iPhone 13発売日・スペックまとめ 

Galaxy S21の比較と実機レビュー!S20との違いと口コミ・評判を解説

2021年4月22日にGalaxy S21の国内版が発売されました!

前モデルと性能面で大きく変わったところはありませんが、ハイスペック機種の中ではコスパが高く安定感があります。

また、今回はデザインがさらに特徴的になっていたり、最上位モデルのS21 UltraではSペンに対応しています。

この記事ではスマホ大好きな僕がGalaxy S21の実機レビューと評価。

前モデルS20との違いや口コミ・評判を解説します。

宜しければ参考にしてください。

Galaxy S21の特徴と評価

まずは実際に使って感じたことを、結論から紹介します。

時間が無い人はここをチェックしてください。

良かった点
  • 独創的でカメラを強調したデザイン
  • 6.2インチの絶妙なサイズ
  • 最大25Wの急速充電(1時間ちょっとでフル充電できる)

次はイマイチなポイント。

気になった点
  • S20と比べると大きくは変わっていない

最近はGalaxyがスマホの新機能を引っ張っている印象があったので、Galaxy S21に寄せられる期待は大きかったですが、思ったより変わらなかったなというのが印象です。

iPhone 12 Pro Maxはセンサーシフト式手ブレ補正を搭載したことにかなり驚きましたが、そんな感じの驚きがなかったという感じです。

ただし、スペック・大きさ・機能・カメラのどれを比較しても2021年モデルの中でトップクラスの性能で、従来通りハイスペック機種の中では価格が安くコスパが良いので、安定感はあります。

少しでも安く最新の高性能スマホが欲しい方におすすめ。

評価をまとめるとこんな感じです。

Galaxy S21の評価
価格
(4.5)
カメラ性能
(5.0)
デザイン
(4.5)
持ちやすさ
(4.0)
CPUスペック
(5.0)
バッテリー
(4.5)
総合評価
(4.5)

デザインは好みの問題もあると思いますが、僕は前モデルのGalaxy S20よりもカメラが強調されているのが好みです。

Galaxy S21をチェック

購入はオンラインがおすすめ

Galaxy S21とS20のスペックの違いを比較

続いて前のモデルからどれだけ進化したかや、Galaxy S21のスペックについて紹介します。

Galaxy S21とGalaxy S20を比較した時のポイントはこんな感じ。

違いのポイント
  • デザインの大幅変更
  • 横幅が僅かにアップ
  • SDカードスロットが廃止
  • 画面の解像度は少し落ちている
まつりくん
カメラ機能を中心に大きく進化しています!横幅が僅かですが小さくなっているので持ちやすいとも感じました。

表にまとめるとこんな感じ。

Galaxy S21Galaxy S20
画面サイズ6.26.2
種類有機EL有機EL
ディスプレイFHD+QHD+563ppi
フレームレート120Hz120Hz
151.7mm151.7mm
71.2mm69.1mm
厚さ7.9mm7.9mm
重量169g163g
カメラトリプルレンズトリプルレンズ
超広角レンズ
・F値
・画素数
F2.2
1200万画素
F2.2
1200万画素
広角レンズ
・F値
・画素数

F1.8
1200万画素
F1.8
1200万画素
望遠レンズ
・F値
・画素数

F2.0
6400万画素
F2.0
6400万画素
ズーム光学3倍
デジタル30倍
光学3倍
デジタル30倍
手ブレ補正光学式光学式
フロントカメラ1000万画素1000万画素
CPUチップSnapdragon 888 5GSnapdragon 865
メモリ8GB12GB(5Gモデル)
5G対応対応
Wi-Fi 6対応対応
防水IP68IP68
バッテリー4000mAh4000mAh
ワイヤレス充電対応対応
USB PD対応対応
Bluetooth5.15.0
おサイフケータイ対応対応
カラーファントムバイオレット
ファントムグレー
ファントムホワイト
コスミックグレー
クラウドブルー
クラウドホワイト
価格99,792円(ドコモ)
118,540円(au)
62,700円(ahamo)

本当に外観以外はほとんど変わっておらず、逆にメモリ容量は少なくなっており、画面解像度も低くなっています。

今までの傾向からすると逆サプライズのような感じです。

価格に関しても日本版はそんなに安くなく、前モデルのGalaxy S20の方が安く買えるのでGalaxy S20から買い替える場合はイマイチです。

Galaxy S21をチェック

購入はオンラインがおすすめ

Galaxy S21の外観レビュー

外観デザインに関しては好みが別れる部分ではあると思いますが、僕はGalaxy S20よりも所有欲が高まるデザインで好きです。

特にカメラが強調されているので、綺麗な写真が撮れるGalaxyに合うデザインなのではないでしょうか。

最近のスマホはどうしてもカメラ部分が目立ってしまうので、なんとか目立たないようにしようとしている感じがありましたが、逆にカメラ部分を強調させているのが好きです。

背面もマットな感じで手触りがよく、フレーム部分はステンレスの高級感があるので、全体的にハイスペック機種ならではの貫禄があります。

フレームの丸みも少し控えめで、丸型フレームと角ばったフレームの中間という感じ。

ディスプレイも従来のモデルに採用されていたエッジスクリーンではなく、フラットなディスプレイが採用されています。

Galaxyは画面の左右が丸くなっているエッジスクリーンが特徴的でしたが、フラットなディスプレイになることで、印象はだいぶ変わります。

フラットなディスプレイの方がホールド感がよく、個人的に見た目が好きなので今までのGalaxyシリーズの中で一番好きなデザインです。

外観のポイント
  • カメラ部分がカッコいい
  • S20と比べると横幅がアップ

Galaxy S21のスペック・機能をレビュー

続いてGalaxy S21のスペック・機能で特に優れているところをレビューします。

ポイント
  • 画面がサクサク動く120Hz駆動に対応
  • 超音波式のディスプレイ指紋認証
  • イヤホンジャックは前モデルから継続で廃止
  • Galaxy史上最速のチップ(前モデルより20%アップか)
  • Galaxy史上最も頑丈な耐久性
  • 5Gに対応(みりみり

画面がサクサク動く120Hz駆動

Galaxy S21は6.2インチの有機ELディスプレイを搭載。

そしてGalaxy S20でも対応していましたがリフレッシュレート120Hzに対応しています!

普段よく目にするディスプレイは1秒間に30回ほど画面が切り替わっているのですが、リフレッシュレート120Hzだと1秒間に120回画面が切り替わります。

まつりくん
画面のスワイプがこれまで以上に速くなるよ

また、Galaxy S21はリフレッシュレートを自動で最適化できるようになっています。これにより画面が止まっている状態ではリフレッシュレートを抑えてバッテリーの消費を節約。

120Hzは消費電力が大きくなるので、対策されている点は進化しているポイントです。

MEMO
  • 最適化設定:リフレッシュレートを最大120Hzに自動調整
  • 標準設定:リフレッシュレートを60Hzに固定してバッテリーを節約

ディスプレイ指紋認証に対応

これは以前のモデルも対応していますが、Galaxy S21にも超音波式の画面内指紋認証が搭載されています。

今はマスクが必須なので今は本当に指紋認証が便利。

Galaxy S21の認証方法は「顔認証」「指紋」「パスコード」から選べるので選択肢が多いのもいいですね。

Galaxyの超音波式指紋認証は精度が良いので、画面内指紋ですがストレスを感じることはないです。

Galaxy S21では指紋センサーが従来より大型化されているので、少し位置がズレてもしっかりと認識してくれるようになっています。

今まででも十分でしたが、Galaxy S21はさらに指紋認証の精度・速度が快適になっています。

マスクを付けてない時は顔認証。マスクを付けている時は指紋認証という使い分けができるので、顔認証と指紋認証両方を搭載しているのは、使っていて嬉しいポイントです。

Galaxy S21のベンチマークを測定

Galaxy S21の動作速度についても気になりますよね。

Galaxy S21はSnapdragon 888を搭載、メモリは8GBとなっています。

正直、このクラスになると体感で動作速度の違いを感じることはありません。スマホでできるゲームなどをプレイしても動作が遅いと感じることはないです。

CPU性能の指標となるGeekbench 5で測定した結果はこちら!

Galaxy S21のスコア
  • シングルスコア:1075
  • マルチスコア:3140

前モデルからスコアは大きく変わっていませんが、これだけの高スコアが出ていれば十分です。

ちなみに過去にGeekbench 5で測定した他のスマホのスコアを紹介すると以下の通りです。

機種シングルスコアマルチスコア
Galaxy S2110753140
AQUOS sense5G5821694
Galaxy A413551240
Xperia 1 Ⅱ8993304
Xperia 10 Ⅱ3091298
Galaxy S20+9153319
Galaxy S209083160
iPhone 12 Pro16014261
iPhone SE(第2世代)13303001
iPhone 11 Pro13283523
iPhone XS Max11162767

前モデルのGalaxy S20とはスコアはほとんど変わらないという結果でした。

ただし、実際にはCPUは約20%、GPUは約50%も向上しているとのことなので、体感での違いはわかりませんがスペックは向上しているみたいです。

ゲームプレイも快適

実際にどんな感じでプレイできるのか、PUBGモバイルをプレイしてみました。

PUBGはスマホのスペックによって、設定できるグラフィック性能が異なるのですが、Galaxy S21は画質「HDR」でフレームレート極限でプレイ可能。

FHDでもフレーム設定ウルトラで快適にプレイできました。

Galaxy S21で快適にプレイできないゲームはまずないので、処理性能を気にする必要は全くないです。

分割画面表示で動画もネットも快適

Androidの便利機能と言えば分割画面表示ですが、Galaxy S21でも快適に使うことができます。

動画を見ながら調べたいことを調べられるので、この機能は本当に便利ですね。

もちろん縦で使うこともできるので、動画を見ながらSNSをチェックするという使い方も可能です。

スペックが高いので2つのアプリを同時に起動しても、もたつくということはないので安心です。

Galaxy S21の音質を聴き比べてみた

つい最近低価格のスマホをレビューした際に音質の悪さが気になりました。

これまであまり意識していなかったのですが、やはりハイスペック機種はかなり音質が良いです。

Galaxy S21の音質はひび割れたような音もこもったような音もなく、クリアに聞こえて高音質です。

動画を見るときに音質は気になってくると思いますが、Galaxy S21であれば音質・音量共に満足できます。

Galaxy S21をチェック

購入はオンラインがおすすめ

Galaxy S21のカメラをレビュー

最近はどのスマホもカメラ性能が大きく進化していますが、主要機種で言うとiPhoneとGalaxyは別格です。

そしてGalaxy Sシリーズは毎回最先端のカメラ機能を搭載。2020年モデルのGalaxy S20から比べるとスペック上は変化しておらず、画質も違いはわかりませんでしたが、これまで通りスマホではトップクラスの写真を撮ることができます。

カメラのポイント
  • ナイトモードなどの各種撮影機能に対応
  • 最大30倍のズーム
  • 超広角、広角、望遠の3つのカメラを搭載

画角の違い

Galaxy S21は超広角、標準、望遠の3つのカメラを搭載。

望遠カメラは光学3倍相当となっています。

上の写真はそれぞれカメラを使って同じ場所を撮影した写真です。これだけの広い範囲の画角を使い分けることができるので、やはり3つのカメラを搭載しているのは便利です。

最大30倍のズームに対応

Galaxy S21は最大30倍のズームに対応。

画質は良くないですが、しっかりと何が写っているかは確認できるので記録画像としては使えます。

まず上の写真が通常のカメラ(多分望遠)で撮った写真です。

そしてこちらが同じ場所で10倍ズームで撮った写真。

夜に撮ってもこの画質なのは凄いです。

30倍で撮るとこんな感じ。

凄まじいですよね。こんな暗い場所から撮っているのにノイズも少なく画質はかなり良いと思います。

横に並べてみると、改めて30倍ズームの凄さが分かります。

この超解像ズームはGalaxyならではの機能なので、とにかく遠くまでズームしたい方はGalaxyがおすすめです。

超広角カメラと望遠カメラ画質はそこそこ

超広角カメラで撮影

スマホのカメラはどうしても超広角カメラと望遠カメラの画質が悪くなってしまいます。

Galaxy S21もやはり標準カメラと比べると、超広角カメラと望遠カメラの画質はイマイチでした。

上から標準、超広角、望遠の順で並べてみます。

パッと見た感じでは違いがわからないかもしれませんが、やはり一番上の広角カメラが一番綺麗ですよね。

少しでも綺麗な写真を撮りたい時は標準カメラを使用するのがおすすめです。

ポートレートモードの精度はかなり良い

Galaxy S21は一眼レフカメラで撮ったような背景をボケた写真を撮ることも可能。

精度がかなり良いので、上の写真だとストローやスプーンが不自然にボケてしまうということもなく、しっかりと切り取ることができています。

ポートレートの精度はiPhoneよりも上で、Galaxy S21は動画でも背景をぼかすことができたり、背景をボカす機能が多いです。

Galaxy S21のナイトモードの画質

Galaxyのナイトモードはより明るく撮れると評判でしたがGalaxy S20でも長時間露光したような写真が撮れます。

上の写真がナイトモードなしで撮影した写真で、右がナイトモードを使って撮った写真です。

続いてGalaxy S21で撮った写真はこんな感じ。

上の写真がナイトモードなしで下の写真がナイトモードを使った写真です。

ナイトモードなしだと目で見た状態に近く、これはこれで綺麗ですが、ナイトモードを使うとさらに明るい写真を撮ることができます。

Galaxy S21は暗い場所でもしっかりと写真が撮れるので、やはりスマホではトップクラスのカメラ性能です。

Androidで綺麗な写真が撮れるスマホが欲しい方には特におすすめです。

Galaxy S21の口コミ・評判

他の人の意見も気になると思うので、 Galaxy S21の口コミ・評判をまとめます。

良い口コミ・評判


残念ながらTwitterではあまり良い口コミはありませんでした。

しかし、実際に使ってみると安定感の高さは凄いので、前モデルと比べると少し不満な点もあるかもしれませんが、数年前の機種を使っていて、買い替える場合にはおすすめです。

まつりくん
今後はこの価格帯の競争が激化しそうです。

悪い口コミ・評判


僕はiPhoneを使っているのであまり気にしていませんでしたが、SDカードスロットが無いことを気にする人が多いのが印象的でした。

あとは性能がGalaxy S20とほとんど変わっていないので、悩むという口コミも多かったです。

全体的に現時点での評価はあまり良くないですね。

まとめ:Galaxy S21は価格が安い

この記事ではGalaxy S21について紹介しました。

スペック的にはGalaxy S20とほとんど変わっていませんが、ハイスペック機種の中では価格が安く、コスパはかなり良いです。

デザインもカッコ良くなっているので、僕は良いと感じました。

価格に関しては以下の記事にもまとめているのでぜひ参考にしてください。

Galaxy S21シリーズの日本版はどこで発売する?発売日と価格まとめ

以上。「Galaxy S21の比較とスペックレビュー!S20との違いと口コミ・評判を解説」でした。

公式サイトをチェック

docomoユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

auユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

SoftBankユーザーはこちら

※オンラインショップへのリンクです

楽天モバイルはこちら

※オンラインショップへのリンクです

Galaxy S21 Ultraレビュー!望遠カメラが凄い高級機種を使った評価を紹介 どっちがおすすめ?Galaxy S21 5GとGalaxy S21 Ultra 5Gの違いを比較

Androidスマホおすすめ機種はこちら

【2021年最新】Androidスマホおすすめランキング!性能と価格をわかりやすく比較

ドコモのおすすめスマホはこちら

【2021年最新】ドコモおすすめスマホランキング!今買うべきスマホを性能・価格で徹底比較

auのおすすめスマホはこちら

【2021年最新】auの機種変更おすすめスマホランキング!性能・価格を徹底比較

iPhoneのおすすめ機種はこちら

【2021年最新】iPhoneおすすめ機種を紹介!性能・サイズ・価格を徹底比較

AndroidとiPhoneの違いについて

どっちが良い?AndroidスマホよりiPhoneをおすすめする理由と比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。