掃除が楽しくなるおすすめコードレス掃除機【クリック】

ファーウェイ p30 proのカメラ性能がすごい!iPhoneとスペックを比較【HUAWEI P30 Pro/iPhoneXS/XS Max】

私は今までずっとiPhoneを使ってきたので、あまりAndroidを搭載したスマホに興味がありませんでした。

しかし、2019年3月26日に発表された『HUAWEI P30 Pro』があまりにも凄すぎたので、iPhone XSとスペックを比較したいと思います。

最近のスマホカメラの性能向上は著しく、一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラが不要と感じる時もあります。

『HUAWEI P30 Pro』はiPhoneとどれだけスペックに差があるのか。興味がある方はぜひご覧ください。

一眼レフカメラに勝てる!?iPhone XS/XS Maxカメラ性能比較

HUAWEI P30 ProとiPhone XSスペック比較

HUAWEI P30 ProiPhone XS
OSAndroid 9 PieiOS 12
ディスプレイ6.47インチ
OLED
5.8インチ
OLED
チップKirin 980A12 Bionic
RAM6/8GB4GB
ストレージ128/256/512GB64/256/512GB
高さ158.0mm143.6mm
73.4mm70.9mm
厚さ8.41mm7.7mm
重量192g177g
バッテリー4200mAh2658mAh
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
防水防塵IP68IP68
端子USB-CLightning
認証方法指紋(画面内)/顔顔(Face ID)

まずは主なスペックを比較しました。

『HUAWEI P30 Pro』の価格は日本円で約13万円

『iPhone XS』の価格が112,800円〜

価格を考えると『HUAWEI P30 Pro』はかなりコスパの良い機種であることがわかります。

特に驚いたのがこのポイント

  • RAM
  • バッテリー

『HUAWEI P30 Pro』のRAMは6GBと8GBを選べるようになっています。低い方で6GBですが『iPhone XS』は4GBです。負荷がかかる作業は『HUAWEI P30 Pro』の方が快適に作業できます。

そして特に驚くのがバッテリー容量の大きさです。

サイズの大きいiPhone XS Maxは3174mAhのバッテリーを搭載しているのに対して、『HUAWEI P30 Pro』は重さが軽いにも関わらず4200mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

iPhone XSと比べると約1.6倍です。単純に考えて1.6倍バッテリーが持つと考えると驚きですね。

HUAWEI P30 ProとiPhone XSカメラ性能比較

HUAWEI P30 ProiPhone XS
最大画素数4000万画素1200万画素
センサーサイズ1/1.71/2.55
メイン4000万画素
F値:1.6
27mm
1200万画素
F値:1.8
28mm(推定)
広角2000万画素
F値:2.2
16mm
望遠800万画素
F値:3.4
125mm
1200万画素
F値:2.4
57mm(推定)
光学ズーム5倍2倍
デジタルズーム10倍(ハイブリッド)10倍

なんと『HUAWEI P30 Pro』は広角、標準、望遠の3つのカメラを搭載しています。

スマホ一つでこれだけの距離をカバーできるのは本当にすごいです。

さらに『HUAWEI P30 Pro』はカメラ好きには堪らない『Leica』レンズを使用しています。カメラ性能を重視する方にとって、これ程性能の高いスマホは他にありません。


こちらはHUAWEI P30 Proで撮られた写真ですが、夜間でも高画質であることがわかります。

HUAWEI P30 Proはセンサーサイズが大きい

『HUAWEI P30 Pro』はiPhone XSと比べて1.5倍もセンサーサイズが大きいです。

センサーはカメラの心臓であり、イメージで例えるとセンサーは画用紙です。

同じ風景の絵を描くときに、小さい画用紙でちまちま描くよりも、大きい画用紙に描いた方が綺麗な画質となることがイメージができると思います。

つまりセンサーが大きいと光を受け取れる面積も大きくなり、暗い所に強く、画質も上がります。

ライター
センサーサイズがここまで違うとは驚きです。

HUAWEI P30 Proズーム機能がすごい

HUAWEI P30 Proの発表会で紹介された画像ですが、10倍ズーム撮影でこれだけの差があります。

P30 Proはズームしてもしっかり解像されており、モヤっと感がありません。それに比べてiPhone XSは少しモヤっとしており、ノイズも目立ちます。

HUAWEI P30 Proのハイブリッドズームは、光を90°屈折させる屈曲光学系レンズを搭載し、光学5倍の望遠レンズと超解像デジタルズーム技術を組み合わせることで、これほど素晴らしいズーム性能を実現しているのです。

ただ画像を引き延ばしているデジタルズームとは違うということがよくわかりますね。

本当に一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラが不要になるのではと思ってしまいます。

スマホではほとんど撮れない月もこれほど綺麗に撮れます。

10倍のハイブリッドズームおそるべしです。

HUAWEI P30 Proは暗所撮影に強い

驚きの比較画像ですが『HUAWEI P30 Pro』はISO ISO 40万の驚くべき暗所撮影能力があります。

センサーサイズも大きく、より暗所に強くなっていることがよくわかります。また「緑」の代わりに「黄色」を使う「Super Spectrum」技術を採用することにより光を多く取り込めるようになっているとのこと。

ただし、この画像で注意が必要なのがシャッタースピードが違います。

iPhoneのシャッタースピードが1/4。それに対してHUAWEI P30 Proはシャッタースピード30秒で撮影しています。

シャッタースピードがこれだけ違うと取り込める光の量が全く違うので、普通に撮影してこれだけの差がある訳ではないということは知っておく必要があります。

HUAWEI P30 Proはソニー製カメラを搭載

カメラが好きな方はご存知かもしれませんが、技術力の高いカメラといえばソニーです。

フルサイズミラーレス一眼カメラでも抜群の性能を誇っており、他製品は海外製が目立つ中カメラに関しては日本はかなり優れた技術を持った企業が多いです。

その中でも一際性能が良いカメラを開発しているのがソニーです。

HUAWEI P30 Proは4つのカメラを搭載していますがその全てがソニーのCMOSイメージセンサーを搭載しています。

ライカレンズにソニーのイメージセンサー。HUAWEI P30 Proのカメラは性能だけでなくメーカーもガチです。

HUAWEI P30 ProとiPhone XSどちらを買う?

単純にカメラ好きの目線で考えるなら絶対に『HUAWEI P30 Pro』を購入すべきです。

スマホのカメラは一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラと比べてセンサーサイズは大きく違いますが、明るい場所での画質はほとんど変わりません。

スマホカメラの最大の弱点はズーム性能が弱いということでしたが『HUAWEI P30 Pro』は10倍ズームでもかなり綺麗に撮影することができます。

さらに16mmの広角レンズを撮影しているので撮影の幅が大きく広がります。

「望遠レンズの800万画素では少し少ないのでは?」と思う方がいるかもしれませんが、A3用紙に綺麗に印刷する為に必要な画素数は1000万画素です。つまり普通の写真サイズに印刷するのであれば十分なのです。

Leicaのレンズを搭載しているのもカメラ好きが魅力に感じるポイントですね。

私は写真を撮るのが好きなので、基本的に一眼カメラで写真を撮ることが多く、身の回りがApple製品ということもあり今後もiPhoneを使いますが、

  • デジカメを買うか迷っている人
  • 画質の良いスマホが欲しい方
  • Androidを良い

という方はにはかなり魅力的なスマホです。

HUAWEI P30 Proの日本発売日

残念ながら2019年3月26日に発表はされ日本での発売日は公式発表されていませんでしたが、ドコモの夏モデルに登場することが決まっています。

前モデルの『P20 Pro』同様人気のスマホとなりそうなのでぜひチェックしてみてください。

(SIMフリー) Huawei P20 Pro 4G/LTE (RAM 6GB / ROM 128GB) Twilight 並行輸入品
HUAWEI(ファーウェイ)

ドコモ夏モデルをチェック

※オンラインショップへのリンクです

まとめ

『HUAWEI P30 Pro』はカメラとして欲しくなるスマホでした。

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラは大きく重たいので、長時間持ち歩くのは疲れることもあります。

スマホだとカメラ以外の用途がメインなので持ち運びが苦痛と思うことはなく、荷物にならないのでそのスマホで高画質の写真を撮れるのは本当に魅力的です。

以上。ファーウェイ p30 proのカメラ性能がすごい!iPhoneとスペックを比較でした。

スマホカメラ関連記事もぜひご覧ください

人気スマホのカメラ性能を比較!おすすめランキングと選び方 一眼レフカメラに勝てる!?iPhone XS/XS Maxカメラ性能比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です