は電子的に無理やり増幅します。その結果ザラザラとしたノイズ混じりの画像になってしまうわけです。

F値が小さいほど光を取り込むことができる穴が大きく、多くの光を取り込める為暗い室内や夜景の写真が綺麗になります。

室内や夜に写真を撮る機会は多いと思うのでF値が小さいスマホを選択するのが良いです。

主要スマホのF値をチェック

機種インカメラF値アウトカメラF値
(レンズが2枚以上あるカメラについて広角側レンズを記載)
iPhone XF2.2F1.8
iPhone XS/XS MaxF2.2F1.8
iPhone XRF2.2F1.8
iPhone 8F2.2F1.8
Google Pixel3F1.8F1.8
Google Pixel 3a
F2.0
F1.8
HUAWEI P20 ProF2.0F1.8
Galaxy Note9F1.7F1.5
Galaxy S9+F1.7F1.5
AQUOS R2F2.0F1.9
Xperia XZ3F1.9F2.0
Xperia XZ2 PremiumF2.0F1.6
Xperia XZ2F2.2F2.0

F値に関してはギャラクシーシリーズが群を抜いていますね!CMでカメラをアピールしているだけのことはあります。

どれくらい夜景で綺麗に撮れるのかを比較した写真はこちらです!

iPhone XS Maxで撮影

EOS 6D Mark Ⅱで撮影

上の2枚は『iPhone XS Max』と『EOS 6D Mark Ⅱ』という一眼レフカメラで撮影した写真です。

大きな差は感じないのではないでしょうか。

このように最近のスマホが夜でも綺麗な写真が撮れるのはF値が小さい明るいレンズを搭載しているからなのです。

ズーム性能をチェック

最近のスマホカメラのトレンドとなっているのが複数のレンズを搭載したカメラです。

ズーム性能については『ズーム倍率』と」『ズーム方式』がポイントになります。

ズーム方式の違い

・デジタルズーム

画像を引き伸ばすのでズームすればする程画質が劣化する

・光学ズーム

レンズの倍率が変わることでズームできるのでズームしても画質が劣化しない

ズーム方式の違いは以上のようになっています。

デジタルカメラはレンズが動くことにより焦点距離を変えて光学ズームをしているのですが、カメラの大きさに制限のあるスマホではデジタルカメラのようなレンズを搭載することができません。

その為、焦点距離の違うレンズを2枚搭載しカメラを切り替える事で光学ズームを実現しています。

主要スマホのズーム性能をチェック

機種ズーム性能
iPhone X光学2倍・デジタル10倍
iPhone XS/XS Max光学2倍・デジタル10倍
iPhone XRデジタル5倍
iPhone 8デジタル5倍
Google Pixel3不明(Super Rez Zoom)
Google Pixel 3a
不明(Super Rez Zoom)
HUAWEI P20 Pro光学3倍・ハイブリッド5倍・デジタル10倍
Galaxy Note9光学2倍・デジタル10倍
Galaxy S9+光学2倍・デジタル10倍
AQUOS R2デジタル8倍
Xperia XZ3デジタル8倍
Xperia XZ2 Premiumデジタル8倍
Xperia XZ2デジタル8倍

Google Pixel3は『Super Rez Zoom』というズーム時の高解像度化機能を搭載しています。

この為望遠用のレンズを搭載していないにも関わらず、光学ズームが可能なiPhone Xなどに匹敵するほど、ズーム時の画質が良いです。

このように光学性能ではなく、デジタル加工により高画質に仕上げるのも最近のスマホカメラが綺麗な写真を撮れる理由の一つです。

ライター
スマホで光学ズームができると写真の幅がかなり広がるのでiPhone XSのようなデュアルレンズを搭載したスマホがおすすめです。

手ブレ補正機能をチェック

手ブレ補正は特に動画撮影時に効果を発揮します。

最近はスマホでも4K動画を撮影することができ、ビデオカメラより綺麗に撮れることも珍しくありません。

スマホの容量も大きくなってきているので、スマホをビデオカメラ代わりに使用することも十分可能です。

その為ビデオカメラに欠かせない手ブレ補正機能はぜひチェックしたいポイントの一つです。

手ブレ補正方式の違い

・電子式手ブレ補正

電子式手ブレ補正はカメラ本体が画像処理を行う段階でブレを修正する方法で、手ブレしていないように処理しているだけで実際には手ブレはしています。

その為、電子式手ブレ補正を強くすればするほど画質は劣化していくので注意が必要です。

デジタルズーム同様に使う程画質が劣化するというのがポイントです。

 

・光学式手ブレ補正

光学式手ブレ補正はセンサーやレンズが実際に動いてデジタル化する前に補正します。

センサーに映像が届く時にはすでにブレが解消されているので、画質劣化がなく綺麗な映像を保存することができます。

主要スマホの手ブレ補正機能をチェック

機種手ブレ補正機能
iPhone X光学式
iPhone XS/XS Max光学式
iPhone XR光学式
iPhone 8光学式
Google Pixel3光学式
Google Pixel 3a
光学式
HUAWEI P20 Pro光学式
Galaxy Note9光学式
Galaxy S9+光学式
AQUOS R2静止画:光学式・動画:電子式
Xperia XZ3電子式
Xperia XZ2 Premium電子式
Xperia XZ2電子式

動画性能を重視したい方は光学式手ブレ補正を搭載したスマホを選ぶようにしましょう!

ライター
SONYはデジタルカメラで空間光学式手ブレ補正という素晴らしい機能があるのですが、スマホは電子式の手ブレ補正です。
スマホは海外メーカーが躍進しているので国内メーカーであるSONY Xperiaには頑張って欲しいところですね。

最近のスマホカメラはなんで優れているの?

選び方についてはなんとなく分かって頂けましたでしょうか?

次に紹介するのは『最近のカメラは何故一眼レフカメラに匹敵するほど綺麗な写真が撮れるのか』ということです。

単純に考えてもあんなに大きな一眼レフカメラと同じような綺麗な写真が撮れるのはおかしいですよね!

本来であればカメラ単体の性能で関してはスマホカメラが勝てるはずがないのです。

一眼カメラとスマホのカメラではまずセンサーの大きさが違います。センサーはカメラの心臓部分にあたる非常に大切な部品です。

ざっと例えるとこんな感じです。スマホに搭載されているセンサーサイズと一眼カメラに搭載されているセンサーサイズは大きく違いますよね。

センサーサイズは小さい画用紙と大きい画用紙に同じ絵を書くイメージするとわかりやすいです。

大きい画用紙に書いた絵の方が細部まで綺麗に写すことが可能です。

一眼カメラとスマホはこれだけセンサーサイズが違うので当然画質にも差がでるはずです。それでもスマホカメラが綺麗に撮れるポイントは主に2つあります。

センサー技術が進歩している

スマホカメラのセンサーは年々高性能化しています。小さくても優れているセンサーが開発されているのです!

その為少し前のスマホと比べるとかなり綺麗な写真が撮れるようになっているのです。

以前は年々処理性能が向上して頻繁に変えていたと思いますが、最近はちょっと型落ちになったスマホでもサクサク動作するので買い替えなくても十分ですよね。

CPU性能については頭打ちになってきており、1世代変わっても大きく変わることはありません。

しかし、カメラセンサーは年々向上しているのでカメラにこだわりを持っている方はまだまだスマホを買い換えた方が恩恵が大きいのです。

人工知能を駆使して高画質に加工する

今のスマホはただ写真を撮っているだけではないのです。

持ち前の高性能CPUを使って人が綺麗だと感じるように自動的に調整しています。

プロカメラマンが撮った写真が綺麗なのは一眼レフカメラで状況を整えて撮影した後に、パソコンでレタッチ作業を行なって仕上げています。その結果高画質と思える写真になるのですが、最近のスマホはその工程を自動で瞬時に行います。

スマホカメラが何もしていないのに綺麗な写真に仕上がるのはこのようなソフトウェア面が優れているからなのです。

ライター
スマホカメラは小さく光学的に不利な部分をソフトウェアで補っているのです。その結果一眼カメラに匹敵する高画質な写真を撮ることができます。

カメラで選ぶおすすめスマホ

それではカメラ好きでセミプロでもある私がカメラ性能で選ぶスマホを紹介します。

オススメのスマホを紹介し、その中でも上位3機種についてはランキング形式で紹介します。

ぜひ参考にしてください!

iPhone XR

iPhone XRはカメラ機能がおすすめスマホです。

iPhone Xsと同じCPU『A12 Bionic』を搭載しているにも関わらず64GBモデルで84,800円とiPhone Xsの64GBモデルと比べ28,000円も安いのが大きな特徴です。

モデルiPhone XS /XS MaxiPhone XR
画素数1200万画素1200万画素
広角レンズF1.8F1.8
望遠レンズF2.4
光学ズーム2倍
デジタルズーム最大10倍最大5倍
手ブレ補正デュアル光学式光学式

iPhone XSとは違いデュアルレンズではなく、望遠レンズを搭載していない為光学ズームができません。

カメラ機能を重視する方にとって光学ズームができない事は大きな致命的なポイントですが、iPhone XRは『スマートHDR』などの先端機能を搭載しているのがおすすめの理由です。

HDR撮影は露光が異なる複数の写真を撮影して合成することにより、より綺麗な写真に仕上げる機能なのですが、スマートHDRはiPhone Xにも搭載されていない機能でA12のCPU性能アップによってかなり綺麗な写真を撮れるようになっています。

先ほど紹介したCPUを使って高画質な写真に仕上げる機能がこれです!

上の写真は左が『iPhone 6 plus』で右が『iPhone XS Max』で撮影した写真です。

カメラは明暗差があるシーンの撮影が苦手で、この場合だと太陽によって明るすぎる空に、その影によって暗くなっている部分がある状態なので、普通に撮影すると空が真っ白になるか、影の部分が真っ暗になってしまいます。

iPhone XRに搭載している『スマートHDR』はHDR撮影が強化され、明るい場所も暗い場所もより自然に見たままの景色を写真に残すことができるのです。

POINT
  • 光学ズームはできないがスマートHDRは使用可能
  • 光学手ブレ補正機能搭載
  • 背景ボケができるポートレートモード搭載
  • 価格が安くコスパが良い
iPhoneXRがおすすめ?iPhone XSとの違いとどちらがおすすめか!? 一眼レフカメラに勝てる!?iPhone XS/XS Maxカメラ性能比較

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

Galaxy S9+

スマホ史上最小のF1.5が特徴

Galaxy S9+はiPhoneのライバル的存在であり、カメラ性能ではiPhoneを上回るスペックです。

CMもカメラ機能をアピールする内容となっており『スーパースローモーション』などの楽しい機能も搭載しています。

モデルGalaxy S9+
画素数1220万画素
広角レンズF1.5
望遠レンズF2.4
光学ズーム2倍
デジタルズーム最大10倍
手ブレ補正デュアル光学式

Galaxy S9+はとにかく夜景撮影に強いことが特徴です。

主要スマホの中でもF値が小さく、F値が小さいと光を取り込める量が多くなり、暗い場所で綺麗に高鮮明な写真を撮影でき、背景がボケやすくなります。

Galaxy S9+はスマホ史上最小のF1.5のレンズで暗い場所も明るく鮮明写真撮れる一方で、1.5⇄2.4の自動切替により明るい場所ではF値2.4によるシャープで鮮明な写真を撮影することができるのです!

F値が小さすぎるとボケすぎて鮮明さに欠けるという欠点をうまく克服しているのが素晴らしいですね。

これもソフトフェア面で上手く解決している事の一つです。

暗い場所での撮影を重視する人と、Android OSが良いという方におすすめです!

購入と料金チェックは公式オンラインショップが待ち時間がなく、安いのでおすすめです!

ドコモの契約・乗換・機種変はオンラインショップがおすすめ!その理由を徹底解説

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

HUAWEI P20 Pro

カメラ界のハイブランド『Leica』のトリプルレンズ搭載で画素数4,000万の最高峰スマホカメラ

HUAWEI P20 Proはカメラ好きにはおなじみのハイブランド『Leica』のレンズを搭載している凄いカメラです。

『Leica(ライカ)』の事を知らないと「なにすごいの?」という感じですが、わかりやすく言うとカメラ界のフェラーリです。

HUAWEI P20 Proにはそんなすごいブランドのレンズが搭載されているのです。

モデルHUAWEI P20 Pro
画素数4000万画素
アウトカメラ
(広角レンズ)
F1.8
インカメラF2.0
光学ズーム3倍
デジタルズーム最大10倍
手ブレ補正光学式

スペックに関しても他主要スマホの中でも飛び抜けています。

特に画素数は仰天の4,000万画素で一眼レフやミラーレス一眼もビックリのスペックです。

そしてLeicaのズーム専用レンズにより、画像荒れを抑えた5倍のハイブリッドズームが可能です。光学ズームも3倍とかなり凄いのですが、画質劣化を最小に抑えたハイブリッドズームにより5倍の望遠を実現しているので驚きです。

光学5倍というとデジタルカメラにも匹敵する倍率でスマホカメラの弱点である望遠撮影を完全に克服しています。

更に白トビ(明暗差により明るい場所が白く光って見えない事)が起こりやすい夜景も、AIにより光バランスを調整し見たままの綺麗な写真を撮ることができます。

スペックやレンズだけでなく、ソフトウェア面も強いので他のスマホが見劣りしてしまいます。

ドコモ公式オンラインショップからの購入なら機種変更での実質負担金が10,368円と格安なのも驚きです。

最近何かと話題ですが良いスマホには変わりありません。カメラが好きな人ほどレンズにこだわるのでLeicaレンズを搭載しているというのが頭から離れないですね。

オンラインショップでお得に購入

※オンラインショップへのリンクです

Google Pixel 3

AIをフル活用した未来のカメラ

Google Pixel 3はカメラを重視するスマホとしてスタンダードになりつつあるデュアルレンズを搭載していませんが、GoogleらしいAIを活用したカメラでデュアルレンズに匹敵する画質の写真を撮ることができます。

モデルGoogle Pixel 3
画素数1220万画素
広角レンズF1.8
望遠レンズ
光学ズーム
デジタルズームSuper Rez Zoom
手ブレ補正光学式

iPhone Xsより新たに搭載した『スマートHDR』などスマホカメラがここまで躍進しているのは、ソフトウェア面で高画質を作り出している為です。

そしてGoogleといえば様々なAI技術を開発していることでも有名です。

そんなGoogleがAI技術をカメラにフル活用しているのが『Google Pixel 3』です。

POINT
  • カメラをかざすだけで簡単に検索できるGoogle Lens搭載
  • Super Rez Zoomというズーム時に高解像度化できる機能搭載
  • 暗いところを自動的に明るくするNight Sight機能搭載
  • 笑顔になった時に自動的にシャッターを切るPhoto Booth搭載

このようにソフトウェア面を活用したカメラ機能を多く搭載しています。

暗い場所での撮影でのノイズや、デジタルズームによる画像の粗さは全てソフト面で解決するというGoogleらしい性能です。

カメラは光を扱う光学製品なのでどうしても大きさが必要な為、スマホのような小さいサイズで高画質化する為にはソフト面も重要なポイントとなります。

Google Pixel 3はGoogleの強みであるソフト面の強さを上手く機能化した先端のカメラです。

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

Google Pixel 3a

廉価版なのに有機ELと上位機種と変わらないカメラを搭載した安くて良いカメラ

Google Pixel 3aは先ほど紹介したGoogle Pixel 3の廉価版にあたる機種です。端末価格はドコモだと46,656円、ソフトバンクだと57,120円、SIMフリー端末が買えるGoogleストアだと48,600円で購入できます。

他のスマホと比較してもかなり安く買えるスマホですが有機ELディスプレイを搭載し、上位モデルと同じカメラを搭載しているのでGoogleらしいAIを活用したカメラで高画質の写真を撮影できます。

モデルGoogle Pixel 3a
画素数1220万画素
広角レンズF1.8
望遠レンズ
光学ズーム
デジタルズームSuper Rez Zoom
手ブレ補正光学式

Google Pixel 3と同様に光学式手ぶれ補正+AIカメラで夜景も綺麗に撮影することができ、望遠側のレンズがないシングルカメラですが、ポートレートも綺麗で髪の毛まで認識します。

デジタルズームも超解像技術によって光学ズームが可能な『iPhone XS』と比較しても遜色なく、Googleのソフト面の強さがわかります。

ポイントをまとめると

POINT
  • 廉価版なのに上位モデルと変わらないカメラ性能
  • 価格が安いのに有機EL搭載
  • GoogleのAIカメラを楽しめる

などなど、価格が安くてカメラ性能が良いスマホをお探しの方におすすめのスマホです。

iPhoneの代わりになる?コスパ抜群スマホGoogle Pixel 3aを徹底比較【iPhoneXR/GooglePixel3a】 コスパ最強のGoogle Pixel 3aはどこが安い?お得に購入する方法紹介

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

iPhone XS

iPhone XSはスマホとしてもカメラとしても最強です。

カメラで選んでも間違いなく1番だと断言できます。(2019年1月時点)

モデルiPhone XSiPhone XS Max
画素数1200万画素1200万画素
広角レンズF1.8F1.8
望遠レンズF2.4F2.4
光学ズーム2倍2倍
デジタルズーム最大10倍最大10倍
手ブレ補正デュアル光学式デュアル光学式

iPhone XSとXS Maxの違いはサイズと価格の違いだけなので自分に適するサイズを選んでください。

サイズで迷う方必見!iPhone Plus・Maxシリーズは不便な程大きいのか?

iPhoneはシンプルで使いやすいが性能が素晴らしいというのが特徴です。

iOSでもわかるように本当にシンプルなのですが、必要なことは全てできるというスマートさが他のスマホにはない大きな特徴です。

カメラもその考えをしっかりと受け継いでおり、夜でも明暗差があるシーンでも、遠い場所でも何を撮っても綺麗に撮影することができます。

更に動画は撮った後に適切に処理され手ブレのない滑らかで高解像度の映像に仕上がります。

そしてカメラ機能だけでなく、マイクも素晴らしく、重低音もしっかりと音を拾っており、ビデオカメラよりも良い音質で録画することができます。

POINT
  • 明暗差も綺麗に撮れるスマートHDR搭載
  • デュアルレンズにより光学2倍のズームが可能
  • ポートレートモードで自然な背景ボケが可能
  • ボケ量を後から調整することも可能

一眼レフカメラと比較した写真も数枚紹介します。

左が『iPhone XS Max』、右が『一眼レフカメラ』で撮影した写真です。

1枚目はボケ量、2枚目は暗いシーン、3枚目は明暗差を重点に比較していただきたいのですが、コンパクトなスマホでここまで撮れればもう十分ではないでしょうか?

スマホとしての完成度、カメラとしの完成度共に満点なのが『iPhone XS/XS Max』です。

iPhoneカメラについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

一眼レフカメラに勝てる!?iPhone XS/XS Maxカメラ性能比較

iPhone XS Maxで撮った作例はこちら

iPhoneのカメラでここまで撮れる!都内で撮った5枚の写真で魅力を紹介

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

カメラ性能で選ぶベスト3

カメラ性能で選ぶベスト3はこちらです!

カメラ性能とスマホとしての機能で判断し1位は『iPhone XS』を選びました。

そして2位はGoogleのAIカメラが素晴らしくコスパ最強の『Google Pixel 3a』です。安くてカメラ性能が良いスマホが欲しい方に最適で、iPhone XSと同等かそれ以上の画質の写真を撮ることができます。

3位のiPhone XRはデュアルレンズは搭載していませんがiPhone XS/XS Maxと同じ『スマートHDR』を搭載しているので無敵です。

明暗差のあるシーンで編集をしない撮って出し勝負なら間違いなく一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラにも勝てます。

このようなソフト面の強さもiPhoneが優れている理由の一つだと感じています。

まとめ

カメラ性能で選ぶと言いながらソフト面も重視した点で疑問に思った方には申し訳ないと感じています。

カメラだけとしてスマホを持ち運ぶ方はいないと思うので、ランキングにはスマホとしての機能も折り込ませて頂きました。

結論としてiPhoneなら『iPhone XS/XS Max』・Androidなら『Google Pixel 3a』がおすすめということになりました!

良い写真は良いシャッターチャンスによって生まれます。

毎日持ち歩くスマホは良いシャッターチャンスに巡り合う機会も多いので、スマホで綺麗な写真を撮れるのが本当にベストです。

スマホのカメラ機能はどんどん進化しているので今後すぐにランキングが変わる可能性がありますが、スマホのカメラ性能で迷っている方はぜひ参考にして頂きたいと思います。

随時更新しているので最新版です!

以上、カメラマンが選ぶ!カメラ性能が高いおすすめスマホランキングと選び方でした。

ライター
スマホの購入はオンラインショップが安く購入でき絶対にお得です!購入される際は関連記事もぜひご覧ください。
ドコモの契約・乗換・機種変はオンラインショップがおすすめ!その理由を徹底解説 コスパ最強のGoogle Pixel 3aはどこが安い?お得に購入する方法紹介 【2019年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!スペックの比較と選び方【11 Pro/11/XS/XR/X/8/7】

SIMフリー端末で格安SIM運用もおすすめ

【最新】iPhoneにおすすめ格安SIMを紹介!価格・プランで比較【XS/XR/X/8/7/6s】

iPhone向けの記事ですがAndroid端末の方が見ても参考になると思います。ぜひチェックしてください。

ちょっとカメラに興味持ったかも…と言う方は一眼レフカメラのおすすめと選び方を紹介した渾身の記事がありますので良かったら見てください。

一眼レフおすすめ

2019年最新!初心者におすすめの人気一眼レフカメラと失敗しない選び方を徹底紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です