新型iPhone SEの価格を比較 

iPhone 14とiPhone 14 Proの違いを比較!どちらを買うのがおすすめかを解説

毎年のことですがiPhoneを買うときに1番迷うのがスタンダードモデルとProモデルのどっちを買うかだと思います。

iPhone 14シリーズであればiPhone 14とiPhone 14 Proの違いが一番気になるはず。

2022年のiPhone 14シリーズはiPhone 14、iPhone 14 Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxが登場すると言われています。

この記事ではシリーズで特に迷うiPhone 14とiPhone 14 Proの違いを比較!

どちらを買うのがおすすめかを解説します。

まだ発表されていないので、リーク情報などによる予測になりますが、正式に発表され次第正しい情報に更新します。

iPhone 14が気になっている方はぜひ参考にしてください。

iPhone 14とiPhone 14 Proのスペックを比較

まずはiPhone 14とiPhone 14 Proのスペックを比較します。

リーク情報などをスペック表にまとめたのがこちら。

機種名iPhone 14iPhone 14 Pro
ノッチパンチホール?パンチホール?
本体サイズ約146.7×71.5×7.65(mm) ?約146.7×71.5×7.65(mm) ?
重量??
画面サイズ6.1インチ6.1インチ
ディスプレイ有機EL
有機EL
リフレッシュレート60Hz10-120Hz
CPUA16 BionicA16 Bionic
メモリ6GB ?8GB ?
ストレージ128GB・256GB・512GB128GB・256GB・512GB・1TB
メインカメラ4800万画素:広角 ?
1200万画素:超広角
4800万画素:広角 ?
1200万画素:超広角
1200万画素:望遠
インカメラ1200万画素1200万画素
バッテリー??
耐水水深6mで最大30分間水深6mで最大30分間

まだまだ詳細な違いはわかりませんが、iPhone 14とiPhone 14 Proのスペックの違いのポイントは従来通りという感じです。

ちなみにiPhone 13とiPhone 13 Proの違いを簡単にまとめると以下の通りです。

iPhone 13とiPhone 13 Proの違い
  • ディスプレイ→13 Proの方が明るい・120Hzのリフレッシュレートで表示が滑らか
  • サイズ→全く同じ
  • デザイン→Proモデルは高級感のあるステンレス
  • 重さ→iPhone 13の方が30g軽い
  • CPU→GPUがProの方が高スペック
  • メモリ→13が4GB、13 Proが6GB
  • カメラ→13 Proのみ望遠とLiDARスキャナを搭載、センサーサイズがProモデルの方が大きい
  • インカメラ→同じ
  • バッテリー性能→iPhone 13 Proの方が電池持ちが良い
  • 通信速度→同じ
  • 耐水性能→同じ
  • ストレージ容量→13 Proの方が大容量モデルがある
  • 価格→iPhone 13のほうが安い

関連記事:iPhone 13とiPhone 13 Proの違いを比較!どっちがおすすめかを徹底解説

おそらくiPhone 14とiPhone 14 Proの違いもiPhone 13シリーズと似たような感じになると思われます。

また、iPhone 14シリーズのみの違いとしてはProモデルのみUSB-Cに対応するのと、指紋認証が追加されるとの情報があります。

機能の違いをまとめた表はこちらです。

機種名iPhone 14iPhone 14 Pro
端子LightningUSB-C?
指紋認証非対応非対応
顔認証対応対応
おサイフケータイ対応対応
通信5G(Sub6)5G(Sub6)
Wi-FiWi-Fi 6対応Wi-Fi 6対応
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
耐水水深6mで最大30分間水深6mで最大30分間
LiDARスキャナ×搭載
主なカメラ機能 ナイトモード
センサーシフト光学式手ぶれ補正
写真のスマートHDR 5?
 ナイトモード
センサーシフト光学式手ぶれ補正
Apple ProRAW
ナイトモードのポートレート
写真のスマートHDR 5?
ワイヤレス充電5G(Sub6)5G(Sub6)
MagSafeWi-Fi 6対応Wi-Fi 6対応
イヤホンジャック××

iPhone 14とiPhone 14 Proの価格とストレージの違いを比較

iPhone 14とiPhone 14 Proはスペックや機能の違いも気になるところですが、多くの方が1番気になると思っているのは価格です。

スタンダードモデルとProモデルの価格差は毎年ほぼ同じで、iPhone 14シリーズも似た価格差になると思います。

また、iPhone 14シリーズにはminiが廃止され、iPhone 14 Maxが新たに追加されると言われています。

iPhone 14シリーズの予想価格を表にまとめると以下の通り。

予想iPhone 14iPhone 14 MaxiPhone 14 ProiPhone 14 Pro Max
128GB98,800円110,800円122,800円134,800円
256GB110,800円122,800円134,800円146,800円
512GB134,800円146,800円158,800円170,800円
1TB182,800円194,800円

miniモデルが廃止されることにより、1番安いモデルもほぼ10万円と高くなりそうです。

そして予想ですがiPhone 14とiPhone 14 Proの価格差は24,000円になると思います。

参考にAirPods(第3世代)の価格が23,800円、Apple Watch SEの価格が32,800円です。

iPhone 14とiPhone 14 Proのデザインを比較

上の写真はiPhone 13 ProとiPhone 13

iPhone 14シリーズではデザインが変更されるとの情報があります。

デザインの変更はかなり楽しみな要素で、iPhone 14とiPhone 14 Proではどんな違いがあるのかも気になります。

出典:https://www.frontpagetech.com

iPhone 14のデザインはiPhone 4のようなデザインになると言われており、iPhone 14 Proのコンセプト画像は公開されています。

カメラが埋め込まれた印象的なデザインになっているのでカッコいいですが、スタンダードモデルのiPhone 14に関する画像はまだわかりません。

デザインに関しては詳細が分かり次第記事を追記します。

iPhone 14のデザインのポイント
  • iPhone 4のようなデザイン
  • フレームはフラットデザイン
  • 側面の音量ボタンが丸型に
  • カメラユニットが埋め込まれた形
  • Proモデルの側面にはチタン素材を使用
  • フロントカメラがパンチホール式

iPhone 14とiPhone 14 Proのディスプレイを比較

リーク情報によるiPhone 14とiPhone 14 ProはiPhone 13シリーズに引き続きディスプレイに差があるとのことです。

iPhone 14 Proでは120Hz駆動のProMotionディスプレイが搭載されますが、iPhone 14はこれまで通り60Hzとなります。

普通に使う分には60Hzでも十分なので特に差を気にする必要はないと感じますが、

スペックにこだわる場合やゲームをプレイする場合には大きな差となるので、どちらを買うか迷っている方にはポイントとなります。

MEMO
  • iPhone 14/14 Maxは60Hz
  • iPhone 14 Pro/14 Maxは10-120Hzの可変

予想スペックにはなりますがiPhone 14とiPhone 14 Proのディスプレイを比較表にまとめると以下の通りです。

iPhone 14iPhone 14 Pro
画面サイズ6.1
種類Super Retina XDRProMotion搭載
Super Retina XDR
解像度2,532 x 1,170
460ppi
コントラスト比2,000,000:1
輝度(標準)800ニト1000ニト
リフレッシュレート60Hz120Hz
輝度(HDR)1,200ニト
機能True Tone
触覚タッチ
Ceramic Shield

iPhone 14とiPhone 14 Proのカメラ性能を比較

写真はiPhone 13 Pro

iPhone 14シリーズでもスタンダードモデルとProモデルの1番の違いはカメラになりそうです。

iPhone 14シリーズのカメラは大きく3つのポイントがあり、まとめると以下の通り。

ポイント
  • 12メガピクセルから48メガピクセルにアップ
  • より大型化したセンサーを搭載
  • ペリスコープ式の望遠カメラが搭載される

iPhone 14とiPhone 14 Proの違いとしては望遠カメラ・センサーサイズ・搭載機能が大きな違いとなりそうです。

特にiPhone 14 Proでは望遠カメラがペリスコープ式になるとの情報もあるので、これまでとは大きく違ったカメラになる可能性があります。

ペリスコープレンズは光を内部に屈折させ高倍率のズームを可能にするレンズです。

カメラの予想スペックを表にまとめると以下の通り。

iPhone 14iPhone 14 Pro
カメラデュアルカメラトリプルカメラ
超広角レンズ
・F値
・画素数
F2.4
1200万画素
F1.8
1200万画素
広角レンズ
・F値
・画素数

F1.6
4800万画素
F1.5
4800万画素
望遠レンズ
・F値
・画素数

F2.8
1200万画素
LiDARスキャナ搭載
光学ズーム2倍ズームアウト?
デジタルズーム5倍?
手ブレ補正センサーシフト光学式(広角)センサーシフト光学式(広角)
デュアル光学式(超広角・望遠)
機能スマートHDR 5
ポートレートモード
スマートHDR 5
ナイトポートレート
ポートレートモード
マクロ撮影
Apple ProRAW
動画8K?
シネマテックモード
Dolby Vision対応
HDRビデオ撮影
(最大60fps)
8K?
シネマテックモード
Dolby Vision対応
HDRビデオ撮影
(最大60fps)

iPhoneはこれまで1200万画素で統一されていましたが、iPhone 14シリーズでは4800万画素になり8K動画にも対応するとの情報があります。

合理的な選択をするAppleが4800万画素にするのは正直信じられないですが、最近のiPhoneはカメラが1番進化しているのでiPhone 14のカメラはかなり楽しみです。

さらに詳しい情報が分かり次第記事を更新します。

iPhone 14とiPhone 14 ProのCPU性能を比較

もはやこれ以上のCPUスペックが必要なのかは不明ですが、iPhone 14シリーズにはA16 Bionicが搭載されるとのこと。

また気になる情報としてはiPhone 14もiPhone 14 Proも同じメモリ量になるとの情報があります。

これまでスタンダードモデルとProモデルは同じCPUを搭載していましたがメモリ量で差を付けられていました。

また、iPhone 13とiPhone 13 ProではGPUのコア数に違いがあります。

おそらくiPhone 14とiPhone 14 Proにも何かしらの違いがあると思うので、発表され次第記事を更新します。

参考にiPhone 13とiPhone 13 ProのCPUスペックの違いを表にまとめたものを載せておきます。

iPhone 13iPhone 13 Pro
チップA15 BionicA15 Bionic
CPU2つの高性能コア
4つの高効率コア
2つの高性能コア
4つの高効率コア
GPU4コア5コア
メモリ4GB6GB
シングルスコア16911737
マルチスコア44914738
GPUスコア1102414250
5GSub 6Sub 6

通信に関してはそろそろProモデルだけでもミリ波に対応しても良い頃なのでこの辺りも要チェックです。

まとめ

この記事ではiPhone 14とiPhone 14 Proの違いを比較しました。

現時点では情報が少ないですが、今年のiPhoneもProモデルを買うべきなのではないかと思います。

デザイン変更やカメラ、USB-C対応などProモデルに期待できるポイントが多いので、進化ポイントが多い機種が良い場合はProモデルを選ぶのが良さそうです。

正式に情報が発表され次第細かく比較するので、よろしければブックマーク等をして頂けるとありがたいです。

以上。「iPhone 14とiPhone 14 Proの違いを比較!どちらを買うのがおすすめかを解説」でした。

関連記事:iPhone 14を待つべき?判断ポイントとiPhone 13を買うべきかを解説

関連記事:iPhone 14はいつ発売?新機能・スペック・デザインなど最新情報まとめ

関連記事:iPhone 14のカラーバリエーションは?新色とおすすめの人気色を解説

関連記事:iPhone 14と13の違いを比較!どちらを買うべきかスペック・機能・価格を比較

関連記事:iPhone 14/Max/Pro/Pro Maxのサイズ・大きさ・重さを比較!どれが使いやすい?

今iPhoneを買うならどれが良い?iPhoneのおすすめ機種をまとめた記事はこちら

【2022年5月】iPhoneを買うならどれ?買うべきおすすめ機種を徹底比較 【2022年最新】iPhoneはどこで買うのが安い?お得に買える購入方法まとめ iPhoneの容量はケチるな!ストレージの選び方とおすすめの容量を紹介! iPhone 13とiPhone 12を比較!どんな違いがあるのかを解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。