iPhone 11登場!新型iPhoneについてはこちら

2019最新!画質がいいスマホはどれ?おすすめ機種と損しない選び方

スマホを選ぶときは『画質にこだわりたい』と思うこともありますよね。

最近のスマホは旧機種と比べてCPU性能が格段に向上しているということはありませんが、カメラの性能に関してはもの凄く向上しています。

今のスマホはカメラで選ぶといっても過言ではないのです!

この記事ではセミプロカメラマンの私が画質がいいスマホの紹介と選び方を解説します。

スマホをカメラで選びたい方はぜひ参考にしてください。

この記事でわかる事
  • 画質が良いスマホの選び方
  • 画質が良いおすすめスマホ

主要機種のカメラ性能を比較した記事はこちら

人気スマホのカメラ性能を比較!おすすめランキングと選び方

画質が良いってなに?

よく勘違いされるのが画質が良いと画素数が高いというのは全く別物です。

画質を分解すると

  • 解像度
  • 画素数
  • ダイナミックレンジ
  • ノイズ

 

などに分かれます。他にもコントラストや収差などががありますが、様々な条件が重なって画質が良い写真が完成するのです。

ただこんなマニアックなことどうでも良いですよね。

ここで覚えて置いて欲しいのは画素数=画質ではないということです。

画素数はあくまで画質の一部分でありあまり重要な要素ではないのです。

例えばこの2枚の写真は全く同じ画素数の写真です。

でも高画質な写真は左の写真ですよね。

画素数が高いカメラでもこのようなブレブレの写真では画質が良いとは言えません。

画素数は大きい画面に表示させたり、大きい写真に印刷したいときに必要な数値だと思うと良いです。

どれくらいの画素数が必要?

A3用紙に綺麗に印刷する為に必要な画素数は1,000万画素です。

画素数が増えると画像一つあたりのデータ量も増えるので、1,000万画素あれば十分です。

「iPhone」「GALAXY」「xperia」「Google Pixel3」はどのカメラも1,000万画素以上あるので、画素数でスマホを選ぶメリットはあまりないと言えます。

主要スマホの画素数をチェック

機種インカメラ画素数アウトカメラ画素数
iPhone X700万1200万
iPhone XS/XS Max700万 1200万
iPhone XR700万1200万
iPhone 8700万1200万
Google Pixel3800万1220万
HUAWEI P20 Pro2400万4000万
Galaxy Note9800万1220万
Galaxy S9+800万1220万
AQUOS R21630万2620万
Xperia XZ31320万1920万
Xperia XZ2 Premium1320万1920万
Xperia XZ2500万1920万

スマホで撮った写真をA3用紙以上の大きさでプリントすることはほぼ無いですよね。画素数は表示する画面が同じサイズなら差を感じることはありません。

スマホカメラ選びで重要なポイント

画素数は画質の良いカメラを選ぶうえで適切な選び方ではないことがわかって頂けたかと思います。

スマホカメラの選び方は

  • F値
  • ズーム性能
  • AI

この3つがスマホのカメラ選びでは大切なポイントです。

F値のチェックポイントと役割

F値とは、光が通る穴の大きさと考えるとわかりやすいです。

学校の授業で人間の目について習ったことを覚えている方も多いと思いますが、F値は人間の瞳孔と同じ役割を果たしています。

人間の目は暗い場所では光を多く集めようと瞳孔が開きます。逆に明るい場所では目に入る光の量が多すぎると目にダメージを与えるので瞳孔が閉じます。

F値はF1.8やF2.8のような数値で表し、数値が小さいほど明るいです。

そして上の図のようにF値が小さいと光が通る穴が大きく、F値が大きいと光が通る穴が小さいです。

光が通る穴が大きいということはそれだけ多くの光を取り込むことができるので暗い場所での撮影に強くなります。

夜景や室内で綺麗な写真を撮りたい方はF値が小さいスマホカメラがおすすめです!

MEMO
  • F値が小さいと夜景に強い
  • F値が小さいとボケやすい

この2つのポイントを覚えておくと良いです。

ズーム性能は要チェック

スマホカメラをカメラを選ぶ時に一番重視して欲しいのがズーム性能についてです。

ズーム方式には2つの種類があり『デジタルズーム』と『光学ズーム』があります。

ズーム方式の違い

・デジタルズーム

画像を引き伸ばすのでズームすればする程画質が劣化する

・光学ズーム

レンズの倍率が変わることでズームできるのでズームしても画質が劣化しない

ズーム方式の違いは以上のようになっています。

スマホのカメラはデジカメのようにレンズを動かしてズームするということができません。

光学ズームができるスマホは焦点距離の違う2つのカメラを搭載することによって光学ズームを可能にしているのです。

光学ズームだと画質を劣化させることなくズームすることができるので綺麗な写真を撮る為には必須と言えます。

ズームができることで撮れる写真の幅が広がりますので、写真にこだわる方は絶対にデュアルカメラやトリプルカメラを搭載しているスマホがおすすめです。

複数のカメラを搭載した主なスマホ
  • iPhone X
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7 Plus
  • HUAWEI P20 Pro
  • Galaxy Note9
  • Galaxy S9+
ライター
スマホで光学ズームができると写真の幅がかなり広がるのでiPhone XSのようなデュアルレンズを搭載したスマホがおすすめです。
各キャリアの公式オンラインショップ

スマホの画質の良さはAI機能で決まる

最近のスマホカメラの画質がかなり向上しているのは、もちろんセンサーが良くなったことなどカメラ自体の性能が上がっていることもありますが、1番大きなポイントは高性能CPUを活かしたソフト面の進化です。

スマホのカメラは人が高画質と思う写真に自動的に仕上げているのです。

例えば『iPhone XS』から搭載されたスマートHDRという機能はHDR撮影の進化版の機能で、カメラが苦手とする明暗差があるシーンでも『より自然に。見たままの景色』を写真に残すことができます。

上の写真は左が『iPhone 6 plus』で右が『iPhone XS Max』で撮影した写真です。

写真を撮る環境としては厳しい環境でこれほどまでに綺麗な写真を撮ることができるようになっているのです。

ただし、ソフト面の機能を数値化することが難しいのでどのスマホが高画質に撮れるのかを紹介していきます。

画質が良いおすすめスマホ

iPhone XR

iPhone XRはカメラ機能がおすすめスマホです。

iPhone Xsと同じCPU『A12 Bionic』を搭載しているにも関わらず64GBモデルで84,800円とiPhone Xsの64GBモデルと比べ28,000円も安いのが大きな特徴です。

iPhoneを比較した記事はこちら

モデルiPhone XS /XS MaxiPhone XR
画素数1200万画素1200万画素
広角レンズF1.8F1.8
望遠レンズF2.4
光学ズーム2倍
デジタルズーム最大10倍最大5倍
手ブレ補正デュアル光学式光学式

iPhone XSとは違いデュアルレンズではなく、望遠レンズを搭載していない為、光学ズームができません。

カメラ機能を重視する方にとって光学ズームができない事は大きな致命的なポイントですが、iPhone XRは『スマートHDR』などの先端機能を搭載しているのがおすすめの理由です。

iPhone XSとのカメラ性能の違い
  • 光学ズームができない
  • 人物以外のポートレートができない
  • ポートレートの照明エフェクトが少ない

という違いがあるので、光学ズームを使いたい方と料理の写真や物の写真をポートレートモード(背景をボカせるモード)で撮影したい方はiPhone XSがおすすめです。

POINT
  • 光学ズームはできないがスマートHDRは使用可能
  • 光学手ブレ補正機能搭載
  • 背景ボケができるポートレートモード搭載
  • iPhoneの中では価格が安くコスパが良い
iPhoneXRがおすすめ?iPhone XSとの違いとどちらがおすすめか!? 一眼レフカメラに勝てる!?iPhone XS/XS Maxカメラ性能比較

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

Galaxy S9+

スマホ史上最小のF1.5が特徴

Galaxy S9+はiPhoneのライバル的存在であり、カメラ性能ではiPhoneを上回るスペックです。

CMもカメラ機能をアピールする内容となっており『スーパースローモーション』などの楽しい機能も搭載しています。

モデルGalaxy S9+
画素数1220万画素
広角レンズF1.5
望遠レンズF2.4
光学ズーム2倍
デジタルズーム最大10倍
手ブレ補正デュアル光学式

Galaxy S9+はとにかく夜景撮影に強いことが特徴です。

主要スマホの中でもF値が小さく、F値が小さいと光を取り込める量が多くなり、暗い場所で綺麗に高鮮明な写真を撮影でき、背景がボケやすくなります。

Galaxy S9+はスマホ史上最小のF1.5のレンズで暗い場所も明るく鮮明写真撮れる一方で、1.5⇄2.4の自動切替により明るい場所ではF値2.4によるシャープで鮮明な写真を撮影することができるのです!

F値が小さすぎるとボケすぎて鮮明さに欠けるという欠点をうまく克服しているのが素晴らしいですね。

これもソフトフェア面で上手く解決している事の一つです。

暗い場所での撮影を重視する人と、Android OSが良いという方におすすめです!

購入と料金チェックは公式オンラインショップが待ち時間がなく、安いのでおすすめです!

ドコモの契約・乗換・機種変はオンラインショップがおすすめ!その理由を徹底解説

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

HUAWEI P20 Pro

カメラ界のハイブランド『Leica』のトリプルレンズ搭載で画素数4,000万の最高峰スマホカメラ

HUAWEI P20 Proはカメラ好きにはおなじみのハイブランド『Leica』のレンズを搭載している凄いカメラです。

『Leica(ライカ)』の事を知らないと「なにすごいの?」という感じですが、わかりやすく言うとカメラ界のフェラーリです。

HUAWEI P20 Proにはそんなすごいブランドのレンズが搭載されているのです。

モデルHUAWEI P20 Pro
画素数4000万画素
アウトカメラ
(広角レンズ)
F1.8
インカメラF2.0
光学ズーム3倍
デジタルズーム最大10倍
手ブレ補正光学式

スペックに関しても他主要スマホの中でも飛び抜けています。

特に画素数は仰天の4,000万画素で一眼レフやミラーレス一眼もビックリのスペックです。

そしてLeicaのズーム専用レンズにより、画像荒れを抑えた5倍のハイブリッドズームが可能です。光学ズームも3倍とかなり凄いのですが、画質劣化を最小に抑えたハイブリッドズームにより5倍の望遠を実現しているので驚きです。

光学5倍というとデジタルカメラにも匹敵する倍率でスマホカメラの弱点である望遠撮影を完全に克服しています。

更に白トビ(明暗差により明るい場所が白く光って見えない事)が起こりやすい夜景も、AIにより光バランスを調整し見たままの綺麗な写真を撮ることができます。

カメラが好きな人ほどレンズにこだわるのでLeicaレンズを搭載しているというのも大きなポイントです。

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

Google Pixel 3

AIをフル活用した未来のカメラ

Google Pixel 3はカメラを重視するスマホとしてスタンダードになりつつあるデュアルレンズを搭載していませんが、GoogleらしいAIを活用したカメラでデュアルレンズに匹敵する画質の写真を撮ることができます。

モデルGoogle Pixel 3
画素数1220万画素
広角レンズF1.8
望遠レンズ
光学ズーム
デジタルズームSuper Rez Zoom
手ブレ補正光学式

iPhone Xsより新たに搭載した『スマートHDR』などスマホカメラがここまで躍進しているのは、ソフトウェア面で高画質を作り出している為です。

そしてGoogleといえば様々なAI技術を開発していることでも有名です。

そんなGoogleがAI技術をカメラにフル活用しているのが『Google Pixel 3』です。

前モデルの『Google Pixel 2』は日本未発売でしたがカメラ性能の評判がかなり良かった機種でもありました。その後継機なのでカメラ機能に自信がある端末だと言えます。

POINT
  • カメラをかざすだけで簡単に検索できるGoogle Lens搭載
  • Super Rez Zoomというズーム時に高解像度化できる機能搭載
  • 暗いところを自動的に明るくするNight Sight機能搭載
  • 笑顔になった時に自動的にシャッターを切るPhoto Booth搭載

このようにソフトウェア面を活用したカメラ機能を多く搭載しています。

暗い場所での撮影でのノイズや、デジタルズームによる画像の粗さは全てソフト面で解決するというスマホらしい性能です。

カメラは光を扱う光学製品なのでどうしても大きさが必要な為、スマホのような小さいサイズで高画質化する為にはソフト面も重要なポイントとなります。

Google Pixel 3はGoogleの強みであるソフト面の強さを上手く機能化した先端のカメラです。

iPhone XS

iPhone XSはスマホとしてもカメラとしても最強です。

カメラで選んでも間違いなく1番だと断言できます。(2019年1月時点)

モデルiPhone XSiPhone XS Max
画素数1200万画素1200万画素
広角レンズF1.8F1.8
望遠レンズF2.4F2.4
光学ズーム2倍2倍
デジタルズーム最大10倍最大10倍
手ブレ補正デュアル光学式デュアル光学式

iPhone XSとXS Maxの違いはサイズと価格の違いだけなので自分に適するサイズを選んでください。

サイズで迷う方必見!iPhone Plus・Maxシリーズは不便な程大きいのか?

iPhoneはシンプルで使いやすいが性能が素晴らしいというのが特徴です。

iOSでもわかるように本当にシンプルなのですが、必要なことは全てできるというスマートさが他のスマホにはない大きな特徴です。

カメラもその考えをしっかりと受け継いでおり、夜でも明暗差があるシーンでも、遠い場所でも何を撮ってもiPhoneが勝手に綺麗に撮影してくれます。

更に動画は撮った後に適切に処理され手ブレのない滑らかで高解像度の映像に仕上がります。

私は一眼レフカメラを使うときはマニュアルで設定していますが、急いでいる時などは勝手に綺麗に撮ってくれるiPhoneがかなり頼りになります。

そしてカメラ機能だけでなく、マイクの性能も良く重低音の音もしっかりと拾ってくれます。ビデオカメラよりも良い音質で録画することができます。

POINT
  • 明暗差も綺麗に撮れるスマートHDR搭載
  • デュアルレンズにより光学2倍のズームが可能
  • ポートレートモードで自然な背景ボケが可能
  • ボケ量を後から調整することも可能
一眼レフカメラに勝てる!?iPhone XS/XS Maxカメラ性能比較

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

スマホの契約・機種変はオンラインショップがおすすめ

スマホをキャリアで購入する場合は絶対に各キャリアの公式オンラインショップでの購入がおすすめです。

知らないと損することになるのでオンラインショップについてのメリットもあわせて紹介します。

オンラインショップのメリット

ショップで並ぶ必要がない

iPhoneの予約はソフトバンク・au・ドコモの各キャリアのショップのほか、家電量販店などの店頭でも予約・購入ができますが、店頭は常に混雑しており待ち時間も長いです。

オンラインならパソコンやスマホからどこからでも予約・購入が可能で24時間手続きができ、予約・購入にかかる時間は15分程です。

待ち時間がなく24時間注文できるのはかなりのメリットです。

手数料が無料

通常ショップで新規契約・機種変・MNPをすると手数料が2,000円〜3,000円必要になりますが、オンラインショップで新規契約・機種変・MNPをすると手数料は無料です!

待ち時間もなく、手数料が安いのでオンラインショップはかなりメリットが大きいのです。

頭金が必要ない

キャリアのショップや家電量販店では店頭ごとに金額の違いがありますが購入時に3,000円〜10,000円の頭金が必要です。

頭金の注意ポイント

頭金は分割払い時に先にある程度先に払うものと思ってしまいますが、ここでの頭金はショップの手数料として取られてしまうお金なのです。

これは本当に勘違いしやすいのですが、端末によって金額が異なりますが3,000円〜10,000円の余分なお金が必要なのです。

オンラインショップだと頭金が必要ないので、端末によりますが3,000円〜10,000円もお得に契約することができます。

受け取り方法は以下の選択肢があります。

受取方法
  • 自宅受け取り
  • ショップでの受け取り

ドコモ・au・ソフトバンクともに選択方法を選ぶことができます。

発売日当日に自宅で受け取れる

オンライン予約で『自宅受取』を選択するとショップに取りに行かずに済むので行く手間が省かれるのと、ショップでの待ち時間と手続きが必要ありません。

以前はオンライン予約だと発売日当日に受け取れないこともありましたが、現在はAppleがオンライン予約を強化する方針にしたので、各キャリアのオンラインショップもオンライン申込を強化しました。

その結果iPhone6s/6s Plus以降は発売日当日の朝に自宅受け取りすることも可能となっています。

予約のポイント

発売日に受け取るには予約するタイミングが大切です!

予約は申込順に処理されるため、予約開始時間から遅れるにつれて発売日に受け取るのが難しくなります。

オンラインショップのデメリット

オンライン予約のデメリットについても紹介します。

初期設定は自分で行う必要がある

店頭で受け取った場合は初期設定を行ってくれますが、自宅受け取りの場合は自分で行う必要があります。

最初に行う作業
  • 古いスマホからのデータ移行
  • SIMカードの挿入
  • 開通手続き

以前から同じ機種を使っている方は難しい作業ではありませんし、説明書を見ながら簡単に行うことができるので不安に思うことはありません。

料金体系などを質問できない

ショップであればスタッフの詳細を聞くなど対人で手続きを進めることができますが、オンラインは自分で調べて契約を行う必要があります。

わかりやすくまとめられていますが、携帯料金のプランは複雑で不安があった時に質問できないのはデメリットですね。

しかし、もしわからなければメールや電話で問い合わせることができるので、そこまで不安に思うことはありません。

また、店員さんが思ったより理解していない場合もあるのでネット関係が得意な方であればオンラインの方がいいです。

オンラインのメリットについての記事はこちら

ドコモの契約・乗換・機種変はオンラインショップがおすすめ!その理由を徹底解説

公式オンラインショップはこちら

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

格安SIMを使ってお得に使うのもおすすめ!
【最新】iPhoneにおすすめ格安SIMを紹介!価格・プランで比較【11 Pro/11/XR/8】

格安SIMを使用することで月々の料金をかなり抑えることができます。

まとめ

どのメーカーもカメラ機能に力を入れており、今はカメラ性能で競う時代になっていると思います。

スマホのカメラ性能向上でデジカメはどんどん市場が縮小されており、私自身もデジカメならスマホで十分かなと思います。

スマホは写真を撮った後の編集も簡単に行うことができ、撮った後すぐにSNSや家族・友達とシェアできるのが良いです。

どのメーカーも大きな差はありませんが、ぜひ自分に合うスマホを選んでください。

以上。2019最新!画質がいいスマホはどれ?おすすめ機種と損しない選び方でした。

一眼レフカメラに興味がある方はこちら!

選び方とおすすめの一眼レフカメラ・ミラーレス一眼カメラを紹介しています。

2019年最新!初心者におすすめの人気一眼レフカメラと失敗しない選び方を徹底紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です